Microsoft Dynamics CRM 3. 0 を実行しているラップトップ クライアント コンピューターでオフラインにしようとすると、エラー メッセージ: 失敗した移動エンティティのデータ"

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 918108 - 対象製品
この資料に記載されている修正プログラムは体字中国語版の Microsoft Dynamics CRM または日本語版の Microsoft Dynamics CRM を使用できません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Microsoft Dynamics CRM 3. 0 を実行しているラップトップ クライアント コンピューターでオフラインにするときは、できませんオフラインに正常にします。 次のエラー メッセージでは、表示されます。
アクション salnsert、countRows にエンティティ 'entity_name' の移動データを失敗 1 =。 システム管理者に問い合わせてくださいやり直してくださいもう一度オフラインになります。
また、次のエラー メッセージがラップトップ クライアント コンピューター上でアプリケーション ログに記録されます。

イベントの種類: エラー
イベント ソース: MSCRMOfflineSync
分類 : None
イベント ID: 6000
日付: date
時刻: time
user_name のユーザーは以下の操作を行うことができます。
コンピューター: computer_name

説明:

オフライン同期中にエラーが発生しました。 もう一度オフラインになるか Microsoft Outlook を再起動します。 エンティティ 'アカウント'、batchRows の saInsert に失敗しました例外 System.Data.SqlClient.SqlException 0 =: 一括挿入は失敗します。 列が 1 行目、71 の列のデータ ファイルに長すぎます。 フィールド終端文字と行終端文字が正しく指定されてを確認します。

OLE DB プロバイダー 'ストリーム' からエラーが報告されました。 プロバイダーが任意のエラー情報を与えません。
OLE DB エラーのトレース [と OLE DB プロバイダー 'ストリーム' IRowset::GetNextRows 返さ 0x80004005: プロバイダーが、エラーに関する情報を与えない。]。
ステートメントが終了されました。
System.Data.SqlClient.SqlCommand.ExecuteNonQuery() で
Microsoft.Crm.Application.Outlook.OfflineSync.Utility.ExecuteSql (文字列 strCommand、CrmDbConnection dbConnection) に
Microsoft.Crm.Application.Outlook.OfflineSync.BcpTransferDataProvider.PopulateTempTable (文字列型 (String tempTableName、文字列型 (String fileName、CrmDbConnection dbConnection、Int32 の数、文字列型 (String formatFile) に
Microsoft.Crm.Application.Outlook.OfflineSync.BcpTransferDataProvider.DoInsertTable (EntityMetadata エンティティ、文字列型 (String fileName、Int32 の数、ブール型 (Boolean) の拡張、属性の文字列型 (String) で
Microsoft.Crm.Application.Outlook.OfflineSync.BcpTransferDataProvider.DoInsert (EntityMetadata エンティティ、文字列型 (String fileName、Int32 の数) で
Microsoft.Crm.Application.Outlook.OfflineSync.BcpTransferDataProvider.ExecuteInsert (文字列型 (String entityName、Int32 の数) で
で Microsoft.Crm.Application.Outlook.OfflineSync.SyncData.DoBatchStep (ITransferDataProvider transferDataProvider、文字列型 (String entityName、SyncAction アクション、Int32 batchRows)。

原因

この問題は、次の条件に該当する場合に発生する可能性があります。
  • NTEXT 型のエンティティのメイン フォームを使用するカスタム属性フィールドを追加します。
  • 関連レコードのカスタム属性フィールドには、4, 000 を超える文字が含まれています。

解決方法

この問題は、Microsoft Dynamics CRM 3. 0 更新プログラム ロールアップ 1 で修正します。

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
922815Microsoft Dynamics CRM 3. 0 用の更新プログラムのロールアップ 1 には
この問題が修正更新プログラム ロールアップ 1 で Microsoft Dynamics CRM 3. 0 Professional Edition のサービス プロバイダーのされます。

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
935731サービス プロバイダーを Microsoft Dynamics CRM 3. 0 Professional Edition の更新プログラム ロールアップ 1 には
  1. この資料に記載されている修正プログラムをインストールします。
  2. 以下の KB 資料に記載されている Microsoft SQL Server 修正プログラムをインストールします。
    923327[FIX] SQL Server 2000 で、一括挿入コマンドを使用してデータをインポートすると、アクセス違反のエラー メッセージが表示される場合があります。
    メモ
    • SQL Server の MachineName\CRM インスタンスに各クライアント ワークステーション上でこの資料には記載されている修正プログラムをインストールします。
    • 修正プログラムは、Microsoft SQL Server の不具合、一括挿入のプロセスでは公開されています。 修正プログラムをインストールするとこのバグを対応する必要があります。
  3. これら 2 つの修正プログラムをインストールした後ログオフする前に、次のフォルダーの内容を削除します。
    C:\Documents と Settings\ <crm laptop client user> \Application Data\Microsoft\MSCRM\BCP\FMT\
メモ <crm laptop client user> のプレースホルダーが、実際の CRM ラップトップ クライアント ユーザーを表します。

状況

マイクロソフトとして認識していますこの問題を記載されているいるマイクロソフト製品の問題。この問題は修正と更新プログラム ロールアップ 1 Microsoft Dynamics CRM 3. 0 更新プログラム ロールアップ 1 に Microsoft Dynamics CRM 3. 0 Professional Edition のサービス プロバイダーのされました。

詳細

修正プログラムをインストールした後の「現象」に記載されている問題が引き続き発生する場合は、資料の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 表示する次の資料数値のクリックしてします。

Outlook のラップトップ クライアントを Microsoft Dynamics CRM 3. 0 の

916165Outlook 用には、Microsoft Dynamics CRM ラップトップ クライアントでオフラインにしようとすると、エラー メッセージ:"に失敗しましたアクション saInsert、countRows 時にエンティティ &lt; EntityName &gt; のデータを移動する = &lt; CountNumber &gt;。 システム管理者に問い合わせてください"

Outlook 互換性に関する更新プログラムを Microsoft Dynamics CRM 3. 0 のラップトップ クライアントの

938065Outlook 用には、Microsoft Dynamics CRM クライアントでオフラインにしようとすると、エラー メッセージ: 失敗した移動エンティティのデータ"

関連情報

マイクロソフトのソフトウェアの更新に使用される用語についてについては、記事の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示する次の資料番号をクリックします。
824684マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明
887283Microsoft ビジネス ソリューションの CRM ソフトウェアの修正プログラムおよび更新プログラム パッケージの名前付け規則

プロパティ

文書番号: 918108 - 最終更新日: 2007年9月27日 - リビジョン: 8.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Dynamics CRM 3.0 Professional Edition for Service Providers
  • Microsoft CRM 3.0
  • Microsoft CRM client for Microsoft Office Outlook?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft CRM 3.0
キーワード:?
kberrmsg kbbug kbqfe kbmbsmigrate kbhotfixserver kbmbscustomization kbcrmv3cno kbmt KB918108 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:918108
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com