Content Management Server 2002 Service Pack 2 のセキュリティ更新プログラム (2007 年 4 月 10 日) について

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 924429 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

マイクロソフトはセキュリティ情報 MS07-018 を公開しました。このセキュリティ情報には、ファイルの一覧情報、展開オプションを始め、Microsoft Content Management Server 2002 Service Pack 2 (SP2) のセキュリティ更新プログラムの関連情報がすべて記載されています。セキュリティ情報の詳細を参照するには、以下のホーム ユーザー向けまたは IT プロフェッショナル向けのマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。 このセキュリティ更新プログラムは、以下の言語版の Content Management Server 2002 SP2 に適用可能です。
  • 英語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • 日本語

このセキュリティ更新プログラムで修正される問題

セキュリティ情報に記載されている問題に加え、このセキュリティ更新プログラムでは、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の以下の資料に記載されている問題も解決されます。
887574 [FIX] Content Management Server 2002 でサイト展開インポートのプレビューを実行すると、エラー メッセージ "OutOfMemoryException" が表示されることがある
912356 [FIX] Content Management Server 2002 で、MCMS API を使用してチャネルのパスを生成すると、Web サーバーが応答を停止することがある
913072 [FIX] MCMS 2002 Service Pack 1a で特定の SDO パッケージ ファイルをインポートすると、インポートが失敗することがある
913400 [FIX] Content Management Server 2002 SP2 のインストール後、Database Configuration Application (DCA) で SQL 認証モードを使用すると、エラー メッセージが表示される
913401 [FIX] Content Management Server 2002 Service Pack 2 で SQL Server 2005 に対してサイト展開エクスポート操作を実行すると、エクスポート操作が失敗する
913554 [FIX] Content Management Server 2002 SP2 のインストール後、ハイパーリンク アドレス フィールドを消去してもハイパーリンクを削除できない
913706 [FIX] MCMS 2002 Service Pack 2 および MCMS 2002 Service Pack 1a で、ファイル名にアクサン グラーブの付いた文字が含まれる場合、添付ファイルが管理されていないリンクとして保存される
914195 [FIX] Microsoft Content Management Server 2002 Service Pack 2 をインストールすると、Visual Studio .NET 2003 で MCMS テンプレート エクスプローラが表示されない
914782 [FIX] Content Management Server 2002 SP2 で、Mozilla Firefox または Netscape Navigator を使用すると、ポストバックが動作しない
915190 [FIX] Visual Studio .NET 2003 がインストールされていないと、Microsoft Content Management Server 2002 Service Pack 2 の開発ツールをインストールできない
916114 Content Management Server 2002 Service Pack 2 以降の修正プログラム パッケージ (2006 年 8 月 3 日) について
917509 Content Management Server 2002 Service Pack 2 以降の修正プログラム パッケージ (2006 年 3 月 30 日) について
919841 [FIX] 「サポート技術情報」の資料 913706 に記載されている Content Management Server 2002 修正プログラムを適用すると、誤ったバージョンの Nrdhtml.dll ファイルがインストールされる
921300 [FIX] MCMS 2002 Service Pack 2 で、接続ポスティングの更新を含む .sdo ファイルをインポートした後、Web サイトの一部が表示されないことがある
921930 [FIX] MCMS 2002 で、編集モードでプレースホルダをレンダリングした場合、および Internet Explorer ブラウザ ウィンドウから別の開いているウィンドウにフォーカスを変更した場合、エラー メッセージ "Object Expected" が表示される
923755 Content Management Server 2002 Service Pack 2 以降の修正プログラム パッケージ (2006 年 8 月 8 日) について
927508 Content Management Server 2002 で、Web サイトの展開にカスタム アプリケーションを使用すると、エラー メッセージ "Memory could not be read/written at address" が表示される

再起動の必要性

このセキュリティ更新プログラムを手動でインストールした場合は、コンピュータを再起動する必要があります。

: 以下のいずれかのソースからこのセキュリティ更新プログラムをインストールした場合は、コンピュータを再起動する必要はありません。
  • Microsoft Update
  • Microsoft Office ダウンロード Web サイト

既知の問題

このセキュリティ更新プログラムに問題が見つかりました。この問題は、Content Management Server 2002 をインストールするためにカスタム インストール パスを使用した場合の展開に影響します。このセキュリティ更新プログラムにより、カスタム インストール パスのレジストリ値が Content Management Server 2002 ファイルのデフォルトのインストール パスで上書きされます。

以下に、問題の発生する状況の一例を示します。

Content Management Server 2002 と共に、次のものがインストールされます。
  1. Service Pack 2
  2. 最新のソフトウェア更新プログラム (MS07-018)
また、Content Management Server 2002 ファイルがデフォルト以外のパスにインストールされます。

現象 1

リモート コンピュータからサイトを展開すると、次のエラー メッセージが表示されます。
エラー: 1002 説明: XML パーサーは指定されたファイルを解析できませんでした。重大度: 5 ソース: ソース: GrammarParserC.dll aegrammarparser.cpp 319 デバック情報: System.Runtime.InteropServices.COMException (0x80010105): The server threw an exception. at Microsoft.ContentManagement.Interop.NRXMLMarshaler.NRXMLStubClass.ProcessRequest(String bstrRemoteMachineAddress, String bstrRequestXML) at Microsoft.ContentManagement.SiteDeployment.cmsxmlstub.Page_Load(Object sender, EventArgs e) 補足情報: クライアント ソース: CExProgress::ProcessPackage 推奨アクション:

現象 2

Site Manager が起動しません。Content Management Server 2002 がインストールされているサーバーで Site Manager を起動しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
サテライト DLL 'C:\Program Files\Microsoft Content Management Server\Shared Files\NRMsgRes.dll' を読み込むことができませんでした。製品を再インストールするか、修復してください。

現象 3

Database Configuration Application が起動しません。更新プログラムをインストールした後に、Content Management Server の管理者が Database Configuration Application を起動しようとしても、アプリケーションがまったく起動しません。

現象 4

Content Management Server ページ上のイメージが表示されません。イメージを含む Content Management Server のページを表示すると、イメージではなく、赤い "X" が表示されます。

現象 5

Content Management Server のイベント ログに誤った情報が報告されます。

回避策

これらの現象を回避するには、以下のレジストリ キーの値を表示して、Content Management Server のパスが標準のインストール パスに変更されているかどうかを確認します。

警告 : レジストリ エディタまたは別の方法を使用してレジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリの変更により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリの変更は、自己の責任において行ってください。

注 : Content Management Server の標準のインストール パスは次のとおりです。
C:\Program Files\Microsoft Content Management Server
Content Management Server のサーバー部分のみがインストールされている場合は、次のレジストリ キーを確認します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\NCompass\CmsInstallLocation
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\NCompass\SatelliteDLL
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\NCompass\Resolution Content Server\dir
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\NCompass\Resolution Content Server\Database Manager\PhysicalExecPrefix
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\NCompass\Resolution Content Server\Database Manager\PhysicalReadPrefix
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Eventlog\Application\MCMS\EventMessageFile
Client がインストールされているコンピュータのみの場合は、次のレジストリ キーを確認します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\NCompass\NCompass Resolution Client\Dir
Site Stager がインストールされているコンピュータのみの場合は、次のレジストリ キーを確認します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\NCompass\Staging Server\ExePath
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\NCompass\Staging Server\LogsDirectory


これらのキーのパスはすべて、Content Management Server ファイルがインストールされているパスに変更する必要があります。たとえば、Content Management Server ファイルが C:\CMSInstall にインストールされている場合は、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に regedit と入力し、[OK] をクリックします。
  2. [HKEY_LOCAL_MACHINE] を展開し、[SOFTWARE] を展開します。
  3. [NCompass] レジストリ ノードをクリックします。
  4. 右側のウィンドウの [CmsInstallLocation] という名前の REG_SZ 値をダブルクリックします。
  5. C:\Program Files\Microsoft Content Management Server をカスタム インストール パスに置き換えます。

    注 : この例では、インストール場所は C:\CMSInstall ですが、インストール場所は異なる可能性があります。
  6. 上に記載されている各レジストリ キーに対して、この手順を繰り返します。

プロパティ

文書番号: 924429 - 最終更新日: 2007年9月12日 - リビジョン: 5.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Content Management Server 2002 Service Pack 2
キーワード:?
kbcontentmgtserv2002presp3fix kbexpertisebeginner kbqfe kbsecurity kbsecvulnerability kbbug kbfix kbpubtypekc KB924429
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com