[MS07-043] Visual Basic 6.0 再頒布可能パッケージ用のセキュリティ更新プログラムについて

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 924053 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

マイクロソフトはセキュリティ情報 MS07-043 を公開しました。このセキュリティ情報には、ファイルの一覧情報、展開オプションを始め、セキュリティ更新プログラムの関連情報がすべて記載されています。セキュリティ情報の詳細を参照するには、次のマイクロソフト Web サイトのいずれかにアクセスしてください。

このセキュリティ更新プログラムでの重要な変更

Visual Basic 6.0 Service Pack 6.0 (SP6) より後のバージョンの Microsoft Visual Basic 6.0 では、Visual Basic ディストリビューション ウィザードは Oleaut32.dll ファイルを以下の場所から取得します。
VisualBasic_Installation_Folder\Wizards\PDWizard\Redist
このフォルダには Oleaut32.dll ファイルが 1 つ含まれています。ソフトウェアの製造元および開発者は、このファイルを Visual Basic 6.0 でサポートされているすべてのオペレーティング システムで使用できます。

このセキュリティ更新プログラムには、各オペレーティング システムに対応した、複数のバージョンの Oleaut32.dll ファイルが含まれています。このセキュリティ更新プログラムを適用すると、元の Redist フォルダの下に新しいフォルダが作成されます。各オペレーティング システムに対応する Oleaut32.dll ファイルのバージョンが、以下の表に示すフォルダにコピーされます。
元に戻す全体を表示する
オペレーティング システム フォルダ
Windows Server 2003 VisualBasic_Installation_Folder\Wizards\PDWizard\Redist\WinServer2003
Windows Server 2003 SP1 VisualBasic_Installation_Folder\Wizards\PDWizard\Redist\WinServer2003SP1
Windows XP SP2 VisualBasic_Installation_Folder\Wizards\PDWizard\Redist\WinXPSP2
Windows 2000 VisualBasic_Installation_Folder\Wizards\PDWizard\Redist\Win2000
Windows NT 4.0 VisualBasic_Installation_Folder\Wizards\PDWizard\Redist\NT4
Windows NT 4.0 Terminal Server VisualBasic_Installation_Folder\Wizards\PDWizard\Redist\NT4TS

ソフトウェア製造元がアプリケーションに Oleaut32.dll ファイルをパッケージ化して再頒布する場合に、この変更が与える影響

Oleaut32.dll ファイルの頒布方法の変更により、次のような結果が生じます。アプリケーションに Oleaut32.dll ファイルをパッケージ化して再頒布する場合、ソフトウェア製造元は、アプリケーションを実行する再頒布先のすべてのオペレーティング システムに対して 1 つのファイルを頒布することはできません。代わりに、パッケージをインストールする、特定のオペレーティング システムに対応するバージョンの Oleaut32.dll ファイルをそれぞれ頒布する必要があります。

: %WINDIR%\System32 フォルダにある Oleaut32.dll ファイルは、特定のオペレーティング システムでの使用に対するテストしか行われていないため、マイクロソフトでは、このフォルダにあるバージョンのみを選択することはお勧めしません。

たとえば、Windows XP ベースのコンピュータを使用して、アプリケーションを開発してパッケージ化した場合に、このコンピュータの %WINDIR% \System32 フォルダにある Oleaut32.dll ファイルを選択すると、このアプリケーションは Windows XP 以外のいずれのオペレーティング システムでも実行することはできません。たとえば、このアプリケーションは、Windows Server 2003 ベースのコンピュータでは実行できません。

そのため、アプリケーションと Oleaut32.dll をまとめてパッケージ化して再頒布する場合は、以下のプロセスを使用することをお勧めします。
  1. アプリケーションの実行に必要なオペレーティング システムを決定します。
  2. 以下のいずれかを決定します。
    • 対象のオペレーティング システムそれぞれに対して、パッケージまたはセットアップ プログラムを個別にビルドする。
    • 対象のすべてのオペレーティング システムに対応する、1 つのパッケージまたはセットアップ プログラムをビルドする。
  3. 対象のオペレーティング システムそれぞれに対して、パッケージまたはセットアップ プログラムを別々にビルドする場合は、以下のガイドラインに従います。
    • それぞれのパッケージまたはセットアップ プログラムには、正しいバージョンの Oleaut32.dll ファイルを含める必要があります。選択するファイルのフォルダは、どのオペレーティング システムを対象にそのパッケージまたはセットアップ プログラムをビルドするかによって決定されます。
    • パッケージのインストール中、パッケージによりオペレーティング システムが検出される必要があります。また、正しいオペレーティング システムが検出された場合のみ、パッケージがインストールされるようにする必要があります。
  4. 対象のすべてのオペレーティング システムに対応する、1 つのパッケージまたはセットアップ プログラムをビルドする場合は、以下のガイドラインに従います。
    • パッケージまたはセットアップ プログラムには、すべてのバージョンの Oleaut32.dll ファイルを含める必要があります。
    • インストール中、パッケージまたはセットアップ プログラムによって、対象のオペレーティング システムが検出される必要があります。また、パッケージまたはセットアップ プログラムにより、正しい Oleaut32.dll ファイルが選択されてインストールされる必要があります。

更新プログラムのアンインストール情報

Visual Basic 6.0 用の更新プログラムでは、IExpress Microsoft Windows インストーラが使用されているため、この更新プログラムを削除することはできません。

この更新プログラムでサポートされているコマンド ライン スイッチ

この更新プログラムでサポートされている、さまざまなコマンド ライン スイッチの詳細については、「はじめに」に記載されているセキュリティ情報を参照してください。 コマンド ライン スイッチの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
197147 IExpress ソフトウェア更新プログラム パッケージのコマンド ライン スイッチ

プロパティ

文書番号: 924053 - 最終更新日: 2007年12月3日 - リビジョン: 1.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Vista Business
  • Windows Vista Enterprise
  • Windows Vista Home Basic
  • Windows Vista Home Premium
  • Windows Vista Ultimate
  • Windows Vista Enterprise 64-bit edition
  • Windows Vista Home Basic 64-bit edition
  • Windows Vista Home Premium 64-bit edition
  • Windows Vista Ultimate 64-bit edition
  • Windows Vista Starter
  • Windows Vista Business 64-bit edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 1?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
    • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
    • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
    • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
    • Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition
    • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
    • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition
    • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems
    • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Premium Edition
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Standard Edition
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003, Standard Edition Service Pack 1 (SP1)?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Premium Edition
    • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Standard Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise Edition (32-Bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Datacenter Edition (32-Bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Standard x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Datacenter x64 Edition
  • Microsoft Windows XP Tablet PC Edition 2005
  • Microsoft Windows XP Media Center Edition 2005
  • Microsoft Windows XP Service Pack 2?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows XP Professional
    • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional x64 Edition
  • Microsoft Windows 2000 Server SP4?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Small Business Server 2000 Standard Edition
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server SP4
  • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional SP4
  • Microsoft Windows 2000 Server SP4
  • Microsoft Visual Basic 6.0 Enterprise Edition
  • Microsoft Visual Basic Professional Edition for Windows, Versions 6.0
  • Microsoft Visual Basic 6.0 Learning Edition
キーワード:?
kbexpertisebeginner kbqfe kbsecurity kbsecbulletin kbsecvulnerability kbbug kbfix kbpubtypekc KB924053
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com