Active Directory インストール ウィザードの実行時にエラー メッセージ "ソース フォレストの Active Directory スキーマのバージョンはこのコンピュータの Active Directory のバージョンと互換性がありません" が表示される

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 917385 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft Windows Server 2003 R2 サーバーで Active Directory インストール ウィザードを実行しようとすると、ウィザードが完了せずに、以下のエラー メッセージが表示されることがあります。
Windows Server 2003 Server のインストール用にフォレストが準備されていないために Active Directory インストール ウィザードを続行できません。Adprep コマンドライン ツールを使ってフォレストおよびドメインの両方を準備してください。Adprep の使用法についての詳細は、Active Directory ヘルプを参照してください。

ソース フォレストの Active Directory スキーマのバージョンはこのコンピュータの Active Directory のバージョンと互換性がありません。

原因

この問題は、Active Directory が Windows Server 2003 R2 のスキーマ拡張機能を使用して更新されなかったときに発生することがあります。

解決方法

この問題を解決するには、スキーマ マスタで Windows Server 2003 R2 のインストール ディスク 2 から adprep.exe /forestprep コマンドを実行します。コマンドを実行するには、Windows Server 2003 R2 のインストール ディスク 2 を挿入して、次のコマンドを入力します。
Drive:\CMPNENTS\R2\ADPREP\adprep.exe /forestprep

詳細

Windows Server 2003 R2 用 ADPrep.exe ツールの正しいバージョンは、5.2.3790.2075 です。

ドメイン コントローラの
Schema Version
レジストリ サブキーの値を参照することによって、スキーマのオペレーティング システムのサポート レベルを確認できます。このサブキーは、次の場所にあります。
HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\NTDS\Parameters
また、ADSI Edit ユーティリティまたは Ldp ユーティリティを使用して cn=schema,cn=configuration,dc=<domain> パーティションのプロパティの objectVersion 属性を参照することによって、スキーマのオペレーティング システムのサポート レベルを確認できます。
Schema Version
レジストリ サブキーおよび objectVersion 属性の値は、10 進数で次の値です。

スキーマ バージョンの ObjectVersion 値および対応するオペレーティング システムのサポート レベル
  • 13 = Microsoft Windows 2000
  • 30 = Microsoft Windows Server 2003 および Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 1 (SP1) の初回リリース版
  • 31 = Microsoft Windows Server 2003 R2

Windows Server 2003 R2 のインストール ディスク

Windows Server 2003 R2 は 2 枚のインストール ディスクで提供されています。インストール ディスク 1 には、Windows Server 2003 Service Pack 1 (SP1) のスリップストリーム版が含まれています。インストール ディスク 2 には、Windows Server 2003 R2 のファイルが含まれています。コンピュータに Windows Server 2003 SP1 がインストールされている場合は、インストール ディスク 2 のみを実行して Windows Server 2003 R2 にアップグレードしてください。

インストール ディスク 2 は、Windows Server 2003 のエディションに対応しています。たとえば、Windows Server 2003 Standard Edition ベースのコンピュータをアップグレードするには、Windows Server 2003 R2 Standard Edition のインストール ディスクを使用する必要があります。インストール ディスク 2 には、Windows Server 2003 R2 x86 ベースおよび x64 ベース用のインストール ファイルが含まれています。

ADSI Edit ユーティリティおよび Ldp ユーティリティは、Windows Server 2003 R2 サポート ツールに含まれています。サポート ツールをインストールするには、インストール ディスク 1 の \Support\Tools フォルダにある Suptools.msi を実行します。

プロパティ

文書番号: 917385 - 最終更新日: 2007年8月27日 - リビジョン: 5.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise Edition (32-Bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Standard x64 Edition
キーワード:?
kbtshoot kbprb KB917385
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com