カウンターの監視とログのパフォーマンスの問題のトラブルシューティングを行う方法では。NET Framework 2.0

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 922775
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、共通言語ランタイム (CLR) のパフォーマンス カウンターを使用する方法と、Microsoft では、パフォーマンス カウンターを使用する場合に発生する既知の問題を解決する方法について説明します。NET Framework 2.0。リモート コンピューター上のパフォーマンス カウンターを監視するには、リモート コンピューターの管理者する必要でなければなりません。リモート コンピューターで Microsoft Windows Server 2003 が実行されている場合は、パフォーマンス ログのユーザー (PLU) のグループまたはパフォーマンス モニター ユーザー (pmu に)] を指定します。CLR のパフォーマンス カウンターをログに記録するには、管理者のアクセス許可を持つユーザーとして実行するユーザーを構成します。この資料では、監視または CLR のパフォーマンス カウンターをリモート コンピューターにログオンに関連する問題について説明します。

はじめに

CLR マネージ コードと、次のようにサービスを提供します。
  • 言語間の統合
  • コード アクセス セキュリティ
  • オブジェクトの有効期間の管理
  • リソース管理
  • タイプ セーフ
  • プリエンプティブなスレッド処理
  • メタデータ サービス (型リフレクション)
  • デバッグとプロファイリングのサポート
CLR は、アプリケーションの機能を追跡するために使用できるパフォーマンス カウンターがあります。パフォーマンス モニター (Perfmon) を使用するとカスタム パフォーマンス カウンターを作成できます。パフォーマンス カウンターが返す値を確認することによって、システムのパフォーマンスを監視できます。

詳細

CLR のパフォーマンス カウンターを使用すると、次の既知の問題が発生することが、します。NET Framework 2.0。

CLR のパフォーマンス カウンターをリモートで監視することはできません。

CLR のパフォーマンス カウンターをパフォーマンス モニターをリモート コンピューターを監視するときに、次のようなエラー メッセージが表示されます。
コンピューターに接続することができません。
この問題を解決するには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1: リモート レジストリ サービスがリモート コンピューターで実行されていることを確認してください。

この問題が発生すると、リモート レジストリ サービスがリモート コンピューターで実行されていることを確認してください。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ cmd、し [OK].
  2. コマンド プロンプトで tasklist サービス、し、ENTER キーを押します。

    Svchost.exe のホスト プロセスで実行されていることを確認しました RemoteRegistry で、 サービス 列です。サービスが実行されていない場合は、手順 3 に進みます。
  3. コマンド プロンプトで net start RemoteRegistry、し、ENTER キーを押します。

方法 2: は、必要なアクセス許可があることを確認してください。

CLR では、リモート コンピューター上のパフォーマンス カウンターを監視するには、次の条件を満たす必要があります。
  • リモート コンピューターの Administrators グループのメンバーがあります。
  • リモート コンピューターが Windows Server 2003 を実行している場合は、パフォーマンス カウンターを監視するパフォーマンス モニターのユーザー グループのメンバーがあります。
  • リモート コンピューターが Windows Server 2003 を実行している場合は、Performance Log Users グループのメンバーは、パフォーマンス カウンターをログに記録することがあります。また、使用する必要があります、 ユーザーとして実行します。 Administrators グループまたは Performance Log Users グループの下で、ログ プロセスを構成するには、[コマンド] をクリックします。

リモート コンピューターに接続することができる場合でも、CLR のパフォーマンス カウンターを表示できません。

Microsoft Windows Server 2003 ベースのリモート コンピューターが実行している場合。NET Framework 1.1 Service Pack 1 (SP1) では、以下のサポート技術情報資料に記載されている修正プログラムを適用します。
924421 FIX アプリケーションのパフォーマンスが低下またはコンピューターで実行すると応答を停止します。NET Framework 1.1 Service Pack 1 ベースのアプリケーションは、Windows 2003 ベースのコンピューター

CLR のパフォーマンス カウンターのログを開始しようとすると、"ACCESS_DENIED"のエラー メッセージが表示されます。

CLR のパフォーマンス カウンターのログを開始しようとすると、次のようなエラー メッセージを受け取ることがあります。
エラー コード 5 (されました)
Shim データベース バージョンのレジストリ キーで開けませんでした v2.0.50727.00000。ファイルを開く手順については、サービス"。NETFramework"DLL"D:\WINNT\system32\mscoree.dll"に失敗しました。このサービスのパフォーマンス データは利用できません。戻された状態コードは、データの最初の DWORD です。5 (ACCESS_DENIED) ステータス コードになります
この問題は、CLR のパフォーマンス カウンター (Corperfmonext.dll) の DLL をロードするのには、最初のプロセスのプロセス間通信 (IPC) の通信に名前付きイベントが作成されるために発生します。アクセス許可のプロセスのユーザ ID を使用して名前付きイベントが作成されます。

たとえば、管理者のアクセス許可を持つユーザー パフォーマンス モニターを起動します。次に、CLR のパフォーマンス カウンターを監視するユーザーを開始します。管理者グループに与えられているアクセス許可を使用して名前付きイベントが作成されます。場合は、ユーザーが CLR のパフォーマンス カウンターのログを開始しようこのシナリオでは、ユーザー、エラー メッセージを受け取ります。この問題は、名前付きのイベントは、「パフォーマンス ログと警告」サービスにアクセスできないために発生します。

この問題を回避するには、Corperfmonext.dll ファイルには、「パフォーマンス ログと警告」サービス最初に読み込みます。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ cmd、し [OK].
  2. コマンド プロンプトで タスクリスト -m corperfmonext.dll、し、ENTER キーを押します。表示されている各プロセスに注意してください。
  3. コマンド プロンプトで taskmgr」と、し、ENTER キーを押します。
  4. で、 プロセス タブ、手順 2 で書き留めた各プロセスをクリックし、クリックしてください [プロセスの終了.
  5. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ パフォーマンス モニター、し [OK].
  6. 展開 パフォーマンス ログと警告、し カウンター ログ.
  7. 使用しをクリックするサービスを右クリックします。 開始.
メモ この問題の将来のバージョンで修正される予定ですが。NET フレームワークです。

32 ビットのマネージ プログラムを 64 ビット バージョンのパフォーマンス モニターで監視することはできません。

この問題は、64 ビット プロセスは 64 ビット バージョンの Corperfmonext.dll ファイルを列挙するために発生します。さらに、32 ビット バージョンの Corperfmonext.dll ファイルは 32 ビット プロセスを列挙します。64 ビット コンピューターで 32 ビットのマネージ プログラムを表示するをクリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ SystemRoot%\SysWOW64\perfmon.exe、し [OK].

メモ この問題の将来のバージョンで修正される予定ですが。NET フレームワークです。

リモート コンピューターで管理プログラムを再起動するとパフォーマンス モニターが検出されません。

この問題は、ローカル サービス アカウントでリモート レジストリ サービスを実行するために発生します。ローカル サービス アカウントのメンバーではありませんが パフォーマンス モニターのユーザー グループや、 パフォーマンス ログ ユーザー グループです。したがって、ローカル サービス アカウントには、CLR のパフォーマンス カウンターの IPC ブロックへのアクセスはありません。ただし、リモート レジストリ サービスの監視を開始したユーザーを偽装するため、CLR のパフォーマンス カウンターを監視できます。

ただし、監視中のプロセスを再起動すると、新しい IPC ブロックは、補助スレッドでは、リモート レジストリ サービスで開かれます。この補助スレッドは、クライアント上のユーザーを偽装しません。そのため、スレッドは、CLR のパフォーマンス カウンターの IPC ブロックにアクセスできません。この問題を回避するには、パフォーマンス カウンターは、クライアントからの監視を再開します。

ような名前を持つ複数の CLR のパフォーマンス カウンターを表示"W3wp # 1"

場合複数の ASP。NET のワーカー プロセスが実行されているのような名前を持つ CLR のパフォーマンス カウンター"W3wp # 1"または"W3sp # 2"が表示されます。します。NET Framework 2.0 という名前のカウンター プロセス ID 追加されたをします。NET の CLR メモリ パフォーマンス オブジェクト。このカウンターは、インスタンスのプロセス ID を表示します。プロセスに関連付けられた、CLR のパフォーマンス カウンターを確認するには、このカウンターを使用できます。

という名前のカウンターが表示されない場合 プロセス ID 下にあります。 .NET の CLR メモリ、パフォーマンス カウンターのシンボルが正しくインストールされていない可能性があります。この問題を解決するには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ cmd、し [OK].
  2. コマンド プロンプトで unlodctr。NetFramework、し、ENTER キーを押します。
  3. 使用して、 cd \Microsoft.Net\Framework\v2.0.50727 フォルダーに移動するコマンドです。
  4. コマンド プロンプトで lodctr corperfmonsymbols.ini、し、ENTER キーを押します。

プロパティ

文書番号: 922775 - 最終更新日: 2011年8月8日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbtshoot kbregistry kbperformancetool kbinput kbmsg kbperfmon kbprb kbfaq kbmt KB922775 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:922775
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com