オフライン クラッシュ診断ツールは Windows XP が使用可能です。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 923800 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料は Microsoft Windows XP のオフライン クラッシュ診断ツールについて説明します。このツールを使用するサポート ・ プロフェッショナルは、Windows XP で発生するクラッシュ (Stop エラー) のトラブルシューティングを行います。ツールは、クラッシュに関する追加情報を提供することができます。

詳細

オフライン クラッシュするツールは、サポート担当者な診断を必要とする Windows xp カーネルのクラッシュを修正するのには。このツールは、自動的にクラッシュ ダンプ情報は、コンピューターを識別します。その後、ツール結果をマイクロソフトに分析をアップロードします。また、このツールには、是正措置を提案、サポートの専門家のために、応答 URL を返します。

マイクロソフトは、すべての Stop エラー報告を分析します。Microsoft レポートを紹介した Stop エラーによって影響を受けるユーザーの数に応じて、各レポートは、優先順位を設定します。その後、マイクロソフトは、次の手順を取ります。
  • マイクロソフト、Stop エラーの原因を特定しようとします。
  • マイクロソフトのエラーに発生する問題の種類によって分類されます。
  • マイクロソフトは関連する情報を送信します。
すべての Stop エラーに対する解決方法をマイクロソフトが提供できるわけではありませんが、マイクロソフトは、Windows の品質や信頼性を改善するためにお寄せいただいた情報はすべて使用させていただいています。

オフライン クラッシュ診断ツールを入手します。

サポートの専門家を呼び出すと、診断プロセスを開始します。サポート担当者は、カーネル クラッシュが問題の原因かどうかを判断します。カーネル クラッシュが問題の原因と、サポート担当者はオフライン クラッシュ診断ツールの最新バージョンをダウンロードするのには、次のマイクロソフト Web サイトに指示します。

次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロード可能です :

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
WindowsXP-KB923800-ENU.exe パッケージを今すぐダウンロードする。

リリース日: 2007 年 4 月 24 日

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の資料番号をクリックして、Microsoft Knowledge Base 内にある資料を参照してください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、この配布ファイルのウイルス チェックを行いました。マイクロソフトは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しました。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

メモ WindowsXP の KB923800 の ENU.exe ファイルをダウンロードした後、ファイルをフォルダーに保存します。その後、ツールをインストールするのには、WindowsXP の KB923800-ENU.exe ファイルをダブルクリックします。

オフライン クラッシュ診断ツールを実行します。

WindowsXP の KB923800 の ENU.exe ファイルを保存すると、次の手順を実行します。
  1. オフライン クラッシュ診断ツールをインストールするのには、WindowsXP の KB923800-ENU.exe ファイルをダブルクリックします。

    インストーラー オフライン クラッシュ診断ツールのファイルが %Windir%\Pchealth\Helpctr\Binaries フォルダーに追加されます。
  2. クリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] ocadiagnostic.exeプロパティ ] オフライン クラッシュ診断ツールを実行します。
  3. ツールの情報をマイクロソフトに送信できるようにするものとします。次をクリックしてください。 次へ.
このツールは次のタスクを実行します。
  • ツールは、コンピューター上のダンプ ファイルの数を決定します。
  • このツールは %Windir%\Minidump フォルダーにあるすべてのダンプ ファイルを検索します。ダンプ ファイルを送信することができます。 または個別にダンプ ファイルを送信することができます。

    メモ 最新の 10 個のダンプ ファイルを作成するに収集されます。1 年以上前の場合は、ダンプ ファイルは収集されません。
  • ツールは、Office クラッシュ診断の Microsoft データベースの Web サイトを分析するダンプ ファイルが自動的に送信されます。
  • ツールは、応答 Url をダウンロードします。
  • Id の応答が表示されます。このツールは、Office クラッシュ診断の Web サイトへのハイパーリンクをまた提供します。
サポート プロフェッショナル、Web 応答 ID を求める次に、サポート担当者は Web サイトにアクセスするのには、ID を使用します。サポート担当者はダンプ ファイルに関する詳細情報を入手するのには、サイトを使用します。これを行うには、サポート担当者は、ダンプ ファイル、取得する必要があります、またはリモート アシスタンスを使用して、サポート担当者をコンピューターに接続されてする必要があります。

ダンプ ファイルは、サポートに直接プロ送信できます。その後、サポート担当者のダンプ ファイルを別のコンピューターの %Windir%\Minidump フォルダーにコピーすることによって、ダンプ ファイルを確認できます。

操作モード

診断ツールはウィザード モードまたはコマンド ライン モードで実行できます。

ウィザード モード

インストーラー ファイルを保存せずに、ツールをインストールすると、インストーラーは自動的にツールをウィザード モードで開始します。次に、ツールで、診断プロセスを説明します。

ダンプ ファイルをマイクロソフトに送信されるようにツールの進行状況のインジケーターを示しています。マイクロソフトがファイルを受信すると、ツールは応答 Id を表示するダイアログ ボックスが表示されます。サポート担当者は、これら応答 Id を使用して、是正措置の計画を開発できます。

コマンド ライン モード

サポート ・ プロフェッショナルは、企業環境では、コマンド ライン モード スクリプトでツールを実行します。コマンド ライン モードでは、次のオプションをサポートします。
  • ? p
    ファイルの既定のパスとは異なる場所に配置します。既定のパスは、%Windir%/Minidump ファイルのフォルダーです。
  • ?nogui
    ユーザー インターフェイスは表示されませんをコンソールでツールを実行します。
既定では、コマンド ライン ツールの出力は、コマンド プロンプトのコンソールにして、Ocadiag.xml ファイルにリダイレクトされます。出力には、次のようになります。
C:\oca\files>OCADIAG.EXE
Found 2 dump reports:
Submitting dump reports:
REPORT 0 :-

File          : C:\WINDOWS\Minidump\Mini020906-02.dmp
Crash time    : 2006-02-09 17:30:52
Status        : Unsolved
Submit time   : 2006-05-31 10:24:05
Bucket        : 0xA_nt!KiWaitTest+30
DefaultBucket : DRIVER_FAULT
Response URL  : http://oca.microsoft.com/resredir.aspx?sid=10

REPORT 1 :-

File          : C:\WINDOWS\Minidump\Mini020906-01.dmp
Crash time    : 2006-02-09 16:35:02
Status        : Unsolved
Submit time   : 2006-05-31 10:24:37
Bucket        : 0xA_nt!KiWaitTest+30
DefaultBucket : DRIVER_FAULT
Response URL  : http://oca.microsoft.com/resredir.aspx?sid=15

Summary:
Problem ID: 10, 15

制限事項

オフライン クラッシュ診断ツールは、クラッシュを自己診断する手段の提供を目的としているものではありません。ツールは、主にサポート コールの回数を減らすために、サポート担当者のクラッシュを識別する方法を簡単にします。

オフライン クラッシュ診断ツールは、インターネット接続なしに使用することはできません。データの送受信を行うため、Microsoft オンライン クラッシュ解析 Web サイトに接続できることがツールの要件となります。

プロパティ

文書番号: 923800 - 最終更新日: 2013年4月29日 - リビジョン: 9.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Home Edition
キーワード:?
kbexpertisebeginner kbhowto kbmt KB923800 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:923800
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com