Outlook 2007 で、フォーム キャッシュの使用方法とフォーム キャッシュに関する問題のトラブルシューティング方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 919596 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

この資料には Microsoft Office Outlook 2007 検索フォーム、フォーム キャッシュがあること、フォーム キャッシュのサイズを変更する方法および ForceFormReload レジストリ キーを使用する方法について説明します。 ここでは、Outlook フォーム キャッシュで発生する可能性がありますのあるいくつかの問題についても説明します。 最後に、ここではこれらの問題のトラブルシューティング方法について説明します。

概要

ここでは、Outlook フォーム キャッシュについて説明します。 ここでは、Outlook 2007 で発生する各種のフォーム キャッシュ問題についても説明します。

メモ フォームを Outlook 2003 またはそれ以前のバージョンに設計されは通常フォーム ライブラリに発行する、Outlook フォーム キャッシュです。 Outlook 2007 では、Outlook 2003 およびそれ以前のバージョンのフォームをデザインすることもできます。 このシナリオでは、フォーム キャッシュは、フォーム キャッシュが以前のバージョンで使用される同じ方法で使用します。 ただし、Outlook 2007 は、新しい機能でフォーム領域、フォーム キャッシュを使いません。 Outlook 2007 のみカスタム メッセージ クラスに関連するシナリオでは、フォーム キャッシュを使用します。 Outlook 2007 用の新しいカスタム フォームを開発する場合はフォーム領域の新しい機能を使用することをお勧めします。

Outlook は、ユーザー設定フォームのローカル コピーするアイテムが開かれるたびに、ディスクから、フォームを取得する必要はありませんように、キャッシュに格納します。 フォームが Microsoft Exchange パブリック フォルダー内、または Exchange Server コンピューター上で組織フォーム ライブラリに格納されているとき、Outlook は、フォームのキャッシュのバージョンを使用します。 こうと、ローカル コンピューターおよび Exchange サーバー上のパフォーマンス向上コンピューター。

問題は、フォーム キャッシュに発生することがあります。 これらの問題のフォルダーで、新しいアイテムや、既存のアイテムを開くときに通常発生します。 イニシャライズ次のエラー メッセージの。
  • メッセージ 1
    選択されたフォームを表示できませんでした。 管理者に問い合わせてください。
  • メッセージ 2
    このメッセージを表示する必要な形式を表示できません。 管理者に問い合わせてください。
他にも、Outlook は、エラー メッセージを表示されない場合があります。 代わりに、Outlook にカスタム フォームではなく、既定のフォームを開くことがあります。

Outlook によるフォームの検索方法

ここでは Outlook アイテムを開いたときに必要ないるフォームを検索する方法について説明します。 最初に、カスタム フォームを使用するアイテムを作成するされると、 メッセージ クラス フィールド項目は、フォームの名前に設定されます。 たとえば、カスタム タスク フォルダーに「企業」というユーザー設定タスク フォームを持っている場合、メッセージ クラスは IPM.Task.Corporate

アイテムを開くと Outlook は、どのようなフォーム、アイテムを表示する Outlook を使用する必要があります" メッセージ クラス "フィールドを調べます。 Outlook し、必要なフォームを検索します。 Outlook は次の次の順序で、次の場所になります。
  • メモリ

    別のアイテムを開く、同じフォームを使用する、Outlook 既にに、フォーム メモリにします。 Outlook は、フォームを再読み込みの代わりに、フォームのコピーを使用します。
  • フォーム キャッシュ

    Outlook をチェックする前に、フォームを使用したかどうかを使用してコンピューター上のフォーム キャッシュします。 Outlook は、キャッシュ内のフォームを検索する場合、に Outlook はキャッシュからのフォームを読み込みます。
  • 現在のフォルダー

    Outlook で見つからなかった場合、フォーム キャッシュに、Outlook のフォームを現在のフォルダーに発行されたかどうかを調べます。 Outlook は、他のフォルダーを検索しません。 これには親フォルダーが含まれます。 Outlook には、フォームを非表示のアイテムとしてフォルダーに発行が格納されます。 これらの項目は、Outlook のビューで表示できません。
  • 個人用フォーム ライブラリ

    現在のフォルダ内にフォームがない場合は、個人用フォーム ライブラリが調べられます。 個人用フォーム ライブラリのフォームは、(共通ビュー </a0>) 隠しフォルダー内の関連のメッセージとして、既定のメール ストアの格納されます。 デフォルトのメール ストアは、受信メールを受け取る受信トレイ フォルダを含むフォルダのセットです。
  • 組織フォーム ライブラリ

    フォームが使用できない場合、個人用フォーム ライブラリで、組織フォーム ライブラリのサポートに構成されている Microsoft Exchange Server コンピューターを使用している場合 Outlook は [Microsoft Exchange Server コンピューター上には、組織フォーム ライブラリを調べます。

フォーム キャッシュの検出

フォーム キャッシュがハード ディスク ドライブに隠しフォルダーに格納します。 Microsoft Windows 隠しファイルおよびシステム ファイルを表示するよう設定を変更する必要があります。 これらの手順は、使用している Windows のバージョンによって異なります。 フォーム キャッシュは、次のフォルダ内で検出できる場合があります:
  • Microsoft Windows XP の場合
    C:\Documents と Settings\ の user_name の \Local Settings\Application Data\Microsoft\FORMS
  • Windows Vista
    user_name の \AppData\Local\Microsoft\FORMS の C:\Users\
Outlook 2007 がローミング ユーザーをサポートしているため、フォーム キャッシュの場所を変更することがあります。 フォーム キャッシュの場所は、現在コンピュータにログオンしているユーザーの種類によって異なります。 ユーザー設定フォーム キャッシュがある場所を示すを構成することはできません。 したがって、フォーム キャッシュの場所をデフォルト以外の場所に直接変更することはできません。

フォーム キャッシュ アーキテクチャについて

重要です このセクション、メソッド、またはタスク、レジストリを変更する方法を説明する手順がされています。 ただし、深刻な問題のレジストリを誤って変更する場合が発生する可能性があります。 このため、これらの手順を慎重に実行することを確認します。 追加の保護、するため、レジストリのバックアップを変更する前に。 問題が発生した場合に、レジストリを復元できます。 バックアップおよびレジストリを復元する方法の詳細についてはをクリックして次資料「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
322756バックアップおよび Windows のレジストリを復元する方法


フォーム キャッシュには、Frmcache.dat ファイルが含まれています。 このファイルには、デフォルトの Outlook フォームおよびユーザーが使用したユーザー設定フォームの両方の要約情報とポインタが含まれています。 カスタム フォームのキャッシュされたコピーは、Forms フォルダーのサブフォルダーに存在します。

Forms フォルダーのサブフォルダーは、ランダムな名前を持ちます。 ただし、サブフォルダーの名前には、フォームの名前似ています。 これらのフォルダーに格納されている実際のフォームの名前は cryptically。 フォームが、.tmp のファイル名の拡張子です。 特定のフォームのコピーがどのフォルダに含まれているかがわからない場合は、フォルダのタイム スタンプか、フォームのタイム スタンプを調べると、フォームを簡単に見つけることができます。

また、Outlook では、キャッシュ済みのユーザー設定フォームに対応するレジストリ キーも保存されます。 このレジストリ キーは次の場所にあります:
HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\CLSID
Outlook 2002 で以前のバージョン、Outlook がいないの追跡をフォームから送信されたフォームがキャッシュされる場所。 たとえば、2 つの異なるフォルダーでは、公開されている 2 つの異なるフォームがあるあり、この 2 つのフォームが同じ名前のことです。 アクセスした場合、最初のフォルダー、Outlook はそのフォルダーのフォーム キャッシュします。 Outlook の 2 番目のフォルダーにアクセスする場合、最初のフォルダーから、キャッシュされたフォーム使用してもします。 Outlook フォームは 2 つ目のフォルダーを使用しません。 したがって、すべてのフォーム名または" メッセージ クラス "フィールド必要があります一意を競合はフォームを使用する場合は発生しません。 Outlook 97 のリリースされた後は、このフォーム キャッシュ設計しました。

Outlook 2003 および Outlook 2007 のフォーム キャッシュは、別のデザインを使用します。 フォルダーと、フォーム ライブラリについてもキャッシュされます。 セキュリティ関連の問題は、デザインの変更に発展しました。 たとえば、Outlook 2003 で 10 個の異なるフォルダーがあります。 これら 10 個のフォルダーの各同じ名前があるフォームを発行する可能性があります。 この場合、以前のバージョンの Outlook では、フォームが 1 回だけキャッシュされ、後はどのフォームも同じ名前であるため、ローカルのフォーム キャッシュから毎回同じフォームが使用されました。 ただし、Outlook 2007 では各フォルダーから、フォームをキャッシュされます。

この設計で変更されたためフォームをフォルダーにではなく個人用フォーム ライブラリに発行することを推奨します。 ユーザー設定フォームに基づく、アイテムを削除したし [削除済みアイテム フォルダーにアイテムを開く場合、Outlook ユーザー設定フォームが見つかりません。 代わりに、既定のフォームを使用されます。 発行する場合のフォームを個人用フォーム ライブラリには、この問題を回避することができます。

フォーム キャッシュのサイズと変更

デフォルトでは、フォーム キャッシュの最大サイズは 2,048 KB に制限されています。 この設定を変更するには、以下の手順を実行します:
  1. [ ツール ] メニューの [ オプション ] をクリックします。
  2. [その ] タブをクリックし、 高度なオプション を実行します。
  3. ユーザー設定フォーム ] をクリックします。 ハード_ディスク上の最大領域 を、[下で、2048年より大きいと、[ OK] をクリックしてできる値を入力します。
フォーム キャッシュに設定した最大ディスク領域に達すた後、Outlook から最も古い未使用フォームがキャッシュから破棄します。

メモ Outlook の Frmcache.dat に、フォーム キャッシュのサイズを格納するファイル。 Frmcache.dat ファイルの形式は非公開です。 Frmcache.dat ファイルの直接の変更はサポートされていません。 したがって、フォーム キャッシュのサイズをプログラムで変更できません。 このような変更はマイクロソフトが記載されているまたはマイクロソフト製品サポート サービスのみのトラブルシューティングの推奨しない限り、マイクロソフトは、Forms フォルダーの内容の一部を直接変更をサポートしません。 フォーム フォルダーの内容を変更する前にバックアップ コピーを最初にする必要があります。

フォームを誤って削除した回復します。

発行したフォームを誤って削除し、発行元のフォルダからそのフォームを回復できない場合は、フォームのコピーをフォーム キャッシュから回復できることがあります。

フォーム、フォーム キャッシュから回復する方法の詳細についてをクリックして次資料「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
292494[OL2002] キャッシュ コピーから Outlook フォームを回復する

フォーム キャッシュをトラブルシューティングします。

フォーム キャッシュは見えませんが正しく、機能している場合またはした場合の問題アイテムを開くと、またはカスタム フォームを開くと、その他の要因原因となって、予期しない動作します。 フォーム キャッシュを削除する前に、次のトラブルシューティング方法で対処してください。
  • 方法 1: アイテムを 1 回限り (one-off) フォームを使ってを確認します。

    代わりに、発行場所内のアイテムにフォーム定義を格納できます。 アイテムを開くし、アイテムにフォーム定義を格納する、使用するのフォームが常に項目に格納されているフォーム。 フォームの発行済みバージョンを変更する場合、1 回限り (one-off) アイテムは使用アイテムに保存されているフォームの古いバージョンし続けます。 フォーム キャッシュの問題が表示されるこのことがあります。 1 回限り (one-off) アイテムのしくみですが。

    アイテムに格納されているフォーム定義予期しない動作があります。 これは、可能性を誤って、問題は、フォーム キャッシュに関連することを presume があります。

    方法についてについては、1 回限り (one-off) アイテム関数は、資料の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示する次の資料番号をクリック。
    290657フォームの定義と Outlook 2002 での 1 回限り (one-off) フォームの説明
  • 方法 2: 問題がメモリに関連しないことを確認します。

    Outlook では、フォームがメモリから解放されないことがあります。 この問題は、カスタム フォームでスクリプト エディションの Visual Basic コードを実装する方法に関連あります。 フォームがメモリから解放されない場合、Outlook を終了し、再起動する必要が生じる場合があります。 これは、フォームをメモリから削除され、キャッシュから、フォーム ライブラリ、またはフォルダーから、フォームの再読み込み読み込ま。

    Outlook を終了することを確認してください。 Microsoft Windows のタスク マネージャを使用すると、Outlook が実行されていないことを確認できます。 ただし、メモリ内に発生するものには問題と関連しないことを確認するコンピューターを再起動することをお勧めします。

    Outlook が終了していない場合、フォーム キャッシュの問題の原因があります。 フォームにはスクリプト エディションの Visual Basic のコードが含まれるを判別かどうか、フォームで何か防止 Outlook を終了しようとします。 COM アドイン、または任意非標準の Microsoft Exchange 拡張機能を無効にも。 これらのいずれかの問題を投稿可能性があります。

フォーム キャッシュのクリア

別には方法があります、Outlook をオフにキャッシュを形成します。 各メソッドには、長所と短所があります。 方法 1 を使用することをお勧めします。
  • 方法 1

    キャッシュのクリア メソッドを使用します。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. [ ツール ] メニューの [ オプション ] をクリックし、 その他 のタブ。
    2. 詳細オプション をクリックします。
    3. [ オプションの詳細設定 </a0>] ユーザー設定フォーム を選択します。
    4. [ ユーザー設定フォーム ] ボックスに、 フォームの管理 を選択します。
    5. [ フォーム マネージャー ] の [ キャッシュのクリア にします。
  • 方法 2

    手動で名前を変更するか、問題原因と考えられるキャッシュの特定のコンポーネントを手動で削除します。 たとえば、特定のフォームに問題がキャッシュされたフォームの対応するフォルダーを削除して開始できます。 使用お勧めすることするのみこのメソッドは高度なユーザーの場合。
  • 方法 3

    Frmcache.dat ファイルの名前を変更します。 ただし、Frmcache.dat ファイルには他のフォームに関する情報が含まれている場合もあるため、フォーム キャッシュの問題を解決する最初の手段としてはこの方法を実行しないでください。 ただし、名前をフォーム キャッシュを消去、他の作業を正常に実行できない場合は、変更できます、Frmcache.dat ファイル。 Frmcache.dat ファイルの名前を変更した後は Outlook を再起動します。
  • 方法 4

    レジストリ キーを調べます。 このレジストリ キーは次の場所にあります:
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\CLSID
    通常、レジストリ キー再生されないフォームでロール キャッシュの問題。 キャッシュされたフォームに関する情報を含める、操作を行います。 問題フォームを修正するすべての作業を正常に実行できない場合は、ここでは、レジストリ、フォームに関する情報を紹介することを確認できます。 フォームに関する情報を削除したら、Outlook を再起動します。

ForceFormReload レジストリ キーの使用

フォーム キャッシュが断続的に、問題を引き起こすし、の問題の原因を特定することはできません、
ForceFormReload
レジストリ キーを Outlook で設定できます。
ForceFormReload
レジストリ キーが有効な Outlook で Outlook ユーザー設定フォームに基づくアイテムを開いたときエラーが検出された、Outlook はこの特定のフォームのキャッシュを自動的に消去します。 次に、Outlook しようアイテムを再度開くとします。 このメソッドでは、フォーム キャッシュの問題の原因は修正されませんはこのメソッドは透明問題カスタム フォームを使用するユーザーに。

ForceFormReload
レジストリ キーの機能を有効にするに次の手順に従います。
  1. レジストリ エディターを起動します。
  2. レジストリで次キーをクリックして:
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\12.0\Outlook
  3. [ 編集 ] メニューのをクリックして 追加値 、次のレジストリ値を追加します。
    元に戻す全体を表示する
    値の名前 forceFormReload
    データ型REG_DWORD
    値のデータ1
  4. レジストリ エディターを終了します。

    メモ この機能は最新の Service Pack がインストールされている場合に Outlook 2000 および Outlook 2002 で使用できます。 この機能は Outlook 2003 の元のバージョンでも。

    最新の Service Pack の入手方法の詳細については、以下の「をクリック記事の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示します。
    285129エラー メッセージ:「選択したフォームを表示できません」
    305403Q305403 OL2002: Error Message: The Form You Have Selected...Cannot Be Displayed, Please Contact Your Administrator

特定のカスタム フォームに基づくアイテムを開くときに発生する問題をトラブルシューティングします。

特定のカスタム フォームに基づくアイテムを開くときに問題が発生する特定のフォームではなく、フォーム キャッシュ自体、問題を関連あります。 特定のフォームに関する問題のトラブルシューティングする方法を次の方法に説明します。 記載されている順序でメソッドを実行する必要があります。
  • 方法 1

    フォームでのコードをカスタム Visual 基本スクリプト エディションを無効にします。 問題がスクリプト エディションの Visual Basic のコードに関連する可能性があります。 コードを無効に、Shift キーを押しながらキーを押しアイテムを開くとします。 これにより、Visual Basic Scripting Edition コードが実行されません。
  • 方法 2

    すべてのフォーム ページから、コントロールをすべて削除します。 フォーム上のカスタム コントロールは初期化問題が発生し、Outlook のフォームを開くを禁止可能性があります。 Outlook はいずれかの次の条件に該当する場合、フォームに開けません。
    • ローカル コンピュータにカスタム コントロールがインストールされていません。
    • ライセンス レジストリ キーが正しくありません。
    このメソッドを実行するには、次の手順に従います。
    1. デザイン モードでフォームを開きます。
    2. すべてのフォーム ページから、コントロールをすべて削除します。
    3. 別の名前でフォームを再発行します。
    4. 新しく発行されたフォームに基づく新しいアイテムを開くしようとしました。
    このメソッドは、問題を解決する場合に問題とコントロールがあります。
  • 方法 3

    フォームからすべてのカスタム フィールドを削除します。 問題がフォーム上のフィールドに関連している場合があります。 フィールドでは数式を使用できます。 これらの数式は、パフォーマンスの問題や他の問題フォームを開くことが生じる可能性のある循環参照を作成可能性があります。 これは一般的ではありません。 フォームからすべてのカスタム フィールドを削除、フォームが壊れていることと思われる場合、。 テストの異なる名前でフォームを発行します。

プロパティ

文書番号: 919596 - 最終更新日: 2009年3月2日 - リビジョン: 2.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Outlook 2007
キーワード:?
kbhowto kbexpertiseinter kbproductlink kbmt KB919596 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:919596
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com