Windows SharePoint Services 2. 0 で SharePoint Portal Server 2003 のコンテンツ データベースの修復に使用できる新しいコマンドライン操作の説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 918744 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料は、修正プログラム適用できることが Microsoft Windows SharePoint Services 2. 0 のコンテンツ データベースを修復できます。 修正プログラムは、Stsadm.exe コマンド ライン ツールで使用できる新しいコマンド ライン操作紹介します。 ここでは、修正プログラムの入手方法について説明します。 またを検出し、Windows SharePoint Services 2. 0 のコンテンツ データベース内の孤立した項目を削除する新しい databaserepair コマンドライン操作で、Stsadm.exe コマンド ライン ツールを使用する方法についても説明します。

概要

ここでは Windows SharePoint Services 2. 0 コンテンツ データベースの修復に使用できる、新しいコマンド ライン操作について説明します。 使ってできます、 databaserepair コマンド ライン操作、Stsadm.exe コマンド ライン ツールを検出してコンテンツ データベースの孤立した項目を削除します。

特定の状況で、コンテンツ データベース Windows SharePoint Services 2. 0 で使用される可能性があります破損です。 破損したデータベースは孤立した項目を含めることがあります。 たとえば、ドキュメントがありません親ドキュメント ライブラリ。 または、リストが、親の Windows SharePoint サービス 2. 0 の Web サイトありません。 この資料に記載されている新しいコマンドライン操作が導入された、前に Windows SharePoint Services 2. 0 を修復し、コンテンツ データベースの整合性を維持する使用できますツールを出せませんでした。 この資料に記載されている手順は、コンテンツ データベースの修復に使用できるサポートされている方法です。 コンテンツ データベースを直接変更はサポートされていません。

この更新プログラムがまず Windows SharePoint サービス 2. 0 Service Pack 3 には含まれています。 Windows SharePoint Services 2. 0 の最新の Service Pack の詳細についてはをクリックして以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
906795Windows SharePoint Services 2. 0 の最新の Service Pack の入手方法

詳細

修正プログラムの入手方法

この問題はパッケージで修正、Windows SharePoint Services post-Service パック 2 修正プログラム 2006 年 6 月 1 日 (日)。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
918743Windows SharePoint Services post-Service パック 2 の修正プログラム パッケージの説明: 2006 年 6 月 1 日

修正プログラムに関する情報

修正プログラムの追加新しい databaserepair コマンドライン操作を使用できる、Stsadm.exe コマンド ライン ツールで、コンテンツ データベースを修復します。 使ってできます、Stsadm.exe コマンド ライン ツール、 databaserepair の操作を検出し、次の孤立した Windows SharePoint Services 2. 0 のコンテンツ データベース アイテムを削除します。
  • 親 Windows SharePoint サービス 2. 0 の Web サイトを持たない Windows SharePoint サービス 2. 0 Web サイト
  • サブ Web を親 Windows SharePoint サービス 2. 0 の Web サイトを持たないもの
  • 親 Windows SharePoint サービス 2. 0 の Web サイトを持たないするリスト
  • ドキュメントを親ドキュメント ライブラリがありません。
  • 親リストされていないリスト アイテム
  • 親 Windows SharePoint サービス 2. 0 の Web サイトを持たないする Web ページ
databaserepair 操作次パラメーターを使用します。
  • 必須パラメーター: URL databasename
  • 省略可能なパラメーター: deletecorruption
databaserepair 操作で、Stsadm.exe コマンド ライン ツールを使用する構文はとおりです。
  • 孤立した項目を検出するには次のコマンドラインを使用します。
    stsadm-o databaserepair - URL http://URLofWindowsSharePointServicesSite - databasename DatabaseName
  • 孤立した項目を削除するには次のコマンドラインを使用します。
    stsadm-o databaserepair - URL http://URLofWindowsSharePointServicesSite - databasename DatabaseName - deletecorruption

考慮すべき

Windows SharePoint Services 2. 0 のコンテンツ データベースを修復するこの資料に記載されている手順を実行する前に、次の情報を検討します。
  • Stsadm.exe コマンド ライン ツールと、 databaserepair 操作のみ検出できます特定の種類の孤立したアイテム、コンテンツ データベースに。 検出できる孤立した項目の種類記載されている以前のバージョンの修正プログラムに関する情報」。
  • このプロシージャを使って孤立した項目を削除すると追加の孤立した項目が作成されます。 追加の孤立した項目を削除ことができません。
  • Microsoft Office SharePoint Portal Server 2003 と Windows SharePoint Services 2. 0 を実行している場合この手順に SharePoint Portal Server 2003 には、構成データベース内の孤立した項目を作成可能性があります。 この手順を実行した後、構成データベース内の孤立したアイテムを修復する SharePoint Portal Server 2003 で、Spsadm ツールを実行することを確認します。
  • Windows SharePoint Services 2. 0 でコンテンツのデータベースから孤立した項目を削除する、 databaserepair 操作します。 孤立した項目が、構成データベースに存在する場合する構成データベース内の孤立した項目をクリーンアップする必要があります。 こうには、するには、ウィンドウ サーバー サービス サーバーの管理ツールを使用して、コンテンツ データベースを仮想サーバーから削除をします。 仮想サーバーへのコンテンツ データベースを再アタッチします。 削除すると、コンテンツ データベースを仮想サーバーから、Windows SharePoint サービス 2. 0 Web サイトがコンテンツ データベースは、構成データベースにサイト テーブルから削除します。 構成データベース内のサイトのテーブルには、Windows SharePoint サービス 2. 0 の Web サイトがコンテンツ データベースに存在しないが一覧、する場合は、コンテンツ データベースは、仮想サーバーから削除されるときに、Windows SharePoint サービス 2. 0 の Web サイトが削除されます。 仮想サーバーにコンテンツ データベースを再アタッチするときに、Windows SharePoint サービス 2. 0 の Web サイトはコンテンツ データベースに追加されません。 削除し、仮想サーバーのコンテンツ データベースを再接続すると、孤立した項目を構成データベースから削除します。

手順 1: を検出し、Windows SharePoint Services 2. 0 のコンテンツ データベース内の孤立したアイテムを削除

検出して孤立したアイテムを削除するには、 databaserepair 操作で、Stsadm.exe コマンド ライン ツールを使用するには、次の手順を実行します。
  1. 開始 実行 cmd ] を入力 [ OK] をクリックします。
  2. コマンド プロンプトで次の行を入力し、Enter キーを押します:
    cd/d %commonprogramfiles%\Microsoft Shared\Web サーバー Extensions\60\Bin
  3. データベース内の孤立した項目を検出します。 この作業を行うには、コマンド プロンプトで次の行を入力し、Enter キーを押します:
    stsadm-o databaserepair - URL http://URLofWindowsSharePointServicesSite - databasename DatabaseName
    Stsadm.exe コマンド ライン ツールによって検出が孤立した項目を含むコンテナーの一覧が表示されます。 表示される数、< OrphanedObjects 数 ="Number"> 行が孤立したコンテナーの数を表します。 次の使用例は、10 の孤立したコンテナーがツールによって検出されたことを示すリストの例です。
    <OrphanedObjects Count="Number">
      <Orphan Type="SPList" Id="{ID}" SiteId="{ID}" />
      <Orphan Type="SPList" Id="{ID}" SiteId="{ID}" />
      <Orphan Type="SPList" Id="{ID}" SiteId="{ID}" />
      <Orphan Type="SPList" Id="{ID}" SiteId="{ID}" />
      <Orphan Type="SPList" Id="{ID}" SiteId="{ID}" />
      <Orphan Type="SPList" Id="{ID}" SiteId="{ID}" />
      <Orphan Type="SPList" Id="{ID}" SiteId="{ID}" />
      <Orphan Type="SPList" Id="{ID}" SiteId="{ID}" />
      <Orphan Type="SPList" Id="{ID}" SiteId="{ID}" />
      <Orphan Type="SPList" Id="{ID}" SiteId="{ID}" />
    </OrphanedObjects>
  4. 孤立したアイテムを削除します。 この作業を行うには、コマンド プロンプトで次の行を入力し、Enter キーを押します:
    stsadm-o databaserepair - URL http://URLofWindowsSharePointServicesSite - databasename DatabaseName - deletecorruption
  5. 手順 4 および 5 を繰り返して、ツールの Stsadm.exe なった孤立した項目を検出します。 孤立したアイテムが検出されたなったとき、Stsadm.exe コマンド ライン ツールを使用した後次のデータが表示されます。
    <OrphanedObjects Count="0" />

手順 2: SharePoint Portal Server 2003 を実行している場合、Spsadm.exe ツールを実行します。

SharePoint Portal Server 2003 を実行している場合は、 repairorphans コマンド ライン操作、構成データベースに存在する孤立したアイテムを修復すると、Spsadm.exe コマンド ライン ツールを実行します。 repairorphans 操作を削除し、PortalSiteName _SITE のコンテンツ データベースを reattaches します。 repairorphans 操作に Spsadm.exe ツールを実行するとき、PortalSiteName _SITE のコンテンツ データベースが存在する孤立のアイテムが、構成データベースから削除します。

Spsadm.exe ツールを使用して、構成データベース内の孤立した項目をクリーンアップする方法の詳細についてをクリックして次資料「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
918742SharePoint Portal Server 2003 の構成データベース内の孤立した項目をクリーンアップすることができます、Spsadm.exe コマンド ライン ツールを利用できる新しいコマンドライン操作の説明

手順 3: 削除して、仮想サーバーのコンテンツ データベースを再アタッチし

削除すると、コンテンツ データベースを仮想サーバーから、仮想サーバーにコンテンツ データベースを再接続するまでそのコンテンツ データベースに格納されている Windows SharePoint サービス 2. 0 Web サイトは利用できません。 ユーザーのダウンタイムを回避するには、この手順を 1 日では、サーバー使用しない場合頻度の高い一度にピーク時間帯に実行します。

削除して、コンテンツ データベースまたは仮想サーバー上のコンテンツ データベースを再アタッチするには、次の手順に従います。
  1. [スタート ] をクリックして、[ 管理ツール ] をクリックし、 サーバーの管理
  2. [Windows SharePoint サービス 2. 0 のサーバーの全体管理] ページの 仮想サーバーの構成 ] で、[ 仮想サーバー設定の構成 ] をクリックします。
  3. 仮想サーバーを構成するをクリックし、 コンテンツ データベースを管理する [ 仮想サーバーの管理 [仮想サーバー設定] ページ。
  4. [コンテンツ データベースの管理] ページで、コンテンツ データベースを削除したいをクリックします。
  5. [コンテンツ データベース設定の管理] ページで、次の設定を確認します。
    • データベース サーバー
    • データベース名
    • データベース容量の設定
  6. [ コンテンツ データベースを削除する ] チェック ボックスをオン [ OK] をクリック します。 コンテンツ データベースを削除することを確認されたら、 [OK] をクリックします。
  7. [ OK] をクリックします。
  8. [コンテンツ データベースの管理] ページで、[ コンテンツ データベースの追加 ] をクリックします。
  9. コンテンツ データベース ページの追加、データベース サーバーをデータベース名、指定データベース容量の設定。 次に、 [OK] をクリックします。
重要です 完全に休止するライブ、ポータル ファームに対して"spsadm repairorphans"コマンドを実行しない操作を行います。 ポータル ファーム上で Repairorphans ツールを実行したとき次動作は true:
  • ポータル ファームは、ユーザーがアクセスできません。
  • ポータル ファームは、バックアップできません SQL またはその他のバックアップ ソフトウェアによって、SharePoint 側または SQL 側、ファームの。
  • ポータル ファームは、"repairorphans"コマンドの完全な操作中に実行されている外部のオブジェクト モデル コードはできません。
に対して作成者またはコンテンツを追加することはできませんように、SharePoint Portal Server を構成する必要があります。 読み取り専用にサーバーを設定する必要があります。 これを行う方法の詳細については、次の Web サイト、 SharePoint Portal Server 2003 ユーザーズ ガイド を入手するを参照してください。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=47405143-F586-4941-92F5-048BF00CF332&amp;displaylang=en&displaylang=en

関連情報

Stsadm.exe コマンド ライン ツールの詳細については、「コマンドライン操作」のトピック、コマンドラインのパラメーター </a0>」コマンド-ライン プロパティを表示」、 『 Microsoft Windows SharePoint サービス 2. 0 管理者ガイド 』 の「リファレンス」章にトピックです。 『 Microsoft Windows SharePoint サービス 2. 0 管理者ガイド 』 を入手するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=A637EFF6-8224-4B19-A6A4-3E33FA13D230&amp;displaylang=en

プロパティ

文書番号: 918744 - 最終更新日: 2007年10月24日 - リビジョン: 2.5
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows SharePoint Services 2.0
  • Microsoft Office SharePoint Portal Server 2003
キーワード:?
kbbug kbfix kbqfe kbpubtypekc kbwsssp3fix kbwsspresp3fix kbmt KB918744 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:918744
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com