Windows XP Service Pack 2 (SP2) を展開した後は、高度なクライアントで Systems Management Server 2003 システム センター構成マネージャー 2007 が動作しなくなった

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 919592
重要です この資料でにはセキュリティ設定を低くする方法、またはコンピューターのセキュリティ機能を無効にする方法を示す情報が含まれます。特定の問題を回避するには、このような変更を行います。これらの変更を行う前に、使用している環境でこの回避策の実装に関連付けられているリスクを評価することをお勧めします。この回避策を実装する場合は、システムを保護するために、適切な追加手順を実行します。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft Systems Management Server (SMS) 2003年またはシステム センター構成マネージャー 2007 年アドバンスト クライアントを実行しているクライアント コンピューターに Microsoft Windows XP Service Pack 2 (SP2) を展開した後、次の現象が発生します。
  • アドバンスト クライアントは、クライアント コンピューターでは正しく機能します。このような状況では、アドバンスト クライアントは SMS ポリシーを取得します。アドバンスト クライアントは、クライアント コンピューター上でアクションを起動するときに、次のエラー メッセージが表示されます。
    操作を開始できませんでした。
  • クライアント コンピューター上のシステム ログに次のイベントが記録されます。

    イベントの種類: エラー
    イベント ソース: DCOM
    イベント カテゴリ: なし
    イベント ID: 10016
    作成日: 日付
    時刻: 時間
    ユーザー: SID
    コンピューター: コンピューター名
    説明:アプリケーション固有のアクセス許可の設定の CLSID を持つ COM サーバー アプリケーションにアクセス権をローカル起動付与しないでください {DC28D12E-B065-4EE4-9468-899D8C47B856}ユーザーに ドメイン\ユーザー名 SID (SID).このセキュリティのアクセス許可は、コンポーネント サービス管理ツールを使用して変更できます。

  • SMS ログ ファイルを表示すると、次のような情報が表示されます。

    クライアント コンピューター上で %WINDIR%\System32\CCM\Logs\CcmExec.log ファイル
    Error calling CoResumeClassObjects.	CcmExec	<date> <time>	3304 (0x0CE8)
    Phase 1 initialization failed (0x80004015).	CcmExec	<date> <time>	3304 
    (0x0CE8)
    Phase 1 initialization failed (0x80004015).	CcmExec	<date> <time>	3304 
    (0x0CE8)
    クライアント コンピューター上で %WINDIR%\System32\CCM\Logs\execmgr.log ファイル
    Command line = "\\<server>\<share>$\<folder>\update\update.exe" /q /f /forcerestart, 
    Working Directory = \\<server>\<share>$\<folder>\execmgr	<date> <time>	3292 
    (0x0CDC)
    Created Process for the passed command line	execmgr	<date> <time>	3292 
    (0x0CDC)
    Raising event:
    [SMS_CodePage(437), SMS_LocaleID(1033)]
    instance of SoftDistProgramStartedEvent
    {
    	AdvertisementId = "<ID>";
    	ClientID = "GUID:<GUID>";
    	CommandLine = "\"\\\\<servre>\\<share>$\\<folder>\\update\\update.exe\" /q /f 
    /forcerestart";
    	DateTime = "<date and time>.572000+000";
    	MachineName = "<computername>";
    	PackageName = "<packagename>";
    	ProcessID = 228;
    	ProgramName = "Automated upgrade from XP or XPSP1";
    	SiteCode = "<siteCode>";
    	ThreadID = 3292;
    	UserContext = "NT AUTHORITY\\SYSTEM";
    	WorkingDirectory = "\\\\<server>\\<share>$\\<folder>\\";
    };
    	execmgr	<date> <time>	3292 (0x0CDC)
    Raised Program Started Event for Ad:<ID>, Package:<package>, Program: Automated 
    upgrade from XP or XPSP1	execmgr	<date> <time>	3292 (0x0CDC)
    The user has logged off.	execmgr	<date> <time>	2656 (0x0A60)
    Program Automated upgrade from XP or XPSP1 is running when user loggs 
    off	execmgr	<date> <time>	2656 (0x0A60)
    Execution Manager timer has been fired.	execmgr	<date> <time>	1348 
    (0x0544)
    Policy is updated for Program: MS04-028 - JPEG Update for XP, Package: <package>, 
    Advert: <ID>	execmgr	<date> <time>	1408 (0x0580)
    Program exit code 3010	execmgr	<date> <time>	2904 (0x0B58)
    Looking for MIF file to get program status	execmgr	<date> <time>	2904 
    (0x0B58)
    Script for  Package:<package>, Program: Automated upgrade from XP or XPSP1 succeeded 
    with exit code 3010	execmgr	<date> <time>	2904 (0x0B58)
    Raising event:
    [SMS_CodePage(437), SMS_LocaleID(1033)]
    instance of SoftDistProgramPrelimSuccessEvent
    {
    	AdvertisementId = "<ID>";
    	ClientID = "GUID:<GUID>";
    	DateTime = "<date> <time>.781000+000";
    	ExitCode = "3010";
    	MachineName = "<computername>";
    	PackageName = "<package>";
    	ProcessID = 228;
    	ProgramName = "Automated upgrade from XP or XPSP1";
    	SiteCode = "<siteCode>";
    	ThreadID = 2904;
    };
    	execmgr	<date> <time>	2904 (0x0B58)
    Raised Program Prelim Success Event for Ad:<ID>, Package:<package>, Program: 
    Automated upgrade from XP or XPSP1	execmgr	<date> <time>	2904 (0x0B58)
    Execution is complete for program Automated upgrade from XP or XPSP1. The exit code 
    is 3010, the execution status is SuccessRebootRequired	execmgr	<date> <time>	2904 (0x0B58)
    Rebooting the computer - InitiateSystemShutdownEx failed 1115	execmgr	<date> <time>	2904 (0x0B58)
    で、 ドライブ: \SMS_CCM\Logs\SMSCliUi.log: SMS サーバー上のファイル
    Current Assigned Site: <siteCode>	smscliui	<date> <time>	3320 (0x0CF8)
    Unable to get CacheInfo. Error: 0X80070005	smscliui	<date> <time>	3320 
    (0x0CF8)
    SMS Site code has not been changed.	smscliui	<date> <time>	3320 (0x0CF8)
    Current Assigned Site: <siteCode>	smscliui	<date> <time>	3660 (0x0E4C)
    Unable to get CacheInfo. Error: 0X80070005	smscliui	<date> <time>	3660 
    (0x0E4C)
    Failed to instantiate CLSID_CCMClientAction class, error: 
    0x80070005	smscliui	<date> <time>	3660 (0x0E4C)

原因

SMS Agent Host (CcmExec.exe) のサービスのスタートアップ モードを設定には、グループ ポリシー オブジェクトが構成されている場合は、この問題が発生します。 自動.

メモ 既定では、SMS Agent Host サービス グループ ポリシーを使用して構成されていません。

解決方法

この問題を解決するには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1: グループ ポリシーでは、SMS Agent Host サービスを定義していません。

なった SMS Agent Host サービスのスタートアップ モードを定義するのには、グループ ポリシー オブジェクトを変更します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. ドメイン コント ローラーにログオンし、Active Directory ユーザーとコンピューター] ツールを起動します。これを行うをクリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ 「dsa.msc」 で、 ファイルを開く ボックスとクリック [OK].
  2. グループ ポリシー オブジェクトの作成、しをクリックしてくださいコンテナーを右クリックします。 プロパティ.たとえば、ドメイン コンテナーを右クリックしてくださいまたは組織単位を右クリックし、クリックしてください プロパティ.
  3. クリックして、 グループ ポリシー タブで、グループ ポリシー オブジェクトをクリックして、 SMS Agent Host サービスが定義されているしをクリックして 編集.
  4. グループ ポリシー オブジェクト エディター ツールでは、展開します。 [コンピューターの構成を展開 [Windows の設定を展開 セキュリティの設定、し システム サービス.
  5. 右側のペインでダブルクリックします。 SMS Agent Hostをオフにし、 このポリシー設定を定義します。 チェック ボックスをオンにしをクリックしてください [OK].
  6. グループ ポリシー オブジェクト エディター ツールを終了し、 [OK].
  7. Windows XP SP2 ベースのクライアント コンピューターを再起動します。

方法 2: ネットワーク サービス アカウントのフル コントロール権限を SMS Agent Host オブジェクトに割り当てる

警告 この回避策は、コンピューターまたはネットワークの脆弱性は、悪意のあるユーザーまたはウイルスなど悪質なソフトウェアによる攻撃をことがあります。この回避策はお勧めしませんが、独自の判断でこの回避策を実装できるようにこの情報が提供されます。ご自身の責任でこの回避策を使用します。

SMS Agent Host オブジェクトでグループ ポリシーをネットワーク サービス アカウントのフル コントロールのアクセス許可を割り当てる場合は、SMS Agent Host サービスが自動開始グループ ポリシーを保持できます。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. ドメイン コント ローラーにログオンし、Active Directory ユーザーとコンピューター] ツールを起動します。これを行うをクリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ 「dsa.msc」 で、 ファイルを開く ボックスとクリック [OK].
  2. グループ ポリシー オブジェクトの作成、しをクリックしてくださいコンテナーを右クリックします。 プロパティ.たとえば、ドメイン コンテナーを右クリックしてくださいまたは組織単位を右クリックし、クリックしてください プロパティ.
  3. クリックして、 グループ ポリシー タブで、グループ ポリシー オブジェクトをクリックして、 SMS Agent Host サービスが定義されているしをクリックして 編集.
  4. グループ ポリシー オブジェクト エディター ツールでは、展開します。 [コンピューターの構成を展開 [Windows の設定を展開 セキュリティの設定、し システム サービス.
  5. 右側のペインでダブルクリックします。 SMS Agent Host、し セキュリティを編集します。.
  6. で、 SMS エージェントのホスト用のセキュリティ ダイアログ ボックス、クリックして 追加.
  7. 種類 ネットワーク サービス で、 選択するオブジェクト名を入力します。 ボックスで、をクリックしてください 名前を確認します。、し [OK].
  8. で、 [NETWORK SERVICE のアクセスの許可 ボックスをオンにし、 フル コントロール チェック ボックスでは、 許可します。 列をクリックし [OK].
  9. で、 SMS エージェントのホスト プロパティ ダイアログ ボックス、クリックして [OK].
  10. グループ ポリシー オブジェクト エディター ツールを終了し、 [OK].

プロパティ

文書番号: 919592 - 最終更新日: 2011年8月4日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbtshoot kbprb kbmt KB919592 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:919592
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com