SQL Server 2005 のインスタンスに SQL Server 2005 Service Pack 1 をインストールすると、エラーが発生可能性があります。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 918695
# をバグ: 433207 (SQLBUDT)
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Microsoft SQL Server 2005 Service Pack 1 (SP1) をインストールする場合は、SQL Server 2005 のインスタンスでは、障害発生時、SQLServer 2005 SP1 のセットアップ プログラムは、データベース サービスをアップグレードします。

SQL Server 2005 SP1 の SQL9_Hotfix_KB913090_sqlrun_sql.msp.log インストール ログ ファイルを調べると、次のようなエラー メッセージに注意してください。
エラー メッセージ 1
アクションを実行します。CommitSqlUpgrade
PerfTime 開始: CommitSqlUpgrade: Fri Apr 28 10時 41分: 042006
<func name="ComponentUpgrade"></func>
中にエラーがありましたこのログ ファイルは、このメッセージのインストール検索を。
SQL Server セットアップ次のエラーが発生しました: [Microsoft] [SQL Native Client] [SQLサーバー] 見つからないオブジェクト 'dm_exec_query_resource_semaphores'、ため、存在しないか、権限がありません。続行するには、修正を問題は、SQL Server のセットアップを再度実行します。
<endfunc name="ComponentUpgrade" return="15151" getlasterror="0"></endfunc>
PerfTime 停止します。CommitSqlUpgrade: Fri Apr 28 10時 41分: 04 2006年
ダーウィンのプロパティを収集エラー処理します。
<endfunc name="LaunchFunction" return="15151" getlasterror="0"></endfunc>
MSI (s) (98:98) [10:41:05:637]: 変換テーブルInstallExecuteSequence。
MSI (s) (98:98) [10:41:05:637]: メモ: 1: 2262年 2。InstallExecuteSequence 3:-2147287038
MSI (s) (98:98) [10:41:05:637]。InstallExecuteSequence のテーブルを変換します。
MSI (s) (98:98) [10:41:05:637]。InstallExecuteSequence のテーブルを変換します。
MSI (s) (98:98) [10:41:05:637]。メモ: 1: 2262年 2: InstallExecuteSequence 3:-2147287038
MSI (s) (98:98)[10:41:05:637]: InstallExecuteSequence テーブルの変換します。
MSI (s) (98:98)[10:41:05:637]: メモ: 1: 2262年 2: InstallExecuteSequence 3:-2147287038
MSI(s) (98:98)[10:41:05:637]: InstallExecuteSequence テーブルの変換します。
MSI(s) (98:98)[10:41:05:637]: メモ: 1: 2262年 2: InstallExecuteSequence 3。-2147287038
10時 41分: 05 アクションを終了します。CommitSqlUpgrade.D20239D7_E87C_40C9_9837_E70B8D4882C2。戻り値 3。アクション10時 41分: 05 終了: インストールします。戻り値 3。
エラー メッセージ 2
プロパティ (S): SqlUpgradeMessage SQL =サーバーのセットアップは、次のエラーが発生しました: [Microsoft] [SQL ネイティブClient] [SQL Server] 'dm_exec_query_resource_semaphores' で、オブジェクトを見つけることができません。存在しないか権限がないので.続行するには、修正します。問題は、SQL Server のセットアップを再度実行します。
プロパティ (S):UpgradeInstruction SQL インスタンスへの接続の = コンピューター名\SQLInstanceName としてシステム管理者
SQL 文使用のマスターを起動します。
スクリプト ファイル C:\Program を起動します。ただし SQL Server\MSSQL.2\MSSQL\Install\sysdbupg.sql
スクリプトを起動します。ファイル C:\Program ただし SQLServer\MSSQL.2\MSSQL\Install\DbEngine_hotfix_install.sql
スクリプト ファイルを起動します。C:\Program ただし SQLServer\MSSQL.2\MSSQL\Install\repl_hotfix_install.sql
サービスを停止します。MSSQL $INST2
MSI (s) [10:41:07:137] (98:98): 製品: Microsoft SQL Server2005-更新 ' Service Pack 1 の SQL Server データベース サービス 2005年英語(KB913090)' がインストールされていない可能性があります。エラー コードは 1603 です。その他の情報です。ログ ファイルで利用可能ですC:\WINDOWS\Hotfix\SQL9\Logs\SQL9_Hotfix_KB913090_sqlrun_sql.msp.log。

MSI(s) (98:98)[10:41:07:137]: 製品: Microsoft SQL Server 2005: 構成失敗しました。
メモ この問題は、SQL Server 2005 Service Pack 2 (SP2) をインストールするときに発生しません。

原因

問題が発生するため、 マスター データベース ・ ファイルでないです。同じ場所に、 リソース データベース ファイルの 2 つの SQL Server2005 は SQL Server 2005 SP1 をインストールします。以前移動しました。は、 マスター データベースを最初にインストールした場所からです。移動すると、 マスターデータベースにあることを確認する必要があります、 マスターリソース データベース ファイルと同じフォルダーにあります。のみを移動すると、 マスターSQL をインストールするとデータベース ファイルは、この問題が発生します。サーバー 2005 SP1。この問題が発生するための場所、 マスターリソース データベース ファイルが一貫性のないです。

回避策

この問題を回避するには、ことを確認、 マスターリソース データベースSQL Server の特定のインスタンスのファイルと同じフォルダーにあります。2005 の SQL Server 2005 SP1 をインストールする前にします。
プロセス Explorer の Sysinternals (Procexp.exe) などのためのツールを使用してする、場所、 マスターリソース データベースで現在使用されているファイルをSQL Server 2005 のインスタンスを指定します。

プロセス Explorer を入手するのには次の Sysinternals Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/sysinternals/bb896653.aspx
Microsoft はテクニカル サポートを見つけることに連絡先情報をサード パーティを提供します。この連絡先情報は、予告なく変更可能性があります。マイクロソフトはこのサード パーティ連絡先情報の正確性を保証しません。

場所を確認するには マスターリソース データベース ファイルをエクスプ ローラーのプロセスで、以下を実行します。手順:
  1. プロセスのエクスプ ローラーで、参照、Sqlservr.exe プロセスでは、 プロセスウィンドウです。
  2. で、 ビュー メニューをクリックして下のウィンドウを表示します。.
  3. プロセス Explorer の下部のウィンドウで、確認してください、名前 列が表示されます。

    [名前] 列でない場合表示、次の手順を実行します。
    1. で、 ビュー メニューをクリックして 列を選択します。、し、 ハンドルウィンドウです。
    2. オンにし、 名前 チェック ボックスし [OK].
  4. プロセス Explorer の下部のウィンドウをクリックします。種類 ハンドル型を並べ替えるをします。
  5. は、 ファイル 項目を入力、検索を名前 Mssqlsystemresource.mdf ファイルのパス] 列ファイルです。このパスのパスでは、 リソース データベース ファイルです。、検索することもできます、 名前 Master.mdf ファイルのパス] 列。このパスのパスでは、 マスター データベース ファイルです。
これらのパスが異なる場合は、データベース ファイルと同じフォルダーに移動する必要があります。

は、 リソース データベースの場所に依存、 マスター データベースです。移動するかどうかは、 マスター データベースをする必要があります移動することも、 リソース データベースと同じ場所にするには マスター データベース ファイルです。追加しないでください、 リソース データベースは、圧縮または暗号化した NTFS ファイル システム フォルダーです。これを行うと、パフォーマンスが低下してアップグレードを禁止します。

状況

マイクロソフトこれに記載されているマイクロソフト製品の問題であることを確認しています「対象」のセクションで。

詳細

この問題が発生する場合は、2 つのコピーがありますが リソース コンピューター上のデータベース ファイルの各インスタンスは、この問題が発生します。Sysinternals FileMon (Filemon.exe) などのユーティリティを使用する場合表示されます、SQL Server 2005 の SP1 のインストールを監視、次のよう:
  • セットアップ プログラムの更新、 リソース データベース フォルダー内のファイルは、 マスター データベースが存在します。FileMon のメイン ウィンドウで、次の情報に表示されます。
    午前 10時 39分: 49 msiexec.exe:1944IRP_MJ_WRITE C:\DATA\mssqlsystemresource1.mdf 成功にオフセット: 22572523 の長さ:24052
  • Sqlservr.exe のプロセスに読み込まれます、 マスター データベースのセットアップ中に、プロセスを起動すると、新しい場所からです。FileMon のメイン ウィンドウで、次の情報に表示されます。
    午前 10時 40分: 56 sqlservr.exe:2788 IRP_MJ_READC:\DATA\master.mdf 成功のオフセット: 1900544 長さ: 65536
  • Sqlservr.exe のプロセスに読み込まれます、 リソース データベースを元の場所から。この元の場所には古いバージョンが含まれています、 リソース データベース ファイル。FileMon のメイン ウィンドウで、次の情報に表示されます。
    午前 10時 40分: 56 sqlservr.exe:2788 IRP_MJ_READ C:\Programただし SQL Server\MSSQL.2\MSSQL\DATA\mssqlsystemresource.mdf 成功オフセット: 1245184 長さ: 65536
この問題が発生します。バージョンの不一致、 リソース 使用されるデータベース、およびバージョンを リソース 現在セットアップを想定しています。 データベースが使用されます。

FileMon を入手するを参照してください、次の Sysinternals Web サイト:
http://technet.microsoft.com/en-us/sysinternals/bb896642.aspx
Microsoft はテクニカル サポートを見つけることに連絡先情報をサード パーティを提供します。この連絡先情報は、予告なく変更可能性があります。マイクロソフトはこのサード パーティ連絡先情報の正確性を保証しません。

関連情報

移動する方法の詳細については、 マスターリソース データベースは、次のマイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) の Web を参照してください。サイト:
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms345408.aspx
の使用して、SQL Server 2005 のインスタンスを起動する方法の詳細については、Microsoft Windows 純資産 コマンドは、次の MSDN Web サイトを参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms187598.aspx

プロパティ

文書番号: 918695 - 最終更新日: 2011年7月19日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbtshoot kbprb kbexpertiseadvanced kbsql2005setup kbmt KB918695 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:918695
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com