Internet Explorer 7 で、カスタムの .adm ファイルまたは .admx ファイルを作成して検索プロバイダをツール バーの検索ボックスに追加する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 918238 - 対象製品
重要 : この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておいてください。バックアップ、復元、および編集方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

Microsoft Internet Explorer 7 では、ユーザーは、インターネット検索に使用する検索プロバイダを選択できます。プロバイダの一覧は、Internet Explorer のツール バーの検索ボックスに表示されます。ユーザーは、この一覧で検索プロバイダの追加や削除を行えます。また、既定の検索プロバイダを選択することもできます。

検索プロバイダに関連する操作はグループ ポリシー設定によって制御されます。管理者は、グループ ポリシー設定を使用してユーザーの操作を制限できます。これらの設定の多くが、Populate list of search providers ポリシー設定を参照します。管理者は、このポリシー設定を使用して検索プロバイダの一覧を提供できますが、このポリシー設定はデフォルトでは使用できません。このポリシー設定を使用するには、以下の管理テンプレートを管理者が手動で作成する必要があります。
  • .adm ファイル (Microsoft Windows XP の場合)
  • .admx ファイルおよび .adml ファイル (Microsoft Windows Vista の場合)
この資料では、Internet Explorer 7 で、カスタムの .adm ファイルまたは .admx ファイルを作成して、検索プロバイダをツール バーの検索ボックスに追加する方法について説明します。

詳細

レジストリ内の Searchscope の構成

このポリシーを .adm ファイルまたは .admx ファイルに追加する前に、レジストリ内での検索プロバイダの構成を理解しておく必要があります。たとえば、検索プロバイダとして Windows Live Search、AOL、Yahoo!検索、および Google が一覧に表示されているとします。Windows Live Search が既定のプロバイダとして選択されています。この場合、以下のレジストリ キーが
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Internet Explorer\SearchScopes
レジストリ サブキーに見つかります。
  • {0633EE93-D776-472f-A0FF-E1416B8B2E3A}
  • {7C8884C0-1EBD-4C0E-970A-A86A3B395203}
  • {D38AB22A-54FB-4572-BB02-9976978D823D}
  • {D3EE4B30-4EEC-4AD0-8597-3B3FEDFB0A1C}
これらのレジストリ キーはそれぞれ検索プロバイダを表します。
SearchScopes
キーにある DefaultScope エントリには、既定の検索プロバイダのキーに対応する値が設定されています。たとえば、この例の
SearchScopes
キーには、Windows Live Search のレジストリ キーに対応する値である
{0633EE93-D776-472f-A0FF-E1416B8B2E3A}
が設定されています。

検索プロバイダ キーは、各検索プロバイダが一意の識別子を持つように GUID としてデザインされています。マイクロソフトは、これらのキー名を GUID にすることを強くお勧めします。

各キーには、以下に示す DisplayName エントリと URL エントリも含まれています。
  • DisplayName
    Internet Explorer のツール バーの検索ボックスに表示される文字列です。ツール バーの検索ボックスに表示されるときに省略されないように、一般的に、短い名前にしておきます。たとえば、この名前を 16 〜 20 文字までにしておくことをお勧めします。ユーザーのコンピュータで大きなフォントが使用される場合には、短くしておくことが特に重要です。
  • URL
    検索 URL の形式は次のとおりです。
    http://example.com/?q={searchTerms}
    : {searchTerms} はユーザーのクエリです。example は指定した検索プロバイダです。たとえば、Windows Live Search を検索プロバイダに指定している場合、URL は次のようになります。
    http://search.live.com/results.aspx?q={searchTerms}&src={referrer:source?}

Populate list of search providers ポリシー設定

Populate list of search providers ポリシー設定を使用すると、Internet Explorer 7 のツール バーの検索ボックスに表示する検索プロバイダの一覧を作成できます。このポリシー設定と "検索プロバイダを特定のプロバイダ一覧に制限する" ポリシー設定を有効にした場合、特定の一覧のみが表示されます。"特定の検索プロバイダ一覧をユーザーの検索プロバイダ一覧に追加する" ポリシー設定を有効にした場合、特定の一覧が検索プロバイダの一覧に追加されます。Populate list of search providers ポリシー設定を無効または未構成にしている場合、ユーザーは独自の検索プロバイダ一覧を作成できます。

Populate list of search providers ポリシー設定を有効にすると、必要なキーが以下のレジストリ サブキーに作成され、そのキーに適切なエントリと値が設定されます。
HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Internet Explorer\SearchScopes
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Internet Explorer\SearchScopes

Populate list of search providers ポリシー設定を含む .adm ファイルを作成する方法

警告 : レジストリ エディタまたは別の方法を使用してレジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリの変更により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリの変更は、自己の責任において行ってください。
  1. ユーザーに提供する検索プロバイダを決定します。
  2. 決定した検索プロバイダをレジストリに追加します。この操作は、インターネットから検索プロバイダを追加して行えます。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. Internet Explorer で、右上隅の検索オプションの矢印をクリックします。
    2. [追加プロバイダの検索] をクリックします。
    3. サポートされている検索プロバイダの一覧が記載されたページが表示されます。検索プロバイダをクリックし、[プロバイダの追加] をクリックします。これにより、その検索プロバイダが一覧に追加されます。検索オプションの矢印を再度クリックし、新しく追加した検索プロバイダが一覧に含まれていることを確認します。
    4. 追加する検索プロバイダごとに手順 c. を繰り返します。
    5. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に regedit と入力し、[OK] をクリックします。
    6. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
      HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Internet Explorer\SearchScopes
    7. 検索プロバイダを表す GUID がこのサブキーに表示されることを確認します。
    : 独自の検索プロバイダを直接レジストリに追加することもできます。その場合は、追加する検索プロバイダのレジストリ キーを手順 2f. で示したサブキーに作成します。次に、追加する検索プロバイダの情報を使用してキーを設定します。GUID データは、検索プロバイダから提供されます。
  3. ポリシー テンプレートを作成します。これを行うには、メモ帳などのテキスト エディタを開き、次のテンプレートをメモ帳にコピーします。
    CLASS USER
    CATEGORY !!WindowsComponents
    CATEGORY !!InternetExplorer
    
    POLICY !!PopulateSearchProviderList
    			#if version >= 4
    			SUPPORTED !!SUPPORTED_IE7
    			#endif
    			EXPLAIN !!IE_Explain_PopulateSearchProviderList
    			KEYNAME "Software\Policies\Microsoft\Internet Explorer\SearchScopes"
    			VALUENAME Version
    			VALUEON NUMERIC <VERSION>
       ACTIONLISTON
    KEYNAME "Software\Policies\Microsoft\Internet Explorer\SearchScopes"
    			     	 VALUENAME DefaultScope	VALUE "<DEFAULTSUBKEY>"
    
    				KEYNAME "Software\Policies\Microsoft\Internet Explorer\SearchScopes\<SUBKEY1>"
    				VALUENAME DisplayName  VALUE "<NAME1>"	
    				VALUENAME URL               VALUE "<URL1>"
    			END ACTIONLISTON
    		END POLICY
    END CATEGORY
    END CATEGORY
    
    CLASS MACHINE
    CATEGORY !!WindowsComponents
    CATEGORY !!InternetExplorer
    <POLICY ... END POLICY Insert the same policy that is under class user>
       END CATEGORY
    END CATEGORY
    
    
    [strings]
    SUPPORTED_IE7="At least Internet Explorer 7.0"
    WindowsComponents="Windows コンポーネント"
    InternetExplorer="Internet Explorer"
    PopulateSearchProviderList="Populate List of search providers"
    IE_Explain_PopulateSearchProviderList="This policy setting will allow you to populate a list of search providers that will be displayed in the Internet Explorer search box.\n\n If you enable this policy setting and if the "Restrict search providers to a specific list of search providers" Group Policy setting is enabled, this list will be the only list that appears in the Internet Explorer drop-down list. If the "Add a specific list of search providers to the user's search provider list" Group Policy setting is enabled, this list will be added to the user's list of search providers.\n\n If you disable this policy setting or do not configure it, users will have complete freedom to create their own search provider list."
    
    : ユーザー ポリシーが必要な場合は、User クラスを使用します。コンピュータ ポリシーが必要な場合は、Machine クラスを使用します。
  4. 優先する検索プロバイダを指定するレジストリ キーに設定した値と同じ値を使用してポリシー テンプレートを設定します。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に regedit と入力し、[OK] をクリックします。
    2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
      HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Internet Explorer\SearchScopes
    3. テンプレート ファイルの <VERSION> を Version エントリの REG_DWORD 値のデータで置き換えます。
    4. SearchScopes キーの下に表示されている最初のサブキーの名前をコピーし、テンプレートの <SUBKEY1> をその内容で置き換えます。
    5. DisplayName および URL のデータ文字列をコピーし、テンプレートの <NAME1> と <URL1> をそれらのデータ文字列で置き換えます。
    6. SearchScopes の下に表示されている検索プロバイダごとに手順 b. 〜 e. を繰り返して、以下に示すテンプレートのセクションを作成し設定します。
      <VERSION>
         ACTIONLISTON
      KEYNAME "Software\Policies\Microsoft\Internet Explorer\SearchScopes"
      			     	 VALUENAME DefaultScope	VALUE "<DEFAULTSUBKEY>"
      
      				KEYNAME "Software\Policies\Microsoft\Internet Explorer\SearchScopes\<SUBKEY1>"
      				VALUENAME DisplayName  VALUE "<NAME1>"	
      				VALUENAME URL               VALUE "<URL1>"
      
      KEYNAME "Software\Policies\Microsoft\Internet Explorer\SearchScopes\<SUBKEY2>"
      				VALUENAME DisplayName  VALUE "<NAME2>"	
      				VALUENAME URL               VALUE "<URL2>"
      			END ACTIONLISTON
    7. テンプレート ファイルの <DEFAULTSUBKEY> を <SUBKEYx> インスタンスのいずれかに置き換えます。たとえば、テンプレート ファイルの <DEFAULTSUBKEY> を <SUBKEY1> に置き換えます。
    8. 作成したポリシー セクション全体をコピーし、次のテキストを置き換えます。
      <POLICY ... END POLICY Insert the same policy that is under class user>
  5. ファイルを *.adm ファイルとして保存します。たとえば、SearchProvider.adm という名前を付けて保存します。
  6. 結果を確認します。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. グループ ポリシー オブジェクト エディタを開きます。
    2. [コンピュータの構成] を展開し、[管理用テンプレート] を右クリックします。次に、[テンプレートの追加と削除] をクリックし、[追加] をクリックして、作成した SearchProvider.adm ファイルを追加します。
    3. [コンピュータの構成]、[管理用テンプレート]、[Windows コンポーネント] を順に展開し、[Internet Explorer] をクリックします。
    4. Populate list of search providers ポリシー設定を探して有効にします。
    5. レジストリで次のレジストリ サブキーを見つけて右クリックし、ポリシーを有効にしたことを確認します。
      HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Internet Explorer\SearchScopes
    6. [ユーザーの構成]、[管理用テンプレート]、[Windows コンポーネント] を順に展開し、[Internet Explorer] をクリックします。
    7. Populate list of search providers ポリシー設定を探して有効にします。
    8. この設定を確認するには、次のレジストリ サブキーを見つけて右クリックします。
      HKEY_CURRENT_USER\Software\policies\Microsoft\Internet Explorer\SearchScopes

Populate list of search providers ポリシー設定を含む .admx ファイルを作成する方法

  1. メモ帳などのテキスト エディタを開き、次のテンプレートをメモ帳にコピーします。
    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
    <policyDefinitions xmlns:xsd="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" revision="1.0" schemaVersion="1.0" xmlns="http://www.microsoft.com/GroupPolicy/PolicyDefinitions">
      <policyNamespaces>
        <target prefix="search" namespace="Microsoft.Policies.search" />
        <using prefix="inetres" namespace="Microsoft.Policies.InternetExplorer" />
      </policyNamespaces>
      <resources minRequiredRevision="1.0" />
      <policies>
          <policy name="PopulateSearchProviderList_1" class="User" displayName="$(string.PopulateSearchProviderList)" explainText="$(string.IE_Explain_PopulateSearchProviderList)"  key="Software\Policies\Microsoft\Internet Explorer\SearchScopes">
          <parentCategory ref="inetres:InternetExplorer" />
    						<supportedOn ref="inetres:SUPPORTED_IE7Vista"/>
          <enabledList>
            <item key="Software\Policies\Microsoft\Internet Explorer\SearchScopes" valueName="Version">
                <value>
                    <decimal value="VERSION" />
                </value>
            </item>
            <item key="Software\Policies\Microsoft\Internet Explorer\SearchScopes\SUBKEY1" valueName="DisplayName">
                <value>
                    <string>NAME1</string>
                </value>	
            </item>	
            <item key="Software\Policies\Microsoft\Internet Explorer\SearchScopes\SUBKEY1" valueName="URL">
                <value>
                    <string>URL1</string>
                </value>
            </item>
          </enabledList>
          </policy>
          <policy name="PopulateSearchProviderList_2" class="Machine" displayName="$(string.PopulateSearchProviderList)" explainText="$(string.IE_Explain_PopulateSearchProviderList)" key="Software\Policies\Microsoft\Internet Explorer\SearchScopes">
                      <parentCategory ref="inetres:InternetExplorer" />
                      <supportedOn ref="inetres:SUPPORTED_IE7Vista"/>
                      <enabledList>  Insert same as user policy above  </enabledList> 
          </policy> 
      </policies>
    </policyDefinitions>
    
  2. 文字列 "VERSION"、"NAME1"、"URL1"、および "SUBKEY1" を「Populate list of search providers ポリシー設定を含む .adm ファイルを作成する方法」の手順 4. で収集した情報を使用して置き換えます。
  3. 上記で変更した、<enabledList> タグ内全体をコピーして、コピーした内容で次のテキストを置き換えます。
    Insert same as user policy above
  4. ファイルを .admx ファイルとして保存します。たとえば、SearchProvider.admx という名前を付けて保存します。
  5. .admx ファイルを %windir%\policydefinitions フォルダにコピーします。

SearchProvider.adml ファイルを作成する方法

  1. メモ帳などのテキスト エディタを開き、次のテンプレートをメモ帳にコピーします。
    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
    <policyDefinitionResources xmlns:xsd="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" revision="1.0" schemaVersion="1.0" xmlns="http://www.microsoft.com/GroupPolicy/PolicyDefinitions">
      <displayName>enter display name here</displayName>
      <description>enter description here</description>
      <resources>
        <stringTable>
          <string id="PopulateSearchProviderList">Populate List of search providers</string>
          <string id="IE_Explain_PopulateSearchProviderList">This policy setting will allow you to populate a list of search providers that will be displayed in Internet Explorer's search box.
    
    If you enable this policy setting and if the "Restrict search providers to a specific list of search providers" Group Policy setting is enabled, this list will be the only list that appears in the Internet Explorer drop-down list. If the "Add a specific list of search providers to the user's search provider list" Group Policy setting is enabled, this list will be added to the user's list of search providers.
    
    If you disable this policy setting or do not configure it, users will have complete freedom to create their own search provider list.</string>
        </stringTable>
      </resources>
    </policyDefinitionResources>
    
  2. "enter display name here" を「Populate list of search providers ポリシー設定を含む .adm ファイルを作成する方法」の手順 4e. で使用した表示名を使用して置き換えます。
  3. "enter description here" の部分に説明を入力します。
  4. ファイルを .adml ファイルとして保存します。たとえば、SearchProvider.adml という名前を付けて保存します。
  5. .adml ファイルを %windir%\policydefinitions\language directory フォルダにコピーします。
このポリシー設定を使用すると、一連の検索プロバイダをユーザーの既定の検索プロバイダ一覧に追加できます。通常、ユーザーはセットアップ時またはサードパーティのツール バーを使用して検索プロバイダを追加できます。ただし、ユーザーは検索プロバイダの Web サイトを使用して検索プロバイダを追加することもできます。このポリシー設定を有効にした場合、ユーザーは検索プロバイダの追加と削除を行うことができます。ただし、グループ ポリシーを使用して指定した検索プロバイダの一覧に表示されている検索プロバイダの追加や削除を行うことはできません。このポリシー設定を無効または未構成にした場合、ユーザーは他のポリシー設定で制限されない限り、検索プロバイダ一覧を構成できます。

関連情報

詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/japan/technet/windowsvista/library/02633470-396c-4e34-971a-0c5b090dc4fd.mspx
http://www.microsoft.com/japan/technet/windowsvista/library/90c3c5f5-b756-49b1-bfd6-a5da93305bbc.mspx
http://www.microsoft.com/japan/technet/windowsvista/library/1494d791-72e1-484b-a67a-22f66fbf9d17.mspx
この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

プロパティ

文書番号: 918238 - 最終更新日: 2007年11月21日 - リビジョン: 5.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Internet Explorer 7
キーワード:?
kbhowto kbinfo kbexpertiseadvanced KB918238
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com