SQL Server 2005 Service Pack 1 に含まれる機能強化と新機能の一覧

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 916940
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、多くの新機能と Microsoft SQL Server 2005年サービス パック 1 (SP1) に含まれる機能強化について説明します。

詳細

分析サービス

  • 修正プログラムが含まれてのパフォーマンスとクエリの安定性を向上します。
  • HTTP 接続が HTTP 圧縮をサポートします。
  • 最適化されたクエリの分析視点を高速にクエリするには、分析観点の基本キューブになりました。

データ プログラミングの機能

  • サーバーがデータベース ミラーリングを使用しているし、クライアントが TCP/IP を使用しているときにフェールオーバーが発生した場合は、クライアント接続時間が大幅に向上しています。

SQL Server 2005 の統合サービス (SSIS)

  • 複数テーブル使用時にインポート/エクスポート ウィザードの使いやすさが強化されました。
  • IDtsPipelineEnvironmentService サービスは、カスタム データ フロー コンポーネントの親データ フロー タスクをプログラムからのアクセスがあることができます。
  • Analysis Services での相互運用性が向上しています。DataReader ソースに SSIS のサポート、 これ このデータ型にデータを DT_NTEXT ssISnoversion データ型を持つ列を変換することによって、データを入力します。データを適切なデータ型は、型を変更するにはデータ変換の変換を追加できます。
  • 並べ替え変換など、さまざまな変換のパフォーマンスが改善されました。
  • デザイナーの操作性が向上しています。たとえば、今すぐ右ことができます。 データ フロー プロパティ タスクを実行します。 だけを実行するには データ フロー タスクです。スイッチする必要はありませんが コントロール 流れだけを実行するには データ フロー タスクです。
  • 式ビルダー ダイアログ ボックスでは、公開およびドキュメント化された API を使用できるようになりました。式タスクの相互関係にはことが重要であるためこの増加オブジェクトにアクセスする式に関連するタスクの開発者ことができます。
  • 私たちは、パッケージが実行されるように SSIS パッケージ署名の処理は、レジストリ ベースのポリシーを追加しました。たとえば、管理者は署名されていないパッケージおよび信頼できないパッケージの読み込みを無効にできます。これらの設定はレジストリにであるため、管理者は Microsoft Windows グループ ポリシー設定を使用してこれらの設定は、ドメイン伝達できます。
  • で、 高度なエディター 新しいプロパティがフラット ファイル ソース] ダイアログ ボックスを持つ UseBinaryFormat.このプロパティは、スクリプトまたはカスタム変換で処理パイプラインにパックされた 10 進数のデータの読み込みをサポートします。
  • で、 高度なエディター DataReader ソース新しいプロパティ ダイアログ ボックスを持つ CommandTimeout.実行時間の長い操作を許可するのに、タイムアウト期間を変更するのには、このプロパティを使用できます。
  • 作成したり、変数のプロパティの式を変更するには、開くようになりましたことを 式ビルダー ダイアログ ボックスの [プロパティ] ウィンドウ。
  • ここで優先順位制約に注釈を追加できます。

管理の容易性

プロファイラーと再生

  • 以前は、プロファイリング解析サービス時間協定世界時 (UTC) が示されます。今はその時間は、ユーザーのローカル時刻でが表示されます。
  • 以前は、正常に再生されたイベントが正しくカウントされているされていません。したがって、ユーザーに誤った再生統計情報が報告されました。この問題は修正されています。

    ユーザーは、再生イベントの低い割合は SQL Server 2005 のリリース バージョンで報告された再生イベントの割合があります。ただし、再生イベントの数は正しいです。再生 SQL Server 2000年での SQL Server 2005 での再生を比較したときにこの番号を使用することができます。
  • 以前は再生、ネットワークに接続されているときに、ネットワークのパケット サイズを無視しました。代わりに、常に、パケット サイズの 32 kb (キロバイト) が接続を作成を再生します。場合によっては、再生の規模が大きいサーバー メモリが不足することになります。この問題は修正されています。

SQL Server エージェント

  • マスター サーバーと対象サーバー (MSX-TSX) の間での暗号化を制御するため使用することができるためのレジストリ スイッチを追加されています。
  • マスター サーバー/対象サーバー環境では、SQL Server エージェント サービスは、NetworkService アカウントで実行されているマスター サーバーまたは対象サーバーから実行できます。
  • データベース メールは上の SQL Server 2005 の 64 ビット バージョンと 64 ビットのオペレーティング システムを実行します。
  • 以前は、エージェント XML に分析 (XMLA) ジョブが 32 KB を超えていたが切り捨てです。この問題は修正されています。ジョブが正しく実行します。

SQL Server 管理オブジェクト (SMO)

  • SMO スクリプトと転送機能の信頼性が強化されました。
  • 以前は、SMO を誤ったの Transact の SQL 文いくつかのシナリオで生成しました。また、SMO は、データベースが転送可能性がありますいません。これらの問題が修正されました。

メンテナンス プラン

  • メンテナンス プランの機能は、SQL Server ツールまたは SQL Server 2005 の統合サービス (インストールされている SSIS) がある場合に動作します。リリース バージョンでは、2 つのコンポーネントがインストールされている必要があります。
  • メンテナンス プランでクリーンアップ タスクを使用して、サブディレクトリからバックアップ ファイルを削除するのにはことができます。

SQL Server Management Studio (SSMS)

  • 今すぐ SQL Server 2000年互換性モードでデータベースにデータベース ダイアグラム サポート オブジェクトをインストールできます。

レプリケーション

  • ・ ミラーリングのフェールオーバとレプリケーション ・ データベースを使用することができます。
  • 新しいデータベース ミラーリング モニター SQL Server Management Studio に追加されました。このモニターを起動するには、[データベース] ノードを右クリックし、ポイント タスクプロパティ データベース ミラーリング モニターを起動します。.
  • などは、ON DELETE CASCADE 句と ON UPDATE CASCADE 句は、連鎖参照整合性制約を使用してテーブルをレプリケーションをすぐに SQL Server で事前計算済みパーティションのマージ操作をサポートしています。
  • SQL Server レプリケーション ユーザー インターフェイスの操作性が改善されました。

レポート サービス

新機能

  • レポート ビルダーのレポートを今、会社のロゴやその他のグラフィックスなどの静的なイメージを追加できます。
  • SAP NetWeaver ビジネス インテリジェンスの InfoCubes およびクエリでは、Reporting Services レポートへのアクセスに使用できるグラフィカル クエリ デザイナーは、新しいデータ処理拡張機能を提供します。

主な修正事項

  • Analysis Services では、レポート デザイナーの統合で多くのバグが修正されました。たとえば、レポート ウィザードが正しく Analysis Services データ ソースを動作します。また、自動的なパラメーター生成動作が強化されました。
  • 大規模なデータベースは、レポート モデル デザイナーでのレポート モデル ウィザードの自動生成の問題が。
  • 複雑なパラメーター宣言は、レポート デザイナーで解析の問題を引き起こすこと。

データベース エンジンの SQL Server

  • データベース ミラーリングは SQL Server 2005 SP1 で有効になっています。データベース ミラーリングは、運用展開にもサポートされています。トレース フラグのテスト データベース (t-1400) ミラーリングは推奨されていません。したがって、このフラグ SP1 に影響はありません。
  • 新しいデータベース ミラーリング モニター SQL Server Management Studio に追加されました。
  • プロファイラーの機能強化を拡大・縮小、大規模なコンピューター上で大量のデータ ボリュームを追跡することができます。
  • 非決定的コンテンツ モデルを使用する一部のスキーマの XSD のサポートが追加されました。
  • 新しいシステム ユーザー定義関数が追加されています。この関数を参照してください、どの OpenXML ハンドルが開いていることができます。
  • データベース エンジンのクエリ オプティマイザーでいくつかのパフォーマンス上の問題が修正されました。これらの変更は、SQL Server 2000 から SQL Server 2005 にアップグレードしたときに SQL Server は、バック エンド データベースとして使用するサードパーティ製品のアップグレード ・ プロセスを向上させます。
  • 一意な非クラスター化インデックスをオンラインで作成するためのサポートを追加されています。
  • クエリ実行のメモリ許可状態を監視できるようにする、新しい動的管理ビュー (Dmv) が追加されました。
  • データベース コンソール コマンド (DBCC) 博士のアプリケーションと統合されます。DBCC のチェックは、データベースが破損していることを検出した場合、ワトソン博士のアプリケーション エラー レポートをマイクロソフトにアップロードします。

    マイクロソフトのデータ収集ポリシーは、これらのダイアログ ボックスおよびに関する Microsoft のプライバシーを保護するために使用する手順については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://oca.microsoft.com/en/dcp20.asp
  • また、変更次を向上させるために加えられています。
    • 複雑な XML スキーマが含まれていますは、XQuery をコンパイルするときのパフォーマンス
    • XML データ変更言語 (XML DML) を使用して XML を更新するときのパフォーマンス
    • Dm_exec_query_plan DMV のパフォーマンス
    • 浮動小数点算術演算のパフォーマンス
    • ベンチマーク パフォーマンス
    • 対象の統計値および基数
    • 並列スレッドを使用して、SQL 共通言語ランタイム (SQLCLR) プログラムのデバッグ時にデバッグ
    • SQL Server データベース エンジンが並列化されたユーザー定義関数、集計、およびユーザー定義型 (UDT) のメソッドを処理する方法
    • TPC-H のパフォーマンス

SQL Server 2005 Express Edition

  • SQL Server 2005 Express Edition 高度なサービスでは、SQL Server 2005 Express Edition、および新しい管理ツール、SQL Server 2005 Management Studio Express で以前利用可能だったすべてを含む新しいダウンロード可能なパッケージです。さらに、このパッケージにフルテキスト検索および SQL Server のレポート サービスが含まれます。
    • フルテキスト検索: この機能を使用できますプレーン文字ベースのデータ SQL Server テーブルに対してフルテキスト クエリを発行します。フルテキスト クエリには、単語、句、または複数の形式の語句を含めることができます。
    • レポート サービス: この機能にはレポート サーバーと、ビジネス インテリジェンス開発 Studio が含まれます。作成するのを変更するには、およびローカルのリレーショナル データベースでレポートを実行するにはこの機能を使用することができます。
    • SQL Server 2005 の Management Studio 高速: この機能を管理するのには、SQL Server Express エディションを管理するために使用できる無料のツールです。
  • SQL サーバー 2005年エクスプレス Toolkit は、ビジネス インテリジェンス開発 Studio を含む、個別のダウンロード可能なパッケージです。ビジネス インテリジェンス開発 Studio では、サーバー ベースのレポート作成および変更できます。

SQL Server 2005 Management Studio エクスプレス

  • 今すぐ Management Studio Express のヘルプを統合されています。
  • 以前は、SQL Server Books Online をインストールした後 Management Studio Express を開始します。この問題は修正されています。
  • 有効なアクセス許可 ダイアログ ボックスは、SQL Server 2005 Management Studio Express でが表示されます。

関連情報

SQL Server 2005 Service Pack 1 の詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示するには次の資料番号をクリックしてください。
913089SQL Server 2005 の最新の service pack を入手する方法
913090 SQL Server 2005 Service Pack 1 で修正されたバグの一覧
SQL Server 2005 の新機能の詳細については、 SQL Server 2005 Books Online (2006 年 4 月) を参照してください。この参照を取得するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=be6a2c5d-00df-4220-b133-29c1e0b6585f&DisplayLang=en

プロパティ

文書番号: 916940 - 最終更新日: 2012年10月24日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
kbinfo kbsql2005setup kbexpertiseinter kbexpertiseadvanced kbtshoot kbmt KB916940 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:916940
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com