自動更新は、Microsoft Windows Server の更新サービス (WSUS) の自動サービスを送信しません。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 920659
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Microsoft Windows Server の更新プログラムを使用するときに自動更新をクライアントに送信するサービス (WSUS) の自動サービスコンピューターは、クライアント コンピューターの更新プログラムは表示されません。さらに、クライアント コンピューターを WSUS サーバーに報告しません。

このとき、WSUS 管理コンソールは、次のエラー メッセージを記録します。
サーバーの構成を確認してください。1 つまたは複数の更新サービスコンポーネントに接続できませんでした。サーバーの状態を確認してください、Windows Server の更新サービスが実行されています。
実行されていないサービス: 自動
イベント ログに次のイベントを含めることもできます。

イベント ID 506
ソース: Windows サーバーの更新
説明: 自動ツリーではありません。作動しています。クライアントは、最新の WUA クライアント ソフトウェアを更新することではない可能性があります。WSUS サーバーと通信します。

原因

1 つまたは複数、次の場合はこの問題が発生する可能性があります。条件が満たされます。
  • アクセス許可を C:\Program Files\UpdateService\SelfUpdate ディレクトリは失われているか、正しく構成されていない、または iusr _コンピューター名 アカウントが削除されましたユーザー グループからします。
  • WSUS から自動仮想ディレクトリが表示されません。サーバーです。
  • 自動の仮想ディレクトリが構成されていませんポート 80 の既定のサイト。
  • は、自動の仮想ディレクトリの匿名アクセス許可がありません。
  • は、既定の Web サイトが指定した IP アドレスを使用するように構成されてし、がない、127.0.0.1 を入力します。
  • は、既定の Web サイトに匿名のアクセス許可がありません。
  • WSUS サーバーは、Microsoft Windows Sharepoint Services がインストールされているもあります。は、WSUS リソース Sharepoint 管理から除外されていません。
  • は、Selfupdate.msi のインストールは、欠陥があるでした。したがって、ファイルが不足しているからです。~\Selfupdate サブフォルダー。

解決方法

この問題を解決するのには、以下の最小必要があります。C:\Program Files\Update Service\SelfUpdate ディレクトリに対するアクセス許可。
元に戻す全体を表示する
グループアクセス許可
管理者フル コントロール
システムフル コントロール
ドメインのユーザーまたはローカル ユーザー/読む & 実行、読み取り、リスト フォルダー
IUSR _コンピューター名読む & 実行、読み取り、リストフォルダー
メモ IUSR _コンピューター名 サーバーのホスト名を表します。WSUS がインストールされている IIS を実行しています。このアカウントが Users グループのメンバーの場合は、明示的にはありません。これらのアクセス許可を定義します。

自動の仮想ディレクトリが見つからない問題を解決するか、バインドされている Web サイトで自動の仮想ディレクトリが表示されません。ポート 80、プログラムである Selfupdate.msi ファイルを実行します。files\Update services\Setup のフォルダーです。

場所の問題を解決するのには自動の仮想ディレクトリの匿名アクセスの権限を持っていない、開くIIS マネージャーで、既定の Web サイト] を展開し、仮想の自動を右クリックしてくださいディレクトリ、し プロパティ.で、 ディレクトリセキュリティ タブクリックしてください。 編集 下にあります。 認証とアクセスコントロール.匿名アクセスが有効であるかどうかを確認します。

メモ 既定の Web サイトにも、この手順を実行する必要があります。バインドされている Web サイトがある場合は、自動ツリーが動作しない、特定の IP アドレスに IIS の構成にします。回避策のいずれかを設定するのには「すべて未使用」のアドレスに応答するかを追加するのには、IIS の構成自動で使われる IP アドレスの一覧に 127.0.0.1。についてWindows を実行しているコンピューターで実行するのには、WSUS を構成する方法についてSharepoint サービスを参照してくださいにページ 87、 Microsoft Windows サーバー更新サービス運用ガイド.このガイドは、次のマイクロソフト Web サイトにあります。
ドキュメントですか。FamilyID = の e26bcdb4-ef0b-4399-8a71-9b3b00c4f4cd & DisplayLang = en
使用インターネット インフォメーション サービス (IIS) 管理コンソールを確認してください、サーバーは、次の 2 つの構成のいずれかが設定されます。

構成 1: 既定の Web サイトに WSUS をインストールされて

次の設定を使用して、既定の Web サイトを構成します。
  • 自動
  • コンテンツ
  • ClientWebService
  • SimpleAuthWebService
  • WSUSAdmin
  • ReportingWebService
  • DssAuthWebService
  • ServerSyncWebService

構成 2: WSUS がカスタム Web サイトにインストールされています。

次を使用してポート 80 で既定の Web サイトを構成します。設定:
  • 自動
  • ClientWebService
WSUS 管理ポート 8530 は次のように構成します。設定:
  • 自動
  • コンテンツ
  • ClientWebService
  • SimpleAuthWebService
  • WSUSAdmin
  • ReportingWebService
  • DssAuthWebService
  • ServerSyncWebService
選択、構成にかかわらず、設定が必要次の設定を確認します。
  • 自動の仮想ディレクトリで構成する必要があります。既定の Web サイトまたは他の Web 上のポート 80 をリッスンするようにサイトを使用します。
  • 自動仮想ディレクトリが指す C:\ProgramFiles\Update Service\SelfUpdate。
  • WSUSAdmin 仮想ディレクトリは、唯一の仮想です。ディレクトリに統合 windows セキュリティが IIS で認証します。他のすべての仮想ディレクトリのセキュリティを匿名アクセスに設定します。有効にします。

状況

マイクロソフトこれに記載されているマイクロソフト製品の問題であることを確認しています「対象」のセクションで。

詳細

IIS を使用すると、自動ディレクトリに移動することができます、別の Web サイトです。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行,種類 コントロールの admintools、し、をダブルクリックインターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャー.
  2. 展開、 Web サイト フォルダーをしクリックして、 WSUS の管理 ノードです。
  3. 右クリックし、 自動 ノードを指すすべてのタスク]、し 構成を保存します。ファイル.
  4. ファイルの名前を入力し、ファイルを別に保存フォルダーです。このファイルには、手順 9 〜 12 を使用します。
  5. 右クリックし、 ClientWebService ノード、SELECT すべてのタスク]、し 構成を保存します。ファイル.
  6. ファイルの名前を入力し、ファイルに保存手順 4 で使用されるフォルダーです。このファイルには、手順 13 を使用します。[15]。
  7. 既定の Web サイトまたは、別の Web サイトを選択します。ポート 80 で実行しています。
  8. Web サイトを右クリックし、ポイント 新しい,し 仮想ディレクトリ (ファイルから).
  9. 自動保存先ディレクトリを選択し、ClientWebService .xml ファイル 4 と 6 の手順があります。
  10. 選択、 自動 .xml ファイルをしクリックしてください。 ファイルを開く.
  11. クリックしてください。 ファイルの読み取り、自動ファイルをクリックします。今すぐ下に表示されます。 インポートする構成を選択します。、、をクリックして、 [OK].
  12. で、 IIS マネージャー ダイアログ ボックスで、種類の新規仮想ディレクトリの名前、 エイリアス ボックスで、しクリックしてください。 [OK].
  13. 選択、 ClientWebService .xml ファイルは、し ファイルを開く.
  14. クリックしてください。 ファイルの読み取り、自動ファイルをクリックします。今すぐ下に表示されます。 インポートする構成を選択します。、、をクリックして、 [OK].
  15. で、 IIS マネージャー ダイアログ ボックスで、種類の新規仮想ディレクトリの名前、 エイリアス ボックスで、しクリックしてください。 [OK].
  16. 新しい Web サイトの場合は、IIS から Web サイトを開始します。マネージャーです。既存の Web サイトの場合は、Web サイト IIS からを再起動します。マネージャーです。

関連情報

WSUS と IIS の構成を確認する方法の詳細について設定は、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet2.microsoft.com/WindowsServer/en/Library/aae0c0a0-0bc7-46f8-b3ea-bc441a3796b41033.mspx
クライアントのトラブルシューティングを行う方法の詳細についての自己更新します。問題は、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet2.microsoft.com/WindowsServer/en/Library/b23562a8-1a97-45c0-833e-084cd463d0371033.mspx?mfr=true
インストールおよび使用するために IIS を構成する方法についてWSUS では、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet2.microsoft.com/WindowsServer/en/Library/6b2e1035-5b82-45f4-9f51-6cc0ca32fd601033.mspx?mfr=true
のwindows の自動更新の詳細については、次をクリックします。文書番号を使用して「サポート技術情報」資料を参照するには:
294871Windows の自動更新機能の説明

プロパティ

文書番号: 920659 - 最終更新日: 2011年8月4日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbtshoot kbwindowsupdate kbprb kbconfig kbmt KB920659 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:920659
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com