Office ポリシー テンプレートを Windows のグループ ポリシー設定の使用方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 924617
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Microsoft Office ポリシー テンプレートを Microsoft Windows のグループ ポリシー設定の使用方法について説明します。

Microsoft Office 2007年リソース キット管理者は Office 2007 プログラムで使用できるポリシー テンプレート (.adm ファイル) が含まれています。Windows ベースのネットワークでは、グループ ポリシーの設定は Office 2007 でのユーザーの動作を管理者が制御できます。

この資料では Microsoft Windows Server 2000 ベースの環境で、Microsoft Windows Server 2003 ベースの環境で使用できるポリシーを作成するために使用可能なリソースについて説明します。次のセクションを掲載しています。
  • 概要
  • Office 2007 ポリシー テンプレートの使用
  • ダウンロード Office 2007 ポリシー テンプレートをインストールする方法
  • Office 2007 ポリシー テンプレートをローカル コンピューター ポリシーに読み込む方法
  • 参照

詳細

概要

ポリシーを設定すると、定義して、ユーザーのコンピューター上の特定の Office 2007 構成を維持することができます。異なり、トランス フォーム (.mst ファイルでとも呼ばれます) で配布されるデフォルト設定などの他のカスタマイズ ポリシーはユーザーがネットワークにログオンするたびに再適用されます。また、ポリシーが管理者によって設定されているいくつかの他の間隔で再設定できます。ユーザーがポリシーを変更するには、レジストリを編集できません。

ローカル コンピューターおよびそのコンピューターのすべてのユーザー)、適用するポリシーを設定することができますかは個々 のユーザーに適用するポリシーを設定することができます。

コンピューターごとのポリシーを設定します。 [コンピューターの構成 グループ ポリシー スナップインでコンピューターごとにでは初めてのすべてのユーザーがそのコンピューターからネットワークにログオン ポリシー適用されます。

[ユーザーごとのポリシーを設定します。 [ユーザーの構成 指定したユーザーが任意のコンピューターからネットワークにログオンすると、グループ ポリシー スナップインで-ユーザーごとにポリシーが適用されます。

Office 2007 ポリシー テンプレートを使用するには、グループ ポリシー Microsoft 管理コンソール スナップインにテンプレートを読み込む必要があります。

Office 2007 ポリシー テンプレートの使用

Microsoft Office 2007年リソース キットの管理用テンプレートのポリシー ファイルに、ポリシー グローバル ネットワーク上のユーザーの Office を設定できます。ユーザー、グループ、またはコンピューターがネットワークにログオンするとポリシーを使用して、すばやくユーザーのコンピューター上のユーザーの構成適用できます。

Office ポリシーの管理用テンプレート ファイル (.adm ファイル) は、Office を設定するすべてのポリシー設定について説明します。これらの .adm ファイルをグループ ポリシー スナップインを使用して、ユーザーのコンピューターにポリシーを適用します。

グループ ポリシー スナップインは、Windows オペレーティング システムに含まれます。

Microsoft Office 2007年リソース キットのセットアップ プログラムコンピューター上の windows \inf フォルダーには、以下のポリシー テンプレートをインストールします。
元に戻す全体を表示する
ファイル名テンプレートの説明
Access12.admMicrosoft Office アクセス 2007
Excel12.admMicrosoft Office Excel 2007
Fp12.admMicrosoft Office の FrontPage 2007
Gal12.admMicrosoft クリップ オーガナイザー
Inf12.admMicrosoft Office InfoPath 2007
Office12.admMicrosoft Office 2007
Onent12.admOneNote 2007 の Microsoft Office
Outlk12.admMicrosoft Office Outlook 2007
Ppt12.admMicrosoft Office PowerPoint 2007
Pub12.admMicrosoft Office Publisher 2007
Visio12.admMicrosoft Office Visio 2007
Word12.admMicrosoft Office ワード 2007

ダウンロード Office 2007 ポリシー テンプレートをインストールする方法

Office 2007 ポリシー テンプレートをダウンロードするには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=en&FamilyID=73d955c0-da87-4bc2-bbf6-260e700519a8
Microsoft Office 2007年リソース キットの「ポリシー管理用テンプレート ファイル」の Web ページをWeb サイトのインストール手順については、Office 2007 ポリシー テンプレートを検索できます。

Visio 2007 ポリシー テンプレート (Visio12.adm) Office 2007 ポリシー テンプレートのダウンロード部分であります。

Office 2007 ポリシー テンプレートをインストールするには、次の手順を実行します。
  1. 管理用テンプレートのポリシー ファイルで、Web ページをスクロールしをクリックして、 AdminTemplates_setup.exe リンクします。
  2. で、 [ ダイアログ ボックス、クリックして と入力して.
  3. ライセンス契約に同意する] をクリックしをクリックしてください 次へ.
  4. で、 インストールの種類 ウィンドウ、クリックして 標準インストールプロパティ 次へ.
  5. クリック インストール.
  6. クリック ] 場合セットアップが完了しました。
Office 2007 ポリシー テンプレート内にある、 パス\ Windows\Inf フォルダー。 パスWindows フォルダーを含むドライブです。 WindowsWindows フォルダーの名前です。

Office 2007 ポリシー テンプレートをローカル コンピューター ポリシーに読み込む方法

Office 2007 のポリシー Office ポリシー テンプレート (.adm ファイル) を設定するのには、グループ ポリシー スナップインを使用します。特定のグループ ポリシー オブジェクトのポリシーを設定すると、Windows がユーザーのコンピューターにポリシーを自動的に実装します。

Office 2007 ポリシーをローカル コンピューター ポリシーに読み込むには、次の手順を実行します。
  1. クリック ボタンをクリックし、[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] gpedit.msc続いて と入力して [ ].
  2. [ユーザーの構成を右クリックして 管理用テンプレート、ポイント すべてのタスクプロパティ [テンプレートの追加と削除.
  3. で、 [テンプレートの追加と削除 ダイアログ ボックス、クリックして 追加.
  4. で、 ポリシー テンプレート ダイアログ ボックスで、追加、および、クリックする、Office 2007 ポリシー テンプレートをクリックします。 と入力して.

    Office 2007 ポリシー テンプレート内にある、 パス\ Winnt\Inf フォルダー。 パスWindows フォルダーを含むドライブです。 WinntWindows フォルダーの名前です。
  5. で、 [テンプレートの追加と削除 ダイアログ ボックス、クリックして 閉じる.
  6. で、 ツリー タブの グループ ポリシー ウィンドウを展開 管理用テンプレート[ユーザーの構成.
  7. 手順 5 で追加した Office 2007 のポリシー] を展開します。
あなたがする Office 2007 ユーザー ポリシーをローカル コンピューター ポリシーで設定できるようです。

参照

ユーザーの構成をポリシーによって管理する方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
.aspx の http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc179081 (v=office.12)
Microsoft Windows Server 2003 でグループ ポリシーを使用する方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/windowsserver2003/techinfo/overview/gpintro.mspx
Microsoft Windows 2000 でグループ ポリシーを使用する方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/library/Bb742376.aspx
グループ ポリシーに基づくソフトウェア アプリケーションの管理をインストールする方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://office.microsoft.com/en-us/assistance/HA011402011033.aspx

プロパティ

文書番号: 924617 - 最終更新日: 2012年5月4日 - リビジョン: 2.0
キーワード:?
kbhowto kbinfo kbsetup kbdeployment kbexpertisebeginner kbmt KB924617 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:924617
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com