2007 Office プログラムでテンプレートを管理する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 924460 - 対象製品
Microsoft Office 2003 については、次の資料を参照してください。889495


重要 : この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておいてください。バックアップ、復元、および編集方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、2007 Microsoft Office プログラムで使用するテンプレートの種類と格納場所について説明します。カスタム テンプレートの格納場所を制御するレジストリ設定についても取り上げます。

詳細

2007 Office プログラムでは、ユーザーが作成した新しいカスタム テンプレートはすべて保存されます。2007 Office プログラムでは、そのプログラムに属するテンプレートについて、次のいずれかの場所を参照します。
  • ユーザー テンプレート ファイルの場所
  • ワークグループ テンプレート ファイルの場所
  • アドバタイズされているテンプレート ファイルとインストールされているテンプレート ファイルの場所
  • ファイル以外をベースとするテンプレート ファイルの場所

ユーザー テンプレート ファイルの場所

新しく作成された、または変更されたテンプレートはユーザーのプロファイル ディレクトリのフォルダに保存されます。ユーザー プロファイル ディレクトリにあるフォルダには、構成設定およびオプションが格納されています。これらのフォルダには、移動ユーザー プロファイルに必要なすべてのものが格納されます。

デフォルトでは、ユーザー テンプレート ファイルは次の場所に格納されています。
C:\Documents and Settings\user name\Application Data\Microsoft\Templates
: ユーザー テンプレート ファイルの場所は変更できます。

テンプレートの保存場所を変更する方法

Microsoft Office Word 2007 を使用して、新しいテンプレートが保存される場所を変更できます。これを行うには、次の手順を実行します。

: Word 2007 を使用して新しいテンプレートが保存される場所を変更した場合、すべての 2007 Office プログラムで、テンプレートが保存される場所が変更されます。
  1. Word 2007 を起動します。
  2. Microsoft Office ボタンをクリックし、[Word のオプション] をクリックします。
  3. [詳細設定] をクリックします。
  4. [全般] の [ファイルの場所] をクリックします。
  5. [ユーザー テンプレート] をクリックし、[変更] をクリックします。
  6. [フォルダの変更] ダイアログ ボックスの [フォルダ名] ボックスまたは [ファイルの場所] ボックスの一覧で、新しいテンプレートを保存するフォルダを指定し、[OK] をクリックします。
  7. [OK] または [閉じる] をクリックし、もう一度 [OK] をクリックして [Word のオプション] ダイアログ ボックスを閉じます。
変更したパスは Windows レジストリに記録され、次回、新しいテンプレートを保存するときに使用されます。詳細については、「ユーザー テンプレート ファイルの場所とワークグループ テンプレート ファイルの場所に関する Windows レジストリ設定の変更」を参照してください。

: ネットワーク管理者は 2007 Microsoft Office リソース キットに含まれているポリシー テンプレートを使用して、新しいテンプレートを保存する場所を変更できます。詳細については、ネットワーク管理者に問い合わせてください。

また、プロファイルの Templates フォルダ内に新しいフォルダを作成することで、[テンプレート] ダイアログ ボックスに表示されるカスタム タブを作成することもできます。新しいフォルダと同じ名前のタブが、[テンプレート] ダイアログ ボックスに表示されます。これらのタブを使用して、新しいテンプレートをさらに細かく分類することができます。

Microsoft Office ボタンをクリックし、[新規作成] をクリックすると、次のテンプレート オプションを利用できます。

: Microsoft Office Online では、さらに多くのテンプレートを利用できます。
Access 2007
  • 空のデータベース
Excel 2007
  • インストールされているテンプレート
  • マイ テンプレート
  • 既存のファイルから新規作成
  • 空白のファイル/最近使用したテンプレート
PowerPoint 2007
  • インストールされているテンプレート
  • マイ テンプレート
  • 既存のファイルから新規作成
  • 空白のファイル/最近使用したテンプレート
  • インストールされているテーマ
Word 2007
  • インストールされているテンプレート
  • 空白のファイル/最近使用したテンプレート
  • マイ テンプレート
  • 既存のファイルから新規作成
: Microsoft Office Publisher 2007 と Microsoft Office SharePoint Designer 2007 では、上記の 2007 Office プログラムとは異なるユーザー インターフェイスを使用します。
Publisher 2007
  • [ファイル] メニューの [新規作成] をクリックし、いずれかの文書の種類をクリックします。
SharePoint Designer 2007
  • [ファイル] メニューの [新規作成] をクリックし、いずれかのテンプレートをクリックします。

ワークグループ テンプレート ファイルの場所

この場所に保存されるテンプレートは、原則として、ユーザー テンプレート ファイルの場所に保存されるテンプレートと同じです。ただし、この場所は、ネットワーク ドライブ上の共有フォルダであることが一般的です。

: ネットワーク管理者は、ワークグループまたは会社で使用するテンプレートの提供元として共有の場所を設定することができます。通常、ワークグループ テンプレート ファイルの場所は読み取り専用の共有フォルダです。

2007 Office プログラムでは、デフォルトのユーザー テンプレート ファイルの場所で既存のテンプレートを検索するだけでなく、ワークグループ テンプレート ファイルの場所でもテンプレートがあるかどうかを検索します。

ワークグループ テンプレート ファイルの場所およびワークグループまたは会社でテンプレートを共有する方法の詳細については、ネットワーク管理者に問い合わせてください。

アドバタイズされているテンプレート ファイルとインストールされているテンプレート ファイルの場所

アドバタイズされているテンプレートとは、2007 Office プログラムに含まれているテンプレートのことです。これらのテンプレートは、[テンプレート] ダイアログ ボックスに表示されます。2007 Office のインストールの種類によっては、コンピュータにすべてのテンプレートがインストールされていない場合もあります。ただし、それぞれの 2007 Office プログラムでは、[テンプレート] ダイアログ ボックスにそれらのテンプレートが利用可能であるように表示されます。

テンプレートを選択したときに、2007 Office プログラムによってそのテンプレートがインストールされているかどうかが判断されます。テンプレートがインストールされている場合には、そのテンプレートを基にした新しいドキュメントが開きます。テンプレートがアドバタイズされていてもインストールはされていない場合には、テンプレートをインストールするように通知するメッセージがプログラムから表示されます。

Publisher 2007 用にインストールされているテンプレートは、削除することができます。これを行うには、2007 Office インストール プログラムを起動し、テンプレート グループの設定を [初めて実行するときにインストール] に設定します。この操作によって、テンプレートは、コンピュータから事実上削除され、再び、アドバタイズされているテンプレートになります。Microsoft Office Access 2007 では、テンプレートをアドバタイズされているテンプレートにすることはできませんが、無効にすることはできます。その他の 2007 Office プログラムでは、テンプレートは独立したコンポーネントとしては表示されません。

Microsoft Office にインストールされているすべてのテンプレートは、デフォルトで、次のフォルダに配置されています。
C:\Program Files\Microsoft Office\Templates\Language ID Number
: Language ID Number は、現在インストールされている言語を表す 4 桁のコードです。たとえば、2007 Office の英語 (米国) 版は 1033 フォルダ、アラビア語版は 1025 フォルダ、ドイツ語版は 1031 フォルダにインストールされます。2007 Office では多くの言語がサポートされており、同時に複数の言語をインストールすることができます。そのため、Templates フォルダには、複数の言語 ID フォルダが含まれることがあります。

ファイル以外をベースとするテンプレート ファイルの場所

2007 Office プログラムでは、新しいブック、文書、データベース、およびスライドを作成するために、ファイル以外をベースとするテンプレートが使用されます。名前からわかるように、これらの特殊ファイルの作成の基となる実際のテンプレートは存在しません。それぞれの 2007 Office プログラムに、適切な種類の新しいファイルを作成するために必要な情報が含まれています。

たとえば、Word の全文書対象のテンプレート (Normal.dotm) を使用して空白の文書を作成する場合、Word の内部に格納されている設定を使用して空白の新規文書が作成されます。

ユーザー テンプレート ファイルの場所とワークグループ テンプレート ファイルの場所に関する Windows レジストリ設定の変更

警告 : レジストリ エディタまたは別の方法を使用してレジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリの変更により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリの変更は、自己の責任において行ってください。

2007 Office プログラムでは、ユーザー テンプレート ファイルの場所とワークグループ テンプレート ファイルの場所を記録するために 2 つのレジストリ キーを使用しています。これらの設定はどちらも次のレジストリ キーに記録されます。
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\12.0\Common\General
ユーザー テンプレートの場所は UserTemplates 文字列値に格納されます。

ワークグループ テンプレートの場所は SharedTemplates 文字列値に格納されます。

カスタム テンプレートのデフォルトの場所を変更しない限り、これらの文字列値は存在しません。すべての 2007 Office プログラムではデフォルトで、インストールされているテンプレートを検索します。そのため、2007 Office プログラムでは文字列値は必要ありません。

ユーザー テンプレート ファイルの場所をこの資料の「ユーザー テンプレート ファイルの場所」に記載されているデフォルトの場所に変更した場合、UserTemplates 文字列値はレジストリから削除されます。ただし、ワークグループ テンプレート ファイルの場所をデフォルトの場所に変更した場合は、SharedTemplates 文字列値はレジストリに保持されます。

プロパティ

文書番号: 924460 - 最終更新日: 2011年1月5日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Ultimate 2007
  • Microsoft Office Access 2007
  • Microsoft Office Excel 2007
  • Microsoft Office Outlook 2007
  • Microsoft Office PowerPoint 2007
  • Microsoft Office Publisher 2007
  • Microsoft Office SharePoint Designer 2007
  • Microsoft Office Word 2007
キーワード:?
kbtemplate kbexpertisebeginner kbhowto kbinfo KB924460
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com