2006 年 3 月のセキュリティ情報公開に関する検出と展開の手引き

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 916557 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、2006 年 3 月 14 日にリリースされたセキュリティ更新プログラムの検出および展開の方法について説明します。

マイクロソフトでは、セキュリティ更新プログラムに対応した検出ツールと推奨される展開方法の情報を提供しています。この継続的な取り組みの一環として、Microsoft Security Response Center (MSRC) の特定のリリース サイクルでリリースされるすべての更新プログラムを対象とした検出と展開の手引きを提供しています。この手引きには、マイクロソフトのさまざまなオペレーティング システム環境で想定されるシナリオに基づく推奨事項が記載されています。

この手引きには、以下のツールの使用に関する情報が記載されています。
  • Windows Update
  • Microsoft Update
  • Office ダウンロード Web サイト
  • Microsoft Baseline Security Analyzer (MBSA)
  • Office Detection Tool (ODT)
  • Microsoft Systems Management Server (SMS) 2.0 用の Security Update Inventory Tool (SUIT)
  • Microsoft SMS 2003 用の Inventory Tool for Microsoft Updates (ITMU)
  • Extended Security Update Inventory Tool
  • Enterprise Scan Tool (EST)
  • Software Update Services (SUS)
  • Windows Server Update Services (WSUS)
現在、この資料に記載されている内容は、64 ビット版の Itanium ベースのオペレーティング システムおよび 64 ビット版の x64 ベースのオペレーティング システムには適用されません。この資料の今後のリリースでは、これらのシステムに関する情報についても追加する予定です。

詳細

検出および展開

Windows Update、Microsoft Update、Office Update を使用してセキュリティ更新プログラムの検出と展開を行う場合

2006 年 3 月 14 日にリリースされたセキュリティ更新プログラムは、以下の Web サイトですべて入手できます。

Microsoft Windows Update Web サイト
http://update.microsoft.com/windowsupdate
この Web サイトでサポートされている製品は、以下のとおりです。
  • Microsoft Windows Server 2003
  • Microsoft Windows XP
  • Microsoft Windows 2000
Microsoft Update Web サイト
http://update.microsoft.com/microsoftupdate
この Web サイトでサポートされている製品は、以下のとおりです。
  • Microsoft Windows Server 2003
  • Microsoft Windows XP
  • Microsoft Windows 2000
  • Microsoft Office
  • Microsoft Exchange
  • Microsoft Internet Security and Acceleration Server 2004
  • Microsoft SQL Server
Office ダウンロード サイト
http://officeupdate.microsoft.com
この Web サイトでサポートされている製品は、以下のとおりです。
  • Microsoft Office 2003
  • Microsoft Office XP
  • Microsoft Office 2000
Mactopia Web サイト
http://www.microsoft.com/japan/mac/
この Web サイトでサポートされている製品は、以下のとおりです。
  • Microsoft Office 2004 for Mac
  • Microsoft Office v. X for Mac
  • Microsoft Office 2001 for Mac
: 必ずしもすべての更新プログラムが、これらすべての Web サイトで入手可能であるとは限りません。

MBSA 2.0 または MBSA 1.2.1 を使用してセキュリティ更新プログラムを検出する場合

Microsoft Baseline Security Analyzer (MBSA) 2.0 または MBSA 1.2.1 を使用してセキュリティ更新プログラムを検出すると、2006 年 3 月 14 日にリリースされたセキュリティ更新プログラムのほとんどを検出できます。

: MBSA 1.2.1 には、統合バージョンの Office Detection Tool (ODT) が含まれています。MBSA 1.2.1 の ODT 機能の使用は、ローカルのスキャンのみに制限されています。
  • 以下の製品については、MBSA 2.0 ではセキュリティ更新プログラム 905413 は検出も適用も行われません。
    • Office 2000 および関連する Multilingual User Interface (MUI)
    • Works Suite 2003、Works Suite 2002、Works Suite 2001 および Works Suite 2000
  • Office v. X for Mac および Office 2004 for Mac は、MBSA 2.0 および MBSA 1.2.1 ではサポートされていません。

Software Update Services または Windows Server Update Services を使用してセキュリティ更新プログラムの検出と展開を行う場合

Software Update Services (SUS) または Windows Server Update Services (WSUS) を使用してセキュリティ更新プログラムの検出と展開を行う場合、2006 年 3 月 14 日にリリースされたセキュリティ更新プログラムのほとんどを検出することができます。
  • SUS では、セキュリティ更新プログラム 905413 はサポートされません。SUS は、Office 製品の更新をサポートするように設計されていません。
  • WSUS では、以下の製品用のセキュリティ更新プログラム 905413 は検出も適用も行われません。
    • Works Suite のすべてのバージョン
    • Office 2000

SMS 2.0 用の SUIT または SMS 2003 用の ITMU を使用してセキュリティ更新プログラムの検出および展開を行う場合

SMS 2003 用の Inventory Tool for Microsoft Updates (ITMU) または SMS 2.0 用の Security Update Inventory Tool (SUIT) を使用してセキュリティ更新プログラムの検出および展開を行う場合、2006 年 3 月 14 日にリリースされたすべてのセキュリティ更新プログラムを検出および展開することができます。

一部のセキュリティ更新プログラムは、最新の累積的な Extended Security Update Inventory Tool を使用した場合にのみ、SMS 2.0 用の SUIT で完全に検出できる場合があります。このツールを入手するには、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=2C93DA1D-48A0-4E5C-991F-87E08954F61B&displaylang=en

検出と展開の方法のまとめ

以下の表は、新しいセキュリティ更新プログラムごとに、検出および展開の方法をまとめたものです。
元に戻す全体を表示する
セキュリティ更新プログラム セキュリティ情報 コンポーネント Office ダウンロード Web サイト Windows Update Microsoft Update MBSA 1.2.1 および ODT MBSA 2.0 SUS WSUS EST SUIT ITMU
914798 MS06-011 DACL 該当なし 検出および展開 検出および展開 検出のみ 検出のみ 検出および展開 検出および展開 該当なし 検出および展開 検出および展開
905413 MS06-012 Office 検出および展開 該当なし 部分的な検出および展開 検出のみ
ローカルの ODT スキャンのみ
検出のみを部分的にサポート 該当なし 部分的な検出および展開 該当なし 検出および展開 検出および展開
: 特定のツールの部分的な検出および展開の関連情報については、この資料の前半の該当する個所を参照してください。

再リリースされたセキュリティ更新プログラム

今月は、再リリースされたセキュリティ更新プログラムはありません。

よく寄せられる質問

Q1 : 更新プログラムの展開方法に関してマイクロソフトから提供されている情報について教えてください。

A1 : システム管理者は、セキュリティ更新プログラムについて説明する、月例のテクニカル ウェブキャストに参加することをお勧めします。これらのセキュリティ更新プログラムに関するウェブキャストは、2006 年 3 月 15 日午前 11:00 (太平洋標準時) に開催されます。登録するには、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。
http://msevents.microsoft.com/cui/EventDetail.aspx?culture=en-US&EventID=1032290677&EventCategory=4
Q2 : EST も、SMS 用の Extended Security Update Inventory Tool と同様、累積的ですか。

A2 : いいえ。Enterprise Scan Tool (EST) は累積的ではありません。今後、EST を累積的にする予定はありません。

Q3 : Microsoft Baseline Security Analyzer (MBSA) を使用して、更新プログラムが必要かどうかを特定することはできますか。

A3 : はい、MBSA 2.0 および MBSA 1.2.1 を使用して、2006 年 3 月 14 日にリリースされた以下のセキュリティ更新プログラムが必要かどうかを確認できます。ただし、注意事項が記載されているものを除きます。
元に戻す全体を表示する
セキュリティ更新プログラム セキュリティ情報 コンポーネント 検出機能
914798 MS06-011 DACL 該当なし
905413 MS06-012 Office 詳細については、この資料の「MBSA 2.0 または MBSA 1.2.1 を使用してセキュリティ更新プログラムを検出する場合」を参照してください。
MBSA で現在検出されないプログラムの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
306460 Microsoft Baseline Security Analyzer (MBSA) で一部の更新について注意が表示される
895660 Microsoft Baseline Security Analyzer (MBSA) 2.0 について
Q4 : ネットワークで脆弱性が存在するシステムを特定するために、EST と MBSA を組み合わせて使用する必要があるセキュリティ更新プログラムはどれですか。

A4 : 2006 年 3 月 14 日にリリースされたセキュリティ情報の中で、検出に EST が必要なものはありません。

Q5 : Microsoft Systems Management Server (SMS) を使用して、更新プログラムが必要かどうかを特定することはできますか。

A5 : SMS は、これらのセキュリティ更新プログラムの検出と適用に利用できます。SMS 2003 または SMS 2.0 を SUIT と共に使用すると、MBSA 1.2.1 を利用して検出が行われます。このため、SMS 2003 または SMS 2.0 を SUIT と併用した場合、MBSA 1.2.1 と同様の制限があります。SMS の関連情報については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/japan/smserver/default.mspx
Microsoft Windows およびその他の影響を受けるマイクロソフト製品に対するセキュリティ更新プログラムをすべて検出するには、SUIT と Extended Security Update Inventory Tool を組み合わせて使用する必要があります。 SUIT の制限事項の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
306460 Microsoft Baseline Security Analyzer (MBSA) で一部の更新について注意が表示される
または、SMS 2003 用の ITMU を使用して、これらのセキュリティ更新プログラムの検出および展開を行うこともできます。ITMU では、Microsoft Update のテクノロジが使用されます。詳細については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/japan/smserver/downloads/2003/tools/msupdates.mspx

プロパティ

文書番号: 916557 - 最終更新日: 2007年12月3日 - リビジョン: 1.4
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 1?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
    • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
    • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
    • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Premium Edition
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Standard Edition
  • Microsoft Windows XP Service Pack 2?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows XP Professional
    • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Service Pack 1?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows XP Professional
    • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 4?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
    • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server
    • Microsoft Windows 2000 Professional
    • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Small Business Server 2000 Standard Edition
キーワード:?
kbhowto kbinfo kbexpertiseadvanced KB916557
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com