FIX、SSIS サービスは既に実行されているコンピューターで SQL Server 2005 SP1 をインストールするときに、SQL Server の統合サービス (SSIS) サービスが起動しません。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 918644
# をバグ: 694 (SQL 修正プログラム)
マイクロソフトは、1 つのダウンロード可能なファイルとして Microsoft SQL Server 2005年の修正プログラムを配布します。修正プログラムは累積的であるため各新しいリリースにはすべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2005 に付属していたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

SQL Server の統合サービス (SSIS) を既に実行しているコンピューターで Microsoft SQL Server 2005 Service Pack 1 (SP1) をインストールするときに、SSIS サービスは開始されません、および、次のエラー メッセージがシステム イベント ログに記録されます。
サービスは、開始要求または制御要求をタイムリーに応答しませんでした。
メモこの問題は、Notification Services (NS) サービスであります。

原因

この問題は、影響を受けるコンピューターは、http://crl.microsoft.com の web サイトにアクセスできないために発生します。この問題は、次の現象が発生するため発生します。
  • .NET Framework には、Microsoft.NET Framework には、SSIS サービスが起動したら、 CryptoAPI SQL Server のアセンブリ ファイルに割り当てられている証明書を確認する関数です。
  • CryptoAPI 関数は、証明書失効リスト (CRL) の http://crl.microsoft.com の web サイトで利用できるを確認します。この操作では、インターネット接続が必要です。
  • 場合は、インターネット接続をブロックすると、発信 HTTP 要求を破棄可能性があります。したがって、エラー メッセージは返されません。さらに、長時間の遅延によって、CRL チェックでタイムアウトするとします。
  • サービス コントロール マネージャー (SCM) に、SSIS サービスがかかるを開始するを決定します。したがって、SCM レポート、エラー メッセージ、および、SSIS サービスが開始されていません。

解決方法

この問題を解決するには Microsoft SQL Server 2005年の累積的な修正プログラム パッケージ (ビルド 2153年) をインストールします。 SQL Server 2005 の累積的な修正プログラム パッケージ (ビルド 2153年) を入手する方法の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
918222 SQL Server 2005 の累積的な修正プログラム パッケージ (ビルド 2153年) が利用可能
メモMicrosoft かかりますに記載されている修正プログラムを適用する場合は、問題が解決されます。ただし、サービスのスタートアップは低速です。

この資料に記載されている順序ですべてのコンポーネント パッケージをインストールする必要があります。正しい順序でコンポーネント パッケージをインストールしないと、エラー メッセージが表示されるあります。詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
919224 FIX するエラー メッセージが、SQL Server 2005 の累積的な修正プログラム パッケージ (ビルド 2153年) をインストールするときに

回避策

この問題を回避するには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1: 新しい XML タグを追加します。


バージョンが等しいまたはマイクロソフト サポート技術情報の資料に記載されているバージョンより新しいバージョンの Microsoft.NET Framework の更新プログラムがある場合936707、この問題を回避するには、 generatePublisherEvidenceを無効にする新しい XML タグを追加します。編集する必要がありますこれを行うに、*. SSIS サービス (MsDtsSrvr.exe.config) の.exe.config ファイルと *. SSIS ランタイムのいずれかのファイルを配置します。この機能は、CRL チェックを無効にし、936707 のマイクロソフト サポート技術情報資料に記載されている修正プログラムで始まる、Microsoft.NET Framework のすべての修正プログラムに含まれています。システムで実行されている、.NET Framework 2.0 のバージョンのこの更新プログラムがインストールされているかどうかを確認するには 876 のバージョンまたはそれ以降のリビジョンがあるかどうかを確認するには、次のファイルのプロパティを確認できます。(バージョン番号は 2.0.50727.876 またはそれ以降のバージョンです。)
C:\Windows\Microsoft.NET\Framework\v2.0.50727\MsCorWks.dll
  • SSIS 2005 サービスの構成ファイル
    • C:\Program ファイル SQL Server\90\DTS\Binn\msdtssrvr.exe.config

  • 32 ビットまたは 64 ビットの SSIS 2005 実行時の構成のファイル:
    • C:\Program ファイル SQL Server\90\DTS\Binn\
      • DTExec.exe.config (SQL Server エージェント ジョブから SSIS パッケージと SSIS パッケージを実行するためのコマンド ライン ツール)
      • Dtshost.exe.config のパッケージの実行タスクで子パッケージ)
      • DtsDebugHost.exe.config を実行するためのパッケージの入札価格をデバッガーで)
      • DTUtil.exe.config
  • 同じ WOW64 SSIS 2005 ランタイム構成ファイルを 64 ビット コンピューターで 32 ビットの SSIS パッケージを実行する:
    • C:\Program ファイル (x 86) \Microsoft SQL Server\90\DTS\Binn\DTExec.exe.config
      • DTExec.exe.config (SQL Server エージェント ジョブから SSIS パッケージと SSIS パッケージを実行するためのコマンド ライン ツール)
      • Dtshost.exe.config のパッケージ実行タスクから SSIS パッケージを子)
      • DtsDebugHost.exe.config を実行するための SSIS パッケージの入札価格をデバッガーで)
      • DTUtil.exe.config
      • DTSWizard.exe.config (用インポート エクスポート ウィザードは、SSIS パッケージを内部的に使用)


  • SSIS 2005 のプログラムを使用して、SSIS ランタイムを読み込みます、カスタム実行可能ファイルがある場合することがありますカスタム アプリケーションの構成ファイルを編集します。

    注: フォルダーの場所が異なる場合があります、プログラムのファイルは、SQL Server 2005 のインストール時に行われたカスタマイズに基づいています。よくわからない SSIS がインストールされている場合の SQLPath 文字列値のレジストリ キーを編集して SQL Server\90\DTS\Setup\ を確認します。

SSIS 2008 またはそれ以降のバージョンがある場合、generatePublisherEvidence タグは既にすべての SSIS 実行可能ファイルの構成ファイルに含まれます。さらに、証明書のチェックを回避するのには、SQL Server 2008 の統合サービス ランタイムの動作を実行する必要はありません。

SQL Server 2005 の統合サービスを CRL の証明書のチェックを回避するこの新しいオプションを追加するアプリケーション構成ファイルで。
<generatePublisherEvidence enabled="false"></generatePublisherEvidence>

このタグの間では、 <runtime></runtime> 、構成ファイル内のタグ。*.Config ファイルは既に存在しない場合は、実行時のタグと、generatePublisherEvidence タグを手動で追加する必要があります。

SSIS 2005 の DTExec.exe.config ファイルの例を次に示します。

<configuration>

<startup>

<requiredRuntime version="v2.0.50727"/>

</startup>

<runtime>

<generatePublisherEvidence enabled="false"/>

</runtime>

</configuration>

SSIS 2008 の DTExec.exe.config の例を次に示します。

<configuration>
<startup>
<requiredRuntime version="v2.0.50727"/>
</startup>
<runtime>
<gcServer enabled="true"/>
<disableCommitThreadStack enabled="true"/>
<generatePublisherEvidence enabled="false"/>
</runtime>
</configuration>

方法 2: プロキシの設定を構成します。

インターネットにアクセスするには、サービス アカウントのプロキシ設定が正しく構成されているかどうかを確認します。 Proxycfg.exe ツールを使用して、WinHTTP のプロキシ設定を変更する方法の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
841641 IIS を Wininet プロキシの設定のための MS04-011 をインストールした後、「403.13 クライアント証明書」のエラー メッセージを返します
マイクロソフト サポート技術情報の資料 841641 では、特定のプロキシ サービスを非対話型のアカウントとして実行する場合の設定を構成することもできます。

方法 3: ファイアウォールを構成します。

エラー ステータスをアプリケーションにすばやく戻る場合は、ファイアウォールのブロックを http://crl.microsoft.com の web サイトにアクセスするようにファイアウォールを構成します。

注: 詳細については、ファイアウォールのマニュアルを参照してくださいまたはファイアウォールの製造元に問い合わせてください。

状況

マイクロソフトでは、これは「対象」に記載されているマイクロソフト製品の不具合であることを確認しています。

詳細

ソフトウェア更新プログラム関連用語の詳細については、次の資料番号をクリックして Microsoft サポート技術情報資料を参照してください。
824684 マイクロソフト ソフトウェア更新プログラムの説明で使用される一般的な用語の説明

関連情報

証明書失効リストの詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。
289749 証明書失効リスト (Crl) と IIS 5.0 のよく寄せられる質問

プロパティ

文書番号: 918644 - 最終更新日: 2014年5月26日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbfix kbsql2005setup kbexpertiseinter kbexpertiseadvanced kbtshoot kbmt KB918644 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:918644
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com