2007 Beta 2 の技術更新更新のインストールに失敗のトラブルシューティングを行う方法 Microsoft Office スイート

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 923718 - 対象製品
この資料には、Windows Installer Cleanup ユーティリティ (MSICUU2.exe) へのリンクが記載されている可能性があります。Windows Installer Cleanup ユーティリティを使用して問題を解決するためにこの資料が提示された場合、製品のインストールのサポートについてはソフトウェアの製造元に連絡してください。また、Windows インストーラーを使用する製品のアンインストールの問題のトラブルシューティング手順については、以下のサポート技術情報の資料を参照してください。

2438651 Windows ベースのコンピューターでプログラムをインストール、アンインストール、またはアップグレードするときに発生することがある問題のトラブルシューティング方法
Notice
Windows インストーラー クリーンアップ ユーティリティを使用して問題を解決しようとしていてこの資料が表示された場合、製品のインストールに関するサポートについてはソフトウェアの製造元に連絡してください。または Windows インストーラーを使用している製品のアンインストールに関する問題をトラブルシューティングする手順については、以下のマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。

すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

ここでは、2007 Beta 2 テクニカル リフレッシュ (B2TR) 更新のインストールの失敗のトラブルシューティングを行う方法について説明 Microsoft Office スイート。削除して、2007 Office スイート Beta 2 を再インストールする前に次のトラブルシューティング手順を試してください。

注:
  • ベータ版ソフトウェアは、必ずしも高いと同等の Microsoft プログラムのディスプレイの出荷の安定性が表示されません。ベータ テスター 2007年で問題が発生、Office スイート Beta 2 のプログラムを損失、破損、または既存のデータの破壊の可能性が生じる可能性があります。このベータ テスト版は実稼動環境での使用に適したです。インストールし、アップデートを実行する前に、既存のデータをバックアップすることを強くお勧めします。
  • 2007 年の製品サポートはありません。 Office スイート Beta 2 プログラム。あなたは、ベータ 2 が発生、2007 Office スイートの他のユーザーと共有するし、助言を求めたりする Microsoft Office のニュースグループに参加する歓迎です。Microsoft Office ニュースグループを検索するのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://www.microsoft.com/office/community/en-us/default.mspx

詳細

B2TR 更新プログラムをインストールしようとするとエラーが発生した場合は、以下の手順を実行することをお勧めします。
  1. Temp フォルダーを空にします。
  2. 十分なディスク領域が利用可能であることを確認します。
  3. ログを有効に更新プログラムを再インストールしてください。
B2TR 更新プログラムを再インストールしようとすると、障害が発生した場合は、問題が既に報告されているかどうかを確認するのには、Microsoft Office ニュースグループを確認してください。問題が報告されていない場合は、問題を報告することができます。また、ニュースグループの他のメンバーからヘルプを要求できます。

メモ ログ ファイルおよびエラー メッセージのスクリーン ショットを含む圧縮ファイルを指定する必要があります。

Microsoft Office ニュースグループを参照して次のトラブルシューティング手順に従うと、更新プログラムをインストールできない場合、2007 Office のインストールをコンピューターから削除する必要があります。失敗した更新プログラムは 2007 Office スイートを削除することができないにことがあります。そのため、2007 Office スイートを削除できない場合は、2007 Office スイートをコンピューターから手動で削除する方法についての情報を Microsoft Office ニュースグループを確認してください。

メモ この時点で、ベータ プログラムの更新プログラムのインストール中にエラーで、更新プログラムのロールバックを発生しません。さらに、B2TR 更新プログラム完了 2007年を削除することなくが削除することはできません Office スイートのインストールします。

手順 1: Temp フォルダーを空にします。

Temp フォルダーを空にするには、次の手順を実行します。
  1. すべてのプログラムを終了します。
  2. クリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] cmd/c/k del %temp%\*.*/q/s/f 続いて と入力して [ ].

手順 2: 少なくとも 2 ギガバイトの空きディスク領域が使用できるを確認します。

B2TR 更新プログラムをインストールするのには、使用可能なディスクの空き容量が 2 ギガバイト (GB) 以上が必要です。一時的および恒久的な更新されたファイルをキャッシュする方法についてはインストール プロセス領域が必要です。
2 GB 以上の使用可能なディスクの空き領域があることを確認するのには、次の手順を実行します。
  1. と入力して マイ コンピューター.
  2. Microsoft Windows がインストールされているしをクリックして、ドライブを右クリックし プロパティ.
  3. で、 一般的な タブで、少なくとも 2 GB の空きディスク領域、Windows フォルダーを含むドライブで利用可能であることを確認します。Windows のフォルダー名に、%windir 環境変数が含まれます。2 GB 未満の使用可能なディスクの空き領域がある場合は、ディスク領域を解放します。これを行うには、追加と削除] コントロール パネルを使用して不要なプログラムを削除します。別の方法として、ディスク クリーンアップ ツールを使用します。

    ディスク クリーンアップ ツールを使用するには、] をクリックします。 スタートをポイントするのには すべてのプログラムをポイントするのには アクセサリをポイントするのには システム ツールプロパティ ディスクのクリーンアップ.

手順 3: ログ記録を有効にします。

2007 Office スイートの更新プログラムの制御ロジックに加えて Windows インストーラーのテクノロジを使用するを更新します。マイクロソフトは、障害の原因を判断するために必要があること、情報を収集するのには、次の 2 つの種類のログを有効にする必要があります。

メモ 既定では、ログ記録は無効です。これを最小限にするために必要なディスク領域が保持されます。

Windows インストーラーのロギングを有効にします。

Windows インストーラーのログを有効にするのには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] gpedit.msc 続いて と入力して [ ] [グループ ポリシー オブジェクト エディターを開始します。
  2. 展開 [コンピューターの構成.
  3. 展開 管理用テンプレート.
  4. 展開 [Windows コンポーネント.
  5. クリックしてください。 Windows インストーラー.
  6. ダブルクリックします。 ログの記録.
  7. で、 ログの記録 ボックス型 voicewarmup.
  8. クリックしてください。 ].
インストール処理中に Windows インストーラー プログラムが呼び出されると、ログ ファイルの作成、 %temp% フォルダーです。ログ ファイルがランダムに生成された名前を持つ MSI.log.

メモ Microsoft Windows XP ホームの版を実行している場合は、この手順を実行することはできません。これは、Windows XP Home Edition には、Gpedit.msc ファイルがないためにです。ここでは、次の資料で、マイクロソフト サポート技術情報に記載されている方法を使用します。
314852 Windows インストーラーのウィンドウ XP のログ記録を有効にする方法

コマンド ライン スイッチを使用して更新プログラム コント ローラーのログ記録を有効にします。

更新プログラム コント ローラーの動作をログに記録するのには、更新を開始すると、コマンド ライン スイッチを追加します。更新プログラムを開いたし、最初にダウンロードした場合、更新プログラムを保存していない場合は、もう一度更新プログラムのダウンロード、] をクリックする必要があります。 保存します。、し、、更新プログラムをローカルに保存します。コピー先のフォルダーにエクスプ ローラー ウィンドウを開くこともできます。これを行うをクリックしてください。 フォルダーを開く 代わりに と入力して.

ダウンロード済みの更新プログラムを起動し、B2tr.log という名前のログ ファイルを作成するために必要なコマンド ライン スイッチを使用するには、次の手順を実行します。
  1. Windows エクスプ ローラーで、ダウンロード済みの更新プログラムが含まれているフォルダーを開きます。
  2. クリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できないは、次の内容を消去 DEL キーを押して、 と入力して ボックスです。
  3. Windows エクスプ ローラーで、ダウンロードしたファイルをドラッグします。 と入力して ボックスです。これが自動的に表示されます、 と入力して 更新プログラムのファイルのファイル名とパス ボックス。
  4. クリックして、パス内で、 と入力して ボックスをオンにし、END キーを押します。これは、パスの末尾が表示されます、 と入力して ボックスです。
  5. 1 回 space キーを押すし、入力 /log:%temp%\B2tr.log.
  6. クリックしてください。 ].

圧縮されたファイルのログ ファイルとスクリーン ショットを作成する方法

のログ ファイルとスクリーン ショットすることができます大きくなる、それらを共有する前に、それらを圧縮 (zip 形式) フォルダー ファイルに配置することをお勧めします。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] %temp% 続いて と入力して [ ].
  2. 右クリックし、 Temp ウィンドウをポイントするには 新しいプロパティ テキスト ドキュメント.
  3. 種類 Logfiles.txt という、し、ENTER キーを押します。
  4. 右クリックし、 Logfiles.txt という ファイルをポイントするには 送信します。プロパティ 圧縮 (zip 形式) フォルダー.これ、という名前の新しいファイルが作成されます。 Logfile.zip.
必要なログ ファイルまたはスクリーン ショット ファイルを選択します。次に、その Logfile.zip ファイルをドラッグします。ファイルは、圧縮 (zip 形式) フォルダー ファイルに自動的に追加されます。必要なすべてのファイルを追加すると、Logfile.zip ファイルを電子メール メッセージで送信する準備ができてする必要があります。また、Logfile.zip ファイルは、適切なニュースグループに転記できます。

プロパティ

文書番号: 923718 - 最終更新日: 2013年5月30日 - リビジョン: 6.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Enterprise 2007
  • Microsoft Office Professional 2007
  • Microsoft Office Professional Plus 2007
  • Microsoft Office Standard 2007
  • Microsoft Office Ultimate 2007
  • Microsoft Office Access 2007
  • Microsoft Office Excel 2007
  • Microsoft Office InfoPath 2007
  • Microsoft Office OneNote 2007
  • Microsoft Office Outlook 2007
  • Microsoft Office PowerPoint 2007
  • Microsoft Office Project Professional 2007
  • Microsoft Office Project Standard 2007
  • Microsoft Office Publisher 2007
  • Microsoft Office SharePoint Designer 2007
  • Microsoft Office Visio Professional 2007
  • Microsoft Office Visio Standard 2007
  • Microsoft Office Word 2007
  • Microsoft Office Groove 2007
  • Microsoft Office Forms Server 2007
  • Microsoft Office SharePoint Server 2007
キーワード:?
kbmsicuu2 kbsetup kbhowto kbexpertisebeginner kbprb kbmt KB923718 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:923718
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com