Microsoft Dynamics CRM 3.0 SQL データベースを同じドメイン内の別のサーバーに移動する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 917948 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、Microsoft Dynamics CRM 3.0 SQL データベースを、同じドメイン内の別のサーバーに移動する方法について説明します。

詳細

  • この手順は、Microsoft CRM SQL データベースを同じドメイン内の別のサーバーに移動するために使用することをお勧めします。この手順を使用して、別のドメインにあるサーバーにデータを移動しないでください。
  • この手順は、Microsoft SQL Server の名前付きインスタンスから同じコンピュータ上の SQL Server のデフォルトのインスタンスにデータを移動するために使用します。
  • Microsoft CRM SQL データベースを同じドメイン内の別のサーバーに移動する場合、Microsoft Office Outlook の Microsoft CRM ラップトップ クライアントまたはデスクトップ クライアントに変更を加える必要はありません。
重要 : この手順を完了する前に、必ずこの資料全体を読み、理解してください。

データベースを移動する準備を行う

データベースを移動する前に、次の準備が完了していることを確認します。
  • すべてのユーザーが Microsoft CRM からログアウトしている。
  • Outlook ユーザーのすべての Microsoft CRM クライアントがオンライン接続され、クライアントのオフライン データと Microsoft CRM との同期が取れている。
  • すべての Microsoft CRM SQL データベースの最新のバックアップがある。

データベースを移動する

準備が完了したことを確認した後、次の手順を実行して Microsoft CRM SQL データベースを移動します。
  1. 次の Microsoft CRM SQL プライマリ データベースのバックアップを作成します。
    • OrganizationName_METABASE
    • OrganizationName_MSCRM
    次の手順を実行して、これらのデータベースのバックアップを作成します。
    1. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[Microsoft SQL Server 2005] を順にポイントし、[SQL Server Management Studio] をクリックします。
    2. SQL Server Management Studio で、[サーバー名] ボックスの一覧でサーバーをクリックし、[接続] をクリックします。
    3. [データベース] フォルダを展開します。
    4. 2 つのデータベースのいずれかを右クリックし、[タスク] をポイントし、[バックアップ] をクリックします。
    5. [バックアップの種類] ボックスの一覧の [完全] をクリックし、[バックアップ先] の [追加] をクリックします。
    6. [バックアップ先の選択] ダイアログ ボックスで [参照] ボタン (...) をクリックします。
    7. [データベース ファイルの検索] ダイアログ ボックスでバックアップ ファイルの名前を入力し、[OK] をクリックします。
    8. すべてのダイアログ ボックスが閉じるまで [OK] をクリックします。バックアップが正常に完了したことを示すメッセージが表示されます。
    9. 他のデータベースについても、手順 a. 〜 h. を繰り返します。Microsoft SQL Server の元のインスタンスからは何も削除しないでください。SQL Server の元のインスタンスにファイルを残しておくと、手順 5. を実行するときに元の設定を参考として使用できます。
  2. 手順 1. で作成したバックアップ ファイルを SQL Server の新しいインスタンスに移動します。
  3. 次の手順を実行して、バックアップ ファイルの復元先となる 2 つのデータベースを作成します。
    1. SQL Server Management Studio を起動します。
    2. [データベース] フォルダを展開します。
    3. [データベース] を右クリックし、[新しいデータベース] をクリックします。
    4. データベースの名前を入力します。たとえば、OrganizationName_MSCRM と入力します。
    5. [OK] をクリックします。

      重要 : Microsoft SQL Server の元のインスタンスで使用されていた名前付け規則と同じ規則を使用していることを確認します。
    6. 手順 c. 〜 e. を繰り返して、OrganizationName_METABASE データベースを作成します。ここでも、Microsoft SQL Server の元のインスタンスで使用されていた名前付け規則と同じ規則を使用していることを確認します。
  4. 次の手順を実行してバックアップ ファイルを復元します。
    1. SQL Server Management Studio を起動します。
    2. [データベース] フォルダを展開します。
    3. [OrganizationName_MSCRM] データベースを右クリックし、[タスク]、[復元] を順にポイントし、[データベース] をクリックします。
    4. [復元用のソース] で [デバイスから] をクリックし、[参照] ボタン (...) をクリックします。
    5. [バックアップの指定] ダイアログ ボックスで [追加] をクリックします。
    6. [バックアップ ファイルの検索] ダイアログ ボックスで OrganizationName_MSCRM データベースのバックアップ ファイルの場所をクリックし、[OK] をクリックします。
    7. [バックアップの指定] ダイアログ ボックスで [OK] をクリックします。
    8. [データベースの復元] ダイアログ ボックスで復元元のチェック ボックスをオンにし、[オプション] をクリックします。[既存のデータベースを上書きする] チェック ボックスをオンにします。
    9. [次のデータベース ファイルに復元] で実際の 2 つのデータベース ファイルのパスを調べます。これらのパスが有効な場所を指していることを確認します。パスが有効な場所を指していない場合は、適切なパスに変更します。
    10. [データベースの復元] ダイアログ ボックスで [OK] をクリックして復元処理を開始します。

      : データベースのサイズによって、この処理には長時間かかる場合があります。処理が完了したら、復元操作が正常に完了したことを示すメッセージが表示されます。
    11. OrganizationName_METABASE データベースに対して手順 c. 〜 j. を繰り返します。
  5. Microsoft Windows NT セキュリティ グループにマッピングして、セキュリティ グループを設定します。この操作を行うには、次の手順を実行します。

    : 次の手順を実行する際は、SQL Server の元のインスタンスにあるセキュリティ フォルダを参考として使用してください。
    1. SQL Server Management Studio を起動します。[セキュリティ] フォルダを展開します。
    2. [ログイン] を右クリックし、[新しいログイン] をクリックします。
    3. [ログイン] ダイアログ ボックスの左ペインで [全般] をクリックし、右ペインで [ログイン名] の右側にある [検索] をクリックします。
    4. [ユーザーまたはグループの選択] ダイアログ ボックスで [オブジェクトの種類] をクリックし、[グループ] チェック ボックスがオンになっていることを確認して [OK] をクリックします。
    5. [場所] をクリックし、すべての内容が選択されるようにフォルダをクリックして、[OK] をクリックします。
    6. [選択するオブジェクト名を入力してください] で SQL と入力し、[名前の確認] をクリックします。
    7. [SQLAccessGroup {GUID}] をクリックし、[OK] をクリックします。
    8. [ログイン] ダイアログ ボックスで [Windows 認証] をクリックし、その他のデフォルトのオプションを現在の設定のままにします。[OK] をクリックして、すべてのダイアログ ボックスを閉じます。
  6. Microsoft CRM Server の Microsoft CRM システム DSN ODBC データ ソースを、Microsoft SQL Server を実行している新しいサーバーをポイントするように変更します。変更するには、次の手順を実行します。
    1. [スタート] ボタンをクリックし、[管理ツール] をポイントし、[データ ソース (ODBC)] をクリックします。
    2. [ODBC データ ソース アドミニストレータ] ダイアログ ボックスの [システム DSN] タブをクリックし、[システム データ ソース] ボックスの一覧の [Microsoft CRM] をクリックして、[構成] をクリックします。
    3. Microsoft SQL Server 用の DSN の設定ウィザードの最初のウィンドウの [サーバー] ボックスの一覧で、接続先のサーバーをクリックします。
    4. [次へ] を 3 回クリックしてデータ ソースを構成します。
    5. [完了] をクリックします。
    6. [ODBC Microsoft SQL Server セットアップ] ウィンドウで、[データ ソースのテスト] をクリックしてサーバーへの接続を検証します。
    7. [OK] を 2 回クリックして構成を完了します。
    8. [OK] をクリックして [ODBC データ ソース アドミニストレータ] ダイアログ ボックスを閉じます。
  7. 次の手順を実行して Microsoft Dynamics CRM サーバーを再構成します。
    1. Microsoft Dynamics CRM サーバーで [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[Microsoft CRM] の順にポイントし、[展開マネージャ] をクリックします。
    2. 左側のウィンドウで [サーバー管理] をクリックし、Microsoft Dynamics CRM サーバーを右クリックして [SQL Server の構成] をクリックします。
    3. [Microsoft Dynamics CRM Server] ダイアログ ボックスで、[SQL Server] ボックスの一覧から Microsoft SQL Server を実行している新しいコンピュータを選択し、[次へ] をクリックします。
    4. [Microsoft CRM データベース] ボックスの一覧で適切な Microsoft CRM SQL データベースをクリックします。複数の Microsoft CRM サーバーがある場合は、[展開されているすべてのサーバーに変更を適用する] チェック ボックスをオンにします。
    5. [完了] をクリックします。
  8. データベースにアクセスできることを確認して Microsoft CRM をテストします。また、Outlook の Microsoft Dynamics CRM クライアントもテストして、プログラムを使用できることを確認します。
  9. SQL Server ジョブが作成されていることを確認します。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. SQL Server Management Studio を起動します。
    2. [SQL Server エージェント] を展開し、[ジョブ] フォルダを展開します。
    3. [ジョブ] フォルダに、以下のジョブが表示されていることを確認します。
      • Organization_Name.Update Contract States
      • MSCRM Identity Reseeding
      • MSCRM Index Reindexing
      • MSCRM Stored Procedures Priming
      • Start_Incremental on Organization_Name_ftcat_documentindex
    4. [ジョブ] フォルダ内に、手順 c. に記載されているジョブが表示されていない場合は、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) に記載されている手順を実行します。
      910044 Microsoft Dynamics CRM データベースを SQL Server の新しいインスタンスに移動すると、SQL Server ジョブが作成されないことがある
  10. 次の手順を実行して Microsoft SQL Server を実行している元のコンピュータの内容をクリーンアップします。
    1. 古い Microsoft CRM SQL データベースを削除します。
    2. 次のログイン グループを削除します。
      • SQLAccessGroup
      • UserGroup
      • ReportingGroup
: Microsoft CRM SQL データベースを別のサーバーに正常に移動した後は、新しいサーバーのデータベースのバックアップを定期的に行うよう必ず計画してください。

関連情報

Microsoft SQL Reporting Services データベースを移動する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
842425 Reporting Services を実行しているコンピュータから別のコンピュータに Reporting Services データベースを移動する方法
Microsoft Dynamics CRM 3.0 データベースを Microsoft SQL Server の新しいインスタンスに移動する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
910044 Microsoft Dynamics CRM データベースを SQL Server の新しいインスタンスに移動すると、SQL Server ジョブが作成されないことがある

プロパティ

文書番号: 917948 - 最終更新日: 2008年1月16日 - リビジョン: 4.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Dynamics CRM 3.0
キーワード:?
kbhowto kbmbsmigrate kbmbsadministration KB917948
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com