Microsoft Dynamics CRM 3. 0 内の別のユーザー 1 人のユーザーからのレコードを再割り当てするときのタイムアウトやパフォーマンスの低下に発生します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 921235 - 対象製品
この資料に記載されている修正プログラムは体字中国語版の Microsoft Dynamics CRM または日本語版の Microsoft Dynamics CRM を使用できません。
重要です この資料では、レジストリを変更する方法について説明します。 変更する前にレジストリをバックアップすることを確認します。 問題が発生した場合はレジストリを復元する方法を知っているを確認します。 バックアップ、復元、およびレジストリを変更する方法の詳細についてはをクリックして以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
256986Description of the Microsoft Windows Registry JP256986 Microsoft Windows レジストリの説明
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft Dynamics CRM 3. 0 内の別のユーザー 1 人のユーザーからのレコードを再割り当てすると次の問題の 1 つ発生します。
  • タイムアウトが発生します。
  • パフォーマンスの低下が発生します。 レコードが再割り当てされていると、Microsoft Dynamics CRM は、Microsoft Dynamics CRM フォームを開く時間がかかります。
さらに場合 Microsoft SQL Server を実行しているコンピューターでシステム モニターを使用すると、パフォーマンス カウンターは、表示する、再割り当てプロセス原因高い CPU 使用率と多くの SQL Server ロック。

この問題は別のユーザーに 1 人のユーザーから複数のレコードを再割り当てする場合に発生します。 たとえば、 一括の再割り当て 機能を使用して、レコードを割り当てる場合にこの問題が発生する可能性があります。

解決方法

サポートされている修正プログラムが Microsoft から提供されています。 ただし、ことを目的としたこの修正プログラムものですこの資料に記載されている問題のみを修正します。 この修正プログラムのみシステムに適用この特定の問題が発生しています。

修正プログラムをダウンロードできる場合はこの資料の先頭に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。 このセクションは表示されない場合、修正プログラムを入手するにはマイクロソフト カスタマーサービス & サポート要求を送信します。

メモ 追加問題が発生する場合は、個別のサービス要求を作成した任意のトラブルシューティングが必要な場合。 通常のサポート料金が追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題について適用されます。 一覧については、完了マイクロソフト カスタマーサービス & サポートの電話番号のまたは個別のサービス要求を作成する、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームには、修正プログラムが利用する言語が表示されます。 お使いの言語が表示されない場合、修正プログラムがその言語に対応しないのでは。

ファイル情報

英語版のこの修正プログラムにファイルの属性 (またはそれ以降のファイル属性) 次の表は、されている可能性もします。 日付およびこれらのファイルの時間で世界協定時刻 (UTC) と記載します。 各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。 UTC と現地時刻の差を検索するには、コントロール パネルの [ 日付と時刻 タイム ゾーン タブを使用します。

Microsoft Dynamics CRM 3. 0 サーバー

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間
Crmmsg.dll1.2.3297.12316,0882006 年月 26 日10: 18
Mscrmcustom.dll3.0.5300.1283171,8242006 年 9 月 7 日10: 26
Mscrmfastreassign.exe3.0.5300.129372,5042006 年 9 月 20 日06: 18
Crmhotfix.cdf該当なし9852006 年 9 月 20 日06: 23
Mscrmcustom.dll3.0.5300.1283171,8242006 年 9 月 7 日10: 26

Microsoft Dynamics CRM 3. 0 サービス プロバイダーのプロフェッショナル エディション

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間ハッシュプラットフォーム
Mscrmfastreassign.exe3.0.5300.129372,5042006 年 9 月 20 日06: 18 MD5: b70a57f722f4fc45652597b40d3b5590
SHA1: 234DBAB6F0BF65E7EA55BD271A38A9BE0CA8B1B2
x86

インストール情報

コンピューターに、Microsoft Dynamics CRM 3. 0 サーバーを実行しているこの修正プログラムをインストールします。

警告 深刻な問題が変更した場合、レジストリが誤ってをレジストリ エディターを使用するかをもう 1 つの方法を使用が発生します。 これらの問題のオペレーティング システムの再インストールすることが必要に可能性があります。 Microsoft できません、これらの問題責任を負わないこととします。 ユーザー自身の責任においてレジストリを変更します。

メモ 既定の値が小さい、いる場合、OleDbTimeout 値や ExtendedTimeout 値を作成または変更します。 次に、MSCRMFastReassign.exe ツールはすべてのレコードを処理できます。 これを行うには、次の手順に従います。

作成または OleDbTimeout の値を変更します。

  1. レジストリ エディタで、次のレジストリ サブキーに移動して、キーをクリックします:
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\MSCRM
  2. OleDbTimeout 値をダブルクリックします。

    メモ OleDbTimeout の値が存在しない場合、は、OleDbTimeout 値を作成します。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. MSCRM を右クリックして 新規作成 ] をポイントして [ DWORD 値 ] をクリックします。
    2. OleDbTimeout
  3. DWORD 値の編集 ] ダイアログ [ 10 進 ] をクリックし、[ 値のデータ ] フィールドで、 600 を入力して [ OK] をクリックします。

    メモ 600 の値は 600 秒を表します。 既定では、値は 30 秒です。

作成または ExtendedTimeout の値を変更します。

  1. レジストリ エディタで、次のレジストリ サブキーに移動して、キーをクリックします:
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\MSCRM
  2. ExtendedTimeout 値をダブルクリックします。

    メモ ExtendedTimeout の値が存在しない場合、は、ExtendedTimeout 値を作成します。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. MSCRM を右クリックして 新規作成 ] をポイントして [ DWORD 値 ] をクリックします。
    2. ExtendedTimeout
  3. DWORD 値の編集 ] ダイアログ [ 10 進 ] をクリックし、[ 値のデータ ] フィールドで、 5400000 を入力して [ OK] をクリックします。

    メモ 5400000 の値は 5,400 秒を表します。 既定では、値は 900 秒です。
この修正プログラムをインストールするには、次の手順を実行します:
  1. MSCRMFastReassign.exe ファイルを次のフォルダーに移動します。
    Files\Microsoft CRM\Tools
  2. Microsoft Dynamics CRM サーバーに、管理者の役割を持つユーザーとしてログオンします。
  3. MSCRMFastReassign.exe ファイルを実行します。
  4. 会計主体の再割り当てツール ] ダイアログ ボックスには、レコードを再割り当てする [ 現在のユーザー ] ボックスの一覧ユーザーを選択します。
  5. 新しいユーザー ] で、レコードを再割り当てするユーザーを選択します。
  6. 再割り当て ] をクリックします。

    メモ この操作をする、元に戻すことはできません。
再割り当て処理を完了すると後の次メッセージが表示されます。
新しいユーザーにすべてのエンティティが正常に再割り当ています。
以前のユーザー: User1
新しいユーザー: User 2
メモ
  • User1 のプレースホルダーは、 現在のユーザー 一覧で選択したユーザーの実際を表します。
  • User2 プレースホルダーは、 新しいユーザー 一覧で選択したユーザーの実際を表します。
  • ツールは 90 分をかかる場合があります以上 900,000 レコードや Microsoft Dynamics CRM Server と使用されている Microsoft SQL Server のパフォーマンスに応じて、複数のレコードを再割り当てします。
  • ユーザーがレコードの数を決定をするには、クエリを SQL クエリ アナライザーまたは SQL Server の管理 Studio では、Microsoft Dynamics CRM データベースに対して実行する必要があります。 レコードが表示されますが依存するレコードに、ユーザーへのアクセスがまたはして可視性を持つため、クエリを Microsoft Dynamics CRM 管理者として実行する必要があります。 他のエンティティに対してユーザーが所有するレコードが表示する場合は、 Filtered_EntityName FilteredContact を変更します。 EntityName は FilteredAccount など、他のエンティティの名前です。 このクエリはどのくらいかかりますレコードを 1 つの Microsoft Dynamics CRM ユーザーから別の Microsoft Dynamics CRM ユーザーに割り当てるには、MSCRMFastReassign.exe ツールを見積もります。 このツールを実行する時間の正確な見積もりが必要な場合このツールを類似したハードウェア上の Microsoft Dynamics CRM の運用データベースのコピーを含むテスト展開で実行する必要があります。 ユーザーがレコードの数を決定をするには、次のクエリーでは、データベースに対して実行 Microsoft Dynamics CRM や SQL Server の管理 Studio、SQL クエリ アナライザーで、Microsoft Dynamics CRM 管理者:
    SELECT OwnerIdName, count(*) as 'RecordCount'
    FROM FilteredContact
    GROUP BY OwnerIdName
    ORDER BY 'RecordCount'
    

前提条件

前提条件は必要ありませんこの修正プログラムを適用します。

再起動の要件

ダイアログ ボックスが表示されたら後、再起動、修正プログラムをインストールします。

アンインストール情報

Microsoft Windows Server 2003、Microsoft Windows XP または Windows 2000 を実行しては、コンピューターからこの修正プログラムを削除をするには プログラムの追加と削除 をコントロール パネルの [使用します。

システム管理者は Spuninst.exe ツールを使用してこの修正プログラムは、Microsoft Windows Server 2003、Microsoft Windows XP または Windows 2000 を実行しているコンピューターから削除をことができます。

Spuninst.exe ツールは、%Windir%\$NTUninstallKB921235$\Spuninst フォルダーにあります。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
832475Windows ソフトウェア更新プログラムのパッケージ インストーラに含まれる新機能について

詳細

CRM 3. 0 のパフォーマンスのチューニングについてには、次のリンク「の最適化、パフォーマンスの Microsoft Dynamics CRM 3. 0 ホワイト ペーパー」ホワイト ペーパーを表示するをクリックします。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=6b32e0b3-5520-48a7-b3cd-d8477d084821&DisplayLang=en
マイクロソフトのソフトウェアの更新に使用される用語についてについては、記事の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示する次の資料番号をクリックします。
824684マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明
887283Microsoft ビジネス ソリューションの CRM ソフトウェアの修正プログラムおよび更新プログラム パッケージの名前付け規則

プロパティ

文書番号: 921235 - 最終更新日: 2007年7月6日 - リビジョン: 3.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft CRM 3.0
  • Microsoft Dynamics CRM 3.0 Professional Edition for Service Providers
キーワード:?
kbqfe kbmbsmigrate kbhotfixserver kbmbsadministration kbautohotfix kbmt KB921235 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:921235
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com