MCTS Self-Paced トレーニング キット (試験 70-536): Microsoft ? .NET Framework 2. 0-アプリケーションの開発基盤のコメントと修正第 1 部

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 923018 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ここにはコメント、修正、およびマイクロソフト プレス本に関連した既知のエラーに関する情報が含まれています MCTS Self-Paced トレーニング キット (試験 70-536): Microsoft ? .NET Framework 2. 0-アプリケーションの開発基盤 、978-0-7356-2187年-7 です。この帳簿の他の修正は、「935218949730 および 949734

次のトピックが含まれます。

  • CD-ROM:「ない」から削除する評価の質問
  • CD-ROM:] ICollection と IDictionaryEnumerator いない評価の応答が含まれます
  • CD-ROM: 評価応答も含めます Resize イベント
  • CD-ROM: lesson3-exercise1-ユーザーの部分のコード サンプルが \Chapter01 フォルダーに見つからない
  • CD-ROM: qurestion の評価スコア誤って
  • System.ValueType ではなく参照ページ 3: System.Value
  • ページ 5: 日付と日付は日付/なし
  • 4: ページ 5 1 を設定する必要があります。
  • ページの 9: 注が正しくありません。
  • ページの 12: 定義"の代わりに使用する用語「初期化」手順 4 で
  • ページ 14: 用語「クラス」という用語手順 5 では、「構造」の代わりに使用
  • ページ 18: 単語「変数」が、最後の文にありません。
  • ページの 24: C# コード サンプルありません。
  • C# の例のページ 25: 無効なコード
  • コード例のページ 46: 修正
  • ページ 47: ガイド」を"GUID"の代わりに使用します。
  • Visual Basic のコード サンプル ページ 49: 無効な文字
  • 見つからないユーザー クラス ページ 49: Visual Basic のコード サンプル
  • 誤ってというページ 51: 方法
  • ページ 52:"progressBar"をコード サンプルでは、"progressBar1"の代わりに使用します。
  • 縮小変換の動作のページ 55: 無効な説明
  • 2 番目のコード サンプルで使用されるページ 58: 無効なインデックス
  • ページ 59: 10 進数コードで手順 1 の倍精度浮動小数点数型 (Double) の代わりに使用
  • ページの 63:「縮小」拡大"の代わりに使用
  • ページの 72:「存在プロパティ」「Exists プロパティ」の代わりに参照
  • ページの 73: 文字列は DirectoryInfo オブジェクト
  • 誤って説明ページ 74: DriveInfo クラス
  • ページの 76: 不明なメンバーの説明が、単語「種類」不足しています
  • ページの 76: プロシージャをドライブを列挙ではなく、アクセスとします。
  • ページ 81: 用語「追加」はの代わりに使用作成、削除済み
  • フォルダーの代わりにページ 83: ドライブを参照
  • ページ 83: 用語「含める」手順 2 で「使用」代わりに
  • 手順 6 でページ 84: 無効な方向
  • ページの 85: EnableRaisingEvents プロパティと呼ばれます EnablingRaisingEvents
  • ページ 89、ストリームの種類で使用される名前空間が正しくありません。
  • ページ 91: 提案ファイルを作成できる読み取られる場合
  • ディレクトリ クラスの機能の無効な説明をページ 92:
  • ページの 92: OpenWrite メソッドの説明が間違っています
  • ページ 97:「読み取り」「書き込み」の代わりに使用
  • ページ 100、StreamWriter クラスの不適切な基本的な機能の説明
  • サンプル コードの動作のページ 104: 無効な説明
  • ページ 111: 用語「含める」手順 2 で「使用」代わりに
  • Excercise 1 の手順 3 でページ 111: 無効な命令
  • ページ 112: クラス参照オブジェクトの代わりに
  • ページの 115: CanRead プロパティの説明が間違っています
  • CompressionMode.Decompress の代わりに使用するページの 120: CompressionMode.Compress
  • ページの 121: 用語「含める」手順 2 で「使用」代わりに
  • コード サンプルは手順 7 の誤った 122 ページ 121 (&I) です。
  • ページ 122, 手順 9: 追加するその他のメモ必要があります。
  • ページの 127: 用語「ファイル」「ディレクトリ」の代わりに使用
  • IsolatedStorageFileStream ページ 129: 無効な定義
  • ディレクトリの代わりに参照されるページ 133: ファイル
  • ページ 135: 用語「含める」手順 2 で「使用」代わりに
  • クラスの代わりに参照されるページ 135: オブジェクト
  • 手順 3 でのページ 135: 無効な VBA コード
  • 手順 4 と 5 ページ 136: 不適切な Visual Basic コード
  • ページの 137: サンプル コードがありません。
  • 章の概要 [ダウン 4 箇条書き内のデータ ページ 139: 説
  • 大文字と小文字のシナリオのページ 140: 不適切な説明
  • ページ 141: コンピューター レベルのデータとして参照アセンブリのデータ
  • 引数の場所が反転 146 ページ 145 (&I)。
  • ページ 146: TestRegExp コマンド引数の一部が正しくありません。
  • ReformatPhone メソッドの代わりに記載されているページ 165: IsZip メソッド
  • ページ 170:「東」は応答 E から削除します。
  • ページ 187:「またはインデックス」を削除する必要があります
  • コレクションの代わりに参照されるページ 188: クラス
  • ページ 192: コード サンプルでは改行が表示されません。
  • ページ 192:"+ + x"に"x++"

詳細

CD-ROM:「ない」から削除する評価の質問

CD-ROM のレッスンの確認、いずれかの質問が間違っています。

変更:
「アイテムは通常ありません COM 相互運用機能を使用して関連付け、欠点しますか?」

: を
「アイテムは一般とは見なさ COM 相互運用機能を使用して関連付け、欠点ですか?」

CD-ROM:] ICollection と IDictionaryEnumerator いない評価の応答が含まれます

CD-ROM の左側で、準備の確認の評価の質問の 1 つは読み込みます。

"作成反復する必要がありますが処理のそれぞれのループを使用する新しいコレクション型。 次のインターフェイスのうちを実装する必要がありますか。 (当てはまるものをすべて選択してください)
ICollection
IDictionaryEnumerator
IDictionary
IEnumerable
IEqualityCOmparer"

評価は、回答が IDictionaryEnumerator と IEnumerator でことを通知します。

正解は: ICollection IEnumerator とします。

CD-ROM: 評価応答も含めます Resize イベント

準備のレビューの評価で、質問の 1 つは読み込みます。

"、次のうち、System.Windows.Forms.Button クラスのイベントか。 (3 つ選択してください)
シリアル化
入力
MouseHover
サイズ変更
をクリックします。
MosueOver"

評価は、正解ことは、記載: 入力、MouseHover、ここをクリックします。

評価正しいとして次の解答を含めることも必要があります: のサイズを変更します。

CD-ROM: lesson3-exercise1-ユーザーの部分のコード サンプルが \Chapter01 フォルダーに見つからない

\Code\Chapter01 フォルダー [Visual Basic と C# のコード サンプル] lesson3-exercise1-ユーザー-部分"が見つかりません。 フォルダーとファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。

lesson3.exe

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の追加についてはをクリックして以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。

119591Q119591 How to Obtain Microsoft Support Files from Online Services

マイクロソフトはこのファイルのウイルスをスキャンします。 マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しています。 ファイルは、ファイルに不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されます。

CD-ROM: qurestion の評価スコア誤って

CD-ROM のレッスンの確認で、質問の 1 つはスコア誤って。

質問: 読み取り
"いくつかの時間に実行される処理を実行しなければならないアプリケーションが作成されます。 ただし、アプリケーションを複数のスレッドを使用しているため、その間、ユーザーへの応答まま必要があります。 他のアプリケーションのパフォーマンスに影響を最小限に抑えるように、スレッドを起動次のコード例では、うちはでしょうか。 (選んでください当てはまるものをすべて。)"

スコアは、質問、答えのいずれかがマーク正しいが正しくないにマークする場合。

その答えを読み取ります:
'VB
Dim myThreadDelegate As New ThreadStart(AddressOf ThreasWork.DoWork)
Dim mtThread As New Thread(myThreadDelegate)
myThread.StartLowPriority()

// C#
ThreadStart myThreadDelegate = new ThreadStart(ThreadWork.DoWork);
Thread myThread = new Thread(myThreadDelegate);
myThread.StartLowPriority();

System.ValueType ではなく参照ページ 3: System.Value

[3] ページで、最初の箇条書きの後に最初の文読み取ります。

"これらのそれぞれの型が型から派生 System.Value 基本。"

読み込みする必要があります。

"これらのそれぞれの型が型から派生 System.ValueType 基本。"

ページ 5: 日付と日付は日付/なし

[5] ページで、表 1-2 の最後の行の最初のセルが正しくありません。

変更:
"System.DateTime (日付と日付)"

: を
"System.DateTime (日/なし)"

4: ページ 5 1 を設定する必要があります。

[5] ページで、表 1-2 の第 2 行のバイト列が不適切です。

変更:
「4」

: を
「1」

ページの 9: 注が正しくありません。

[9] ページで、注読み取り。

"注意.net 2. 0
演算子キーワードが .NET 2. 0 の新"です。

これは正しくないと、メモが無視される必要があります。

ページの 12: 定義"の代わりに使用する用語「初期化」手順 4 で

[12] ページで、手順 4 の最初の文読み取ります。

"次のコード例を示します、すべての 3 つのメンバー変数を定義するコンストラクターを作成:"

読み込みする必要があります。

"次のコード例を示します、すべての 3 つのメンバー変数を初期化するコンストラクターを作成:"

ページ 14: 用語「クラス」という用語手順 5 では、「構造」の代わりに使用

[14] ページで、手順 5 の最初の文読み取ります。

"次のコード例と、ユーザー クラスのインスタンスを正しく構築するメイン コードを変更:"

読み込みする必要があります。

"次のコード例に正しく、ユーザーの構造のインスタンスを構築するメイン コードを変更:"

ページ 18: 単語「変数」が、最後の文にありません。

[18] ページで、ページで最後の文読み取ります。

「参照型を変更すると変更する参照型のすべてのコピー。」

読み込みする必要があります。

「場合、参照型の変数を変更する変更するその参照型の変数のすべてのコピー:」

ページの 24: C# コード サンプルありません。

[24] ページで、Visual Basic のコード サンプルのすぐ下次のサンプル コードを追加します。

// C#

try 
{
    StreamReader sr = new StreamReader("text.txt");
    Console.WriteLine(sr.ReadToEnd);
} 

catch (System.IO.FileNotFoundException ex) 
{
    Console.WriteLine("The file could not be found.");
} 

catch (System.UnauthorizedAccessException ex)
{
    Console.WriteLine("You do not have sufficient permissions.");
}

catch (Exception ex) 
{
    Console.WriteLine("Error reading file: " + ex.Message);
}


C# の例のページ 25: 無効なコード

25] ページで、Visual Basic のコード例の最初の 3 つの行を読んでください。

Dim sr As StreamReader = New StreamReader("text.txt")
Try
	Console.WriteLine(sr.ReadToEnd)

読み取る必要があります。

Dim sr As StreamReader
Try
	sr = New StreamReader("text.txt")
	Console.WriteLine(sr.ReadToEnd)"

C# の最初の 3 つの行のコード サンプルの読み取り。
"StreamReader sr = new StreamReader("text.txt");
try
{
	Console.WriteLine(sr.ReadToEnd());"

読み取る必要があります。
"StreamReader sr;
try
{
	sr = new StreamReader("text.txt");
	Console.WriteLine(sr.ReadToEnd());

コード例のページ 46: 修正

[46] ページで、3 番目の箇条書きで C# コード例は不適切なです。

変更:
// C#
MyEventHandler handler = MyEvent;

EventArgs e = new EventArgs();

if (handler != null)
{
	// Invokes the delegates.
	handler(this, e);
}
// Note that C# checks to determine whether handler is null.
// This is not necessary in Visual Basic

: を
// C#
EventArgs e = new EventArgs();

if (MyEvent != null)
{
	// Invokes the delegates.
	MyEvent(this, e);
}
// Note that C# checks to determine whether handler is null.
// This is not necessary in Visual Basic


ページ 47: ガイド」を"GUID"の代わりに使用します。

47] ページで、一番下から 2 番目の段落の最初の文が不適切な属性には含まれます。

変更:
"Visual Studio に自動的に作成いくつかの標準属性、アセンブリのタイトル、説明、会社、ガイド、およびバージョンを含む、プロジェクトを作成するとします。"

: を
"Visual Studio に自動的に作成いくつかの標準属性、アセンブリのタイトル、説明、会社、GUID、およびバージョンを含む、プロジェクトを作成するとします。"

Visual Basic のコード サンプル ページ 49: 無効な文字

[49] ページで、Visual Basic コード サンプルが、無効な角かっこ文字には含まれます。

変更:
' VB
Imports System.Runtime.CompilerServices
<Assembly:TypeForwardedTo(GetType(DestLib.TypeA))]>

To:
' VB
Imports System.Runtime.CompilerServices
<Assembly:TypeForwardedTo(GetType(DestLib.TypeA))>

見つからないユーザー クラス ページ 49: Visual Basic のコード サンプル

49] ページには、ページの下部にある 2 番目の Visual Basic のコード サンプルは人の継承がありません。

変更:
' VB
Class Manager
End Class

To:
' VB
Class Manager : Inherits Person
End Class

誤ってというページ 51: 方法

ページ 51、手順 4 で、コード サンプル確認します。

'VB
Private Sub Form1_Shown(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) _'

and

//C#
private void Timer_Shown(object sender, EventArgs e)


読み取る必要があります。

'VB
Private Sub Form1_Load(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) _'

and

//C#
private void Form1_Load(object sender, EventArgs e)


ページ 52:"progressBar"をコード サンプルでは、"progressBar1"の代わりに使用します。

ページ 52 を 1 のニーズに"progressBar"最初 C# サンプル コードに一番上にあるページの追加します。

変更:
// C#
void t_Tick(object sender, EventArgs e)
{
progressBar.Value += 10;
if (progressBar.Value >= 100)
t.Stop();
}

:
// C#
void t_Tick(object sender, EventArgs e)
{
progressBar1.Value += 10;
if (progressBar1.Value >= 100)
t.Stop();
}


縮小変換の動作のページ 55: 無効な説明

[55] ページで、ページ下部にある文読み取ります。

縮小変換を囲む必要がありますので、変換元の値が先の型の範囲を超えた場合、または型の間で、変換がない場合定義失敗を縮小 Try ブロックまたは TryCast または TryParse 使用し、」、戻り値をチェック

読み込みする必要があります。

"縮小変換が返さ誤った結果がソース値が先の型の範囲を超えています。 型の間で、変換が定義されていない場合はエラーをコンパイルします。"

2 番目のコード サンプルで使用されるページ 58: 無効なインデックス

ページ 58 では、2 番目の Visual Basic のコード サンプルの最終行読み取ります。

Console.WriteLine("a = {0}, i = {0}", a.ToString, i.ToString)

読み込みする必要があります。

Console.WriteLine("a = {0}, i = {1}", a.ToString, i.ToString)

C# のコード サンプルの最終行の読み取り。

Console.WriteLine("a = {0}, i = {0}", a.ToString(), i.ToString());

読み込みする必要があります。

Console.WriteLine("a = {0}, i = {1}", a.ToString(), i.ToString());


ページ 59: 10 進数コードで手順 1 の倍精度浮動小数点数型 (Double) の代わりに使用

59] ページで、3 番目の手順 1 の 2 番目の手順の Visual Basic コードの行読み込みます。

Dim db As Decimal = 1

読み込みする必要があります。

Dim db As Double = 1


ページの 63:「縮小」拡大"の代わりに使用

[63] ページの 3 番目の文の最初の段落の読み取り。

「C#、暗黙の変換だけ縮小変換の場所情報でした失わなし。」

読み込みする必要があります。

「C#、暗黙の変換のみ拡大変換の場所情報でした失わなし。」

ページの 72:「存在プロパティ」「Exists プロパティ」の代わりに参照

[72] ページで、箇条書きのリストを後最初の文読み取ります。

たとえば、"の次のコードに示すよう、ファイルが、FileInfo オブジェクトの存在プロパティ、呼び出すことによって存在かどうかを確認できます:"

読み込みする必要があります。

たとえば、"の次のコードに示すよう、ファイルが、FileInfo オブジェクトの Exists プロパティ、呼び出すことによって存在かどうかを確認できます:"

ページの 73: 文字列は DirectoryInfo オブジェクト

73] ページで、説明のルート テーブル 2-5 は不正です。

変更:
「を文字列として、ディレクトリのパスのルート部分を取得する」

: を
「DirectoryInfo オブジェクトとして、ディレクトリのパスのルート部分を取得する」

誤って説明ページ 74: DriveInfo クラス

[74] ページで、[DriveInfo クラス] の下の [最初の文読み取ります。

「DriveInfo クラスにアクセスし、ファイル システムで単一のディレクトリを操作する基本的な機能を提供」します。

読み込みする必要があります。

"DriveInfo クラスは、ドライブをモデル化し、メソッドとドライブ情報を照会するプロパティ提供します。 DriveInfo がどのようなドライブが利用できるとはドライブの種類を決定してください。 照会できます容量およびドライブの利用可能な空き領域を決定する:"

ページの 76: 不明なメンバーの説明が、単語「種類」不足しています

[76] ページで、不明なメンバー テーブルの 2 〜 9 の説明が読み取ります。

「、ドライブ決定できませんでした:」

読み込みする必要があります。

「ドライブの種類判断できませんでした:」

ページの 76: プロシージャをドライブを列挙ではなく、アクセスとします。

[76] ページで、セクションのドライブを列挙する方法の最初の文読み取ります。

"次のドライブをシステムにアクセスする操作を行う:"

読み込みする必要があります。

"次のシステム内のすべてのドライブを列挙する操作を行う:"

ページ 81: 用語「追加」はの代わりに使用作成、削除済み

[81] ページで、2 番目の段落の最初の文読み取ります。

「の追加と変更されたイベントを使用してに加えて監視すること、システム ファイルの名前を変更できます。」

読み込みする必要があります。

「の作成、削除および変更されたイベントを使用してに加えて監視できます、名前が変更されたファイル システム。」

フォルダーの代わりにページ 83: ドライブを参照

[83] ページで、Excercise 1 の最初の文読み取ります。

「この練習では、列挙特定のドライブ内のすべてのファイル。」

読み込みする必要があります。

「この練習では、列挙特定フォルダー内のすべてのファイル。」

ページ 83: 用語「含める」手順 2 で「使用」代わりに

[ページ 83 では、ステップ 2 が。

追加"インポート (または、C# でインクルード) System.IO 名前空間の新しいプロジェクトにします。

読み込みする必要があります。

追加"インポート (または C# の using ステートメント aa) System.IO 名前空間の新しいプロジェクトに。

手順 6 でページ 84: 無効な方向

[84] ページで、手順 6 の最初の文読み取ります。

「で、メイン メソッドのコード記述 DirectoryInfo オブジェクトを Windows ディレクトリの新しいインスタンスを作成し、新しい ShowDirectory メソッドを呼び出すそれを使用してください。」

読み込みする必要があります。

「で、メイン メソッドのコード記述システム ディレクトリの DirectoryInfo クラスの新しいインスタンスを作成し、新しい ShowDirectory メソッドを呼び出すそれを使用してください。」

ページの 85: EnableRaisingEvents プロパティと呼ばれます EnablingRaisingEvents

[85] ページで、手順 7 は読み取りします。

"EnablingRaisingEvents プロパティは、true に設定イベントのスローを開始するには、監視オブジェクトをします。"

読み込みする必要があります。

"EnableRaisingEvents プロパティは、true に設定イベントのスローを開始するには、監視オブジェクトをします。"

ページ 89、ストリームの種類で使用される名前空間が正しくありません。

89] ページで 3 番目、第 4 および 5 の箇条書きを読んでください。

"* CryptoStream (System.Security)
* NetworkStream (System.Net)
* GZipStream (System.Compression)"

読み取る必要があります。

"* CryptoStream (System.Security.Cryptography)
* NetworkStream (System.Net.Sockets)
* GZipStream (System.IO.Compression)"

ページ 91: 提案ファイルを作成できる読み取られる場合

[91] ページで、最初の箇条書きポイント読み取ります。

「操作を作成または読み取り用のファイルを開く」

読み込みする必要があります。

「読み取り用ファイルを開く操作」

ディレクトリ クラスの機能の無効な説明をページ 92:

[92] ページで、ディレクトリ クラス セクションの 2 番目の文読み取ります。

「Directory クラス読み取りおよび書き込み用のファイル ストリームを開くに基本的な機能を提供」します。

読み込みする必要があります。

「Directory クラスを作成、管理、削除、およびディレクトリを分析する基本的な機能を提供」します。

ページの 92: OpenWrite メソッドの説明が間違っています

[92] ページで、OpenWrite メソッドの説明が読み取ります。

既存のファイルを書き込み用に開き、」StreamWriter オブジェクトを返します

読み込みする必要があります。

既存のファイルを書き込み用に開き、」FileStream オブジェクトを返します

ページ 97:「読み取り」「書き込み」の代わりに使用

[ページ 97 では、最初の段落の最初の文読み取ります。

「、StreamReader クラス ストリームの派生クラスからデータを書き込む基本的な機能を提供」します。

読み込みする必要があります。

「、StreamReader クラス派生ストリーム クラスからデータを読み取る基本機能を提供」します。

ページ 100、StreamWriter クラスの不適切な基本的な機能の説明

[100] ページで、最初の文の最初の段落の読み取り。

「、StreamWriter クラス派生ストリーム クラスからデータを読み取る基本機能を提供」します。

読み込みする必要があります。

「、StreamWriter クラス ストリームの派生クラスからデータを書き込む基本的な機能を提供」します。

サンプル コードの動作のページ 104: 無効な説明

[104] ページで、ページで最後の文読み取ります。

"次のコードは単に示すコードを読み取りなど、:"

読み込みする必要があります。

"次のコードは単に示すコードによって書き込まれたデータの読み取りなど、:"

ページ 111: 用語「含める」手順 2 で「使用」代わりに

[111] ページで、ステップ 2 が。

追加"インポート (または、C# でインクルード) System.IO 名前空間の新しいプロジェクトにします。

読み込みする必要があります。

追加"インポート (または C# の using ステートメント aa) System.IO 名前空間の新しいプロジェクトに。

Excercise 1 の手順 3 でページ 111: 無効な命令

[111] ページで、手順 1 の読み取りの 3 をステップします。

「メイン メソッドで、新しい StreamWriter から作成、ファイルのクラスの作成方法。」

読み込みする必要があります。

「メイン メソッドで、新しい StreamWriter を作成、ファイルのクラスの CreateText メソッドを呼び出す」

ページ 112: クラス参照オブジェクトの代わりに

[112] ページで、手順 2 の読み取りの 2 をステップします。

「Main メソッド内、StreamWriter クラスを閉じた後ファイルを開く新しい StreamReader オブジェクトを作成する、ファイルのクラスの OpenText メソッドを使ってします。」

読み込みする必要があります。

「メイン メソッドで StreamWriter オブジェクトを閉じた後ファイルを開く新しい StreamReader オブジェクトを作成する、ファイルのクラスの OpenText メソッドを使ってします。」

ページの 115: CanRead プロパティの説明が間違っています

[115] ページで、表 2-30 CanRead プロパティの説明が読み取り。

"ストリームが読み取り、ファイルを解凍中にサポートするかどうかを決定します。 (クラスから継承ストリーム。)"

読み込みする必要があります。

"ストリームが読み取りをサポートするかどうかを決定します。 (クラスから継承ストリーム。)"

CompressionMode.Decompress の代わりに使用するページの 120: CompressionMode.Compress

120] ページで、最初の完全なコード サンプルを読んでください。

' VB 
Dim compStream As _ 
    New GZipStream(sourceFile, CompressionMode.Compress) 
 
// C# 
GZipStream compStream =  
    new GZipStream(sourceFile, CompressionMode.Compress);

読み込みする必要があります。

' VB 
Dim compStream As _
    New GZipStream(sourceFile, CompressionMode.Decompress)

 // C#
GZipStream compStream = 
    new GZipStream(sourceFile, CompressionMode.Decompress);


ページの 121: 用語「含める」手順 2 で「使用」代わりに

[121] ページで、ステップ 2 が。

追加"インポート (または、C# でインクルード) System.IO 名前空間の新しいプロジェクトにします。

読み込みする必要があります。

追加"インポート (または C# の using ステートメント aa) System.IO 名前空間の新しいプロジェクトに。

コード サンプルは手順 7 の誤った 122 ページ 121 (&I) です。

ページ 121 & 122、練習 1、手順 7、Visual Basic と C# のコード サンプルが正しくありません。 練習で使用すると、小さい圧縮ファイルを作成、操作を行いますできません。

変更:
' VB
Dim theByte As Integer = sourceFile.ReadByte()
While theByte <> -1
    compStream.WriteByte(CType(theByte, Byte))
    theByte = sourceFile.ReadByte()
End While

// C#
int theByte = sourceFile.ReadByte();
while (theByte != -1)
{
    compStream.WriteByte((byte)theByte);
    theByte = sourceFile.ReadByte();
}

:
' VB
Dim buffer(sourceFile.Length) As Byte
        sourceFile.Read(buffer, 0, buffer.Length)
        compStream.Write(buffer, 0, buffer.Length)

// C#
const int buf_size = 4096;
byte[] buffer = new byte[buf_size];
int bytes_read = 0;
do
{
    bytes_read = sourceFile.Read(buffer,0,buf_size);
    compStream.Write(buffer,0,bytes_read);
} while (bytes_read != 0);

ページ 122: ステップ 9 の追加するその他のメモ必要があります。

ページ 122 の手順 9 メモの追加についてはサンプル コードの前に追加するが必要な。

"注: 小さなファイルを使用して可能性圧縮のオーバーヘッドのため、元のより大きいされる圧縮ファイルがあります。 大きなファイルを使用する場合、オーバーヘッドのサイズは発生しません、このような pallor、生成されたファイルのサイズ。"

ページの 127: 用語「ファイル」「ディレクトリ」の代わりに使用

[127] ページで、GetDirectoryNames テーブル 2-36 の説明が読み取り。

「リスト ファイル マスクに一致するストア内のディレクトリ名前を取得します」

読み込みする必要があります。

「リスト、ディレクトリのマスクに一致するストア内のディレクトリ名前を取得します」

IsolatedStorageFileStream ページ 129: 無効な定義

[129] ページで、最初の文の最初の段落の読み取り。

「IsolatedStorageFileStream クラスを使用して分離ストレージ内のファイルを作成するストリームをカプセル化」します。

読み込みする必要があります。

「IsolatedStorageFileStream クラスを使用するストリームは読み取り、書き込みおよび分離ストレージにファイルを作成をカプセル化」します。

ディレクトリの代わりに参照されるページ 133: ファイル

[ページ 133、最終的なコードの前に、段落サンプル読み取ります。

"ディレクトリは扱われますはるかファイルと同じように、ファイル マスクと一致する文字列の配列を返すメソッドを使用する必要があるその存在をテストするに。 IsolatedStorageFile クラスの GetDirectoryNames メソッドを使用して作成しようとする前に、既存ファイルが見つかりませんことができます:"

読み込みする必要があります。

"ディレクトリは扱われますはるかファイルと同じようにその存在をテストするをマスクに一致する文字列の配列を返すメソッドを使用する必要があることで。 IsolatedStorageFile クラスの GetDirectoryNames メソッドを使用、作成しようとする前に、既存のディレクトリを検索することができます:"

ページ 135: 用語「含める」手順 2 で「使用」代わりに

[135] ページで、ステップ 2 が。

追加"インポート (または、C# でインクルード) System.IO 名前空間の新しいプロジェクトにします。

読み込みする必要があります。

追加"インポート (または C# の using ステートメント aa) System.IO 名前空間の新しいプロジェクトに。

クラスの代わりに参照されるページ 135: オブジェクト

[135] ページで、手順 1 で、手順 3 の最初の文読み取ります。

"新しいプロジェクトのメイン メソッドで新しいインスタンスを作成という名前のスコープは、現在のユーザーおよびアセンブリに設定されている userStore、IsolatedStorageFile オブジェクトの。"

読み込みする必要があります。

"新しいプロジェクトのメイン メソッドで新しいインスタンスを作成という名前のスコープは、現在のユーザーおよびアセンブリに設定されている userStore、IsolatedStorageFile クラスの。"

手順 3 でのページ 135: 無効な VBA コード

[135] ページで、手順 3 で Visual Basic コードが読み取り。

' VB 
IsolatedStorageFile userStore = _ 
    IsolatedStorageFile.GetUserStoreForAssembly()

読み込みする必要があります。

' VB
Dim userStore as IsolatedStorageFile = _
    IsolatedStorageFile.GetUserStoreForAssembly()


手順 4 と 5 ページ 136: 不適切な Visual Basic コード

[136] ページで、手順 4 で Visual Basic コードが読み取り。

' VB 
IsolatedStorageFileStream userStream = new _  
    IsolatedStorageFileStream("UserSettings.set", _ 
                              FileMode.Create, _  
                              userStore) 


読み込みする必要があります。

' VB
Dim userStream as IsolatedStorageFileStream = new _ 
    IsolatedStorageFileStream("UserSettings.set", _
                              FileMode.Create, _ 
                              userStore)


手順 5 の読み取りのコード:

' VB 
StreamWriter userWriter = new StreamWriter(userStream) 
userWriter.WriteLine("User Prefs") 
userWriter.Close() 


読み込みする必要があります。

' VB
Dim userWriter as new StreamWriter(userStream)
userWriter.WriteLine("User Prefs")
userWriter.Close()


ページの 137: サンプル コードがありません。

[137] ページで、サンプル コードの最初のセクションの 5 番目の行読み取ります。

// ...

読み込みする必要があります。

Console.WriteLine("No data saved for this user.");


章の概要 [ダウン 4 箇条書き内のデータ ページ 139: 説

ページ 139、章の概要 [ダウン 4 番目の箇条書きに読み取ります。

クラスは StreamReader と StreamWriter はストリームを FileStreams、MemoryStreams、IsolatedStorageFileStreams などのデータの移動を扱うの手段。

読み込みする必要があります。

クラスは StreamReader と StreamWriter はストリームを FileStreams、MemoryStreams、IsolatedStorageFileStreams などの textoriented データの移動を扱うで手段。

大文字と小文字のシナリオのページ 140: 不適切な説明

[140] ページで、大文字と小文字のシナリオ セクションの最初の文読み取ります。

「次のケース シナリオで適用するアプリケーション ドメインおよびサービスの使用方法について学習よう何。」

読み込みする必要があります。

「、次のケース シナリオで適用する構成ファイルとディレクトリについて学習内容:」

ページ 141: コンピューター レベルのデータとして参照アセンブリのデータ

141] ページを作成する、単純な構成保管セクション読み取り。

"、このタスクを完了した少なくとも方法 1 と 2。 完了演習 3 同様、分離ストレージでユーザーおよびアセンブリのデータの違いを理解します。

-練習 1 ユーザーがデータを保存し、分離ストレージに格納できる Windows フォーム アプリケーションを作成します。
-2 テスト、Windows フォーム アプリケーション別のユーザー アカウントで実行を練習をします。
-実習 3 そのデータをすべてのユーザーに対して同じかどうかをいくつかアセンブリレベルのデータを格納するアプリケーションを変更する:"

読み込みする必要があります。

"、このタスクを完了した少なくとも方法 1 と 2。 分離ストレージにユーザーとコンピューター レベルのデータの違いを理解するには演習 3 をも完了します。

-練習 1 ユーザーがデータを保存し、分離ストレージに格納できる Windows フォーム アプリケーションを作成します。
-2 テスト、Windows フォーム アプリケーション別のユーザー アカウントで実行を練習をします。
-実習 3 そのデータをすべてのユーザーに対して同じかどうかをいくつかマシンレベルのデータを格納するアプリケーションを変更する:"

引数の場所が反転 146 ページ 145 (&I)。

145] ページで、[Visual Basic のコード例の 7 行し、ページ 146 線上 11 C# コード例の不正な引数の場所を含みます。

変更 (ページ 145 Visual Basic):
If Regex.IsMatch(args(1),args(0)) Then

:
If Regex.IsMatch(args(0),args(1)) Then

変更 (ページ 146 C#):
if (Regex.IsMatch(args[1], args[0]))

To:
if (Regex.IsMatch(args[0], args[1]))

ページ 146: TestRegExp コマンド引数の一部が正しくありません。

ページは、146 を 2 つのコマンドラインと予想される出力は、第 1 段落下のサンプルが部分的に間違っています。

変更:
C:\>TestRegExp ^\d{5}$ 1234
入力は正規表現に一致します。
C:\>TestRegExp ^\d{5}$ 12345
入力正規表現に一致します。

To:
C:\TestRegExp 1234 ^^\d{5}$
入力は正規表現に一致します。
(メモ: するもう 1 つ追加する必要があります ^ コマンドラインの解釈ので ^、エスケープ文字として。 2 番目の ^ コマンドライン引数、Visual Studio コマンド ライン プロジェクトのプロパティ - デバッグ - コマンドラインの引数から直接追加するときは必要ありません)。
C:\TestRegExp 12345 ^^\d{5}$
入力正規表現に一致します。

ReformatPhone メソッドの代わりに記載されているページ 165: IsZip メソッド

[165] ページで前のコード サンプル手順 2 の手順 3 でに、最後の文読み取ります。

"多くのさまざまな正規表現は動作が、IsZip メソッドを記述するようになります:"

読み込みする必要があります。

"多くのさまざまな正規表現は動作が、ReformatPhone メソッドを記述するようになります:"

ページ 170:「東」は応答 E から削除します。

170、質問 4 のページ応答 E 読み取ります。

"東の amomomottohez"

読み込みする必要があります。

"amomomottohez"

ページ 187:「またはインデックス」を削除する必要があります

187 ページで、Hashtable と StringDictionary の説明でエラーがあります。

変更:
「ハッシュテーブル、コレクションのオブジェクトの名前/値ペアの名前またはインデックスで取得できるようにする」

: を
「ハッシュテーブル、コレクションのオブジェクトの名前/値ペアの名前で取得を許可する」

変更:
「StringDictionary、コレクションの文字列の名前/値ペアの名前またはインデックスで取得できるようにする」

: を
「StringDictionary、コレクションの文字列の名前/値ペアの名前で取得を許可する」

コレクションの代わりに参照されるページ 188: クラス

[188] ページで、[追加と削除する項目] セクションの 2 番目の文読み取ります。

"のアイテムの追加と削除のアイテム、クラスからは非常に簡単です。

読み込みする必要があります。

"のアイテムの追加と削除のアイテム コレクションからは非常に簡単です。

ページ 192: コード サンプルでは改行が表示されません。

[192] ページで、2 番目のコード サンプルの 7 番目の行読み取ります。

// C# IEnumerator enumerator = coll.GetEnumerator();

読み込みする必要があります。

// C# 
IEnumerator enumerator = coll.GetEnumerator();


ページ 192:"+ + x"に"x++"

[192] ページで、2 番目のページで最初のコード サンプルは誤ったです。

変更:
for (int x = 0; x < coll.Count; ++x)

:
for (int x = 0; x < coll.Count; x++)

Microsoft Press は、有益で正確な書籍を提供することを約束いたします。 上記のコメントと修正内容はすべて、この書籍の今後の版に含まれることになっています。 この本の新しい版を入手されている場合、上記の修正内容のほとんどまたはすべてが既に含まれている可能性があります。

プロパティ

文書番号: 923018 - 最終更新日: 2007年11月7日 - リビジョン: 2.23
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • MCTS Self-Paced Training Kit (Exam 70-536): Microsoft .NET Framework 2.0 - Application Development Foundation, ISBN 0-7356-2277-9
キーワード:?
kbmt KB923018 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:923018
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com