Windows Server 2003 Service Pack 2 では、Icacls.exe ユーティリティを利用します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 919240
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Icacls.exe コマンド ライン ユーティリティについて説明します。サービスと Microsoft Windows Server 2003 を実行しているコンピューター上の NTFS ファイル システムのアクセス許可を変更するのにはこのユーティリティを使用することができます。Pack 2 (SP2) で。

現在、Xcacls.exe ユーティリティ、Cacls.exe ユーティリティ、および Xcacls.vbs ユーティリティでは、Windows Server 2003 の NTFS アクセス許可を変更するのには. します。Icacls.exe ユーティリティは、NTFS アクセス許可を変更する別のオプションです。は、Icacls.exe ユーティリティは、既存のユーティリティを使用する場合に発生するさまざまな問題を解決します。

Icacls.exe ユーティリティは、Windows Vista および Windows Server 2003 SP2 に含まれているです。

詳細

Icacls.exe ユーティリティをインストールするには、Windows Server 2003 用の最新の service pack をインストールします。 Windows Server 2003 用の最新の service pack をインストールする方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
889100Windows Server 2003 用の最新の service pack を入手する方法

Icacls.exe ユーティリティの構文

構文は次の情報を参照するのには、入力します。 icacls.exe/しますか? コマンド プロンプトで。
ICACLS name /save aclfile [/T] [/C]
    store the acls for all matching names into aclfile for
    later use with /restore.

ICACLS directory [/substitute SidOld SidNew [...]] /restore aclfile [/C]
    applies the stored acls to files in directory.

ICACLS name /setowner user [/T] [/C]
    changes the owner of all matching names.

ICACLS name /findsid Sid [/T] [/C]
    finds all matching names that contain an ACL
    explicitly mentioning Sid.

ICACLS name /verify [/T] [/C]
    finds all files whose ACL is not in canonical form or whose
    lengths are inconsistent with ACE counts.

ICACLS name /resize [/T] [/C] [/L]
    changes incorrect recorded lengths of ACLs to true lengths.

ICACLS name /reset [/T] [/C]
    replaces acls with default inherited acls for all matching files.

ICACLS name [/grant[:r] Sid:perm[...]]
       [/deny Sid:perm [...]]
       [/remove[:g|:d]] Sid[...]] [/T] [/C]

    /grant[:r] Sid:perm grants the specified user access rights. With :r,
        the permissions replace any previously granted explicit permissions.
        Without :r, the permissions are added to any previously granted
        explicit permissions.

    /deny Sid:perm explicitly denies the specified user access rights.
        An explicit deny ACE is added for the stated permissions and
        the same permissions in any explicit grant are removed.

    /remove[:[g|d]] Sid removes all occurrences of Sid in the acl. With
        :g, it removes all occurrences of granted rights to that Sid. With
        :d, it removes all occurrences of denied rights to that Sid.


Note:
    Sids may be in either numeric or friendly name form. If a numeric
    form is given, affix a * to the start of the SID.

    /T indicates that this operation is performed on all matching
        files/directories below the directories specified in the name.

    /C indicates that this operation will continue on all file errors.
        Error messages will still be displayed.

    ICACLS preserves the canonical ordering of ACE entries:
            Explicit denials
            Explicit grants
            Inherited denials
            Inherited grants

    perm is a permission mask and can be specified in one of two forms:
        a sequence of simple rights:
                F - full access
                M - modify access
                RX - read and execute access
                R - read-only access
                W - write-only access
        a comma-separated list in parentheses of specific rights:
                D - delete
                RC - read control
                WDAC - write DAC
                WO - write owner
                S - synchronize
                AS - access system security
                MA - maximum allowed
                GR - generic read
                GW - generic write
                GE - generic execute
                GA - generic all
                RD - read data/list directory
                WD - write data/add file
                AD - append data/add subdirectory
                REA - read extended attributes
                WEA - write extended attributes
                X - execute/traverse
                DC - delete child
                RA - read attributes
                WA - write attributes
        inheritance rights may precede either form and are applied
        only to directories:
                (OI) - object inherit
                (CI) - container inherit
                (IO) - inherit only
                (NP) - don't propagate inherit

Examples:

        icacls c:\windows\* /save AclFile /T
        - Will save the ACLs for all files under c:\windows
          and its subdirectories to AclFile.

        icacls c:\windows\ /restore AclFile
        - Will restore the Acls for every file within
          AclFile that exists in c:\windows and its subdirectories

        icacls file /grant Administrator:(D,WDAC)
        - Will grant the user Administrator Delete and Write DAC
          permissions to file

        icacls file /grant *S-1-1-0:(D,WDAC)
        - Will grant the user defined by sid S-1-1-0 Delete and
          Write DAC permissions to file

NTFS アクセス許可を変更するその他の利用可能なユーティリティ

NTFS のアクセス許可を変更することができるその他のユーティリティの詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには、次の資料番号をクリックしてください。
318754Xcacls.exe を使用して、NTFS アクセス許可を変更する方法
135268 Cacls.exe をバッチ ファイルで使用する方法
825751 Xcacls.vbs を使用して、NTFS アクセス許可を変更する方法

プロパティ

文書番号: 919240 - 最終更新日: 2011年8月4日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbfix kbqfe kbpubtypekc kbexpertiseinter kbhotfixserver kbwinserv2003presp2fix kbmt KB919240 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:919240
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com