文書番号: 918355 - 対象製品
スモール ビジネスのお客様の場合は、追加のトラブルシューティング ラーニング リソースを検索します。 スモール ビジネス向けのサポート サイトです。
すべて展開する | すべて折りたたむ

はじめに

Windows Defender を使用しているときに、定義の更新は、次の 2 つの状況のいずれかを参照するメッセージが表示されます。
  • Windows Defender を開くと、新しい定義を確認する必要があることを示すメッセージが表示されます。
    この状況に該当する場合は、実行してください。 方法 1.
  • Windows Defender で更新を確認しようとすると、定義ファイルの更新することはできませんをチェック、ダウンロード、またはインストールことを示すエラー メッセージが表示されます。
    この状況に該当する場合は、実行してください。 方法 2.
すべてを参照してください。 エラー メッセージ.

コンピューター ユーザー、またはコンピューターの操作を開始します。 この資料の手順が用意されています。

パーソナル コンピューター上でこの問題が発生しているホーム ユーザーの場合は、表示されることができます。 電話、チャット、または電子メールによる無料サポート.職場でのネットワーク コンピューター上でこの問題が発生している場合は、読んで、"エンタープライズ ネットワーク上のユーザー情報"セクションに移動します。


解決方法

方法 1: Windows Defender で更新プログラムの確認します。

Windows Defender で更新を確認するのには、次の手順を実行します。
  1. まだ開いていない場合は、Windows Defender を起動します。これを行うをクリックしてください。 スタート[ プログラムプロパティ Windows Defender の.
  2. 新しい定義を確認してください。これを行うをクリックしてください。 更新を今すぐチェック.
方法 2: 手動で更新プログラムの定義ファイルをインストールして Windows Update ファイルを確認します。

Microsoft Windows Defender の更新プログラムを Windows Update、自動更新、および Windows サーバー更新サービス (WSUS) を使用を提供します。場合によっては、問題の代わりにこれらのサービスを Windows Defender の問題のためエラー メッセージを表示可能性があります。問題の原因を判断するのには、まず更新された定義を手動でインストールします。更新された定義を手動でインストールすることができる場合は、問題、Windows Update の問題が発生した可能性が最も高い. します。

手順 1: 必要な場合は、コンピューターを再起動します。

Windows Defender に戻るを切り替えるし、ホーム ページ上のエラー コードを確認します。Windows Defender で受信した、エラー メッセージ表示される場合もコードが含まれている場合は、コンピューターを再起動します。Windows Defender で受信した、エラー メッセージが表示される場合も含まない場合は、手順 2 に進みます。

手順 2: 更新された定義を手動でインストールします。

更新された定義を手動でインストールするのには、次の手順を実行します。
  1. いずれか、次のマイクロソフト Web サイトのセキュリティ関連ポータルにアクセスしてください。
    • 英語版の Windows を使用している場合は、セキュリティ関連ポータルには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
      http://www.microsoft.com/security/portal/ADL.aspx
    • 英語以外の言語バージョンの Windows 用のセキュリティ関連ポータルの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
      923159 Windows Defender で最新の定義の更新プログラムを手動でダウンロードする方法
  2. 手順は、Web サイトからダウンロードして、該当する定義の更新プログラムをインストールします。
  3. 定義の更新プログラムを手動でインストールすることはできませんは Windows Defender の定義の更新プログラムに関するエラー メッセージを受け取った場合は、その他の現象が発生している場合は、この資料の範囲外です。このような場合は、誰かはヘルプを参照するには、サポートに問い合わせてくださいする可能性があるかします。

    マイクロソフトは電話で 1-866-pcsafety にお問い合わせくださいする方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://support.microsoft.com/contactUS/
  4. 更新プログラム定義を手動でインストールすることができた場合、問題は、Windows Update の問題が原因可能性が最も高い. します。したがって、手順 3 に進みます必要があります。
手順 3: 必要なすべての Windows の更新プログラム ファイルがあることを確認します。

すべての必要な Windows 更新プログラム ファイルがあることを確認するのには、次の手順を実行します。
  1. Windows Update の Web サイトを開きます。これを行うには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://www.windowsupdate.com
  2. 推奨される更新プログラムをインストールします。Windows の更新プログラムがある場合は、いくつか他のことが発生していることが必要 高度なトラブルシューティング.高度なトラブルシューティングに慣れていない場合は、誰かはヘルプを参照するには、サポートに問い合わせてくださいする可能性があるかします。トラブルシューティングに関する追加情報、ホーム ユーザーの場合、無料サポートを受ける方法については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://go.microsoft.com/fwlink/?linkID=21608
方法 3: 高度なトラブルシューティング

Windows Update、自動更新または Windows サーバー更新サービス (WSUS) の問題が発生しているないことを確認します。

Microsoft Windows Defender の更新プログラムを Windows Update、自動更新、および Windows サーバー更新サービス (WSUS) を使用を提供します。場合によっては、これらのサービスのいずれかの問題によって発生するエラー メッセージを表示可能性があります。ここでは、これらのエラー メッセージでは、Windows Defender には関連がありません。Windows Update の問題を解決するのには、次の手順を実行します。

Windows Vista、Windows Server 2008 では、Windows 7
  1. Windowsupdate.log ファイルのエラーを確認するメッセージはログ ファイルを表示するのには、次の手順を実行します。
    1. クリックしてください。 スタート] %windir%\windowsupdate.log 続いて 検索を開始します。 ボックスをオンにし、ENTER キーを押します。
    2. Windowsupdate.log ファイルを読み取る方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
      902093 Windowsupdate.log ファイルを読み取る方法
  2. 次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://windowshelp.microsoft.com/windows/en-us/search.aspx?=&qu=%22windows+update+error%22
  3. 「Windows ヘルプと使い方」の Web ページでは、問題に関するキーワードを入力します。
Microsoft Windows 2000、Windows XP、および Windows Server 2003
  1. Windowsupdate.log ファイルのエラーを確認するメッセージはログ ファイルを表示するのには、次の手順を実行します。
    1. クリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] %windir%\windowsupdate.log 続いて と入力して ボックスをオンにし、ENTER キーを押します。
    2. Windowsupdate.log ファイルを読み取る方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
      902093 Windowsupdate.log ファイルを読み取る方法
  2. 次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://update.microsoft.com/windowsupdate/v6/troubleshoot.aspx
  3. オプションの Web ページでは、問題を説明するキーワードを入力してください。

詳細

現象の詳細

発生する可能性があります、正確なエラー メッセージが表示されます。使用する正しい方法を続行するのには、状況に最も近いケースを選択します。

ケース 1: Windows Defender を起動しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
新しい定義を確認してください。
定義は、Windows Defender で最新の有害なまたは望ましくないソフトウェアを検出し、コンピューター上で実行からを防ぐことができます。
この状況に該当する場合は、実行してください。 方法 1.

ケース 2: 更新プログラム、更新プログラムをダウンロードするのには、Windows Update の Web サイトから更新プログラムをインストールするを確認しようとすると、次のエラー メッセージのいずれかを受信します。
プログラムの定義ファイルの更新をチェックすることはできません。
エラーが見つかりました: コード エラー コード
または
定義の更新プログラムをダウンロードすることはできません。
エラーが見つかりました: コード エラー コード
または
定義の更新プログラムをインストールすることはできません。
エラーが見つかりました: コード エラー コード
メモ エラー コード 受信したエラー コードおよびこのエラー コードは異なる場合がありますこれらのメッセージを表すで含まれています。最も一般的なエラー コードただしか表示される場合もあります。ただし、次のいずれかの別のエラー コードを受け取ることがあります。
  • 例外
  • 0x80240022
  • 0X80004002
  • 0x80070422
  • 番号: 0x80072efd
  • 0x80070005
  • 0x80072f78
  • 番号: 0x80072ee2
  • 0x8007001B
この状況に該当する場合は、実行してください。 方法 2.

予防のヒント

Windows Defender は、自動的に新しい定義を確認するためのオプションがあります。自動的に新しい定義を確認するためのオプションを有効にするのには、次の手順を実行します。
  1. Windows Defender を起動します。
  2. クリックしてください。 ツールプロパティ オプション.
  3. 自動スキャン、を選択するのには、をクリックして、 自動的にコンピューターをスキャンします。 チェック ボックスします。
  4. オンにし、 スキャンする前に、更新された定義を確認します。 チェック ボックスをオンにしをクリックしてください 保存します。.管理者のパスワードまたは確認を求められた場合はパスワードを入力するか、確認情報を提供します。
Windows Defender が自動的に最新の定義ファイルをインストールするのには、Windows 自動更新機能を使用できます。私たちの上の自動更新を有効にするのには、移動を」Fix it で解決する"セクションに移動します。ではなく上の自動更新に自分ですると場合は、」自分で解決する"セクションに移動します。


Fix it で解決する


この問題を自動的に解決するには、この問題を解決する リンクをクリックします。その後 [ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] をクリックし、このウィザードの手順に従います。
元に戻す全体を表示する
自動更新を有効にします。自動更新をオフにします。
この問題を解決する
Microsoft Fix it 50362
この問題を解決する
Microsoft Fix it 50363


メモ このウィザードは英語版のみ提供されています。ただし、自動修正も他の言語バージョンの Windows 用に動作します。

メモ 問題のあるコンピューターにない場合は、自動修正をフラッシュ ドライブまたは CD に保存でき、問題のあるコンピューターで実行することができます。

自分で解決する

上の自動更新を有効にするのには、オペレーティング システムに応じて以下の手順を実行します。

Windows XP および Windows Server 2003
  1. クリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] wuaucpl.cpl 続いて と入力して [ ].
  2. クリックしてください。 自動プロパティ ].
Windows Vista、Windows Server 2008 では、Windows 7
  1. クリックしてください。 スタート[ すべてのプログラムプロパティ Windows Update.
  2. クリックしてください。 設定を変更します。.
  3. クリックしてください。 更新プログラムを自動的にインストールする (推奨).
  4. 推奨される更新プログラム、を選択するのには、をクリックして、 ダウンロード、インストール、または更新の通知をする場合の推奨される更新プログラムが含まれます。 チェック ボックスをオンにしをクリックしてください ].

    管理者パスワードの入力、または確認の画面が表示されたら、パスワードを入力、または確認します。

サードパーティプリンターに関する詳細情報

これらの問題をトラブルシューティングする方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには、次の資料番号をクリックします。
836941Windows Update または Microsoft Update を使用して、更新プログラムをインストールすると、一時的な接続に関連するエラーが発生する可能性があります。
924123 Windows 2000 の Windows Defender の定義を更新するとエラー メッセージ:「0x80240022 - 間違ったフロッピー ディスクですドライブに。
919448 ソフトウェアの更新サービス (SUS) 1.0 を実行しているコンピューターを設定する Windows Defender の定義を更新しようとすると、エラー メッセージが表示される:「エラー 0x8024002b」
816731 エラー メッセージ:「0x80070005 アクセスが拒否されました。要求された操作を実行する権限がありません"
900936 Windows Update の Web サイトで更新プログラムをスキャンする場合は、「例外」のエラー メッセージが表示されます
818018 Windows update または Microsoft Update への接続の問題をトラブルシューティングする方法
906602 一般的な Windows Update、Microsoft Update および Windows Server Update Services のインストールに関する問題のトラブルシューティング方法
Windows Defender のよく寄せられる質問を参照してくださいするのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/windows/products/winfamily/defender/support.mspx
Windows の更新プログラムに関するよく寄せられる質問を参照してくださいするのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://update.microsoft.com/windowsupdate/v6/about.aspx
エンタープライズ ネットワーク上のユーザー情報

会社のコンピューターでこの問題を解決するのにはこの記事では、ステップバイ ステップの方法を使用できます。企業環境では、ただし、ネットワーク管理者、ネットワークの定義をダウンロードするを防ぐ方法で構成が可能性があります。さらに、ネットワーク管理者 Microsoft Software Update Services サーバーをネットワークに展開した可能性があります。たとえば、ネットワーク ソフトウェアの更新サービス (SUS) 1.0 を使用しています。Windows Defender は、SUS 1.0 からの更新を受信できません。このような場合は、ネットワーク管理者は Windows Server Update Services (WSUS) を展開します。WSUS サーバーで Windows Defender の定義を提供しなければなりません。そのためは、この資料の方法を実行する前に、まずこの問題を解決しようとしていますが可能であるかどうかを確認するのには、ネットワーク管理者に連絡することをお勧めです。

プロパティ

文書番号: 918355 - 最終更新日: 2013年7月16日 - リビジョン: 18.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Defender
  • Windows Server 2008 Datacenter without Hyper-V
  • Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V
  • Windows Server 2008 for Itanium-Based Systems
  • Windows Server 2008 R2 Datacenter
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise
  • Windows Server 2008 R2 Standard
  • Windows Server 2008 Standard without Hyper-V
  • Windows Server 2008 Datacenter
  • Windows Server 2008 Enterprise
  • Windows Server 2008 Standard
  • Windows 7 Enterprise
  • Windows 7 Enterprise N
  • Windows 7 Home Basic
  • Windows 7 Home Premium
  • Windows 7 Home Premium N
  • Windows 7 Professional
  • Windows 7 Professional N
  • Windows 7 Starter
  • Windows 7 Starter N
  • Windows 7 Ultimate
  • Windows 7 Ultimate N
キーワード:?
kbresolve kbdefenderrtwyes kbdefenderrtwswept kbsecantivirus kbtshoot kbinfo kbfixme kbmsifixme kbmt KB918355 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:918355
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com