内側の Microsoft SQL Server 2005: T-SQL のクエリのコメントと修正

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 920141 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ここにはコメント、修正、およびマイクロソフト プレス本に関連した既知のエラーに関する情報が含まれています Microsoft SQL Server 2005 内: T-SQL クエリ 、0-7356-2313年-9 です。

次のトピックが含まれます。

  • テーブル キーにページ 8: 修正
  • <right_table_expression> のタグの代わりに使用されるページ 20: <table_expression> タグ
  • 図 2-7 から不足しているページ 43: [はい] します。
  • ページ 51: [MoreInfo] ボックスのリンクが正しくありません。
  • ページの 68: は、そのサンプル コードで繰り返されて
  • ページの 73:"signal_wait_time"は"signal_wait_time_ms"
  • ページ 81: 表 3-3 のスペースが表示されません。
  • ページの 101:「1000」「1000000」の代わりに使用
  • ページ 102、103:「1000」「1000000」の代わりに使用
  • ページの 137: 発注順不同のスキャンではなく参照スキャン
  • ページの 139:「未使用」「使用すべきしない」
  • ページの 140:]、2 番目の orderid 必要があります、クエリを次の段落の 6 番目の文に 120
  • インデックスのシークの代わりに参照されるページ 141: インデックスのスキャン
  • ページの 158: 用語の用語ではなく「大きく表示されます」が使用されて「取得低い」
  • ページ 162:] 削除 UNIQUE し orderdate orderid を置き換えて、3 行目、上端から必要があります。
  • ページ 163-166: 記号の非クラスター化インデックス スキャン記号カバー非クラスター化インデックス スキャンと呼ばれます
  • ページ 168:「スキャンの断片化「べきに」ページ密度」
  • セッション情報ではなく参照されているページ 173: 顧客情報
  • ページ 173: 3-7 テーブル名の一覧は BigSessions セッションではなく
  • ページ 187:"yes"必要があります"no"
  • 4 番目の段落サブクエリ例命令でページ 192: 修正
  • ページ 203: 変数 b 変数 c の代わりに参照
  • ページ 203:「EXISTS」は NOT EXISTS
  • ページの 206:「MIN(keycol) + 1」は"MIN(keycol + 1)"
  • ページ 272: ランク付けの機能と「再帰クエリ」参照「ピボット」と"UNPIVOT"ではなく
  • ページ 328:"実行する必要がありますが「スライド」
  • ページ 340: 年の数参照になく表 6 〜 16 の年順のタイトル バー
  • 属性から欠落しているページ 356: 期間
  • 正しくないページ 360: クエリ
  • 2 番目と 3 番目の列表 6 〜 24 のページ 364: 無効なラベル
  • 表 6 〜 25 の 2 番目と 3 列の不適切なラベルをページ 364:
  • ページ 412:「2147483648」は「-2147483648」
  • ページ 431 と 432: #CustsStage ではなく参照 #CustStage
  • ページ 434: usp_AsyncSec の参照になく usp_AsyncSeq
  • コード サンプルでは最初のページ 445: 無効な SET ステートメント
  • ページ 445:"多くは「1」
  • fn_subordinates1 の代わりに参照されるページ 480: fn_subordinates2
  • ページ 485: < は < =
  • ページ 493:"SubsPath"は"SubsSort"
  • ページ 494: @ べき #
  • ページ 506: アポストロフィ活用が正しくありません。
  • ページ 513: 参照テーブルの 9-35 には詳細
  • ページ 533:"BOMCTE"は"BOMTC"
  • ページ 562: 上にあるランプの一覧からランプ 36 欠落しています。
  • 19 のパズルの解答をページ 567: Corretion

詳細

テーブル キーにページ 8: 修正

[サイドバーの下部にページ 8 でエラーがあります。

変更:

「一方オン、UNIQUE 制約と PRIMARY KEY 制約、並べ替え、および処理をグループ化 NULL として等号 (=: することはできませんテーブルを挿入 NULL を含む 2 行で定義されている一意なまたは PRIMARY KEY 制約を含む列に"。

: を

"手持の他、制約、UNIQUE 制約は、並べ替え、およびグループ化 NULL として扱う等号 (=: することはできませんテーブルを挿入、NULL を含む 2 行で定義されている UNIQUE 制約を含む列に"。

<right_table_expression> のタグの代わりに使用されるページ 20: <table_expression> タグ

[20] ページで、2 番目のテーブルの演算子の 2 番目の行読み取ります。

{CROSS | OUTER} APPLY <table_expression>


読み込みする必要があります。

{CROSS | OUTER} APPLY <right_table_expression>


図 2-7 から不足しているページ 43: [はい] します。

ページ 43、図 2-7、ことは、[はい] の矢印の指す上「がクエリ対象の並列プランしますか?」"フェーズ 1 の並列計画から。

ページ 51: [MoreInfo] ボックスのリンクが正しくありません。

[51] ページで、変更する必要があるのリンクが MoreInfo テキスト ボックス内の最初の文が含まれます。

変更:
「XML プラン表示からデータを抽出の良い例ご覧 http://msdn.microsoft.com/library/default.asp?url=/library/en-us/dnsql90/html/xmlshowplans.asp:」

: を
「XML プラン表示からデータを抽出の良い例ご覧 http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms345130.aspx:」

ページの 68: は、そのサンプル コードで繰り返されて

[68] ページで、コード サンプルでは行 32-35 読み取ります。

- CASE WHEN n % 10 = 0
	THEN THEN 1 + ABS(CHECKSUM(NEWID())) % 30
	ELSE 0
  END AS orderdate

読み込みする必要があります。

- CASE WHEN n % 10 = 0
	THEN 1 + ABS(CHECKSUM(NEWID())) % 30
	ELSE 0
  END AS orderdate


ページの 73:"signal_wait_time"は"signal_wait_time_ms"

73] ページで、ページで、最後の段落が、不適切な wait_time には含まれます。

変更:
"DMV sys.dm_os_wait_stats 次属性含まれています: wait_type この待機の数です waiting_tasks_count、待機型; ミリ秒 (signal_wait_time を含む)、max_wait_time_ms、および、待機スレッドがシグナル状態の時間の差である signal_wait_time、この待機の種類の合計が wait_time_ms が待ち時間と実行を開始しています"。

: を
"DMV sys.dm_os_wait_stats 次属性含まれています: wait_type この待機の数です waiting_tasks_count、待機型; ミリ秒 (signal_wait_time を含む)、max_wait_time_ms、および、待機スレッドがシグナル状態の時間の差である signal_wait_time_ms、この待機の種類の合計が wait_time_ms が待ち時間と実行を開始しています"。

ページ 81: 表 3-3 のスペースが表示されません。

81] ページで、"counter_name"列の項目を読んでください。

"Buffercachehitratio
バッファー キャッシュ ヒット率ベース
1 秒間に Pagelookups
1 秒間に Freeliststalls
Freepages
Totalpages
Targetpages
Databasepages
Reservedpages
Stolenpages"

読み取る必要があります。

"バッファー キャッシュ ヒット率
バッファー キャッシュ ヒット率ベース
ページの検索/秒
空きリスト区画/秒
空きページ
総ページ数
ターゲット ページ
データベースのページ
予約されたページ
盗まれたページは"

ページの 101:「1000」「1000000」の代わりに使用

[101] ページで、サンプル コード内の 2 番目と 4 番目の行読み取ります。

CAST(AQ1.total_duration / 1000.

CAST(SUM(AQ2.total_duration) / 1000.

読み込みする必要があります。

CAST(AQ1.total_duration / 100000.

CAST(SUM(AQ2.total_duration) / 100000.


ページ 102、103:「1000」「1000000」の代わりに使用

102 と 103 のページで、コードの 4 番目、6 行読み取りをサンプルします。

CAST(AQ1.total_duration / 1000.

CAST(SUM(AQ2.total_duration) / 1000.

読み込みする必要があります。

CAST(AQ1.total_duration / 100000.

CAST(SUM(AQ2.total_duration) / 100000.


ページの 137: 発注順不同のスキャンではなく参照スキャン

[137] ページで、ページ上の 3 番目の文読み取ります。

「断片化なしで、インデックスの順序付けられた、スキャンのパフォーマンスは非常に近くなります、順序付けられた、スキャンのパフォーマンス両方は連続的に物理的にデータの読み取りを終了するため。」

読み込みする必要があります。

「断片化なしで、インデックスの順序付けられた、スキャンのパフォーマンスは非常に近くなります、順不同のスキャンのパフォーマンス両方は連続的に物理的にデータの読み取りを終了するため。」

ページの 139:「未使用」「使用すべきしない」

[139] ページで、ページで最初の文単語「未使用」がシーケンス外です。

変更:
「順序付けられたインデックス スキャンは、データを並べ替えるを明示的に要求する場合にのみいない使用されます、計画が並べ替えられた入力データから 演算子を使用してがもして使用、代わりに、」。

: を
「順序付けられたインデックス スキャンは、データを並べ替えるを明示的に要求するときにだけでなくは代わりに、そのがも、計画が並べ替えられた入力データから 演算子を使用しています。」

ページ 140: orderid は、クエリを次の段落の 6 番目の文に 120

140、] ページで、クエリを次の段落文 6 読み取ります。

"のアクセス方法の 2 つ目部分は、最後までの範囲の最初のキーからリーフ レベルで注文済、部分的なスキャンのです (orderid = 101):"

読み込みする必要があります。

"のアクセス方法の 2 つ目部分は、最後までの範囲の最初のキーからリーフ レベルで注文済、部分的なスキャンのです (orderid = 120):"

インデックスのシークの代わりに参照されるページ 141: インデックスのスキャン

[141] ページで、最後の段落の最初の文読み取ります。

「実行時に計画することを確認 won’t のアクセス方法の部分的なスキャンの部分を表示して明示的に、インデックスのスキャン </a0> 演算子で隠しの代わりに、」します。

読み込みする必要があります。

「実行時に計画することを確認 won’t のアクセス方法の部分的なスキャンの部分を表示して明示的に、インデックスのシーク </a0> 演算子で隠しの代わりに、」します。

ページの 158: 用語の用語ではなく「大きく表示されます」が使用されて「取得低い」

図 3-49 後ページ 158、段落の 2 番目の文に読み取ります。

「クエリの選択度を大きくにつれてより大きなコストはここで、ルックアップのです。」

読み込みする必要があります。

"クエリの選択度が低い (選択度の低い = 行数を高い割合)、ここで、検索のコストのより大きないます"。

ページ 162:] 削除 UNIQUE し orderdate orderid を置き換えて、3 行目、上端から必要があります。

[162] ページで、上から 3 番目の行読み取ります。

"クラスター化インデックスを UNIQUE CREATE idx_cl_od に dbo.Orders(orderid);"

読み込みする必要があります。

"クラスター化インデックスの CREATE idx_cl_od に dbo.Orders(orderdate);"

ページ 163-166: 記号の非クラスター化インデックス スキャン記号カバー非クラスター化インデックス スキャンと呼ばれます

163] ページで、2 番目と 3 番目の行表 3-16 の最初のセルを読んでください。

順序付けされて"いない非クラスター化インデックスのスキャンの対象

行頭の非クラスター化インデックスのスキャン + 参照を網羅する"

読み取る必要があります。

"(順不同) 非クラスター化インデックス スキャン

順序付けされていない非クラスター化インデックスのスキャン + 参照"

164] ページで、図 3-55 のキーの左側にある 2 番目と 3 番目項目を読んでください。

順序付けされて"いない非クラスター化インデックスのスキャンの対象

行頭の非クラスター化インデックスのスキャン + 参照を網羅する"

読み取る必要があります。

"(順不同) 非クラスター化インデックス スキャン

順序付けされていない非クラスター化インデックスのスキャン + 参照"

164] ページで、2 番目と 3 番目の行表 3-17 の最初のセルを読んでください。

順序付けされて"いない非クラスター化インデックスのスキャンの対象

行頭の非クラスター化インデックスのスキャン + 参照を網羅する"

読み取る必要があります。

"(順不同) 非クラスター化インデックス スキャン

順序付けされていない非クラスター化インデックスのスキャン + 参照"

165] ページで、図 3-56 のキーの左側にある 2 番目と 3 番目項目を読んでください。

順序付けされて"いない非クラスター化インデックスのスキャンの対象

行頭の非クラスター化インデックスのスキャン + 参照を網羅する"

読み取る必要があります。

"(順不同) 非クラスター化インデックス スキャン

順序付けされていない非クラスター化インデックスのスキャン + 参照"

166] ページで、図 3-57 2 番目と 3 番目の列のラベルを読んでください。

順序付けされて"いない非クラスター化インデックスのスキャンの対象

行頭の非クラスター化インデックスのスキャン + 参照を網羅する"

読み取る必要があります。

"(順不同) 非クラスター化インデックス スキャン

順序付けされていない非クラスター化インデックスのスキャン + 参照"

ページ 168:「スキャンの断片化「べきに」ページ密度」

[168] ページで、2 番目の段落の 3 番目の文、誤った参照の断片化をスキャンする」を含みます。

変更:
「論理スキャンの断片化は、良いことはありません、平均スキャンの断片化が 2 つのファセット:」

: を
「論理スキャンの断片化は、良いことはありません、平均ページ密度が 2 つのファセット:」

セッション情報ではなく参照されているページ 173: 顧客情報

[173] ページで、2 番目の段落の 2 番目の文読み取ります。

「理想的には、顧客、別の受注日] の数の数について考えるし必要がありますように。」

読み込みする必要があります。

「理想的には、する必要がありますがについて考えるセッションの開始時刻、セッションの期間というの実際の配布。」

ページ 173: 3-7 テーブル名の一覧は BigSessions セッションではなく

ページ 173、一覧の 3 〜 7 の読み取りのキャプション。

不適切なサンプル データとのセッションを作成する"

読み込みする必要があります。

「不適切なサンプル データと共に BigSessions を作成する」

ページ 187:"yes"必要があります"no"

187] ページで、図 3-66 後の 3 番目の文が間違っている語格納します。

変更:
"別シーク操作でその答えが"はい"場合は、注文がまったく存在かどうかをチェックするインデックスに対して呼び出されます"。

: を
"応答がない、別の場合のシーク操作は、注文がまったく存在かどうかをチェックするインデックスに対して呼び出されます"。

4 番目の段落サブクエリ例命令でページ 192: 修正

[192] ページで、4 番目の段落サブクエリ例指示読み取ります。

"3 回次のコード例を実行: 示されるように、LIKE N’Kollar で 2 回目の 1 回 Don ような N’Davolio の代わりに Don と、LIKE N で 3 回目に % ' D:"

読み込みする必要があります。

"3 回次のコード例を実行: 示されるように、LIKE N’Kollar で 2 回目の 1 回 Don ような N’Davolio の代わりに Don、LIKE N と 3 番目は ' %D と ':"

ページ 203: 変数 b 変数 c の代わりに参照

[203] ページで、ページ上の 3 番目の文読み取ります。

"述語 b は IN(a, b, NULL) したがって返しますは不明、および顧客の c と等しい不明はしないクエリが返す、か、c は、顧客の一覧に表示されない場合でも:"

読み込みする必要があります。

"述語、c は IN(a, b, NULL) したがって返しますは不明、および顧客の c と等しい不明はしないクエリが返す、か、c は、顧客の一覧に表示されない場合でも:"

ページ 203:「EXISTS」は NOT EXISTS

203] ページで、最初の段落の最後の文が、正しくないクエリには含まれます。

変更:
"に NOT IN クエリしますが、クエリに論理的に相当するには (該当する場合) を NOT NULL や、フィルター、サブクエリを NULL 値を除外する場合) に追加の列を宣言:"

: を
"NOT IN クエリを論理的に NOT EXISTS クエリに相当使用して、する (該当する場合) を NOT NULL や、フィルター、サブクエリを NULL 値を除外する場合) に追加の列を宣言:"

ページの 206:「MIN(keycol) + 1」は"MIN(keycol + 1)"

206] ページで、2 番目の段落内の 3 番目の文が正しくない式には含まれます。

変更:
"テーブルに 1 doesn’t 存在しない場合 (つまり、2 番目の EXISTS 述語が常に FALSE を指定)、フィルターは、空のセットと MIN(keycol) の式を生成します + 1、NULL が得られます"。

: を
"テーブルに 1 doesn’t 存在しない場合 (つまり、2 番目の EXISTS 述語が常に FALSE を指定)、フィルターは空のセットを生成し、MIN(keycol + 1) 式は NULL を生成する:"

ページ 272: ランク付けの機能と「再帰クエリ」参照「ピボット」と"UNPIVOT"ではなく

[272] ページで、最初の文のページの下部のメモの読み取り。

「以前のバージョンに、データベースの互換性モードの変更はできない、新しい言語要素 (たとえば、ランク関数、再帰クエリという) を使用しています。」

読み込みする必要があります。

「以前のバージョンに、データベースの互換性モードの変更はできない、新しい言語要素 (たとえば、ピボット、UNPIVOT という) を使用しています。」

ページ 328:"実行する必要がありますが「スライド」

328] ページで、後、ボックスに最初の文が間違った集計には含まれます。

変更:
「、ソリューションの累積集計と集計を実行するソリューションの主な違いは、結合条件で (またはサブクエリを使用して、代替ソリューションの場合、サブクエリのフィルターで) です。」

: を
「、ソリューションの累積集計と集計をスライドのソリューションの主な違いは、結合条件で (またはサブクエリを使用して、代替ソリューションの場合、サブクエリのフィルターで) です。」

ページ 340: 年の数参照になく表 6 〜 16 の年順のタイトル バー

[340] ページで、キャプション、表 6 〜 16 の読み取り。

「ユーザーごとの年の数のカウント」

読み込みする必要があります。

「ユーザーごとの年の注文数」

属性から欠落しているページ 356: 期間

356] ページで、手順 15 の 5 行属性は、期間がありませんを格納します。

変更:
"ネイティブ シリアル化する、StructLayoutAttribute 指定必要があります StructLayout.LayoutKindSequential として、UDA が、クラスでない構造体定義されている場合。"

: を
"ネイティブ シリアル化する、StructLayoutAttribute 指定必要があります StructLayout.LayoutKind.Sequential として、UDA が、クラスでない構造体定義されている場合。"

正しくないページ 360: クエリ

[360] ページで、ページの先頭にクエリが正しくありません。

変更:
SELECT groupid,
CAST(ROUND(EXP(SUM(LOG(ABS(NULLIF(val,0)))))*
(1-SUM(1-SIGN(val))%4)*(1-SUM(1-SQUARE(SIGN(val)))),0) AS INT)
AS product
FROM dbo.Groups
GROUP BY groupid;

To:
SELECT groupid,
CAST(ROUND(EXP(SUM(LOG(ABS(NULLIF(val,0)))))*
(1-SUM(1-SIGN(val))%4)*(1-MAX(1-SQUARE(SIGN(val)))),0) AS INT)
AS product
FROM dbo.Groups
GROUP BY groupid;


2 番目と 3 番目の列表 6 〜 24 のページ 364: 無効なラベル

ページ 364、表 6 〜 24 の列見出し。

"groupid agg_or agg_or_binval"

読み取る必要があります。

"groupid agg_and agg_and_binval"

表 6 〜 25 の 2 番目と 3 列の不適切なラベルをページ 364:

364] ページで、列見出し表 6 〜 25 の読んでください。

"groupid agg_or agg_or_binval"

読み取る必要があります。

"groupid agg_xor agg_xor_binval"

ページ 412:「2147483648」は「-2147483648」

412] ページで、最後の段落に 2 つ目の最初の文が正しくない整数には含まれます。

変更:
「チェックサム整数を返します 2147483648 から 2147483647 の間。」

: を
「チェックサム整数を返します -2147483648 〜 2147483647。」

ページ 431 と 432: #CustsStage ではなく参照 #CustStage

431] ページで、最後の段落の 7 番目および eigth の文を読んでください。

"、UPDATE により 1 回 #CustStage 内の行にします。 UPDATE を訪問するすべての行に @ キー + 1 の値 KeyCol でと格納 @ キーにします。 つまり、訪問すべて新しい行を持つ @ キーが 1 ずつインクリメントされ、KeyCol に格納されています。 基本的に配布する、新しい #CustStage 内の行の間での値のシーケンスのブロック。"

読み取る必要があります。

"、UPDATE により 1 回 #CustsStage 内の行にします。 UPDATE を訪問するすべての行に @ キー + 1 の値 KeyCol でと格納 @ キーにします。 つまり、訪問すべて新しい行を持つ @ キーが 1 ずつインクリメントされ、KeyCol に格納されています。 基本的に配布する、新しい #CustsStage 内の行の間での値のシーケンスのブロック。"

[432] ページで、ページで最初の文読み取ります。

「このコードが以前のバージョンの指示に従って、シーケンス値を 0 にリセットした後に、#CustStage は、7 の"顧客 〜 7 1 から及んで KeyCol 値を持つ。」

読み込みする必要があります。

「このコードが以前のバージョンの指示に従って、シーケンス値を 0 にリセットした後に、#CustsStage は、7 の"顧客 〜 7 1 から及んで KeyCol 値を持つ。」

[432] ページで、2 番目の段落の最初の文読み取ります。

「特殊な T-SQL の UPDATE ステートメント標準でないし、特定の順序で #CustStage 内の行にアクセスすることを保証 doesn’t」します。

読み込みする必要があります。

「特殊な T-SQL の UPDATE ステートメント標準でないし、特定の順序で #CustsStage 内の行にアクセスすることを保証 doesn’t」します。

ページ 434: usp_AsyncSec の参照になく usp_AsyncSeq

[434] ページで、後のメモに 2 番目の文の読み取りをボックスします。

"この、ロールバックの増加から AsyncSeq の表がようにします。 実際には、しないは usp_AsyncSec への呼び出しからのすべての行。"

読み込みする必要があります。

"この、ロールバックの増加から AsyncSeq の表がようにします。 実際には、しないは usp_AsyncSeq への呼び出しからのすべての行。"

コード サンプルでは最初のページ 445: 無効な SET ステートメント

[445] ページで、1 つ目の最後の 2 行コード サンプルの読み取り。

	WHERE C.CustomerID = dbo.Orders.CustomerID);
WHERE C.Country = 'USA';


読み取る必要があります。

	WHERE C.CustomerID = dbo.Orders.CustomerID);
WHERE CustomerID IN
  (SELECT CustomerID FROM dbo.Customers WHERE Country = 'USA');


ページ 445:"多くは「1」

ページ 445 します。 最後の段落の 2 番目の文は正しくない側参照を含みます。

変更:
「一対多結合の「多」側のテーブルを変更するとする可能性があります最終的、非決定的の更新。」

: を
「一対多結合の「1」の側のテーブルを変更するとする可能性があります最終的、非決定的の更新。」

fn_subordinates1 の代わりに参照されるページ 480: fn_subordinates2

ページ 480、9 〜 8 の読み取りをリストする前に最後の文。

「コードを実行、リビジョンの fn_subordinates2 も、レベルの制限をサポートするは、fn_subordinates2 関数を作成するには、9 〜 8 のリストします。」

読み込みする必要があります。

「コードを実行、リビジョンの fn_subordinates1 も、レベルの制限をサポートするは、fn_subordinates2 関数を作成するには、9 〜 8 のリストします。」

ページ 485: < は < =

ページ 485 のコード サンプルでは 12 行目のコメントは、不適切な記号を含みます。

変更:
-- and previous level < @maxlevels

To:
-- and previous level <= @maxlevels

ページ 493:"SubsPath"は"SubsSort"

[496] ページで、[ページのサンプル コードの行 36 が必要"SubsPath"の"SubsSort"に置き換えです。

変更:
-- #SubsPath is a temp table that will hold the final

To:
-- #SubsSort is a temp table that will hold the final

ページ 494: @ べき #

ページ 494 のコード サンプルで最後の INSERT ステートメント上の 4 のコメントが、不正なシンボルには含まれます。

変更:
-- Load the rows from #SubsPath to @SubsSort sorted by the binary

To:
-- Load the rows from #SubsPath to #SubsSort sorted by the binary

ページ 506: アポストロフィ活用が正しくありません。

最後に、2 番目のページ 506、4 番目の文で誤ったページ上の段落前の単語の従業員にアポストロフィを配置します。

変更:
"それ以外の場合は、そのレベルは、親のレベルと 1、し、そのパスが: 親パス + ‘ 従業員 ID + ‘. Don."

: を
"それ以外の場合は、そのレベルは、親のレベルと 1、し、そのパスが: 親パス + 従業員 ID + ‘. Don."

ページ 513: 参照テーブルの 9-35 には詳細

最初の 2 つは [513] ページで、[読み取り] ページの文を完全に。

"、各要求ではこの提供 (表示表 9-35)、出力を続けてサンプル クエリ。 指定したルートを使って、サブツリーを返す:"

読み込みする必要があります。

"、各要求ではこの提供その出力を続けてサンプル クエリ。 表 9-35 を示す出力を生成、指定したルートを持つサブツリーを返す:"

ページ 533:"BOMCTE"は"BOMTC"

[533] ページで、最初の文表 9-50 後に誤った頭字語を含みます。

変更:
「このソリューションを排除、1 つ上のレベルのクエリ、DISTINCT 句を適用して、BOMCTE で見つかった重複端」します。

: を
「このソリューションを排除、1 つ上のレベルのクエリ、DISTINCT 句を適用して、BOMTC で見つかった重複端」します。

ページ 562: 上にあるランプの一覧からランプ 36 欠落しています。

[562] ページで、10 のパズルに対する回答の最初の文読み取ります。

「すべてのランプはオフ以外ランプ番号 1、4、9、16、25、49、64、81、およびが 100,。」

読み込みする必要があります。

「すべてのランプはオフ以外ランプ番号 1、4、9、16、25、36、49、64、81、およびが 100,。」

19 のパズルの解答をページ 567: Corretion

567、ページの ["パズル 19: シーケンス内のパターンを検索"で最後の文、最初の番号順序 - 4 で - が誤って追加されました。

変更:

"ここで、いくつか追加番号順序の先頭部分の: 4, 3、3、5、4、4、3、5、5、4、3、6、6、8、8、7、7、9、8、8、6、9、9、11、10、10、9、11、11, 10、..."

: を

"ここで、いくつか追加番号順序の先頭部分の: 3, 3、5、4、4、3、5、5、4、3、6、6、8、8、7、7、9、8、8、6、9、9、11、10、10、9、11、11, 10、..."

Microsoft Press は、有益で正確な書籍を提供することを約束いたします。 上記のコメントと修正内容はすべて、この書籍の今後の版に含まれることになっています。 この本の新しい版を入手されている場合、上記の修正内容のほとんどまたはすべてが既に含まれている可能性があります。

プロパティ

文書番号: 920141 - 最終更新日: 2007年10月24日 - リビジョン: 1.14
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Inside Microsoft SQL Server 2005: T-SQL Querying, ISBN 0-7356-2313-9
キーワード:?
kbmt KB920141 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:920141
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com