BizTalk Server では、SQL Server エージェント ジョブの説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 919776 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ
この資料は、Microsoft BizTalk Server の SQL Server エージェント ジョブを示します。また、SQL Server エージェント ジョブをについて説明します。

詳細

次の表は、BizTalk Server の SQL Server エージェント ジョブ。
元に戻す全体を表示する
ジョブの名前詳細既定では有効になっています。
BizTalk Server をバックアップします。3 つの手順から成ります。手順 1 では、BizTalk Server データベースの完全データベース バックアップを実行します。BizTalk Server データベースのログ バックアップ手順 2。手順 3 の期間、バックアップ履歴が保持されますを指定します。いいえ
CleanupBTFExpiredEntriesJob_BizTalkMgmtDb期限切れ (BizTalkMgmtDb) の BizTalk 管理データベースから BizTalk フレームワークのエントリを削除します。はい
DTA の削除およびアーカイブ追跡されたメッセージと、BizTalk 追跡データベースの削除、正常なシステムを維持するために、追跡データを将来の使用のためのアーカイブを維持するアーカイブを自動化します。

メモ BizTalk Server 2004 年には、BizTalk Server 2004年の Service Pack 2 をインストールした後にこのジョブが作成されます。
いいえ
MessageBox_DeadProcesses_Cleanup_BizTalkMsgBoxDbBizTalk Server ホスト インスタンス (BTSNTSvc.exe) が応答を停止したときに検出します。ジョブを別のホスト インスタンスがタスクを完了できるようにし、ホスト インスタンスの作業を解放します。はい
MessageBox_Message_Cleanup_BizTalkMsgBoxDbBizTalkMsgBoxDb データベース テーブルにすべてのサブスクライバーによって参照されていないすべてのメッセージを削除します。

重要このジョブは、ジョブMessageBox_Message_ManageRefCountLog_BizTalkMsgBoxDbによっても開始されます。そのため、このジョブを無効にすることをお勧めします。

メモ BizTalk Server 2004 年このジョブは既定で有効にします。そのため、このジョブを無効にすることをお勧めします。
いいえ
MessageBox_Message_ManageRefCountLog_BizTalkMsgBoxDbメッセージの参照カウント ログを管理してメッセージは、サブスクライバーによって参照されていませんと判断します。

このジョブでは、無限ループで実行され、2 つの個々 のメッセージの参照カウント ログからエントリが削除します。このジョブでは、 MessageBox_Message_Cleanup_BizTalkMsgBoxDbジョブも呼び出します。

重要最初は、 MessageBox_Message_ManageRefCountLog_BizTalkMsgBoxDbジョブのステータス アイコンは、成功の状態を表示します。ただし、されません成功の対応するエントリがジョブ ヒストリにします。MessageBox_Message_ManageRefCountLog_BizTalkMsgBoxDbジョブ内のジョブのいずれかが失敗した場合、ジョブの履歴内のエラー エントリが表示され、ステータス アイコンが障害の状態が表示されます。ジョブは最初の障害後に障害の状態を常に表示します。その他の BizTalk Server の SQL Server エージェント ジョブが正常に動作することを確認するには、他の BizTalk Server の SQL Server エージェント ジョブの状態を確認します。

メモ BizTalk Server 2004 年には、BizTalk Server 2004年の Service Pack 2 をインストールした後にこのジョブが作成されます。
はい
MessageBox_Parts_Cleanup_BizTalkMsgBoxDbBizTalkMsgBoxDb データベース内のメッセージによって参照されなくなったすべてのメッセージ部分を削除します。すべてのメッセージは、メッセージ データを含む 1 つまたは複数のメッセージ部分で構成されます。はい
MessageBox_UpdateStats_BizTalkMsgBoxDb

BizTalkMsgBoxDb データベースの統計情報を更新します。

メモ このジョブは、BizTalk Server 2004 年には存在しません。
はい
BizTalk Server を監視します。

BizTalkMgmtDb、BizTalkMsgBoxDb、BizTalkDTADb データベースに関する既知の問題をスキャンします。孤立したインスタンスが含まれます。

メモ BizTalk Server 2010 では、このジョブが作成されます。
はい
Operations_OperateOnInstances_OnMaster_BizTalkMsgBoxDb複数の BizTalkMsgBoxDb データベースの配置に使用されます。非同期操作のアクションを実行します。たとえば、非同期的に実行する一括 BizTalkMsgBoxDb データベース マスターに終了これらの変更は、下位の BizTalkMsgBoxDb データベースに適用します。

メモ このジョブは、BizTalk Server 2004 年には存在しません。
はい
PurgeSubscriptionsJob_BizTalkMsgBoxDb使用されていないサブスクリプションの述語は、BizTalkMsgBoxDb データベースからパージされます。はい
Rules_Database_Cleanup_BizTalkRuleEngineDb90 日 (BizTalkRuleEngineDb) のルール エンジン データベースから古い監査データを削除します。このジョブはすべての 3 日間も古い履歴データ (展開解除の通知) (BizTalkRuleEngineDb) のルール エンジン データベースから削除します。

メモ BizTalk Server 2009 年には、このジョブが作成されます。
はい
TrackedMessages_Copy_BizTalkMsgBoxDbBizTalkMsgBoxDb データベースから、追跡 (BizTalkDTADb) データベースに追跡されたメッセージのメッセージ本文をコピーします。はい
TrackingSpool_Cleanup_BizTalkMsgBoxDbパージ追跡スプール テーブルをデータベースの領域を解放する使用頻度の低いします。

メモ このジョブは、BizTalk Server 2004年にのみ存在します。
いいえ
SQL Server エージェント ジョブと BizTalk Server ではその説明の一覧は、次の Microsoft Developer Network (MSDN) Web サイトを参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa561960.aspx
メモ BizTalk SQL Server エージェント ジョブは、SQL Server のシステム管理者サーバーの役割を持つユーザーに所有する必要があります。

詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
907661 BizTalk Server 2004 年に非常に大きくなる BiztalkMsgBoxDb データベース内の Tracking_Spool1 または Tracking_Spool2 のテーブル

プロパティ

文書番号: 919776 - 最終更新日: 2014年7月12日 - リビジョン: 4.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft BizTalk Server 2013 R2 Branch
  • Microsoft BizTalk Server 2013 R2 Developer
  • Microsoft BizTalk Server 2013 R2 Enterprise
  • Microsoft BizTalk Server 2013 R2 Standard
  • Microsoft BizTalk Server 2013 Branch
  • Microsoft BizTalk Server 2013 Developer
  • Microsoft BizTalk Server 2013 Enterprise
  • Microsoft BizTalk Server 2013 Standard
  • Microsoft BizTalk Server Branch 2010
  • Microsoft BizTalk Server Developer 2010
  • Microsoft BizTalk Server Enterprise 2010
  • Microsoft BizTalk Server Standard 2010
  • Microsoft BizTalk Server 2009 Standard
  • Microsoft BizTalk Server 2009 Enterprise
  • Microsoft BizTalk Server 2009 Developer
  • Microsoft BizTalk Server 2009 Branch
  • Microsoft BizTalk Server 2006 R2 Standard Edition
  • Microsoft BizTalk Server 2006 R2 Enterprise Edition
  • Microsoft BizTalk Server 2006 R2 Developer Edition
  • Microsoft BizTalk Server 2006 R2 Branch
  • Microsoft BizTalk Server 2006 Standard Edition
  • Microsoft BizTalk Server 2006 Enterprise Edition
  • Microsoft BizTalk Server 2006 Developer Edition
  • Microsoft BizTalk Server 2004 Standard Edition
  • Microsoft BizTalk Server 2004 Enterprise Edition
  • Microsoft BizTalk Server 2004 Developer Edition
  • Microsoft BizTalk Server 2004 Partner Edition
キーワード:?
kbbts kbtshoot kbinfo kbmt KB919776 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:919776
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com