FIX ヒープの破損が発生する可能性が、SQL Server 2000年の Enterprise Manager では、Windows Server 2003 x 64 ベースのコンピューター上のファイルを参照しようとすると SQL Server 2000年致命的なアクセス違反で停止可能性があります。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 916950
バグ: # 40000113 (SQL 修正プログラム)
マイクロソフトでは Microsoft SQL 配布します。1 つのダウンロード可能なファイルとしてサーバー 2000年が修正されます。修正プログラムは累積的であるため、各新しいリリースすべての修正プログラムが含まれているし、すべてのセキュリティは、修正されました。前の SQL Server 2000年修正プログラムに含まれています。解放します。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

次のこの修正プログラムについて説明しますリリース:
  • この修正プログラム パッケージで修正される問題
  • この修正プログラムをインストールするための必要条件パッケージ
  • コンピューターを再起動する必要があるかどうかに関する情報この修正プログラム パッケージをインストールした後
  • この修正プログラム パッケージによって置き換えかどうかその他の修正プログラム パッケージ
  • 任意のレジストリをする必要があるかどうかに関する情報変更内容
  • この修正プログラムに含まれているファイルパッケージ

現象

次のシナリオを検討してください。Microsoft SQL Server 2000Enterprise Manager は、Microsoft Windows Server 2003 x 64 Edition ベースのコンピューターで実行されています。ファイルを参照しようとしましたしをクリックして、省略記号ボタン (...) のいずれか ファイル ダイアログ ボックスSQL Server 2000年エンタープライズ マネージャーでは。このシナリオでは、発生する可能性ヒープの破損、および SQL Server で致命的なアクセスがシャット ダウン可能性があります。違反します。

他のスレッドや、Microsoft のコンポーネントなどのオブジェクトオブジェクト モデル (COM) オブジェクト可能性がありますロードできませんに SQL Server を使用して、 sp_oacreate ストアド プロシージャです。この現象が発生すると、ole DB サーバーをリンク実行中、SQL メール、SQLXML プロバイダーも受ける可能性があります。 や可能性があります。SQL Server のプロセスがシャット ダウンする原因とします。さらに、リソースクラスター化されたインスタンスでこの問題が発生します。

メモ
  • この問題は、32 ビット版の SQL でのみ有効Windows で Windows 64 (WOW64) サブシステムを Windows 上で実行する server 2000サーバー 2003 x 64エディション。
  • このヒープの破損の問題のいずれかには影響しませんSQL Server 2000年の 64 ビット エディション、ia-64 上で実行するこれらのエディションなどIntel Itanium 2 アーキテクチャを使用するオペレーティング システムです。
  • この問題を 32 ビット版の SQL Server には影響しませんWOW64 サブシステム ia-64 オペレーティング システム上です。
  • この問題は Microsoft SQL のエディションには影響しませんServer 2005。
この問題のため発生します、 xp_availablemedia システム ストアド プロシージャを拡張します。[...] ボタンをクリックすると、ボタン (...) で、グラフィカル ユーザー インターフェイス (GUI) を xp_availablemedia システムの拡張ストアド プロシージャを呼び出すを実行するのにはファイルの参照操作します。クラスター化されたインスタンスでは、Enterprise Manager が呼び出されますが sp_MSSharedFixedDisk ストアド プロシージャ、および sp_MSSharedFixedDisk ストアド プロシージャの呼び出しは、 xp_availablemedia システム ストアド プロシージャを拡張します。

しないことがあります、他のスレッドは、既定のヒープを使用またはまでメモリをヒープまでヒープの破損解放されます。Sqlservr.exe プロセス中に実行する任意のモジュールを共有する、プロセス内の既定のヒープ。そのため、このようなヒープの破損に影響を与えるXpstar.dll と他のモジュールでは、 xp_availablemedia システムの拡張ストアド プロシージャがコンパイルされます。

リストについてすべての一般にリリースされた SQL Server 2000 Post-Service パック修正を参照してください、以下の資料は、マイクロソフト サポート技術。
894905 修正プログラムの累積的な一覧SQL Server 2000 SP4 のことが可能します。

解決方法

インストーラーにこの修正プログラムを正常にインストールしない x 64 ベースのシステム。このインストールの問題は、次の条件に該当する場合に発生します。
  • システムは、高度なマイクロ デバイス (AMD) AMD64 プロセッサ アーキテクチャまたは Intel 拡張メモリ 64 テクノロジ (EM64T) プロセッサ アーキテクチャを使用します。

    メモ Intel Itanium プロセッサ アーキテクチャを使用するシステムでこの問題は発生しません。
  • システム、64 ビット版の Windows Server オペレーティング システムを実行しています。
  • SQL Server 2000年の 32 ビット バージョンは、システムが実行されています。
私たちのそれ以降のビルド バージョン 8.00.2244 から、SQL Server 2000年のこのインストールの問題を修正します。SQL Server 2000年、x x64 ベース システムで実行しているユーザーがこの修正プログラムを要求すると、ビルドは、この修正プログラムが含まれているし、は、x x64 ベースのシステムで正しくインストールできます。提供ビルドは 8.00.2244 のバージョンまたはそれ以降のバージョンになります。

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの問題が発生しているシステムにのみ適用されます。

この修正プログラムがダウンロードできないか場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポート修正プログラムを入手するのには、要求を送信します。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームに修正プログラムが提供されている言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、修正プログラムがその言語の利用できないためにです。

前提条件

Microsoft SQL Server 2000 Service Pack 4 (SP4) が必要この修正プログラムを適用するのには次のようにインストールします。

取得する方法の詳細についてSQL Server サービス パック 4 をクリックの次の資料番号を表示するのには資料は、マイクロソフト サポート技術。
290211SQL Server 2000年の最新の service pack を入手する方法

情報を再起動します。

この修正プログラムをインストールした後、SQL Server サービスが自動的に再起動します。

レジストリ情報

レジストリを変更するはありません。

修正プログラムのファイル情報

この修正プログラムには修正するために必要なファイルのみが含まれています。この資料に記載されている問題。この修正プログラムのすべてがありません、ファイルは、製品を最新版に更新する必要があります。作成します。

この修正プログラムの英語版にファイルがあります。属性 (またはそれ以降のファイル属性) 次の表に記載されています。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻で一覧表示されます。(UTC) です。ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。するにはUTC とローカル時刻との時差を確認、使用、 時間ゾーン コントロール パネルの日付と時刻の項目に含まれる ◇
SQL Server 2000年の 32年ビット バージョン
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルサイズ日付時間プラットフォーム
Dtsui.dll2000.80.2191.01,593,3442006 年 3 月 27 日21: 10x 86
Impprov.dll2000.80.2191.0102,4002006 年 3 月 27 日21: 10x 86
Msgprox.dll2000.80.2191.094,2082006 年 3 月 27 日21: 10x 86
Msrpjt40.dll4.10.9424.0188,4732006 年 1 月 24 日08: 13x 86
Mssdi98.dll8.11.50523.0239,1042005 年 6 月 06 日22: 46x 86
Ntwdblib.dll2000.80.2191.0290,8162006 年 3 月 27 日21: 10x 86
Odsole70.dll2000.80.2191.069,6322006 年 3 月 27 日21: 10x 86
Osql.exe2000.80.2191.057,3442006 年 3 月 27 日19: 25x 86
Pfclnt80.dll2000.80.2191.0430,0802006 年 3 月 27 日21: 10x 86
Replmerg.exe2000.80.2191.0163,8402006 年 3 月 27 日19: 34x 86
Replprov.dll2000.80.2191.0237,5682006 年 3 月 27 日21: 10x 86
Replrec.dll2000.80.2191.0315,3922006 年 3 月 27 日21: 10x 86
Replsub.dll2000.80.2191.0270,3362006 年 3 月 27 日21: 10x 86
Semexec.dll2000.80.2191.0856,0642006 年 3 月 27 日21: 10x 86
Sqlagent.exe2000.80.2191.0323,5842006 年 3 月 27 日19: 09x 86
Sqldiag.exe2000.80.2191.0118,7842006 年 3 月 27 日20: 15x 86
Sqldmo.dll2000.80.2191.04,362,2402006 年 3 月 27 日21: 10x 86
Sqlfth75.dll2000.80.2191.0102,4002006 年 3 月 27 日19: 23x 86
Sqlservr.exe2000.80.2191.09,162,7522006 年 3 月 27 日21: 10x 86
Sqlsort.dll2000.80.2191.0589,8242006 年 3 月 27 日21: 11x 86
Stardds.dll2000.80.2191.0176,1282006 年 3 月 27 日21: 11x 86
Svrnetcn.dll2000.80.2191.0110, 5922006 年 3 月 27 日21: 11x 86
Ums.dll2000.80.2191.035,3282006 年 3 月 27 日21: 11x 86
Xpstar.dll2000.80.2191.0311,2962006 年 3 月 27 日21: 11x 86
SQL Server 2000 Itanium アーキテクチャ バージョン
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルサイズ日付時間プラットフォーム
Impprov.dll2000.80.2191.0244,7362006 年 3 月 27 日21: 14IA-64
Msgprox.dll2000.80.2191.0188,4162006 年 3 月 27 日21: 16IA-64
Mssdi98.dll8.11.50523.0758,7842005 年 6 月 06 日22: 46IA-64
Odsole70.dll2000.80.2191.0150,5282006 年 3 月 27 日21: 13IA-64
Osql.exe2000.80.2191.0149,5042006 年 3 月 27 日21: 13IA-64
Pfclnt80.dll2000.80.2191.01,187,8402006 年 3 月 27 日21: 35IA-64
Replmerg.exe2000.80.2191.0375,2962006 年 3 月 27 日21: 17IA-64
Replprov.dll2000.80.2191.0538,6242006 年 3 月 27 日21: 20IA-64
Replrec.dll2000.80.2191.0775,1682006 年 3 月 27 日21: 19IA-64
Replsub.dll2000.80.2191.0641,0242006 年 3 月 27 日21: 21IA-64
Sqlagent.exe2000.80.2191.01,061,3762006 年 3 月 27 日21: 38IA-64
Sqldiag.exe2000.80.2191.0334,3362006 年 3 月 27 日21: 37IA-64
Sqldmo.dll2000.80.2191.013,860,3522006 年 3 月 27 日21: 42IA-64
Sqlfth75.dll2000.80.2191.0246,7842006 年 3 月 27 日21: 16IA-64
Sqlservr.exe2000.80.2191.024,973,3122006 年 3 月 28 日02: 22IA-64
Sqlsort.dll2000.80.2191.0617,4722006 年 3 月 27 日19: 09IA-64
Svrnetcn.dll2000.80.2191.0427,5202006 年 3 月 27 日21: 32IA-64
Xpstar.dll2000.80.2191.0873,4722006 年 3 月 27 日21: 41IA-64

回避策

この問題を回避するには、一時的にできないことがあります、使用して、 xp_availablemedia システム ストアド プロシージャを拡張します。これを行うには、以下を使用します。コード例。
use master
	go
	if exists (select * from master.dbo.sysobjects where name = N'xp_availablemedia' 
			and type = N'X')
	exec sp_dropextendedproc N'xp_availablemedia'
go
再度追加する場合は、 xp_availablemedia システムは、この修正プログラムをインストールした後、拡張ストアド プロシージャ次のコード例を使用します。
use master
	go
	sp_addextendedproc N'xp_availablemedia',N'xpstar.dll'
	go
プロシージャを削除すると、いずれかを呼び出し、 sp_MSSharedFixedDisk ストアド プロシージャが失敗と ファイル ダイアログ ボックスSQL Server 2000年エンタープライズ マネージャーでは表示されません。表示されない、DTS デザイナーでのエラー メッセージ。ただし、 ファイル ダイアログ ボックス表示されません。削除した後、 xp_availablemedia システム拡張ストアド プロシージャに、ファイルを手動で入力する必要があります。名前、または目的のフォルダーの場所。また、後で削除するは xp_availablemedia システム拡張ストアド プロシージャと、省略記号ボタンをクリックしてボタン (...) SQL Server 2000年エンタープライズ マネージャーで、次のエラー メッセージが表示される、 Microsoft SQL DMO (ODBCSQLState: 42000) ダイアログ ボックス:
エラー 2812年: 可能性がありますストアド プロシージャ 'xp_availablemedia' が見つかりません。
メモ は、 xp_availablemedia システムの拡張ストアド プロシージャは自動的に再度追加する場合があります。SQL Server の次の条件のいずれかの場合は true です。
  • Master データベースを復元します。
  • Rebuildm.exe を使用して、master データベースを再構築します。ユーティリティです。
  • Service pack または修正プログラムをインストールします。

状況

マイクロソフトこれに記載されているマイクロソフト製品の問題であることを確認しています「対象」のセクションで。

詳細

一般に、 ntdll!RtlpCoalesceFreeBlocks または ntdll!RtlFreeHeap 関数は、関数の一番の被害者が既定のヒープでヒープの破損が発生するときのスレッドのスタック。ただし、これら関数は、このようなヒープの破損の可能性がありますのみの機能は使用できません。影響を受けます。したがって、アクセス違反のスレッド スタックは、被害者が異なる場合があります。さらに、ヒープの破損によっての原因を判断できません。だけで、被害者のスレッド スタックとヒープの根本原因の調査破損はこれで指定されていないその他の要因によって発生可能性があります。資料です。

たとえば、呼び出しが xp_availablemedia システム ストアド プロシージャを拡張します。 以下のようなことがあります。
  • SQL Server エンタープライズ マネージャーでは、展開します。 SQLサーバーを展開、 管理を右クリックし、バックアップ、をクリック 新しいバックアップデバイス.
  • で、 バックアップ デバイスのプロパティの新規作成デバイス ダイアログ ボックス、[...] ボタンをクリックします。(...) 次に ファイル名 検索するのにはデバイスです。
は、 xp_availablemedia システム ストアド プロシージャの拡張も呼び出すことができます。SQL DMO を使用してプログラムで行います。呼び出す、 EnumAvailableMedia SQL Server DMO オブジェクトとメソッドは、 メディア タイプ パラメーター値の SQLDMOMedia_All、SQLDMOMedia_Tape、またはSQLDMOMedia_SharedFixedDisk。手順は、使用方法にかかわらず、結果は、常に同じことがあります。

詳細についてをクリックして、次の Knowledge Base の資料を参照するには。
824684説明するために使用される一般的な用語の説明マイクロソフトのソフトウェア更新プログラム

プロパティ

文書番号: 916950 - 最終更新日: 2011年8月4日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbbug kbqfe kbhotfixserver kbautohotfix kbmt KB916950 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:916950
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com