Windows XP SP2 ベースのコンピューターを開始しているときにネットワーク接続を作成することはできません。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 917730
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft Windows XP Service Pack 2 (SP2) を実行しているコンピューターにネットワーク接続を作成しようとすると、1 つまたは複数次の問題が発生する可能性があります。
  • 遅延または低速な応答、ログインまたはサーバー上のデータにアクセスしようとしたとき。
  • タイムアウトのエラー メッセージが表示されます可能性があります。使用しているプログラムによっては、メッセージのテキストによって異なります。
  • ネットワーク接続を作成することできません可能性があります。
この現象は、Windows XP SP2 ベースのコンピューターの開始時に、主に発生します。Windows ファイアウォール/インターネット接続共有サービスが起動したら、動作を停止します。

原因

この現象は Windows ファイアウォール パケットは、Windows XP SP2 ベースのコンピューター上の不明な TCP/IP パケットをブロックするフィルタ リングを使用するために発生します。これはユーザー データグラム プロトコル (UDP) パケットを受信してからコンピューターを防ぐことが、そのためネットワーク接続できなくなります。

Windows ファイアウォールは、TCP/IP バージョン 4 (IPv4) 経由の一方的なまたは不明の着信接続を拒否することによって、ネットワークに接続しているコンピューターを保護することができます。既定では、Windows ファイアウォールは Windows XP SP2 ではオンになっています。Windows ファイアウォールでは、起動処理の早い段階で、起動し、パケット フィルタ リングを使用して、不明なパケットをブロックするには、サービスが開始されるまでには、ブート時ポリシーを読み込みます。このブート時ポリシー、ハードコードされ Windows ファイアウォールがオフになっている場合でも適用されます。

回避策

この現象を回避するには、次の方法のいずれかを使用します。
  • 約 15 秒待つし、ネットワークの接続を再試行します。
  • 必要に応じて、この問題の影響を受けるプログラムのタイムアウトの設定を大ききます。

解決方法

重要このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、この手順を慎重に実行するようにしてください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合でもレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法


メモ この修正プログラムでは、ブート時のセキュリティ設定を無効にするのには、レジストリを構成できます。また、Windows XP SP2 ベースのコンピューターを起動するとき、UDP パケットを受け取ることができますようにこの修正プログラムは Windows ファイアウォールを変更します。したがって、絶対に問題を解決する必要がある場合この修正プログラムのみ使用してください。この現象を回避するには、「回避策」のセクションで説明されている方法を使用することをお勧めします。

この修正プログラムを有効にするには、Windows ファイアウォールが起動するまで、コンピューターの再起動時に、ブート時のポリシーからを除外するポートを指定するのには、レジストリを変更する必要があります。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] regeditプロパティ ].
  2. 見つけて、次のレジストリ サブキー] をクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\IpNat
  3. で、 編集 メニュー、ポイントに 新しいプロパティ キー.
  4. タイプ パラメーター、し、ENTER キーを押します。
  5. で、 編集 メニュー、ポイントに 新しいプロパティ 文字列値.
  6. タイプ BootTimeUDPExemptions、し、ENTER キーを押します。
  7. Usbehci.sys BootTimeUDPExemptionsプロパティ 変更.
  8. で、 [値のデータ ボックスで、クリックして、ブート時のポリシーから除外するポートの番号を入力します。 ].

    メモ ポート番号をカンマで区切ります必要があります。たとえば、入力します。 1234,5678,23456 ポート 1234年を開く 5678、および 23456。
  9. レジストリ エディターを終了します。
注:
  • これらの変更を適用するには、管理者としてログオンする必要があります。
  • これらの変更を適用する前に、またはこの修正プログラムをインストールした後することができます。この修正プログラムがインストールされていない場合ただし、レジストリの設定は、影響しません。
  • Windows ファイアウォールが起動するとこれらの変更に変更されません。
  • この修正プログラムのみ一般的な UDP ポートを有効にできます。ファイアウォールのブート時セキュリティ例外に動的ポートを追加するのには、この修正プログラムを使用できません。
次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロード可能です :

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
917730 パッケージを今すぐダウンロードします。

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の資料番号をクリックして、Microsoft Knowledge Base 内にある資料を参照してください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、この配布ファイルのウイルス チェックを行いました。マイクロソフトは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しました。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

修正プログラムの情報

ファイル情報

この修正プログラムの英語版のファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) を、次の表に一覧表示します。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で表示されます。ファイル情報を表示する際に、ローカル時刻に変換されます。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン コントロール パネルの [日付と時刻の項目にタブします。
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間プラットフォーム
Ipnat.sys5.1.2600.2887136,3202006 年 4 月 14 日00:20x86

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の「対象製品」として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
824684マイクロソフト ソフトウェア更新プログラムの説明で使用される一般的な用語の説明

詳細

起動時のセキュリティ

Windows XP SP2 より前のバージョンの Windows XP では、ウィンドウ、ネットワーク スタックが起動したときや、インターネット接続ファイアウォールの保護を提供するために開始時までの時間があります。ファイアウォール サービスが読み込まれて適切なポリシーが適用されるまでの TCP/IP パケットをフィルターするには、ファイアウォール ドライバーが起動しません。Firewall サービスは、いくつかの機能に依存してサービス ポリシーをドライバーにプッシュする前にこれらの機能をオフにするまでに待機する必要があります。この時間枠の間、パケットを受信してインターネット接続ファイアウォールのフィルターなしにサービスを提供可能性があります。コンピューターには、すべての種類の脆弱性と潜在的危険です。期間は、コンピューターの速度に基づいています。

Windows XP SP2 では、ファイアウォール ドライバーはブート時のポリシーは、新しい静的なポリシー ルールがあります。ブート時ポリシーステートフル フィルタ リングを実行し、コンピューターの起動時に、脆弱性を排除します。ブート時ポリシー ドメイン ネーム システム (DNS) および動的ホスト構成プロトコル (DHCP) などの基本的なネットワーク タスクに発生することができますようにポートを開くことができます。ブート時のポリシーは、適切なポリシーを取得するには、ドメイン コント ローラーとの通信にコンピューターこともできます。ファイアウォール サービスが実行されているとすぐに、適用すると、実行時の Windows ファイアウォール ポリシーが読み込まれ、起動時フィルターが削除されます。起動時ポリシーは構成できません。

メモ Windows ファイアウォール/インターネット接続共有サービスが無効] または [手動] に設定されている場合は、起動時ポリシーは適用されません。

Windows ファイアウォール サービスの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
320855Windows XP のインターネット接続のファイアウォールの説明
インターネット接続ファイアウォールをオンまたはオフにする方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet2.microsoft.com/WindowsServer/en/library/28d7c0c4-539e-4510-9431-9e52d24e0a021033.mspx
インターネット接続ファイアウォールをオンまたはオフにする方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
268230電源を入れますまたは Windows XP では、ファイアウォールを無効にする方法
インターネット接続ファイアウォールがファイルとプリンターの共有へのアクセスを防止する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するには、次の資料番号をクリックしてください。
298804 インターネット ファイアウォールを参照やファイルの共有
詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
306203インターネット接続ファイアウォールと基本ファイアウォール、インターネット プロトコル version 6 トラフィックをブロックしません。
インターネット接続ファイアウォールのセキュリティ ログ ファイルの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet2.microsoft.com/WindowsServer/en/library/2fcb60d7-545c-4375-8c79-e055c822b41c1033.mspx
ICMP の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet2.microsoft.com/windowsserver/en/library/732438fe-70c5-4e68-9663-ecbd955d29ea1033.mspx

プロパティ

文書番号: 917730 - 最終更新日: 2013年7月20日 - リビジョン: 8.0
キーワード:?
atdownload kbqfe kbHotfixServer kbtshoot kbexpertiseinter kbmt KB917730 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:917730
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com