Windows Server Update Services Service Pack 1 の説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 919004
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft service pack は Microsoft Windows サーバー更新サービス (WSUS 用) をリリースしました。Service pack の入手方法および service pack で修正される問題の一覧を取得する方法について説明します。さらに、service pack および service pack がインストールされているかどうかを確認する方法をインストールするときに発生する可能性がある問題について説明します。

はじめに

WSUS Service Pack 1 (SP1) では WSUS の更新プログラムを提供します。この service pack には、Microsoft SQL Server 2005年、将来リリースされる Microsoft Windows Vista オペレーティング システムに対するサポートが含まれます。また、service pack の安定性とパフォーマンスの向上を提供します。WSUS SP1 をインストールした後、コンピューターを再起動する必要があります。

メモ WSUS 2.0 の元のリリース バージョンに SP1 を適用した後、サービス パックはアンインストールできません。SP1 をアンインストールするときに、全体の製品をアンインストールします。

詳細

サービス パックの詳細情報

Service pack で修正される問題の一覧

次の Microsoft Knowledge Base の記事には、この service pack で修正される問題について説明します。
909131 Windows ソフトウェア更新サービス (WSUS) サーバーにクライアント コンピューターを通知しません。
910847 Microsoft の WSUS サーバー上の複数の更新プログラムを承認する場合タイムアウト エラーが発生します。

Service pack の機能強化の一覧

WSUS SP1 の次の機能強化のとおりです。
  • Windows Vista のサポート: WSUS SP1 では Windows Vista を実行しているコンピューターを更新することができます。
  • 完全なクライアント言語のサポート: WSUS SP1 のすべての Microsoft Office と Windows Vista の言語をサポートしています。
  • 新しいバージョンの Microsoft SQL Server 2000 Desktop Engine (Windows): WSUS SP1 は、SQL Server 2000 Desktop Engine (Windows) Service Pack 3 (SP3) SQL Server 2000 Desktop Engine (Windows) Service Pack 4 (SP4) にアップグレードします。
  • 高速なパフォーマンス: WSUS SP1 でパフォーマンスが向上します。これには、高速化されたユーザー インターフェイスの応答時間が含まれます。
  • すべての修正プログラム: WSUS SP1 には、変更を確定し、WSUS のリリース以降に発行された修正プログラムが含まれています。
  • Microsoft SQL Server 2005年のサポート: WSUS SP1 では SQL Server 2005 を使用することができます。

既知の問題

Service pack のインストール中に発生することが判明している問題

十分なハード ディスク領域が、データベースをバックアップするのには
WSUS のオリジナル リリース版 WSUS SP1 にアップグレードすると、セットアップ プログラムは、WSUS データベースのバックアップ コピーを自動的に作成されます。このバックアップ操作に使用できる十分なハード_ディスクの空き領域がある場合は、セットアップ プログラムが正常に終了することができませんです。このバックアップ操作を実行するために十分なハード_ディスク領域があるかどうかを確認するには、次の手順を実行します。
  1. Windows エクスプ ローラーを起動し、WSUS データベースを含むフォルダーに移動します。既定では、データベースが次のフォルダーには、WSUS がインストールされます。
    ドライブ文字: \WSUS\MSSQL$WSUS\Data\
  2. Ctrl キーを押し、次の 2 つのファイルを右クリックし押しクリックしてください プロパティ:
    • Susdb.mdf
    • Susdb_log.ldf
  3. 横に表示される値をメモします。 ディスク上のサイズ.WSUS SP1 のセットアップ プログラムには、データベース ・ ファイルは、WSUS をセットアップするには、このハード ディスクの空き容量が必要です。
メモ WSUS SP1 のインストールが失敗した場合は、WSUS データベースを手動で復元します。これを行う方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
WSUS 操作ガイド
WSUS のオリジナル リリース版を SP1 にアップグレードすることはできます。
現時点では、WSUS SP1 は WSUS のオリジナル リリース版にアップグレードします。この service pack を使用して、WSUS のプレリリース版をアップグレードできません。

WSUS SP1 をインストールする前に、プレリリース版の WSUS をアンインストールする必要があります。
アップグレード処理中に停止 (IIS)
WSUS SP1 セットアップ プログラム、アップグレード処理中に IIS を停止します。したがって、IIS によってホストされているすべての Web サイト、アップグレード操作中に使用できるはできません。アップグレード処理が完了したら IIS セットアップ プログラムが自動的に起動します。
アップグレード操作の完了後にコンピューターを再起動する必要があります。
Service pack のインストール時に、WSUS の Api への呼び出しを実行するプログラムを実行しないことをお勧めします。この API 呼び出しとの競合、WSUS SP1 インストーラー。このような状況では、service pack のインストールを完了するのにはコンピューターを再起動する必要があります。
Service pack のインストールが失敗した場合にデータベースを復元する必要があります。
WSUS SP1 へのアップグレード操作が失敗した場合は、WSUS の以前の状態に復元するアップグレード プロセスの開始時に作成されたバックアップ データベースを使用できます。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. WSUSSetup_%timestamp%.log ファイルの内容を確認することによって、データベースのバックアップの場所を決定します。このファイルは、次のフォルダーにあります。
    %programfiles%\Update Services\LogFiles
  2. WSUS コンピューター上のデータベースのバックアップを復元します。
  3. WSUS をアンインストールするが、削除するメッセージが表示されたら、データベース ファイルを保持します。
  4. WSUS をインストールします。これを行うにはメッセージが表示されたら、既存のデータベースを使用します。
WSUS SP1 にアップグレードすると、ウイルス対策プログラムを無効にする必要があります。
WSUS SP1 を適用することで WSUS をアップグレードすると、正常に、アップグレードや service pack を適用する前に、ウイルス対策プログラムを無効にする必要があります。アップグレードやサービス パックを適用する前に、ウイルス対策プログラムを無効にすると、Windows Server コンピューターを再起動します。このプロシージャは、更新処理をする必要があるファイルがロックされているにアクセスします。インストールが完了したら、ウイルス対策プログラムを再び有効にするかどうかを確認します。正確な手順を無効にし、ウイルス対策プログラムとバージョンを再び有効にする方法について、ウイルス対策プログラムのベンダーの Web サイトを参照してください。

注意 この回避策は、悪意のあるユーザーまたはウイルスなど悪質なソフトウェアによる攻撃をコンピューターまたはネットワークの脆弱性に可能性があります。この回避策はお勧めしませんが、独自の判断でこの回避策を実装できるようにこの情報が提供されます。ご自身の責任でこの回避策を使用します。

メモ ウイルス対策プログラムは、ウイルスからコンピューターを保護するために設計されています。ダウンロードしなかったり、信頼されていないソース訪問の信頼、またはを行わないウイルス対策プログラムを無効にすると、電子メールの添付ファイルを開くことの Web サイトからファイルを開く必要があります。

インストールの詳細

入手して service pack をインストールする方法

WSUS SP1 は、Microsoft ダウンロード センター」であります。 次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
KB919004 x86.exe パッケージを今すぐダウンロードします。

Service pack がインストールされているかどうかを確認する方法

Service pack には、次の表に記載されているバージョンを持つファイルが含まれます。次の表に記載されているファイルの新しいバージョンがある場合は、この service pack をインストールするはありません。
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Susnativecommon.dll該当なし104,3122006 年月 25 日14: 54x 86
Suscomp.dll5.4.3790.26209,7282006 年月 25 日01: 12x 86
Admincontrols.dll2.0.0.262035,7042006 年月 25 日15: 27x 86
Administration.dll2.0.0.2620236,4082006 年月 25 日15: 27x 86
Adminstrings.dll2.0.0.2620142,2002006 年月 25 日15: 27x 86
Adminstrings.resources.dll2.0.0.2620146,2962006 年月 25 日15: 27x 86
Microsoft.updateservices.administration.dll2.0.0.262072,5682006 年月 25 日15: 27x 86
Microsoft.updateservices.common.dll2.0.0.2620551,8002006 年月 25 日15: 27x 86
Microsoft.updateservices.stringresources.dll2.0.0.262068,4722006 年月 25 日15: 27x 86
Microsoft.updateservices.stringresources.resources.dll2.0.0.262072,5682006 年月 25 日15: 27x 86
Microsoft.updateservices.catalogsyncagent.dll2.0.0.2620113,5282006 年月 25 日15: 27x 86
Microsoft.updateservices.common.dll2.0.0.2620551,8002006 年月 25 日15: 27x 86
Microsoft.updateservices.contentsyncagent.dll2.0.0.262080,7602006 年月 25 日15: 27x 86
Microsoft.windows.bits.dll6.6.4000.2620213,3682006 年月 25 日15: 27x 86
Wsusservice.exe2.0.0.262023,9282006 年月 25 日15: 27x 86
Microsoft.updateservices.setup.customactions.dll2.0.0.2620101,2402006 年月 25 日15: 27x 86
Wsusutil.exe2.0.0.262049,1522006 年月 25 日01: 11x 86
Clientws.dll2.0.0.2620101,2402006 年月 25 日15: 27x 86
Wushield.dll2.0.0.262013,6882006 年月 25 日15: 26x 86
Dssauthwebservice.dll2.0.0.262016,7602006 年月 25 日15: 26x 86
Microsoft.updateservices.reporting.dll2.0.0.262060,2802006 年月 25 日15: 27x 86
Microsoft.updateservices.webservices.reporting.dll2.0.0.262027,5122006 年月 25 日15: 27x 86
Microsoft.updateservices.server.serversync.dll2.0.0.262043,8962006 年月 25 日15: 27x 86
Microsoft.updateservices.server.simpleauth.dll2.0.0.262018,8082006 年月 25 日15: 27x 86

インストールに関する補足

WSUS SP1 または WSUS をインストールする方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

プロパティ

文書番号: 919004 - 最終更新日: 2011年8月4日 - リビジョン: 6.0
キーワード:?
kbinfo kbbug kbfix atdownload kbmt KB919004 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:919004
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com