Windows XP Media Center Edition 2005 用更新プログラムのロールアップ (2006 年 7 月)

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 919803
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

マイクロソフトは、Microsoft Windows XP Media Center Edition 2005 用更新プログラムのロールアップ (2006 年 7 月) をリリースしました。この更新プログラムのロールアップは、Windows XP Media Center Edition 2005 用更新プログラムのロールアップ 2 を実行しているコンピュータ用です。 更新プログラムのロールアップ 2 の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
900325 Windows XP Media Center Edition 2005 用更新プログラムのロールアップ 2

詳細

ダウンロード情報

Windows XP Media Center Edition 2005 用更新プログラムのロールアップ (2006 年 7 月) を入手するには、Microsoft Windows Update Web サイトまたは Microsoft ダウンロード センターからダウンロードしてください。

Windows Update Web サイト

http://update.microsoft.com

Microsoft ダウンロード センター

下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
919803 パッケージ

リリース日 : 2006 年 7 月 25 日

マイクロソフトのサポート ファイルのダウンロード方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

必要条件

この更新プログラムのロールアップをインストールするには、コンピュータで Windows XP Media Center Edition 2005 が実行されている必要があります。以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料に記載されている更新プログラムをインストールする必要があります。
900325 Windows XP Media Center Edition 2005 用更新プログラムのロールアップ 2

修正プログラムの置き換えに関する情報

これは、累積的な更新プログラムのロールアップです。この更新プログラムのロールアップは、以下の更新プログラムに置き換わるものです。
914548 Windows XP Media Center Edition 2005 用更新プログラムのロールアップ (2006 年 4 月)
908250 Microsoft Windows XP Media Center Edition 2005 用更新プログラムのロールアップ 2 を実行しているコンピュータ用の更新プログラムのロールアップ 908250 について
912067 Windows XP Media Center Edition 2005 用更新プログラムのロールアップ (2006 年 1 月)
913437 Windows XP Media Center Edition 2005 韓国語版を実行しているコンピュータで、英語以外のキーボード入力文字が HTML プログラムでサポートされない

この更新プログラムで解決される問題

この更新プログラムでは、「修正プログラムの置き換えに関する情報」に記載されている更新プログラムに含まれている修正に加え、以下の問題が解決されます。
  • 画面に白い横線が表示される
    Media Center で DVD ビデオを再生すると、画面の暗い部分に白い横線が表示されます。たとえば、Media Center リモコンの [情報] ボタンを押すと、一部のメニュー項目の下部に白い線が表示されます。[情報] の画面を閉じても、画面に白い線が残ります。
  • ListMaker を使用すると Media Center がクラッシュすることがある
    Media Center SDK に含まれているサンプル アドイン ListMaker を使用している場合に、Picture 以外のすべてのメディアの種類をコメントにすると、Media Center がクラッシュすることがあります。
  • メニュー ページを開くと Media Center がクラッシュすることがある
    Media Center でメニュー ページを開くと、プログラムがクラッシュすることがあります。次のようなエラー メッセージが表示されます。
    Program_name has caused an error and must be closed. We apologize for the inconvenience. If you were in the middle of something, the information you were working on might be lost. Please tell Microsoft about this problem. We have created an error report that you can send to help us improve Program_name. We will treat this report as confidential and anonymous. To see what data this error report contains, click here.
  • DVD メニューが表示されず、黒い画面が表示される
    Media Center で DVD ビデオを再生しようとすると、DVD メニューが表示されず、黒い画面が表示されます。この問題は、以下の条件に該当する場合に、一部の DVD ビデオで発生することがあります。
    • Media Center の画面解像度が 720p (高精細) またはこれよりも高い解像度に設定されている。
    • DVD ビデオが MacroVision によりコピー防止されている。

Windows Media Center Extender に関する情報

Microsoft Xbox 360 などの Windows Media Center Extender では、Microsoft Windows XP Media Center Edition 2005 を実行しているコンピュータとネットワーク経由で通信するためにネットワーク ポートが使用されます。この更新プログラムのロールアップには Media Center プログラム用の更新プログラムが含まれていますが、これらの更新プログラムは、サードパーティのファイアウォールで許可されるように設定されている場合があります。サードパーティのファイアウォールを使用している場合は、新しいバージョンのこれらのプログラムがポートにアクセスできるように、ファイアウォールの設定を手動で更新することが必要な場合があります。ファイアウォールを手動で更新していないと、Media Center Extender から Media Center コンピュータに接続するときにエラーが発生することがあります。

Windows Media Center Extender 用にファイアウォールを構成する方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/japan/windowsxp/mediacenter/extender/setup/firewall/config.mspx

Media Center の技術サポート

Microsoft Windows XP Media Center Edition はハードウェア デバイスまたはシステムに組み込まれているため、このソフトウェアの技術サポートと支援はハードウェアの製造元が提供しています。ハードウェアの製造元は、ハードウェアの能力を最大限に利用するために、固有のデバイス ドライバやオプション設定など、独自のコンポーネントを使用してインストール環境をカスタマイズしている場合があります。ハードウェアにインストールして提供されるソフトウェアについては製造元によるサポートが最適であるため、Windows XP Media Center Edition に関する技術サポートが必要な場合は、ハードウェアの製造元に直接お問い合わせください。

また、次のマイクロソフト Web サイトにある Windows XP Media Center Edition の製品情報サイトを参照することもできます。
http://www.microsoft.com/japan/windowsxp/mediacenter/default.mspx
プログラムで致命的な問題の原因となるエラーが発生すると、[エラー報告] ダイアログ ボックスが表示されます。[エラー報告] ダイアログ ボックスには、その致命的なイベントに関する情報をマイクロソフトに送信するためのボタンが含まれています。マイクロソフトでは、この種のイベントの情報を収集して、原因の特定に役立てます。マイクロソフトのデータ収集ポリシーの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://oca.microsoft.com/ja/dcp20.asp

プロパティ

文書番号: 919803 - 最終更新日: 2011年2月3日 - リビジョン: 2.2
キーワード:?
kbwinxpsp3fix kbwinxppresp3fix kbfix atdownload kbqfe kberrmsg kbexpertisebeginner KB919803
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com