Tempdb データベースは Microsoft SQL Server I/O サブシステムの要件

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 917047
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft SQL Server は、完全システム データベースとユーザー データベースを格納するため、I/O サブシステムが I/O プリンシパルの特定により、先行書き込みログ (WAL) 要件を処理することが必要です。これらの要件は、トランザクションの ACID プロパティを優先するために必要です: 原子のテント、独立性、および耐久性。I/O サブシステムのコンプライアンスの要件の詳細については、次の参照に用意されています。要件の概要を次に示します。
  • 書き込み順序を維持する必要があります。
  • 依存する書き込みの整合性を維持する必要があります。
  • 書き込みが常に保護する必要があります/安定したメディア。
  • I/O の破損の防止を行う必要があります。
耐久性・保守その他のすべてのデータベースの重要なままですの緩やかなことがあります、 tempdb データベースです。次の表は、いくつかの重要な I/O 要件 SQL Server データベースをまとめたものです。
元に戻す全体を表示する
I/O の要件簡単な説明システムまたはユーザーtempdb
順序を記述します。

依存書き込み一貫性
書き込み操作の正しい順序を維持するのには、サブシステムの機能。これはミラーリング ソリューション、グループの整合性の要件、および SQL Server WAL プロトコルの使用には特に重要です。必要な推奨
書き込み後の読み取りに対するすべての書き込みが成功したら、読み取りが発行されるとできるサブシステム サービスへの要求には、最新のデータ ・ イメージを参照してください。必要な必要な
停止にわたってサバイバルそのまま (永続)、障害、全体システムなどに必要なデータを完全に維持するを再起動します。必要な該当なし
I/O の破損の防止個々 の I/O 要求が分割されないようにするのには、システムの機能。必要な推奨
セクターの書き換えセクター全体にのみ書き込むことができ、近くのセクターの書き込み要求のために書き換えることができません。*、トランザクションの場合のみかた*、トランザクションの場合のみかた
データのセキュリティ強化ライト ・ リクエストまたは FlushFileBuffers 操作は正常に完了すると、データ安定したメディアに保存されていることを期待します。必要な該当なし
物理セクターの配置とサイズSQL Server は、データとログ ファイルの格納場所を問い合わせます。すべてのデバイスが SQL の物理セクター揃え境界とセクター サイズの倍数で書き込みを実行するサーバーを許可するセクター属性をサポートするために必要です。必要な必要な
* トランザクション セクター書き換えにはによる完全移動、置き換え、または元のイメージにロールバックするのには、セクターを許可、サブシステムの完全ログ操作が含まれます。これらの書き換えは、通常オーバーヘッドなどの操作を実行するために必要な追加のためにも推奨されません。この例は、ファイル ・ データを移動する最適化ユーティリティになります。新しいセクターおよびデータが完全に保護されているまで、元のセクター、ファイルが新しいセクター場所で置き換えることはできません。障害、電源障害など、元のデータの再確立時に発生するように、セクターを再マッピングは、トランザクションのように必要があります。され、他のテナントの SQL Server I/O を維持、この種の無効なデータ アクセスを防止するプロセス中に使用可能なロック ・ メカニズムによりあることを確認してください。

停止にわたってサバイバル

は、 tempdb データベースはスクラッチ領域を SQL Server と SQL Server の起動時に再構築されます。初期化には、コンピューターを再起動に対応するデータを必要より優先されます。

トランザクション セクター書き換え操作

データ ページが格納され、トランザクション プロパティを保持することなしに書き直すことができない前にロールバックとクラッシュのリカバリなど、回復プロセスの成功を保証するために、ログ レコードが正しく安定したメディアに保管しなければなりません。これには、サブシステムと書き込みの順序、セクター揃えし、書き込みのサイズなどの特定の属性と、前に説明したドキュメントに記載されているその他のような I/O 安全性の属性を維持するために、SQL サーバーが必要です。は、 tempdb データベース、データベースは常に SQL Server の起動中に初期化されるため、クラッシュ リカバリは不要です。ただし、 tempdb データベースは、ロールバック機能が必要です。したがって、WAL プロトコルのいくつかの属性が緩和されることができます。

記憶域の場所を tempdb データベースで確立されたディスク ・ ドライブ ・ プロトコルに従って動作する必要があります。デバイスでは、すべての方法では、 tempdb データベースを格納する必要があります表示され、物理ディスク読み取りと書き込みの機能を提供することとして機能します。トランザクション セクター書き換え操作、追加の要件の特定の実装があります。たとえば、SQL Server は NTFS 圧縮は既に記述、考慮されたが、ログのセクターを書き換えることができるために NTFS ファイル システム圧縮を使用して変更強化データベースをサポートしていません。このタイプの書き換え中に失敗、SQL サーバーが安全でが使用不能、データの破損には、データベース可能性があります。

メモ SQL Server 2005 は、データベースとファイル グループだけを読み取るためのサポートや拡張。SQL Server 2005 Books Online の詳細を参照してください。

トランザクション セクター書き換え操作されますを含むすべての SQL Server のデータベースに関連、 tempdb データベースです。拡張ストレージ テクノロジのさまざまな成長は、デバイスおよび SQL Server は安全と見なされるデータを書き換えることができますユーティリティを使用します。たとえば、いくつかの最新技術のインメモリ キャッシュやデータの圧縮を実行します。重大なデータベースの破損を回避するには、セクターの書き換えは、完全なトランザクション サポートようが必要は、障害が発生した場合、データは前セクター イメージにロールバックされること。これは、予期しない中断やデータの破損の条件に SQL Server が公開されることを保証します。

ことができない場合があります、 tempdb RAM ディスク、固体、またはほかのデータベースを使用できないその他の高速実装などの専門のサブシステム上のデータベース。ただし、これらのオプションを評価するとき、「関連情報」セクションに表示される重要な要素を考慮必要する必要があります。

詳細

格納場所を評価するといくつかの要因を慎重に調査する必要があります、 tempdb データベースです。たとえば、 tempdb データベースの使用率を実行しますがメモリ使用量、クエリ プラン、および I/O を決定するには、制限されていません。適切なチューニングと実装、 tempdb データベースには、システムの応答性とスケーラビリティを向上できます。ここには、ストレージのニーズを決定する重要な要素について説明します、 tempdb データベースです。

高速サブシステム

高速サブシステム実装のさまざまな市場にはプロトコル要件 SQL Server I/O サブシステムを提供しますが、メディアの耐久性を提供しません。

重要です SQL Server I/O ニーズを完全に遵守を保証するために、製品のベンダーは、常を確認してください。

RAM ディスクは、このような実装の 1 つの一般的な例です。RAM ディスクに必要なドライバーをインストールし、として表示され、システムに接続されているディスク ドライブのように機能するのには、メイン RAM ディスクの一部を有効にします。すべての I/O サブシステム SQL Server I/O 要件に完全に準拠するようにします。ただし、RAM ディスクが永続的なメディアではないことは明らかです。したがって、実装、RAM ディスクなどだけの場所として使用することがあります、 tempdb データベースおよびその他のデータベースには使用できません。

実装および展開する前に考慮すべきキー

展開する前に考慮すべきさまざまなポイントは、 tempdb この種類のサブシステム上のデータベース。ここについては、の基礎として RAM ディスクを使用するのような結果に他の高速実装で発生します。

I/O 安全性

コンプライアンスの書き込み、トランザクションのセクターの書き込み後の読み取りが必要です。SQL Server 完全 SQL Server I/O の要件をサポートしていないシステム上でを展開することはありませんか、破損やデータの損失の可能性があります。

ページが既に (二重の RAM キャッシュ) キャッシュ

テンポラリ ・ テーブルは、データベース内のすべて他のテーブルと同様にです。バッファー プールにキャッシュでき遅延書き込み操作を処理します。RAM ディスクにテンポラリ ・ テーブルのページを格納する二重の RAM キャッシュ、RAM ディスクとバッファー プール内のいずれかになります。これは、直接バッファー プールの合計サイズから受け取りは通常 SQL Server のパフォーマンスは低下します。

RAM を与える

名前が示すように、RAM ディスク メイン メモリの一部を指定します。RAM ディスクと RAM ベースのファイル キャッシュのいくつかの実装が利用可能です。いくつかは、物理 I/O のオペレーションのバックアップを作成することもできます。RAM ベースのファイル キャッシュのキー要素は、直接 SQL Server で使用可能な物理メモリを離れてかかることです。常に強力な証拠、RAM ベースのファイル キャッシュ アプリケーションのパフォーマンスが向上し、他のクエリまたはアプリケーションのパフォーマンスが低下しない追加するが。

最初のチューニングします。

不要で、不要な並べ替えとハッシュが使用を可能性がありますを削除するのには、アプリケーションを調整する必要があります、 tempdb データベースです。何度でもなく、インデックスできます並べ替えの必要性を削除するかの使用を必要とせずに最適なパフォーマンスをリードするの計画を完全にハッシュ、 tempdb データベースです。

利点のポイント

ことの利点は、 tempdb 高速システム上のデータベースにのみ厳しいテストと測定のアプリケーション ・ ワークロードを決定できます。作業負荷特性を慎重に調査するが、 tempdb データベースから、メリットを得る可能性があり、展開する前に I/O 安全性を確認する必要があります。

並べ替えやハッシュ操作は、各並べ替えまたはハッシュ処理用のインメモリ スクラッチ領域のサイズを決定するのには、SQL Server メモリ マネージャーと共に機能します。並べ替えまたはハッシュ データ割り当てのインメモリ スクラッチ領域を超えていると、データを書き込むことができます、 tempdb データベースです。削減 SQL Server の 2005 年、このアルゴリズムが拡張されています、 tempdb SQL Server の以前のバージョンに比べて使用要件をデータベースします。たとえば、純粋強制的な並べ替えテーブルを使用して、降順の順序、および同じハードウェア構成を SQL Server 2005 のインデックス表示しません顕著な改善 SQL Server 2000年。

注意 SQL Server メモリのレベルと現在のクエリ アクティビティの使用を含むクエリ プランを判断する場合を考慮して設計されています tempdb データベースの操作。このため、パフォーマンスが向上が大幅の作業負荷およびアプリケーションの設計異なります。可能な利得の決定などを展開する前に I/O 安全性の要件を評価し、推奨される解決方法を使用してテストを完了することを強くお勧めします。

SQL Server を使用して、 tempdb 並べ替え、ハッシュ、バージョン ストアの行を一時テーブルに関係するさまざまなアクティビティを処理するデータベース:
  • 一時テーブルはデータ ページ用の共通のバッファー プール ルーチンによって管理され、通常専門サブシステムの実装のパフォーマンス上の利点は発生しません。
  • は、 tempdb データベースはハッシュとソートのスクラッチ領域として使用されます。このような操作の I/O レーテンシーを削減することを推奨します。ただし、ハッシュや並べ替えを回避するのには、インデックスの追加のようなメリットが提供可能性があります知っています。
ベースラインとせずに実行を tempdb データベースの利点を比較するのには、高速サブシステムに保存します。テストの一部は、並べ替え、ハッシュ、またはテンポラリ ・ テーブル、関連していない、これらのクエリ悪影響を及ぼさないいることを確認します。 データベースに対するクエリは、ユーザーが含まれます。システムを評価するときに、次のパフォーマンス インジケーターが役に立ちます。
元に戻す全体を表示する
インジケーター説明と使用法
ページの読み取りおよび書き込みパフォーマンスの向上、 tempdb データベースの I/o は、読み取られたページの割合を変更可能性があり、書き込みの待ち時間短縮のためのユーザーのデータベースに関連付けられた、 tempdb データベース I/O です。ユーザーのデータベース ページでは、全体の数、同じワークロードで変化してはなりません。
物理読み取りおよび tempdb データベースへの書き込みバイト数移動する場合は、 tempdb RAM ディスクなどのデバイスを使用すると、データベースの実際の I/O の増加に tempdb データベースは、バッファー プールからメモリが原因であることを示していますが増加 tempdb データベース アクティビティが発生します。このパターンは、データベースのページの寿命予測がまたページにインジケーターが否定的に影響を受けるです。
ページの寿命予測ページの寿命予測値が減少ユーザー データベースの物理 I/O 要件の増加を示すことができます。速度の低下はデータベース ページをバッファー プールを途中で終了するのには、バッファー プールからメモリを強制されていること可能性がありますいる可能性があります。その他のインジケーターを結合してパラメーターの境界を理解します。
全体的なスループット
CPU の使用率
拡張性
レスポンス ・ タイム
主な目的は、 tempdb データベース構成の変更は、全体のスループットを向上させるです。テストを反復可能なワークロード スループットへの影響を判断するのには、スケール アウトすることができますの組み合わせを含める必要があります。

RAM ディスクの圧縮ベース実装ようにも、10 人のユーザーが可能性があります。ただし、負荷の増加で、これ希望のレベルを超える CPU レベルをプッシュされ、ワークロードが多いのレスポンス ・ タイムに悪い影響があります。True のストレス テストおよび将来の負荷予測のテストは、強くお勧めです。
作業ファイルと作業テーブルの作成の動作移動する場合は、 tempdb データベースには、RAM ディスクなどのデバイスを使用するは作業ファイルまたはワーク ・ テーブルのサイズ、数を増やすことで、クエリ プランを変更する場合は、バッファー プールからメモリが原因であることを示していますが増加 tempdb データベース アクティビティが発生します。このパターンは、データベース ・ ページのページの寿命予測も否定的に受ける可能性があることを示す値です。

トランザクション セクター書き換え例

次の使用例は、SQL Server データベースが必要です、データ セキュリティを elaborates します。

RAM ディスクのベンダーは、メモリ内の圧縮の実装の使用を想定しています。実装が正しく場合、セクター揃え、サイズの SQL Server を認識しませんし、基になる実装から正しく保護されているため、ファイル ストリームの物理的な外観を提供することでカプセル化する必要があります。近くの圧縮例でを参照してください。
元に戻す全体を表示する
アクション
セクター 1 デバイスに書き込まれ、節約するために圧縮されます。
セクター 2 デバイスに書き込まれ、セクター領域を節約する場合は 1 に圧縮されています。
デバイスは、セクター 2 のデータを組み合わせると、セクター 1 のデータをセキュリティで保護するのには、次の操作を実行可能性があります。
元に戻す全体を表示する
アクション
すべてのセクター 1 および 2 の書き込みをブロックします。
スクラッチ領域に有効なデータとして取得する現在のセクター 1 ストレージを残してのセクター 1 圧縮を解除します。
セクター 1 および 2 は、新しいストレージ形式に圧縮します。
すべての読み取りと書き込みのセクター 1 および 2 をブロックします。
古いストレージ セクター 1 および 2 で新しい記憶域を交換します。
Exchange を (ロールバック) 失敗した場合。
  • 元のストレージ セクター 1 および 2 に復元します。
  • スクラッチ領域のセクター 1 および 2 の組み合わせのデータを削除します。
  • セクター 2 の書き込み操作は失敗します。
読み取りおよび書き込みのセクター 1 および 2 のブロックを解除します。
セクター変更ロック メカニズムを提供し、セクター交換が失敗した場合、変更をロールバックする機能は、整合性に準拠と見なされます。拡張バックアップを物理記憶域を使用する実装の場合は、それを保護、SQL Server データベース ファイルの整合性を維持するために、ディスク上の構造に適用された変更をロールバックするには、適切なトランザクション ログの部分が含まれます。

SQL Server データの損失に公開されないようにするには、セクターの書き換えを有効にするすべてのデバイスは、トランザクションのようにリライトをサポートしなければなりません。

メモ オンラインの I/O およびロールバックの障害でが発生した場合、SQL Server のインスタンスが再起動される、 tempdb データベースです。

移動すると、注意が必要、 tempdb データベース

移動すると、注意が必要、 tempdb データベースの場合は、 tempdb データベースを作成することはできません、SQL Server が開始されます。場合は、 tempdb データベースをすることはできません作成、SQL Server を使用して開始、(-f) のスタートアップ パラメーターし移動、 tempdb データベースの有効な場所にします。

物理的な場所を変更するのには tempdb データベースは、次の手順を実行します。
  1. ALTER DATABASE ステートメントと変更する FILE 句を使用して、物理ファイル内の各ファイルの名前を変更するのには、 tempdb 新しいディスクなどの新しい物理的な場所を参照してくださいするには、[データベース] をクリックします。
    Alter database tempdb modify file 
    (name = tempdev, filename = 'C:\MyPath\tempdb.mdf')
    
    Alter database tempdb modify file 
    (name = templog, filename = 'C:\MyPath\templog.ldf')
  2. 停止し、SQL Server を再起動します。

パートナー製品認定、互換性や安全性の保証ではないです。

サード パーティ製品や、特定のベンダーはマイクロソフトのロゴ認定を受信できます。ただし、パートナーの証明書や、特定のマイクロソフトのロゴの互換性や SQL Server で特定の目的への適合性保証しません。

サポート

I/O の保証がこの資料に記載されているように、トランザクション データベースの使用をサポートしています SQL サーバーでは、サブシステムを使用すると、Microsoft SQL Server および SQL Server ベースのアプリケーションのサポートを提供します。しかしで、発行または原因が、サブシステムの製造元に参照されます。

tempdb データベース関連の問題を Microsoft サポート サービスするか、再配置するのには tempdb データベースです。正しく展開されトランザクション データベースの使用は、デバイスを構成することを確認するのには、デバイスの製造元に問い合わせてください。

マイクロソフト認定や、サード ・ パーティ製品と SQL Server が正常に動作ことを確認しません。さらに、マイクロソフト、保証、保証、または SQL Server で使用したサード パーティ製品のフィットネスのステートメントがありません。

関連情報

詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには、次の資料番号をクリックしてください。
826433PRB: 報告されない入出力の問題を検出するために追加その他の SQL Server の診断
828339 ハードウェアの問題またはシステムの問題では、SQL Server エラー メッセージ 823 がある可能性があります。
234656 SQL Server がディスク ドライブのキャッシュを使用します。
110352 Microsoft SQL Server のパフォーマンスを最適化します。
304261 ネットワーク ・ データベース ・ ファイル SQL Server でのサポートの説明
913945 Microsoft Microsoft SQL Server のサード ・ パーティ製品が機能することを保証しません。
910716 リモート ユーザーのデータベースのミラーリングをサポートするために SQL Server 2005 と要件 SQL Server 2000
917043 サード パーティのファイル キャッシュ システム SQL Server を評価する際に考慮する点
このドキュメントに含まれる情報、マイクロソフト社の現在のビューの発行日を表します。Microsoft は変化する市場状況に対応する必要があるため、マイクロソフトの確約として解釈する必要がありますいない、Microsoft は発行日以降後に発表される情報の正確性を保証できません。

このホワイト ペーパーは情報提供のみを目的です。MICROSOFT いかなる、明示、黙示、または法定に、このドキュメントの情報がありません。

すべての該当する著作権法を遵守する責任をユーザーです。著作権の権利を制限することなく、が本書のいかなる部分可能性がありますに再現、格納、検索システムへの導入またはいかなる形式、手段 (電子、機械、複写、録音、またはそれ以外の場合)、または、目的、Microsoft Corporation の書面を送信します。

マイクロソフトは、特許、特許申請、商標、著作権、またはその他の知的財産権をこのドキュメント内の特定の分野をカバーする必要があります。場合マイクロソフトのライセンス契約で、本書を別途、許諾これらの特許、商標、著作権、またはその他の知的財産を提供しませんを除き。

? 2006 Microsoft Corporation。すべての権利予約します。

Microsoft、Windows、Windows Server、および SQL Server は、登録商標または商標 Microsoft Corporation の米国およびその他の国のものです。
SQL Server、Microsoft SQL Server、Always-On、ストレージ ソリューション レビュー プログラムで概説されている '確実な配信を安定したメディア' をサポートするために、システムする必要があります。参加者SQL Server データベース エンジン用の入出力の要件の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
967576Microsoft SQL Server データベース エンジンの入出力の要件

プロパティ

文書番号: 917047 - 最終更新日: 2011年8月4日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbinfo kbexpertiseadvanced kbsql2005engine kbsql2005setup kbmt KB917047 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:917047
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com