Web アプリケーションのパフォーマンスが低下する可能性があります。、および IIS 5.0 が Web ファームには、実行中の Web サーバーを使用して、ネットワーク負荷分散を追加した後、ネットワーク帯域幅が増えることがあります。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 922733
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

次のシナリオを検討してください。使用している Web ファームに Web サーバーを追加します。ネットワークの負荷を分散します。クライアントの Web ブラウザーWeb ファーム内の Web サーバーに要求を送信します。この Web サーバー Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS) 5.0 を実行しています。このシナリオでは、Web アプリケーションのパフォーマンスが低下する可能性があります、およびネットワーク帯域幅が増えることがあります。

荷重の背後にある Web ファームでの Web サーバーが構成されている場合、この問題が発生します。分散メカニズム。Microsoft ネットワーク負荷分散とはサード ・ パーティ製のネットワーク ロード バランサーは、負荷の例分散メカニズム。

この問題は、要求がある場合はさらに悪いことになる可能性があります。要求は、Web に到達する前にブラウザーがプロキシ サーバーを経由に送信される Web クライアントによって送信されます。IIS 5.0 を実行しているサーバーです。

原因

HTTP 要求の情報送信は、クライアントが Web ブラウザーに ETag 値が含まれています。ETag の値要求の ETag 値を一致しないためこの問題が発生します。IIS 5.0 を実行している Web サーバー上で要求されたリソース。まず、要求はプロキシ サーバーを経由に送信されると、この問題発生します。要求の ETag 値が、要求されたリソースの ETag 値と一致しません、プロキシ サーバーのローカル キャッシュにします。

要求の ETag 値は、要求されたリソースの ETag 値を一致しない場合は、IIS 5.0 の新しいバージョンを送信する必要が要求されたリソースがクライアントの Web ブラウザーにします。IIS 5.0 は、要求されたリソースがローカル キャッシュ プロキシ サーバーまたはクライアントの Web ブラウザーのローカル キャッシュから送信する代わりにこれを行います。要求されたリソースがローカル キャッシュから送信される場合は、結果に表示されます。ユーザーを Web サーバーから要求されたリソースが送信される場合よりも高速です。IIS 5.0 を実行しています。

このパフォーマンスの問題は次の項目によって異なりますがかかります。
  • は、使用して、Web ファーム内の Web サーバーの数ネットワーク負荷分散
  • どのように要求されたコンテンツの多くは、クライアントのローカル キャッシュに既に存在していますWeb ブラウザー

解決方法

この問題を解決するのには、ETag の値は、すべての Web サーバー上の同期します。IIS 5.0 Web ファームで実行します。これを行うには、Mdutil.exe ツールを取得. します。ETag の値は、Web サーバーから。その後、ETag の値を同じに設定、他の Web サーバー。

既定では、Mdutil.exe ツールは Microsoft Windows と共にインストールされています。2000、Mdutil.exe ツールは、Windows 2000 CD-ROM にある、I386 フォルダーです。Mdutil.ex_ ファイルと呼ばれます。前に、Mdutil.ex_ ファイルを展開する必要があります。Mdutil.exe ツールを使用することができます。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. Windows 2000 CD を含む CD ドライブの参照します。I386 フォルダーです。
  2. Expand.exe ファイル、Mdutil.ex_ ファイルを見つけます。
  3. クリックしてください。 開始をクリックして 実行,種類 cmd、し [OK].
  4. コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    Expand.exe R Mdutil.ex_ が正しくありません:c:\出力
    このコマンドは、Mdutil.ex_ ファイルの圧縮コピーを拡張します。Mdutil.exe ファイルを C:\出力フォルダーです。

    メモ このコマンドで、 出力 Mdutil.exe ファイルをコピーするフォルダーの名前のプレース ホルダーです。
1 つの Web サーバーから、ETag の値を取得し、その他のすべての Web サーバーで同一の ETag 値を設定するのには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行,種類 cmd、し [OK].
  2. コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    cd出力
  3. いずれかの Web サーバーのコマンド プロンプトで、入力、次のコマンドをし、ENTER キーを押します。
    Mdutil.exe は、w3svc を取得-2039年プロパティ
    このコマンドは、Web サーバーから、ETag の値を取得します。
  4. 他のすべての Web サーバーのコマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    Mdutil.exe は、w3svc を設定-2039年 ?value プロペラ」entitytagvalue"
    メモ このコマンドで、 entitytagvalue プレース ホルダーは、ETag の値は、手順 3 で取得しました。

    このコマンドの他のすべての Web サーバーで同じ ETag の値を設定します。
  5. IIS 5.0 Web ファームで実行されているすべての Web サーバーで、iis を再起動します。
メモ Mdutil.exe ツールがサポートされているツールではありませんし、記載されていません。Ifヘルプを参照する、Mdutil.exe ツールを使用すると、入力 mdutil.exe at コマンドメッセージを表示します。

状況

マイクロソフトこれに記載されているマイクロソフト製品の問題であることを確認しています「対象」のセクションで。

詳細

エンティティ タグ (ETag 値) を 2 つ以上のエンティティを比較するために使用します。同じリソースを要求します。ETag 値を 2 つの部分、ファイルのタイムスタンプが変更の番号。ETag 値は、次の形式で表示されます。
filetimestamp:changenumber
Microsoft Internet Explorer で HTTP GET を送信するとWeb サーバーに HTTP GET 要求します。要求には ETag がする場合なし-一致ヘッダーが含まれています。以下のような可能性があります値です。
HTTP: If-None-Match ="0222d5bffcbc41:301a"
IIS 5.0 は、ETag 値をわずかに異なる場合がありますは HTTP 200 OK 応答を送信します。この ETag 値は、次のようになります。
HTTP: ETag ="0222d5bffcbc41:3246"
ファイルのタイムスタンプが同じで、要求されると応答します。したがって、IIS 5.0 を実行している Web サーバーが、要求されたリソースの現在の値として評価されます。ただし、変更番号が異なります。したがって、IIS 5.0 を実行している Web サーバーを現在を送信します。Internet Explorer が自身を送信するように指示するのではなく、ファイルのバージョンファイルのコピーをキャッシュします。IIS 5.0 は HTTP 200 OK 応答を送信するためにこの現象発生していません304 変更応答します。

プロキシ サーバーは、同じ動作します方法です。プロキシ サーバーは、変更番号が異なっていることを認識します。さらに、プロキシ サーバーを評価します。プロキシ サーバーは、ローカルのいないリソースとして要求キャッシュします。

関連情報

詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
922703、Internet Explorer 6 を使用しようとすると Web パフォーマンスが低下が発生する可能性があります。インターネット インフォメーション サービス 6.0 でホストされている Web アプリケーションへのアクセスします。

プロパティ

文書番号: 922733 - 最終更新日: 2011年8月8日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbtshoot kbprb kbexpertiseinter kbmt KB922733 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:922733
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com