FIX、デッドロックが発生し、SQL Server 2005 を実行していて、複数のプロセッサを持つコンピューターでクエリを実行すると、クエリが完了しません。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 923605
# をバグ: 1124 (SQL 修正プログラム)
Notice
Microsoft Microsoft SQL Server 2005年修正プログラム 1 つのダウンロード ファイルとして配布しています。修正プログラムは累積的であるため、各新しいリリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2005 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

ここにはこの修正プログラムのリリースに関する次について説明します。
  • この修正プログラム パッケージで修正される問題
  • この修正プログラム パッケージをインストールするための必要条件
  • この修正プログラム パッケージをインストールした後、コンピューターを再起動する必要があるかどうかについて
  • 修正プログラム パッケージが他の修正プログラム パッケージによって置き換えられますかどうかに関する情報
  • レジストリの変更が必要かどうかに関する情報
  • この修正プログラム パッケージに含まれているファイル

現象

SQL Server 2005 を実行していて、複数のプロセッサを持つコンピューターでクエリを実行するには、デッドロックが発生とは、クエリを終了します。さらに、次のようなエラー メッセージが SQL Server 2005 のエラー ログ ファイルに記録されます。
2006-06-23 18:40:57.24 spid51 一時オブジェクトの削除:、欠落のシリアル化に失敗しました.
2006-06-23 18:41:07.24 spid4s がデッドロックを検出しています.デッドロック情報を印刷します。
2006-06-23 18:41:07.24 spid4s 待機のグラフ
2006-06-23 18:41:07.24 spid4s
2006-06-23 18:41:07.24 spid4s ノード: 1
2006-06-23 18:41:07.24 spid4s オブジェクト: 2:2103730597:0 CleanCnt:3 モード: Sch-S フラグ: 0x0
2006-06-23 18:41:07.24 spid4s 許可リスト 0。
2006-06-23 18:41:07.24 spid4s 所有者: 0x00000000FB68B780 モード: SCH-S Flg:0x0 Ref: 16 ライフ: 00000000 SPID:51 ECID:0XactLockInfo: 0x00000000D6D1AD78
2006-06-23 18:41:07.24 spid4s SPID: 51 ECID: 0 ステートメントの種類: 実行行番号: 123
2006-06-23 18:41:07.24 spid4s 入力 Buf: 言語イベント。<sql statement=""></sql>
2006-06-23 18:41:07.24 spid4s が要求されました。
2006-06-23 18:41:07.24 spid4s ResType:LockOwner Stype: 'OR' Xdes:0x00000000D6D1B9F0 モード: SCH-M SPID:51 BatchID:0ECID:0TaskProxy:(0x00000000B16BA570) 値: 0x801807c0 Cost:(N/A)
2006-06-23 18:41:07.24 spid4s のデッドロック モニターこのデッドロックの解決に失敗しました。サーバーがこの状態から回復する再起動を必要と可能性があります。

2006-06-23 18:41:07.24 spid4s Using 'dbghelp.dll' バージョン '4.0.5'
2006-06-23 18:41:07.24 spid18s のデッドロック リスト
2006-06-23 18:41:07.24 spid18s のデッドロックの被害者 process0 =
2006-06-23 18:41:07.24 spid18s のプロセス一覧
2006-06-23 18:41:07.24 spid18s のプロセス id processea4718 waitresource = = オブジェクト: 2:2103730597:0 waittime 10000 ownerId = 184497 transactionname = droptemp lasttranstarted = 2006年 =-06-23T18:40:57.243 XDES 0xd6d1b9f0 lockMode = SCH-M schedulerid = 2 kpid = 808 ステータス = 中断された spid = 51 sbid = 0 ecid = 0 の優先度 = 0 transcount = 1 lastbatchstarted = 2006年 =-06-23T18:38:46.930 lastbatchcompleted 2006 =-06-23T18:38:46.930 clientapp SQL クエリ アナライザー hostname = FOO hostpid = 1234 loginname = \ isolationlevel = 読み取りのコミット 2 xactid = 172623 に currentdb = 11 lockTimeout = 4294967295 clientoption1 = 673187936 clientoption2 = 128056 =
2006-06-23 18:41:07.24 spid18s の executionStack
2006-06-23 18:41:07.24 spid18s のフレーム procname=database.dbo.storedprocedure 行 123 stmtstart = 43720 stmtend = 43986 sqlhandle = 0x03000b003589375d7cb53201e99700000100000000000000 =
2006-06-23 18:41:07.24 spid18s<sql statement=""></sql>
2006-06-23 18:41:07.24 spid18s procname をフレーム = アドホック行 2 stmtstart = 34 stmtend = 116 sqlhandle = 0x01000b009d96c716f07b76ab000000000000000000000000 =
2006-06-23 18:41:07.24 spid18s<sql statement=""></sql>
2006-06-23 18:41:07.24 spid18s の inputbuf
2006-06-23 18:41:07.24 spid18s<sql statement=""></sql>
2006-06-23 18:41:07.24 spid18s のリソース一覧
2006-06-23 18:41:07.24 spid18s の objectlock lockPartition 0 objid = 2103730597 subresource = 完全な dbid = 2 objectname=tempdb.dbo.#7D6461A5 の id を = = lockbb29f600 モード SCH-S associatedObjectId = 2103730597 =
2006-06-23 18:41:07.24 spid18s 所有者一覧
2006-06-23 18:41:07.24 spid18s 所有者 id processea4718 モード = SCH-S =
2006-06-23 18:41:07.24 spid18s の待機リスト
2006-06-23 18:41:07.24 spid18s のキーワード id processea4718 モード = SCH-M requestType = 待機 =
2006-06-23 18:41:07.24 spid4s ** スレッド - spid をダンプ = 4、PSS 0x000000008011EB40、EC = 0x000000008011EB50 =
2006-06-23 18:41:07.24 spid4s *** c:\Program ただし SQL の Server\MSSQL.1\MSSQL\LOG\SQLDump0001.txt に送信されるスタックをダンプ
2006-06-23 18:41:07.24 spid4s *
2006-06-23 18:41:07.24 spid4s * 開始スタックをダンプします。
2006-06-23 18:41:07.24 spid4s * 08/01/07 15時 54分: 00 spid 4
2006-06-23 18:41:07.24 spid4s *
2006-06-23 18:41:07.24 spid4s * 未解決のデッドロック **************************************************
この問題は、トランザクションでテーブル変数を使用している場合に発生します。

解決方法

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この修正プログラムは、今後さらにテストを受け取ることがあります。したがって、この問題で深刻な影響をされていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

この修正プログラムがダウンロードできないか場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス &amp; サポート修正プログラムを入手するに問い合わせてください。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス &amp; サポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームに修正プログラムが提供されている言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、修正プログラムがその言語の利用できないためにです。

前提条件

SQL Server 2005 サービス パック インストールこの修正プログラムを適用する 1 (SP1) が必要です。

SQL Server 2005 Service Pack 1 の入手方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
913089SQL Server 2005 の最新の service pack を入手する方法

情報を再起動します。

この修正プログラムを適用した後コンピューターを再起動するはありません。

レジストリ情報

レジストリを変更するはありません。

修正プログラムのファイル情報

この修正プログラムにはこの資料に記載されている問題を修正するために必要なファイルのみが含まれています。この修正プログラムは、製品を最新のビルドに更新するために必要なすべてのファイルの含めることはできません。

この修正プログラムの英語版がファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が、次のとおり。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC) が表示されます。ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン コントロール パネルの日付と時刻の項目に含まれる ◇
SQL Server 2005 の修正プログラムの 32 ビット
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Logread.exe2005.90.2181.0398,1122006 年 8 月 15 日08: 28x 86
Microsoft.analysisservices.adomdclient.dll9.0.2181.0543,5202006 年 8 月 15 日08: 28x 86
Microsoft.analysisservices.deploymentengine.dll9.0.2181.0138,0162006 年 8 月 15 日08: 26x 86
Microsoft.analysisservices.dll9.0.2181.01,215,2642006 年 8 月 15 日08: 26x 86
Microsoft.sqlserver.mgdsqldumper.dll2005.90.2181.075,5522006 年 8 月 15 日08: 25x 86
Microsoft.sqlserver.sqlenum.dll9.0.2181.0908,0642006 年 8 月 15 日08: 26x 86
Msgprox.dll2005.90.2181.0197,9202006 年 8 月 15 日08: 28x 86
Msmdlocal.dll9.0.2181.015,703,8402006 年 8 月 15 日08: 27x 86
Msmdredir.dll9.0.2181.03,968,8002006 年 8 月 15 日08: 27x 86
Mssqlsystemresource.ldf該当なし524,2882006 年 8 月 14 日22: 49該当なし
Mssqlsystemresource.mdf該当なし39,911,4242006 年 8 月 14 日22: 49該当なし
Replprov.dll2005.90.2181.0547,6162006 年 8 月 15 日08: 29x 86
Replrec.dll2005.90.2181.0782,1122006 年 8 月 15 日08: 26x 86
Sqlaccess.dll2005.90.2181.0347,9362006 年 8 月 15 日08: 28x 86
Sqlagent90.exe2005.90.2181.0319,2642006 年 8 月 15 日08: 27x 86
Sqlservr.exe2005.90.2181.028,951,3842006 年 8 月 15 日08: 27x 86
Sysdbupg.sql該当なし192,3462006 年 7 月 19 日17: 02該当なし
Xpstar90.dll2005.90.2181.0292,6402006 年 8 月 15 日08: 31x 86
Xpstar90.rll2005.90.2181.0152,8642006 年 8 月 15 日08: 27x 86
SQL Server 2005 の修正プログラムを 64 ビット
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Logread.exe2005.90.2181.0522,5282006 年 8 月 15 日08: 20x64
Microsoft.analysisservices.adomdclient.dll9.0.2181.0543,5202006 年 8 月 15 日08: 20x 86
Microsoft.analysisservices.adomdclient.dll9.0.2181.0543,5202006 年 8 月 15 日08: 28x 86
Microsoft.analysisservices.deploymentengine.dll9.0.2181.0138,0162006 年 8 月 15 日08: 26x 86
Microsoft.analysisservices.dll9.0.2181.01,215,2642006 年 8 月 15 日08: 26x 86
Microsoft.sqlserver.mgdsqldumper.dll2005.90.2181.091,4242006 年 8 月 15 日08: 19x64
Microsoft.sqlserver.mgdsqldumper.dll2005.90.2181.075,5522006 年 8 月 15 日08: 25x 86
Microsoft.sqlserver.sqlenum.dll9.0.2181.0875,2962006 年 8 月 15 日08: 21x 86
Msgprox.dll2005.90.2181.0259,3602006 年 8 月 15 日08: 20x64
Msmdlocal.dll9.0.2181.015,703,8402006 年 8 月 15 日08: 27x 86
Msmdredir.dll9.0.2181.03,968,8002006 年 8 月 15 日08: 27x 86
Mssqlsystemresource.ldf該当なし524,2882006 年 8 月 14 日22: 49該当なし
Mssqlsystemresource.mdf該当なし39,911,4242006 年 8 月 14 日22: 49該当なし
Replprov.dll2005.90.2181.0745,2482006 年 8 月 15 日08: 21x64
Replrec.dll2005.90.2181.01,008,4162006 年 8 月 15 日08: 19x64
Sqlaccess.dll2005.90.2181.0355,1042006 年 8 月 15 日08: 20x 86
Sqlagent90.exe2005.90.2181.0390,9442006 年 8 月 15 日08: 20x64
Sqlservr.exe2005.90.2181.039,327,5202006 年 8 月 15 日08: 20x64
Sysdbupg.sql該当なし192,3462006 年 7 月 19 日17: 02該当なし
Xpstar90.dll2005.90.2181.0540,4482006 年 8 月 15 日08: 20x64
Xpstar90.rll2005.90.2181.0153,3762006 年 8 月 15 日08: 19x64
SQL Server 2005 の修正プログラムを 64 ビットの Itanium プロセッサ
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Logread.exe2005.90.2181.01,095,4562006 年 8 月 15 日08: 20IA-64
Microsoft.analysisservices.adomdclient.dll9.0.2181.0543,5202006 年 8 月 15 日08: 19x 86
Microsoft.analysisservices.adomdclient.dll9.0.2181.0543,5202006 年 8 月 15 日08: 28x 86
Microsoft.analysisservices.deploymentengine.dll9.0.2181.0138,0162006 年 8 月 15 日08: 26x 86
Microsoft.analysisservices.dll9.0.2181.01,215,2642006 年 8 月 15 日08: 26x 86
Microsoft.sqlserver.mgdsqldumper.dll2005.90.2181.0163,1042006 年 8 月 15 日08: 18IA-64
Microsoft.sqlserver.mgdsqldumper.dll2005.90.2181.075,5522006 年 8 月 15 日08: 25x 86
Microsoft.sqlserver.sqlenum.dll9.0.2181.0875,2962006 年 8 月 15 日08: 20x 86
Msgprox.dll2005.90.2181.0542,4962006 年 8 月 15 日08: 19IA-64
Msmdlocal.dll9.0.2181.048,837,4082006 年 8 月 15 日08: 21IA-64
Msmdredir.dll9.0.2181.06,155,0402006 年 8 月 15 日08: 21IA-64
Mssqlsystemresource.ldf該当なし524,2882006 年 8 月 14 日22: 49該当なし
Mssqlsystemresource.mdf該当なし39,911,4242006 年 8 月 14 日22: 49該当なし
Replprov.dll2005.90.2181.01,617,1842006 年 8 月 15 日08: 21IA-64
Replrec.dll2005.90.2181.02,141,4722006 年 8 月 15 日08: 21IA-64
Sqlaccess.dll2005.90.2181.0349,4722006 年 8 月 15 日08: 19x 86
Sqlagent90.exe2005.90.2181.01,143,5842006 年 8 月 15 日08: 20IA-64
Sqlservr.exe2005.90.2181.072,196,8962006 年 8 月 15 日08: 21IA-64
Sysdbupg.sql該当なし192,3462006 年 7 月 19 日17: 02該当なし
Xpstar90.dll2005.90.2181.0950,5602006 年 8 月 15 日08: 22IA-64
Xpstar90.rll2005.90.2181.0152,3522006 年 8 月 15 日08: 18IA-64

回避策

この問題を回避するには、次の方法のいずれかを使用します。
  • デッドロックを解決するのには、SQL Server サービスを再起動します。
  • この問題が発生すると、設定は、 並列処理の最大程度 オプション 1 は。

状況

マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

コール スタック情報

ChildEBP RetAddr  
05c3e720 7d4d8c46 ntdll!NtWaitForSingleObject+0x15
05c3e790 7d4d8bb5 kernel32!WaitForSingleObjectEx+0xac
05c3e7a4 02441816 kernel32!WaitForSingleObject+0x12
05c3e824 024413f2 sqlservr!CDmpDump::DumpInternal+0x311
05c3e860 02194394 sqlservr!CDmpDump::Dump+0x59
05c3e920 0218b8e2 sqlservr!CImageHelper::DoMiniDump+0x3d2
05c3f6d8 020e7fea sqlservr!stackTrace+0x6c8
05c3f77c 014683c0 sqlservr!DeadlockMonitor::ReportUnresolvable+0x286
05c3f7e0 01098d63 sqlservr!DeadlockMonitor::SearchAndResolve+0x219
05c3f834 01081d87 sqlservr!DeadlockMonitor::SearchTaskAndResolve+0xb3
05c3f8dc 01081dd5 sqlservr!DeadlockMonitor::WorkLoop+0x82a
05c3f960 02132481 sqlservr!lockMonitor+0xbf
05c3fd54 01006a96 sqlservr!lockMonitorThread+0x314
05c3fdc4 01006bbc sqlservr!SOS_Task::Param::Execute+0xe2
05c3fdf8 01006dab sqlservr!SOS_Scheduler::RunTask+0xb9
05c3fe38 01447562 sqlservr!SOS_Scheduler::ProcessTasks+0x141
05c3fea0 0144859b sqlservr!SchedulerManager::WorkerEntryPoint+0x1a8
05c3feb8 0144789a sqlservr!SystemThread::RunWorker+0x7f
05c3ff10 01447720 sqlservr!SystemThreadDispatcher::ProcessWorker+0x225
05c3ff78 781329aa sqlservr!SchedulerManager::ThreadEntryPoint+0x143
05c3ffb0 78132a36 msvcr80!_callthreadstartex+0x1b
05c3ffb8 7d4e0729 msvcr80!_threadstartex+0x66
05c3ffec 00000000 kernel32!BaseThreadStart+0x34

ChildEBP RetAddr  
0886e3b4 7d4d8c46 ntdll!NtWaitForSingleObject+0x15
0886e424 7d4d8bb5 kernel32!WaitForSingleObjectEx+0xac
0886e438 010032d2 kernel32!WaitForSingleObject+0x12
0886e5b0 010026f2 sqlservr!SOS_Scheduler::SwitchContext+0x232
0886e5c8 01001e93 sqlservr!SOS_Scheduler::SuspendNonPreemptive+0xb9
0886e5e0 01002b95 sqlservr!SOS_Scheduler::Suspend+0x2e
0886e604 01058926 sqlservr!SOS_Event::Wait+0x12a
0886e640 01058a3d sqlservr!LockOwner::Sleep+0x13e
0886e6e4 0100cc9f sqlservr!lck_lockInternal+0x990
0886e790 010209b0 sqlservr!RowsetLockCache::GetTableLock+0x31b
0886e7dc 011acb90 sqlservr!MDL::FLockObjectId+0x6c
0886e820 0124db73 sqlservr!CMEDCatalogObject::GetCachedObjectById+0x9b
0886e858 0197a4e1 sqlservr!CMEDProxyDatabase::GetObjectByObjectId+0x78
0886e90c 01c3a3fd sqlservr!FDropTempWithNolog+0x142
0886e934 019e823f sqlservr!TmpObject::Release+0x67
0886e950 019e842a sqlservr!CTableVariableManager::DropNormalTablesInCurScope+0x5c
0886e954 014ac4d3 sqlservr!CTableVariableManager::PopSqlScope+0x7
0886e960 0137c579 sqlservr!CExecLevel::PopSqlScopeInternal+0x69
0886e970 013676d1 sqlservr!CSQLSource::PopSqlScope+0x28
0886e9a0 013674c1 sqlservr!CStmtExecProc::XretLocalExec+0x2d6
0886efa4 01367356 sqlservr!CStmtExecProc::XretExecExecute+0x552
0886efc4 010251bc sqlservr!CXStmtExec::XretExecute+0x23
0886f058 01025741 sqlservr!CMsqlExecContext::ExecuteStmts<1,1>+0x360
0886f104 01023e34 sqlservr!CMsqlExecContext::FExecute+0x55b
0886f1c4 0136764a sqlservr!CSQLSource::Execute+0x73b
0886f200 013674c1 sqlservr!CStmtExecProc::XretLocalExec+0x1f6
0886f804 01367356 sqlservr!CStmtExecProc::XretExecExecute+0x552
0886f824 010251bc sqlservr!CXStmtExec::XretExecute+0x23
0886f8b8 01025741 sqlservr!CMsqlExecContext::ExecuteStmts<1,1>+0x360
0886f964 01023e34 sqlservr!CMsqlExecContext::FExecute+0x55b
0886fa24 01041dd5 sqlservr!CSQLSource::Execute+0x73b
0886fb9c 0103dfd4 sqlservr!process_request+0x2e3
0886fd54 01006a96 sqlservr!process_commands+0x2e0
0886fdc4 01006bbc sqlservr!SOS_Task::Param::Execute+0xe2
0886fdf8 01006dab sqlservr!SOS_Scheduler::RunTask+0xb9
0886fe38 01447562 sqlservr!SOS_Scheduler::ProcessTasks+0x141
0886fea0 0144859b sqlservr!SchedulerManager::WorkerEntryPoint+0x1a8
0886feb8 0144789a sqlservr!SystemThread::RunWorker+0x7f
0886ff10 01447720 sqlservr!SystemThreadDispatcher::ProcessWorker+0x225
0886ff78 781329aa sqlservr!SchedulerManager::ThreadEntryPoint+0x143
0886ffb0 78132a36 msvcr80!_callthreadstartex+0x1b
0886ffb8 7d4e0729 msvcr80!_threadstartex+0x66
0886ffec 00000000 kernel32!BaseThreadStart+0x34
s
Microsoft SQL Server 更新プログラムの名前付けスキーマの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
822499Microsoft SQL Server のソフトウェア更新プログラム パッケージの新しい命名方式は
ソフトウェアの更新の用語の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 923605 - 最終更新日: 2011年8月8日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbtshoot kbfix kbqfe kbpubtypekc kbexpertiseadvanced kbhotfixserver kbsql2005engine kbautohotfix kbmt KB923605 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:923605
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com