開発者は Microsoft Windows XP Service Pack 2 (SP2) では、ワイヤレス ゼロ構成サービスを介してワイヤレス プロファイルとの接続を管理するワイヤレス クライアント プログラムを作成できません。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 918997
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

開発者がワイヤレス クライアント上で Microsoft Windows XP のワイヤレス ゼロ設定ワイヤレス プロファイルとの接続を管理するプログラムを作成できません。これを行うに必要な Api が存在しないために、この問題が発生します。

解決方法

更新プログラムの情報

次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロード可能です :

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
無線 LAN API パッケージをダウンロードします。

リリース日: 2006 年 11 月 21 日

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の資料番号をクリックして、Microsoft Knowledge Base 内にある資料を参照してください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、この配布ファイルのウイルス チェックを行いました。マイクロソフトは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しました。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

前提条件

この更新プログラムを適用するには Windows XP SP2 および Microsoft Core XML サービス (MSXML) 6.0 がインストールされてが必要です。

再起動の必要性

この更新プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要があります。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムは、他のいずれの更新プログラムも置き換えません。

ファイル情報

この修正プログラムの英語版のファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) を、次の表に一覧表示します。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で表示されます。ファイル情報を表示する際に、ローカル時刻に変換されます。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] アイテムで [タイム ゾーン] タブを使用します。
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間プラットフォームSP の要件
Ndisuio.sys5.1.2600.265814,5922005 年 4 月 19 日23:54x86SP2
Netshell.dll5.1.2600.26581,705,4722005 年 4 月 20 日19:21x86SP2
Wlanapi.dll5.1.2600.302469,1202006 年 11 月 01 日07:14x86SP2
Wlan_bec.xsd1,0662006 年月月 04 日10:06該当なしSP2
Wlan_beu.xsd1,1162006 年月月 04 日10:06該当なしSP2
Wlan_bmc.xsd6122006 年月月 04 日10:06該当なしSP2
Wlan_bmu.xsd6482006 年月月 04 日10:06該当なしSP2
Wlan_eco.xsd7522006 年月月 04 日10:06該当なしSP2
Wlan_ecp.xsd1,1592006 年月月 04 日10:06該当なしSP2
Wlan_ecu.xsd7892006 年月月 04 日10:06該当なしSP2
Wlan_ehc.xsd1,1152006 年月月 04 日10:06該当なしSP2
Wlan_ehu.xsd1,1932006 年月月 04 日10:06該当なしSP2
Wlan_etc.xsd3,1922006 年 10 月 15 日19:33該当なしSP2
Wlan_etu.xsd1,3292006 年 8 月 31 日11:34該当なしSP2
Wlan_mcc.xsd1,2712006 年 8 月 31 日11:34該当なしSP2
Wlan_mcu.xsd1,4102006 年 8 月 31 日11:34該当なしSP2
Wlan_mpc.xsd2,8432006 年 8 月 31 日11:34該当なしSP2
Wlan_mpu.xsd1,4842006 年 8 月 31 日11:34該当なしSP2
Wlan_onx.xsd5,9572006 年 8 月 31 日11:34該当なしSP2
Wlan_wlp.xsd15,2632006 年 8 月 31 日11:34該当なしSP2
Wzcdlg.dll5.1.2600.2658381,4402005 年 4 月 20 日19:21x86SP2
Wzcsapi.dll5.1.2600.265852,7362005 年 4 月 20 日19:21x86SP2
Wzcsvc.dll5.1.2600.2658474,6242005 年 4 月 20 日19:21x86SP2
Xpsp3res.dll5.1.2600.3024248,3202006 年 10 月 31 日10:05x86SP2

この Api のセットを使用するとワイヤレス LAN プロファイルと Windows ワイヤレス ゼロ構成サービスが呼び出される、ネイティブのワイヤレス機能で Microsoft Windows XP SP2 での接続を管理するアプリケーションを作成することができます。自動構成および接続ロジックをオーバーライドする、公開されている接続と切断の API 要素を使用できます。これ順番により Windows のワイヤレス機能をネイティブでサポートされていない使用法のシナリオをサポートするサード パーティ製のワイヤレス クライアント アプリケーション。これらのシナリオにはシームレスで自動ワイヤレス メディアを別の型の間での移動を提供することが含まれます。たとえば、ワイヤレス LAN (WLAN)、ワイヤレス WAN (WWAN) の間これらのシナリオではパブリック Wi-fi ホット スポットの使用法のワイヤレス コンピューターの自動プロビジョニングも含まれます。この API は、Windows Vista で導入された、ワイヤレス LAN の Api のサブセットです。これらの Api は、ネイティブ Wi-fi Api と呼ばれます。これは、開発者記述できますワイヤレス クライアント操作するアプリケーションを Windows XP SP2 および Windows Vista 上を意味します。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の「対象製品」として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

これらの Api は、Windows Vista の Microsoft Windows SDK および msdn ライブラリに記載されています。Msdn で、次の Web サイトのアクセスは、これらの Api を参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms706556.aspx
Windows Vista SDK をダウンロードするには、次の Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=4377F86D-C913-4B5C-B87E-EF72E5B4E065&displaylang=en
メモ 予想される動作のこと (WLAN API の一部である Wlanpi.dll 以外のバイナリがアンインストールされた場合) の場合に、WPA2 の更新プログラムがアンインストールされると、アンインストール復元、ワイヤレスの自動構成のレジストリ キーをインストールする前に元の状態になります。そのため、インストール後に作成されるプロファイルは失われます。これにより、変更されたデータ構造体などの古いワイヤレス自動構成で正常に使用されている、生じる可能性がある不整合。たとえば、次のシナリオを検討します。
  1. ユーザーが A と B のプロファイル
  2. ユーザーがパッケージをインストールします。
  3. ユーザー C と D のプロファイルを追加します。
  4. その後、ユーザーはパッケージを削除します。
このシナリオでは、C と D のプロファイルは削除され、A と B のプロファイルを維持する必要があります。

詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms706556.aspx
詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
824684 マイクロソフト ソフトウェア更新プログラムの説明で使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 918997 - 最終更新日: 2013年10月10日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
atdownload kbexpertiseinter kbfix kbbug kbqfe kbmt KB918997 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:918997
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com