SQL Server 2005 Analysis Services を使用する Project Server 2003 の展開で OLAP キューブを作成しようとすると、エラー メッセージ:「に接続できませんでした指定された OLAP サーバー」

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 921116 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

以下のシナリオを考えます。 シングルサーバー配置、サーバー ファームの配置、または Microsoft Project Server 2003 の 3 層構成があります。 シングルサーバー配置、サーバー ファームの配置、または Microsoft SQL Server 2005 Analysis Services を使用する Project Server 2003 の 3 層構成を構成します。 Microsoft Office Project Web Access 2003 にログオンし、オンライン分析処理 (OLAP) キューブを作成しようとしてとします。 ただし、この操作は正常に完了しません。 または、次のエラー メッセージのようなエラー メッセージが表示されます。
指定した OLAP サーバーに接続できませんでした。
メモ Project Server 2003 の 3 層構成は SQL Server 2005 Analysis Services をリモートで使用してください。

解決方法

この問題は、当初、修正プログラムで修正されましたが、その修正内容は現在 Service Pack に含まれています。 インストールした場合、最新版の Project Server 2003 Service Pack は、修正プログラムをインストールするがありません。

Service Pack 情報

この問題は Project Server 2003 Service Pack 3 で修正します。 この問題を解決するためには Project Server 2003 の最新のサービス パックの入手します。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
873458Project Server 2003 Service Pack の入手方法

修正プログラムについて

修正プログラムの入手方法

この問題は修正プログラム パッケージ (2006 年 6 月 16 日) を Project Server 2003 post-Service パック 2a で修正です。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
921115Project Server 2003 post-Service パック 2a 修正プログラム パッケージの説明: 2006 年 6 月 16 日
重要です 修正プログラムを適用した後次の手順に従います。 SQL Server 2005 Analysis Services を使用する Project Server 2003 の展開で、OLAP を正常にビルドできます前の次手順を実行するしてする必要がありますください。
  1. SQL Server 2005 Analysis Services を実行しているコンピューターで以下の手順を実行します。
    1. Microsoft SQL Server 2005 Service Pack 1 (SP1) または後で Service Pack をインストールします。 SQL Server 2005 の最新の Service Pack の入手方法の詳細についてはをクリックして以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
      913089SQL Server 2005 の最新の Service Pack の入手方法
    2. 分析サーバー上でサーバーの役割のメンバーを確認します。 Analysis Services のインスタンス用のサーバーの役割にメンバーを追加、次の手順に従います。
      メモ SQL Server 2005 Analysis Services のインスタンスでサーバー ロールのメンバーは、すべての Analysis Services オブジェクトとそのインスタンス内のデータにアクセスも無制限できます。 Analysis Services サーバー ロールのメンバーを追加の Microsoft Windows ユーザーとグループ、Analysis Services サーバーの役割します。
      1. SQL Server の管理 Studio で Analysis Services のインスタンスに接続、インスタンス名、オブジェクト エクスプローラーで右クリックして [ プロパティ ] をクリックします。
      2. ページの選択 ウィンドウの [ セキュリティ ] をクリックして、[Windows ユーザーまたはグループの 1 つまたは複数、サーバーの役割に追加する 追加 ] をクリックします。
  2. 自分の状況に応じて、次の方法] のいずれかを使用します。
    • 場合は、Project Server 2003 のシングルサーバー配置する Project Server 2003 を SQL Server 2005 があり、SQL Server 2005 Analysis Services は 1 つコンピューターにインストールされて、手順 3 に進みます。 手順 2 で、プロシージャを実行する必要はありません。
    • Project Server 2003 のサーバー ファーム配置を持っている場合次の手順を実行します。
      1. Internet Explorer を起動し、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
        http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=df0ba5aa-b4bd-4705-aa0a-b477ba72a9cb&DisplayLang=en
      2. コンピューターまたは Project Server ビュー通知サービス実行しているコンピューターをダウンロードして、次のプログラムをインストールします。

        メモ 記載されている順序でこれらのプログラムをインストールします。
        • Microsoft .NET Framework 2. 0

          メモ インストールされていないコンピューターの場合にのみは、.NET Framework 2. 0 をインストールします。
        • マイクロソフトのコア XML サービス (MSXML) 6. 0
        • Microsoft SQL Server のネイティブ クライアント
        • Microsoft SQL Server 2005 の管理オブジェクトのコレクション
        • Microsoft SQL Server 2005 の旧バージョンと互換性のコンポーネント

          メモ SQL Server 2005 旧バージョンとの互換性コンポーネントをインストールするときにのみ意思決定支援オブジェクト (DSO) をインストールする必要。 他のコンポーネントをインストールする Do 必要はありません。
        • Microsoft SQL Server 2005 Analysis Services 9. 0 OLE DB プロバイダー
  3. SQL Server 2005 Analysis Services を実行しているコンピューターで以下の手順を実行します。
    メモ これには SQL Server 2005 Analysis Services で 3 層構成をリモートで実行されているが含まれます。
    1. 次のフォルダーに DSO9 というサブフォルダーを作成します。
      Files\Microsoft SQL Server\Mssql: Number \OLAP
      メモ Mssql: Number は、SQL Server 2005 Analysis Services ファイルが格納されるフォルダーです。
    2. SQL Server 2005 Analysis Services を実行しているコンピューターに DSO9 フォルダーに、完全にパッチが適用された SQL Server 2000 Analysis Services を実行はするコンピューターからの Msmdrep.mdb ファイルをコピーします。
    3. DSO9、フォルダーを共有して MSOLAPRepository $ 共有フォルダーの共有名として指定します。
    4. "読み取り"アクセス許可および共有フォルダーに対する書き込みアクセス権を割り当てます。 これは、ローカル管理者グループのまたは Project Server 2003 が Analysis Services 処理への接続に使用するアカウントの。

      Analysis Services を Project Server 2003 からアクセスするアカウントは、Analysis Services のインスタンスの適切なアクセス許可を付与しては必要があります。
    5. Msmdsrv.ini、ファイルを開きし <dso> タグの内容、次のコードに置き換えます。
      <DSO>
      <RemoteRepositoryConnectionString>Provider=Microsoft.Jet.OLEDB.4.0;Data Source=\\ComputerName\MSOLAPRepository$\msmdrep.mdb;Persist Security Info=False</RemoteRepositoryConnectionString>
      <RepositoryConnectionString>Provider=Microsoft.Jet.OLEDB.4.0;Data Source=C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL.Number\OLAP\DSO9\msmdrep.mdb;Persist Security Info=False</RepositoryConnectionString>
      <RemoteLocksDirectory>\\ComputerName\MSOLAPRepository$</RemoteLocksDirectory>
      <LocksDirectory>C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL.Number\OLAP\DSO9</LocksDirectory>
      </DSO>
      
      メモ Msmdsrv.ini ファイルは、Path の \Config フォルダーにあります。 SQL Server 2005 Analysis Services を実行しているコンピューターの名前でのコードで ComputerName を ことを確認します。

      初めて Msmdsrv.ini ファイルを保存する SQL Server 2005 Analysis Services は「その」については、暗号化します。 この現象が起きた後する情報を読み込めません、ファイルをもう一度開くとします。 したがって、必要がありますコピーしておく、コードのしなければならなくになったときに備えて、今後。
    6. 停止し、SQL Server 2005 Analysis Services サービスを再開します。
  4. Project Web Access 2003 にログオンし、OLAP キューブを作成します。 OLAP キューブを作成する際は、 リソース テーブルの更新と OLAP キューブ ] ページで SQL Server 2005 Analysis Services を実行しているコンピューターを指定します。

状況

マイクロソフトとして認識していますこの問題を記載されているいるマイクロソフト製品の問題。

この問題は、まず Project Server 2003 Service Pack 3 で修正されました。

詳細

Project Server 2003 のデータベース サーバーとして SQL Server 2005 を使用するときに発生する問題についてについては、記事の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示する次の資料番号をクリックしてします。
917401Project Server 2003 のセットアップ プログラムを実行するときに、エラー メッセージ:"エラー 25624。 SQL 文字列の実行に失敗しました"「のインストール終了処理の途中で」と
923803Project Web Access も正しく表示されません Project Server 2003 のユーザー設定フィールドのタイトル、SQL Server 2005 を実行しているサーバー上で Project Server 2003 を実行します。
SQL Server 2005 Analysis Services の DSO オブジェクトを設定する方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms403364.aspx
SQL Server 2005 Service Pack 1 に関するについては、記事の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示する次の資料番号をクリックします。
916940新機能と SQL Server 2005 Service Pack 1 に含まれる機能強化の一覧
913090SQL Server 2005 Service Pack 1 で修正されたバグの一覧

プロパティ

文書番号: 921116 - 最終更新日: 2007年10月4日 - リビジョン: 8.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Project Server 2003
  • Microsoft SQL Server 2005 Analysis Services
キーワード:?
kberrmsg kbbug kbfix kbqfe kbconfig kbpubtypekc kbhotfixserver kbprojectserver2003sp3fix kbprojectserver2003presp3fix kbmt KB921116 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:921116
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com