開くまたは、Microsoft Office プログラムでファイルを保存するときに、ファイルはブロックされます。この状況では、次のいずれかのようなエラー メッセージが表示されます。
  • レジストリ ポリシー設定によってブロックされているファイルを開くしようとしています。
  • ファイルの種類を開くしようとしています。 <File type=""></File> セキュリティ センターでは、ファイルのブロック設定をことをブロックされています。
  • 以前のバージョンの Microsoft Office で作成されたファイルを開くしようとしています。この種類のファイルがこのバージョンで開くレジストリ ポリシー設定によりブロックされます。
  • レジストリ ポリシー設定によってブロックされているファイルを保存しようとしています。
  • ファイルの種類を保存しようとします。 <File type=""></File> セキュリティ センターでは、ファイルのブロック設定をことをブロックされています。

解決方法

この問題を解決するのには、インストールされている Office のバージョンに基づくファイルのブロック設定を変更する次の一般的な解決方法を実行してください。

Office 2013 の Office 2010

元に戻す画像を拡大する
特定のファイル形式の制限を無効にするは、ファイルのブロックの設定を変更します。
  1. [ファイル] メニュー >オプションです。

    Office 2013 の Office 2010 のファイルを開くことができません、する場合は、Office アプリケーションを起動するには、空白の文書を開きます。たとえば、Word ファイルを開くことができません、する場合、オプションを表示するには Word 2013 または Word 2010 で新しいドキュメントを開きます。
  2. オプション」ウィンドウで、[セキュリティ センター ] をクリックします >セキュリティ センターの設定します。
  3. セキュリティ センターウィンドウで、ファイルのブロックの設定] をクリックして、開く、または保存するファイルの種類に対して [開く] または [保存] チェック ボックスをオフにし、

    クリア オプションを開くか、ファイルを保存するユーザーを許可することを意味します。オプションはファイルをブロックすることを意味を確認します。

    元に戻す画像を拡大する
    FileBlockSettings
  4. クリックして[ok] 2 つの時刻。
  5. 開くか、またはもう一度ブロックされたファイルを保存しようとします。
元に戻す画像を拡大する

Office 2007 または Office 2003

元に戻す画像を拡大する
ない「セキュリティ センター」Office 2007 または Office 2003 では。したがって、特定のファイル形式の制限を無効にする FileOpenBlock レジストリ サブキーの値を変更するがあります。

重要:慎重にこのセクションの手順に従います。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。変更する前に レジストリをバックアップします。 復元の場合は問題が発生します。
  1. Office を終了します。
  2. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 regedit開くボックスし、クリック [OK] をクリックします。
  3. 見つけて、以下のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。

    Office 2007 の場合。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\12.0\<Application_name>\Security\FileOpenBlock


    Office 2003。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\11.0\<Application_name>\Security\FileOpenBlock?


    メモ
    • Application_nameに問題のある Office アプリケーション (Word、Excel、Powerpoint、Visio などの) 必要があります。
    • サブキーが存在しない場合は、手動で作成する必要があります。次のスクリーン ショットは、Word 2007 FileOpenBlock サブキーの例を示します。
      元に戻す画像を拡大する
      スクリーン ショットの手順 3 に進みます

  4. 手順 3 で指定したサブキーを選択すると、次の DWORD 値を探します: BinaryFiles、FilesBeforeVersion、コンバーター。

    注: <b>この値が存在しない場合作成する必要があります。Todo、これらの手順に従います。
    1. FileOpenBlockを右クリックし新規を選択、 DWORDValueをクリックし入力 BinaryFiles で、DWORD 値の名前。
    2. FileOpenBlockを右クリックし、新規を選択、[ DWORD 値] をクリックしておよび入力 FilesBeforeVersion として名前。
    3. FileOpenBlock新規作成] を選択をクリックして DWORD Valuと入力し、 コンバーター として名前。

    これらの DWORD 値の詳細についてを確認します FileBlockOpen の DWORD 値のリスト.
  5. BinaryFiles DWORD 値を右クリックし、[変更] をクリックします。[値のデータ] ボックスに「0」と入力し、[OK] をクリックします。
  6. 設定、データの値 FilesBeforeVersionと 0 にコンバーターの。次のスクリーン ショットは、Word 2007 のサンプルです。

    0 のデータ値は、ファイルを開くユーザーを許可します。1 は、ファイルのブロックを意味します。

    元に戻す画像を拡大する
    手順 6 のスクリーン ショット
  7. [ファイル] メニューで、レジストリ エディターを終了する終了をクリックします。
  8. 開くか、またはもう一度ブロックされたファイルを保存しようとします。

まだことはできません開くか Office 2007 または Office 2003 でファイルを保存、次の手順

まだことはできません開くか、ファイルを保存、次の手順を試してください。
  1. 不確定型のファイルを開くことができません: ファイルを右クリックし、[プロパティ] を選択します。ファイルの種類のプロパティを確認します。
    元に戻す画像を拡大する
    ステップ 1 のスクリーン ショット
  2. 確認します FileBlockOpen の DWORD 値のリストを見つけて、対応する DWORD 値。
  3. FileOpenBlock サブキーに DWORD 値を追加し、値のデータを 0 に設定します。
元に戻す画像を拡大する

FileOpenBlockDWORD の値のリスト

次の表には FileOpenBlock サブキーおよび対応するファイルの種類を追加することができますが、すべての DWORD 値が含まれます。

Word
元に戻す全体を表示する
DWORD 値影響を受けるファイルの種類
OpenXmlFiles.docx、.dotx、.docm、.dotm、.xml (Word のフラットなオープン XML)
BinaryFiles.doc、.dot
HtmlFiles.htm、.html、.mht、.mhtml
XmlFiles.xml (Word 2003)
RtfFiles.rtf、.doc (Word 95)、.doc (Word 97 リリース版)
コンバーターすべてのファイル (Office 互換機能パックを含む)、テキスト コンバーターを使用して、使用可能な形式
バイナリファ.txt
WllFiles.wll
InternalFilesすべての Word ファイルの種類を使用するが、非 RTM nFib 値
FilesBeforeVersion値を持つ、nFib、nFib の最小値よりも小さい、管理者によって設定されたすべての Word ファイル

Excel
元に戻す全体を表示する
DWORD 値ファイルの種類のもの
OpenXmlFiles.xlsx、.xlsm、.xltx、.xltm、.xlam
BinaryFiles.xls、.xla、.xlt、.xlm、.xlw、.xlb
Binary12Files.xlsb
HtmlandXmlssFiles.mht、.mhtml、.htm、.html、.xml、.xmlss
XmlFiles.xml
DifandSylkFiles.dif、.slk
バイナリファ.txt、.csv、.prn
XllFiles.xll
コンバーターすべてのファイル (Office 互換機能パックを含む)、テキスト コンバーターを使用して、使用可能な形式
DatabaseandDatasourceFiles.odc、.udl .dsn、.dbc、.dqy、.iqy、.oqy、.rqy、.mde、.mdb、.dbf、.ade、.adp、.cub
LotusandQuattroFiles.wk1、ブック、.wj3、wk1 FMT、.wks、.wk3、.wj2、.wq1、したまま、.wj1、wk3 FM3
LegacyBinaryFilesMicrosoft Excel 4.0 グラフ (.xlc) ファイル (Office 2003 SP3)
LegacyDatabaseAndDatasourceFilesDBF 2 (dBASE II) (.dbf) ファイル (Office 2003 SP3)

PowerPoint
元に戻す全体を表示する
DWORD 値ファイルの種類のもの
OpenXmlFiles.pptx、.pptm、.potx、含む、.ppsx、.ppsm、.ppam、.thms、.xml
BinaryFiles.ppt、.pot、.pps、.ppa
HtmlFiles.mht、.mhtml、.html、.htm
アウトライン.rtf、.txt、.doc、開かれます、.docx、.docm、目的の .wps
コンバーターこのポリシーには、サードパーティのコンバーターまたは Office 互換機能パックを使用して開いている PowerPoint プレゼンテーションを開くできなくなります。
FilesBeforePowerPoint97このポリシーには、.ppt、.pot、.pps、.ppa などのファイルの種類が PowerPoint 97 よりも古いファイルを開くできなくなります。


詳細

できます以上のアプリケーションに固有の解像度メソッド、次の資料を参照してください。

単語:開くか、Word でファイルを保存しようとしたときに、エラー メッセージが表示します。
Excel:開くか、Excel でファイルを保存しようとしたときに、エラー メッセージが表示します。
PowerPoint:開くまたは PowerPoint でファイルを保存しようとしたときに、エラー メッセージが表示します。
Visio:開くか、または Visio でファイルを保存しようとしたときにエラー メッセージが表示します。

この問題は、Office アプリケーションでは、埋め込みまたはリンクされた Office ファイルを開いたときにも発生します。たとえば、Word 文書に埋め込まれた Visio オブジェクトがあります。Visio オブジェクトを開くしようとすると、Word で同様のエラー メッセージが表示されます。この問題を解決するのに、ブロックされているファイルの種類を所有しているアプリケーションでは、ファイルのブロックの設定を変更する必要があります。この例では、代わりに Word での Visio のファイルのブロック設定を変更する必要があります。場合は、エラー メッセージ Excel ファイルの種類では、Excel ファイルのブロック設定を変更するに移動します。

この資料について

文書番号: 922850
最終更新日: 2014年8月22日
この資料は以下の製品について記述したものです。: Microsoft Word 2013, Microsoft Excel 2013, Microsoft PowerPoint 2013, Microsoft Visio Professional 2013, Microsoft Visio Standard 2013, Microsoft Word 2010, Microsoft Excel 2010, Microsoft PowerPoint 2010, Microsoft Office Word 2007, Microsoft Office Excel 2007, Microsoft Office PowerPoint 2007, Microsoft Office Word 2003, Microsoft Office Excel 2003, Microsoft Office PowerPoint 2003
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:922850
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
この資料に関するフィードバックを提供しますか?
 

Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.