MSDE 2000 SP4 インスタンス、SQL Server 2000 Desktop Engine (Windows) SP4 のインスタンス、または、SQL Server 2000 SP4 のインスタンスを削除した後に、Microsoft Windows Small Business Server 2003 ベースのコンピューターでが発生する可能性の問題

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 920899
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

次のシナリオを検討してください。Microsoft SQL Server 2000 Service Pack 4 (SP4) のインスタンスが Microsoft Windows Small Business Server 2003 ベースのコンピューターでは、削除します。その後、Microsoft SQL Server Desktop Engine (別名 MSDE 2000) のインスタンスと SQL Server Desktop Engine (Windows) のインスタンスをすべて、コンピューターに応答しなくなります。

このシナリオでは、1 つまたは複数、以下の現象が発生する可能性があります。
  • Microsoft Windows SharePoint Services の companyweb Web サイトには接続できません。さらに、Web サイトを開こうとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
    構成データベースに接続できません。
  • アプリケーション ログに、次のようなエラー メッセージもが表示されます。
    イベントの種類: エラー
    イベント ソース: Windows SharePoint Services 2.0
    イベント カテゴリ: なし
    イベント ID: 1000年
    作成日: 2005 年 1 月 11 日
    時刻: 5時 34分: 37 PM
    ユーザー: 該当なし
    コンピューター: サーバー名
    説明: # 50070: STS_Config データベースに接続することができません。サーバー名\SharePoint。データベースの接続情報を確認し、データベース ・ サーバが実行されていることを確認します。
    イベントの種類: エラー
    イベント ソース: Windows Server の更新プログラム
    更新サービス サービスのイベント カテゴリ:
    イベント ID: 421
    作成日: 2005 年 1 月 11 日
    時刻: 5時 34分: 37 PM
    ユーザー: 該当なし
    コンピューター: サーバー名
    説明: データベースへの接続に失敗しました。理由 = SQL Server が存在しないか、アクセスが拒否されました。接続文字列: データ ソース =サーバー名\WSUS;Initial カタログ SUSDB; =接続のタイムアウト = 60 です。アプリケーション名 = WSUS SQL 接続です。Trusted_Connection = Yes です。プール = 'true' です。最大プール サイズ = 100
    イベントの種類: エラー
    イベント ソース: Microsoft Firewall
    分類: ログ
    イベント ID: 7
    作成日: 2005 年 1 月 11 日
    時刻: 5時 34分: 37 PM
    ユーザー: 該当なし
    コンピューター: サーバー名
    Microsoft Firewall は、ADO 接続を開くことができませんでした。MSDE のエラーの説明: 無効な接続文字列属性。[DBNETLIB と][ConnectionOpen (Connect())。]SQL Server が存在しないか、アクセスが拒否されました。このイベントの詳細については、ISA Server のヘルプを参照してください。
  • Windows 小規模ビジネス Server 2003 の監視とレポート作成] MMC スナップインが正常に機能しません。レポートには、必要な情報がありません。
  • Windows 小規模ビジネス Server 2003 R2 で Microsoft Windows Server の更新サービス (WSUS) をインストールした場合、更新プログラムの機能は機能しなくなります。
  • Microsoft インターネット セキュリティとアクセラレータ (ISA) Server 2004 をインストールする場合は、クライアント コンピューター、インターネットやサーバー リソースにアクセスできない場合があります。これには、着信と発信の両方の接続が含まれます。
  • ボリューム シャドウ コピー サービス (シャドウ コピー) のコピーが失敗します。
  • バックアップで、NTBACKUP プログラムを使用して警告を含めることができます。システム状態のバックアップが動作しません。
  • は、 VSSADMIN リスト ライター コマンドを完了する時間がかかることがあります。
  • データベースのバックアップを終了、Microsoft 小規模ビジネス会計など、SQL サーバーを使用する他のプログラムは動作を停止可能性があります。
さらに、次のシナリオを検討してください。Windows 小規模ビジネス サーバー 2003 R2 を実行しているコンピューターで 1 つまたは複数、次のタスクを実行します。
  • SQL Server Desktop Engine (Windows) SP4 および MSDE 2000 SP4 のインスタンスをすべて削除します。
  • SQL Server 2000 SP4 をインストールし、SQL Server 2000 SP4 を削除します。
このシナリオでは、WSUS または Windows の Small Business Server 2003 ベースのコンピューターでは、Windows Small ビジネス サーバー 2003 Update サービスを開くときに開くしようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
Msxmlsql.dll の読み込みに失敗しました
また、小規模なビジネス サーバーの監視とレポート作成] スナップインを開くには失敗し、次のイベントが記録されることがあります。
イベントの種類: エラー
イベント ソース: ServerStatusReports
イベント カテゴリ: なし
イベント ID: 1
日付: 2006 年 9 月 30 日
時刻: 4時 05分: 15 午後
ユーザー: 該当なし
コンピューター: サーバー名
説明: サーバー ステータス レポート: URL: http://localhost/monitoring/perf.aspx?reportMode=0
エラー メッセージ: msxmlsql.dll の読み込みに失敗しました。
スタック トレース: マイクロで
この問題を解決する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
918767SQL Server 2000年や MSDE 2000 SQL Server 2000 Desktop Engine (Windows) のインスタンスを削除するとプログラムが失敗する可能性があります。

原因

  • SQL Server 2000 SP4 のインスタンスを削除すると、「が構成データベースに接続できません」のエラー メッセージが表示されます。この例では、共有メモリ ・ プロトコル ・ オプションが無効です。
  • 通常、「msxmlsql.dll の読み込みに失敗しました"エラー メッセージ場合に発生または、次の条件の両方に当てはまります。
    • Microsoft SQL Server Desktop Engine (Windows) SP4 および MSDE 2000 SP4 のインスタンスをすべて削除します。
    • SQL Server 2000 SP4 のインスタンスを削除します。
    この例では、Msxmlsql.dll ファイルをコンピューターから削除できます。ただし、他の SQL プログラムは、このファイルを必要があります。このエラー メッセージが表示されたら、Msxmlsql.dll と Msxmlsql.rll ファイルを復元する必要があります。 これを行う方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
    918767SQL Server 2000年や MSDE 2000 SQL Server 2000 Desktop Engine (Windows) のインスタンスを削除するとプログラムが失敗する可能性があります。

回避策

Windows の Small Business Server 2003 ベースのコンピューター上のインスタンスの SQL Server Desktop Engine (Windows) または MSDE 2000 のインスタンスに接続できない場合は、共有メモリ プロトコル オプションを有効にしなければなりません。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ cliconfg、し [OK].
  2. で、 クライアント ネットワーク ユーティリティ ダイアログ ボックスで、有効にする] をクリック、 共有メモリ プロトコルを有効にします。 チェック ボックスをオンにしをクリックしてください [OK].
  3. コンピューターを再起動します。

状況

マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

SQL Server 2000年や MSDE 2000 SQL Server 2000 Desktop Engine (Windows) を削除する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
918767SQL Server 2000年や MSDE 2000 SQL Server 2000 Desktop Engine (Windows) のインスタンスを削除するとプログラムが失敗する可能性があります。

プロパティ

文書番号: 920899 - 最終更新日: 2011年8月4日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbtshoot kbprb kbmt KB920899 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:920899
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com