説明の Outlook Live 2003 Service Pack 3

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 923648
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft Microsoft? Office Outlook? Live 2003 の service pack をリリースしました。この資料では、service pack の入手方法および service pack で修正される問題の一覧を取得する方法について説明します。さらに、この資料に service pack をインストールするときに発生する可能性がありますある問題についておよびサービス パックがインストールされているかどうかを確認する方法についての情報が含まれます。

はじめに

Microsoft? Office Outlook? Live 2003 Service Pack 3 (SP3) には、セキュリティの大幅な強化、安定性とパフォーマンスの向上が含まれます。Outlook Live 2003 SP3 に含まれている修正の一部にこれまでに個別の更新プログラムがリリースされています。Outlook Live 2003 SP3 以前にリリースされた修正プログラムを 1 つの更新プログラムを組み合わせたものです。

詳細

サービス パックの詳細情報

Service pack で修正される問題の一覧

Outlook の Live 2003 SP3 の問題が修正されます、次の資料、マイクロソフト サポート技術に記載されています。
938802 Outlook 2003 では Office 2003 Service Pack 3 で修正される問題

この service pack に関連するセキュリティ情報

[Outlook Live 2003 SP3 は、次のマイクロソフト セキュリティ情報に記載されている問題が解決:
905645 Office 2003 セキュリティ更新プログラムの説明: 2006 年 2 月 14 日
914455 オフィス 2003年、Project 2003、および OneNote 2003 用のセキュリティ更新プログラムの説明: 2006 年 7 月 11 日

この service pack が含まれています、以前にリリースされた更新プログラム

Outlook の Live 2003 SP3 以前これらが含まれている更新プログラムをリリースしました。
902848 説明の Outlook Live 2003 Service Pack 2
913571 Office 2003 の更新プログラムの説明: 2006 年 3 月 14 日

既知の問題

Service pack のインストール後の既知の問題

Microsoft Office のサービス パックをインストールした後、予期せず、コンピューターを再起動するよう求められます。

この問題の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
905726予期せず、Office service pack または Office 更新プログラムをインストールした後、コンピューターを再起動するように求められます

インストールの詳細

入手して、Outlook Live 2003 SP3 をインストールする方法

Outlook Live 2003 SP3 のインストール手順と展開方法、Microsoft ダウンロード センターにあります。Microsoft ダウンロード センター」からこの service pack をダウンロードするには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
ドキュメントですか。FamilyID = の BC81F330-FDC6-4203-8 D 38 B46299C0A58D

プログラムのアンインストール情報

使用できません。 追加またはプログラムを削除します。 コントロール パネルでこのダウンロードを削除するためにします。Outlook Live 2003 SP3 からコンピューターを削除するのには、Microsoft? Office Outlook? Live 2003年を削除して、元 Outlook Live 2003 CD-ROM から Outlook Live 2003 を再インストールする必要があります。

詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
873125Office 2003 製品用の service pack を削除できません。

Service pack がインストールされているかどうかを確認する方法

Service pack には、次の表に記載されているバージョンを持つファイルが含まれます。
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョン
Addrpars.dll11.0.8161.0
Addrprsr.dll11.0.8161.0
Aer_1033.adm該当なし
Alrtintl.dll11.0.8161.0
Authzax.dll11.0.8164.0
Aw.dll11.0.8161.0
Bjablr32.dll11.0.8161.0
Cdo.dll6.5.7651.61
Certintl.dll11.0.8161.0
Cnfnot32.exe11.0.8161.0
Contab32.dll11.0.8164.0
Dlgsetp.dll11.0.8161.0
Dumpster.dll11.0.8161.0
Dw20.exe11.0.8163.0
Dwdcw20.dll11.0.8161.0
Dwtrig20.exe11.0.8161.0
Emablt32.dll11.0.8161.0
Emsabp32.dll11.0.8161.0
Emsmdb32.dll11.0.8161.0
Emsui32.dll11.0.8164.0
Envelope.dll11.0.8164.0
Envelopr.dll11.0.8161.0
Exsec32.dll11.0.8164.0
Fdate.dll11.0.8164.0
Finder.exe11.0.8161.0
Fm20.dll は12.0.6025.5000
Fm20enu.dll11.0.8161.0
Fm20enu.dll11.0.8161.0
Fname.dll11.0.8164.0
Formspia.dll11.0.8161.0
Fpencode.dll2003.1100.8165.0
Fperson.dll11.0.8164.0
Fpext.msg該当なし
Fplace.dll11.0.8164.0
Fpsrvutl.dll11.0.8169.0
Fpwec.dll11.0.8164.0
Fstock.dll11.0.8164.0
Gdiplus.dll11.0.8165.0
Ieawsdc.dll12.0.6027.0
Impmail.dll11.0.8164.0
Intldate.dll11.0.8161.0
Lccwiz.dll11.0.8161.0
Mapir.dll11.0.8161.0
Mapisvc.inf該当なし
Migrate.dll11.0.8156.0
Mimedir.dll11.0.8164.0
Mlcfg32.cpl11.0.8164.0
Mlshext.dll11.0.8161.0
Mofl.dll11.0.8164.0
Msmapi32.dll11.0.8164.0
Msmh.dll11.0.8161.0
Mso.dll11.0.8171.0
Msoauth.dll11.0.8164.0
Msoautui.dll11.0.8161.0
Msodcw.dll11.0.8161.0
Msoeuro.dll11.0.8164.0
Msohelp.exe11.0.8164.0
Msohtmed.exe11.0.8164.0
Msointl.dll11.0.8161.0
Msonsext.dll11.0.6715.60
Msorun.dll11.0.8164.0
Msostyle.dll11.0.8164.0
Msosv.dll11.0.8161.0
Msosvfbr.dll11.0.8164.0
Msosvint.dll11.0.8161.0
Msoutl.olb11.0.8161.0
Msoxev.dll11.0.8161.0
Msoxmled.exe11.0.8161.0
Msoxmlmf.dll11.0.8164.0
Mspst32.dll11.0.8164.0
Mssh.dll11.0.8161.0
Mssp3ena.lex該当なし
Mssp3en.lex該当なし
Mstagpia.dll11.0.8161.0
Msxml5.dll5.20.1081.0
Name.dll11.0.8164.0
Npoffice.dll11.0.8161.0
Oballoon.dll11.0.8161.0
Oclean.dll11.0.8156.0
Oclncore.opc該当なし
Oclncust.opc該当なし
Oclnintl.opc該当なし
Offcln.exe11.0.8156.0
Office.dll11.0.8161.0
Oinfo11.ocx11.0.8164.0
Oinfop11.exe11.0.8164.0
Oinfop11.mof該当なし
Oinfos11.dll11.0.8161.0
Olctlpia.dll11.0.8161.0
Olkfstub.dll11.0.8161.0
Olkprtid.xml該当なし
Outex.dll11.0.8164.0
Outlacct.dll11.0.8164.0
Outlctl.dll11.0.8164.0
Outllib.dll11.0.8169.0
Outllibr.dll11.0.8161.0
Outlmime.dll11.0.8164.0
Outlook.exe11.0.8169.0
Outlook.hol該当なし
Outlph.dll11.0.8164.0
Outlpia.dll11.0.8161.0
Outlrpc.dll11.0.8164.0
Outlvba.dll11.0.8161.0
Outlvbs.dll11.0.8164.0
Outlwab.dll11.0.8161.0
Outlwvw.dll11.0.8161.0
Pstprx32.dll11.0.8164.0
Recall.dll11.0.8161.0
Refedit.dll12.0.6202.3013
Refiebar.dll11.0.8164.0
Riched20.dll5.50.99.2014
Rtfhtml.dll11.0.8161.0
Saext.dll11.0.8161.0
Scanost.exe11.0.8161.0
Scanpst.exe を使って11.0.8161.0
Scnpst32.dll11.0.8161.0
Scnpst64.dll11.0.8161.0
Selfcert.exe11.0.8164.0
Sendto.dll11.0.8161.0
Seqchk10.dll11.0.8164.0
Setlang.exe11.0.8164.0
Slintl.dll11.0.8161.0
Stintl.dll11.0.8161.0
Ucs20.dll11.0.8161.0
Ucscribe.dll11.0.8161.0
Vbe6.dll6.5.10.24
Vbe6intl.dll6.5.10.19
Vbidepia.dll11.0.8161.0
次の表に記載されているファイルの新しいバージョンがある場合は、この service pack をインストールするはありません。

コンピューターにインストールされている Outlook Live 2003 のバージョンを確認する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
821549Office 2003 のバージョンを確認する方法

.Msp ファイルに関する管理者向け情報

Outlook Live 2003 SP3 は、自己解凍形式の実行可能ファイルとしてパッケージ化されて、完全ファイル Microsoft Windows インストーラー ファイル (.msp ファイル) で構成されます。次の表の .msp ファイルがこの service pack で配布されます。
元に戻す全体を表示する
.Msp ファイル名説明
Olklive.mspOutlook Live 2003 に適用します。

管理者は特定のコンポーネントを再インストールするための機能

管理者用インストール ポイントを更新し、再キャッシュしてクライアント コンピューター上で、Outlook Live 2003 を再インストールする場合を含むコマンドラインを実行することができます、 再インストール = [機能の一覧] [プロパティ] します。は、 再インストール = [機能の一覧] プロパティは、管理者用イメージから Outlook Live 2003 の特定のコンポーネントを再インストールするかどうかを指定します。Outlook Live 2003 SP3 は、値を [機能の一覧は次のとおりです。
再インストール = ALL
管理者用イメージの更新方法およびクライアント コンピューターを更新する方法について説明する詳細な手順については、「Office 2003 製品アップデートの配布」のトピックの「パッチを適用した管理イメージからクライアントを更新」を参照してください。「Office 2003 製品アップデートの配布」のトピックを参照するには、次マイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://office.microsoft.com/en-us/ork2003/HA011402381033.aspx
オフィス システムの TechCenter には、最新の管理者用更新プログラムおよび配布リソースのすべてのバージョンの Office が含まれます。オフィス システムの TechCenter の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/office/bb267346.aspx

プロパティ

文書番号: 923648 - 最終更新日: 2011年8月8日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbdownload kbtshoot kbbug kbfix kbqfe kbupdate kbpubtypekc atdownload kbexpertisebeginner kboffice2003sp3fix kbmt KB923648 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:923648
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com