Systems Management Server 2003 の高度なクライアント プッシュ インストールのトラブルシューティング方法の問題します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 925282 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

SMS 2003 アドバンスト クライアント プッシュ インストール メソッドを使用するときに Microsoft Systems Management Server (SMS) 2003年アドバンスト クライアントのインストール問題のトラブルシューティング方法について説明します。

高度なクライアント プッシュ インストールを使用して、SMS 2003 アドバンスト クライアントを展開するときに発生することができますのあるいくつかの問題があります。 この資料では、クライアント プッシュ インストールの高度なプロセス、一般的な問題とその解決策、およびツールと一般的な問題のトラブルシューティングの手順について説明します。

概要

SMS サイト内のコンピューターに自動的に SMS 2003 アドバンスト クライアントをインストールする SMS 2003 アドバンスト クライアント プッシュ インストール メソッドを使用する場合、以下の問題が発生する可能性があります。
  • SMS アドバンスト クライアントはインストールされません。
  • SMS アドバンスト クライアントがインストールされています。 ただし、自動サイト割り当てを取得ができません。
  • SMS アドバンスト クライアントがインストールされ、割り当てられています。 ただし、SMS サイト サーバーと通信できません。

詳細

この記事では、SMS アドバンスト クライアント プッシュ インストール プロセスは次の 3 つのフェーズ分割されます。 各フェーズには、問題の個別のセットは自身があります。

メモ 問題は SMS クライアントよく寄せられる質問に記載されて SMS アドバンスト クライアントについて質問と回答をよく寄せ。 SMS クライアントに関する FAQ を表示するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/cc988013.aspx
  • プレインストール段階

    SMS クライアント構成マネージャーは、ターゲット クライアントに接続し、クライアントのオペレーティング システムとクライアントの情報を確認します。 セットアップ プロセスが SMS のコア コンポーネントをクライアント コンピューターにダウンロードしとクライアントのインストール ソース ファイルがコピーされ、します。
  • インストール フェーズ

    SMS アドバンスト クライアントは、サイト サーバーからインストール ファイルをコピーしセットアップを開始します。
  • インストール後の段階

    セットアップ プログラムが完了すると後、SMS アドバンスト クライアント、サイト割り当てを取得、SMS サイト サーバーにハートビート探索情報を送信する、し、SMS アドバンスト クライアント ポリシーを取得する既定の管理ポイントに接続します。

プレインストール段階

  1. プレインストール段階では、SMS は、クライアント コンピューターを検出し、クライアント構成要求 (CCR) ファイルを生成します。 CCR ファイルには、クライアントのコンピュータ名と追加情報が含まれます。
  2. SMS クライアント構成マネージャーは、クライアント上の ADMIN$ 共有に接続します。 これ CCR ファイル内の情報をに基づいてです。
  3. クライアント構成マネージャーに接続クライアントのレジストリし、クライアントに関する情報を収集します。 このプロセスは、Ccm.log IPC$ に接続すると、ログ エントリとして表示されます。
  4. SMS のコアのコンポーネント ファイル、MobileClient.tcf と、Ccmsetup.exe は、SMS\bin\I386\ フォルダーにあります。 これらのファイルは、クライアント コンピューターに %windir% \System32\ccmsetup フォルダーにダウンロードします。
  5. クライアント構成マネージャーは接続を切断する前に、Ccmsetup サービスが正常に開始されている検証します。 CCR ファイルは、インストールが成功したことの検証の SMS\Inboxes\Ccrretry.box フォルダーに追加します。 SMS は、2 番目の検証パスでれる、SMS Agent Host が実行されていると CCR ファイルを削除し、判断します。
  6. このプロセス時に、クライアント構成マネージャーがエラーを検出した、すると、CCR ファイルの名前がターゲット クライアント コンピューターの名前に変更され、SMS\Inboxes\Ccrretry.box フォルダーに格納されます。 60 分ごとにこの受信トレイ フォルダー内のファイルをチェックし、168 時間 (7 日) は破棄されます前に、再処理しようとクライアント構成マネージャーします。 この情報は、Ccm.log に記録されます。

プレインストールの問題のトラブルシューティング

新たに発見されたクライアント コンピューター、現在のサイトに割り当てられていません。

この問題は、SMS サイト境界が誤って、構成されているまたはサイト境界の操作を行いますが収集されている探索データの種類に合わせていないときに通常発生します。 このような場合、CCR ファイルは作成されません、クライアント コンピューターの SMS 探索データ マネージャーによってと、インストール処理は発生しません。

SMS サイト境界を構成する方法の詳細については、「「クライアント展開計画」で システムの管理サーバー 2003年コンセプト計画、および 『 導入ガイド 』 。 このガイドを参照するには、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください:
http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc179958.aspx

高度なクライアント プッシュ インストールの適切なサイトで有効でないです。

サイトの高度なクライアント プッシュ インストールが有効でない場合、SMS データ探索マネージャーに自動的に生成しません CCR ファイルをクライアント コンピューターを独自のサイト境界内に存在しません。

SMS クライアント構成マネージャーまたはリモート レジストリ サービス (IPC$)、クライアント管理 $ 共有への接続ことはできません。

クライアント構成マネージャーを管理者 $ に接続できないするとエラーが次のようになりますが Ccm.log ファイルに記録されます。
7260 (0x1c5c) 2006 年 6 月 6 日午前 7時 06分: 31
管理用共有に接続しよう ' \ 'アカウントを使用して' <computername> \Admin$domain\account ' SMS_CLIENT_CONFIG_MANAGER (0x1CE8) を 7400 2006 年 6 月 6 日午前 7時 06分: 34
WNetAddConnection2 (LOGON32_LOGON_NEW_CREDENTIALS) に失敗しましたアカウント domain\account (000004b3) を使用して SMS_CLIENT_CONFIG_MANAGER (0x1CE8) を 7400 2006 年 6 月 6 日午前 7時 06分: 34
WNetAddConnection2 (LOGON32_LOGON_INTERACTIVE) に失敗しましたアカウント domain\account (000004b3) を使用して SMS_CLIENT_CONFIG_MANAGER 660 (0x0294) 2006 年 6 月 6 日午前 7時 06分: 35
エラー: コンピューター名"computername"、エラーのリモート レジストリに接続できません 53.SMS_CLIENT_CONFIG_MANAGER 660 (0x0294) 2006 年 6 月 6 日午前 7時 06分: 35
エラー: 要求の対象コンピューターにアクセスすることができません:"computername.KRC"、コンピューター名:"computername"のエラー コード: 53SMS_CLIENT_CONFIG_MANAGER 660 (0x0294) 2006 年 6 月 6 日 7時 06分: 36 AMStored 要求"computername.KRC"名"computername"、再試行.SMS_CLIENT_CONFIG_MANAGER のキュー内のコンピューター
このような状況ではエラー コード 53 がサイト サーバーが、クライアントが見つかりません記録されます。
ネットワーク パスが見つかりません。
エラー コード 53、次のエラー メッセージが付いて、通常は。
000004b3-"ネットワーク プロバイダーなし、指定されたネットワーク パスによって受け付けられません。"
エラー 53、前にこのログ エントリがありますか、このログ エントリとエラー ログ ファイルに 53 の間で追加の情報のある可能性があります。

この問題は 1 つ場合に発生する可能性があります。 または複数、次の条件に該当します。
  • ネットワーク接続問題があります。
  • 名前解決問題と、たとえば、Windows インターネット ネーム サービス (WINS) ドメイン ネーム システム (DNS) があります。
  • リモート レジストリ サービスは、クライアント コンピューター上で無効になっています。
  • [Microsoft Windows XP </a0>] または [Microsoft Windows Server 2003 のファイアウォールが、SMS アドバンスト クライアントと SMS サイト サーバー間の通信をブロックします。
  • クライアント上でサーバー サービスは開始されません。
  • ファイルと Microsoft ネットワーク用のプリンターの共有が、クライアント コンピューターにインストールされていません。

    メモ ファイルと Microsoft ネットワーク用のプリンターの共有がクライアントにインストールされていない場合は、次のエラー メッセージが表示されます。
    エラー 67 - ネットワーク名が見つかりません。

SMS アドバンスト クライアント プッシュ インストール アカウントが正しく構成されていないまたはが見つからないまたはがロックアウト

この問題が発生するとエラー コード 5 メッセージがサイト サーバー上で Ccm.log ファイルに表示されます。 次の例では Computer は、コンピュータ名、SMS Advanced Client のコンピューターは。
管理用共有 '\\COMPUTER1\Admin$' アカウント 'ドメイン \ アカウント' を使用してに接続します。
WNetAddConnection2 (LOGON32_LOGON_NEW_CREDENTIALS) に失敗しましたアカウント domain\account (0000052e) を使用します。
LogonUser に失敗しました (LOGON32_LOGON_INTERACTIVE) アカウント domain\account (0000052e) を使用します。
エラー: コンピューター名「Computer」、エラー 5 のリモート レジストリに接続できません。
エラー: 要求の対象コンピューターにアクセスすることができません:「Computer」、コンピューター名:「Computer」、エラー コード: 5
メモ エラー コード 5 アクセスが拒否されましたエラーです。

ソリューション 高度なクライアント プッシュ インストール アカウント管理者資格情報を SMS アドバンスト クライアント コンポーネントをインストールするコンピューター上でが必要です。

すべての潜在的なクライアント コンピューター、クライアント プッシュ インストールの高度なプロセスが管理者権限と、次のアカウントのいずれかにアクセス許可を付与することを必要です。
  • 標準セキュリティ モードで、サイトが実行するときは、SMS サービス アカウント
  • クライアント プッシュ インストールの高度なアカウントを定義します。
複数高度なクライアント プッシュ インストール アカウントを作成できます。 ドメインのメンバーになっていないクライアントはドメイン アカウントを認証できません。 を、ドメインのメンバーでないクライアントについて、クライアント コンピューターでローカル アカウントを使用することができます。

たとえば、管理用に、各コンピューターに、標準のアカウントを設定するすべてのアカウントに同じパスワードがある場合、%machinename%\account として、高度なクライアント プッシュ インストール アカウントを定義できます。 クライアント プッシュ インストールの場合、SMS 2003 サイトの準備方法の詳細についてをクリックして次資料「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
838436クライアント プッシュ インストールの場合、システムの管理 2003年サイトの準備方法

SMS アドバンスト クライアント ネットワーク アクセス アカウントが正しく構成されていないまたはが見つからないかがない-Active Directory 環境でロックアウト

次の非-Active Directory 環境でクライアント コンピューター上の SMS 2003 アドバンスト クライアント ソフトウェアの展開、高度なクライアント プッシュ インストール方法を使用することができます前に、SMS 2003 [詳細設定] クライアントのネットワーク アクセス アカウント、SMS 2003 サイトを構成する必要があります。
  • ワークグループ
  • Windows NT 4. 0 ドメイン
  • 信頼されていない、フォレスト
[アドバンスト クライアント ネットワークのアクセス アカウントは、アドバンスト クライアント用に作成するドメイン レベル アカウントです。 を非-Active Directory 環境では、アカウントを定義する場合は、Client.msi ファイルにアクセスするため、アカウントが使用され SMSClient 共有からの関連インストール ファイルを、SMS サイト サーバーまたは SMS 管理ポイントします。

メモ SMS アドバンスト クライアント ネットワーク アクセス アカウントが使用できない場合、現在ログオンしているユーザー アカウント、ローカル システム アカウントまたは先のコンピューターのコンピューター アカウント接続を確立する使って SMS。

この構成で、SMS アドバンスト クライアント ネットワーク アクセス アカウント、SMS レガシ クライアント コンピューターのクライアント接続アカウント似ています。

インストール フェーズ

  1. Ccmsetup.exe を起動し、MobileClient.tcf ファイルをスキャンします。 このファイルはサイト サーバー上で Client.msi ファイルを探します必要な情報を取得する Ccmsetup.exe を構成ファイルです。 MobileClient.tcf ファイルには、SMS サイト コード、管理ポイント サーバー名、サイト境界、およびその他の情報もは提供します。
  2. Ccmsetup.exe は、SMSClient\i386 の共有フォルダーに、SMS 管理ポイントまたは SMS 上の SMS_ sitecode 共有フォルダー内の Client\i386 フォルダーからサーバーをサイトから client.msi ファイルをダウンロードします。 アドバンスト クライアント インストーラーは、SMS 管理コンソールで、管理者が指定したパラメーターを使用して Client.msi セットアップ プログラムを実行します。

インストールの問題のトラブルシューティング

SMS サイト サーバー上で、そのインストール ファイルに、SMS アドバンスト クライアントはアクセスできません。

Client.msi ファイルは、管理ポイント上の SMSClient\i386 フォルダー、または、SMS サイト サーバー上の Client\i386 フォルダーに存在します。

このファイルにアクセスのトラブルシューティングに SMS アドバンスト クライアント コンピューターの次ログを確認します。
  • %windir%\System32\Ccmsetup\Ccmsetup.log
  • %windir%\System32\Ccmsetup\Client.msi.log
ソリューション 障害条件をトラブルシューティングするときは、SMS ログ データを確認し、次のエラー メッセージを検索する SMS トレース ユーティリティ (Trace32.exe) を使用することができます。
戻り値 3
このエラーの前にある行は、インストールが正常に完了しない理由を伝えます。

メモ アドバンスト クライアント コンピューター上の Client.msi.log ファイルを確認する単語、インストールが正常に完了しない理由を確認するには、「エラー」の検索しません。 Client.msi.log ファイルには、Microsoft Windows インストーラー アプリケーションで使用できるすべて、情報含まれます。 この情報にはエラー メッセージおよびその他のプロパティが含まれます。

SMS のトレース ユーティリティが含まれます、システム管理サーバー 2003 Toolkit には。 システムの [管理サーバー演習用ツールキットをダウンロードするには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/sms/bb676787.aspx

SMS アドバンスト クライアントのアップグレード中に、管理ポイントにアクセスできません。

SMS アドバンスト クライアント コンピューターは、管理ポイントにアクセスできません、ときに、Ccmsetup.log は、次のエラーを格納します。
サーバー メッセージの処理に失敗し、ステータス コード 404 が返されました
この問題は、管理ポイントがインストールされていないまたはが正しく起動しない場合に通常発生します。

ソリューション この問題のトラブルシューティングを行うため、「トラブルシューティング"管理ポイントの問題"してください。

Capinst.exe を使用して展開するクライアントが正常にインストールされていません

Capinst.exe を使用して、アドバンスト クライアントを展開すると、は、サーバー ロケーター ポイント (SLP) が利用可能なを確認する必要があります。 SLP は管理ポイントの一覧を返します。

ソリューション サーバー ロケーター ポイントをインストールし、SLP が Active Directory で公開またはが WINS データベースに登録されてことを確認してします。
  1. サーバー ロケーター ポイントをインストールします。 SLP は、SMS 管理コンソールでサイト システムの役割として追加できます。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. [スタート ] をクリックして、 プログラム をポイントし、 Systems Management Server ] をポイントし、[ SMS Administrator Console ] をクリックします。
    2. SMS 管理コンソールで サイト データベース を展開 サイト階層 の、SiteCode-SiteName] を展開を展開し、 サイトの設定 を展開します。
    3. サイト システム ] をクリックし、管理ポイントとして機能しているサーバーは、右クリックし [ プロパティ ] をクリックします。
    4. \ ServerName のサイト システムのプロパティ ] ダイアログ ボックスで、[ サーバー ロケーター ポイント ] タブで、クリックして選択 をサーバー ロケーター ポイントとしてこのサイト システムを使用する チェック ボックス。
    5. データベース の横にあるリスト] に、サイト データベースを選択または別のデータベースを選択できます。 、選択を行い、[ OK] をクリックします。
  2. SLP が既に存在する場合は Active Directory で公開またはがいない、Active Directory スキーマを拡張した場合、WINS データベースに登録されてことを確認します。 WINS はまた、ライトウェイト ディレクトリ アクセス プロトコルにフォールバックの場合は、として使用 (LDAP) クエリが失敗します。

BITS のインストールに関する問題

バックグラウンド インテリジェント転送サービス (BITS) のインストールの問題は検出 Client.msi の一部として実行する BITS インストールが原因で、高度なクライアント プッシュ インストールが失敗する場合困難です。 BITS インストールを正常に実行できない場合、高度なクライアント プッシュ インストールは失敗します。

ソリューション エラーを確認する手動で BITS インストールを実行します。 次の手順のいずれかを使用すると、これを行うことができます:
  1. ダウンロードして、BITS 1. 5 クライアント (Bits_v15_client_setup.exe) のインストールします。 BITS 1. 5 クライアントを入手するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=8c6ef6c8-2abf-43c7-ab51-e0c53303086d&DisplayLang=en
  2. msiexec/a client.msi は、Client.msi ファイルの出力には、Bits_v15_client_setup.exe ファイルを抽出には、コマンド プロンプトで実行、bitssetup_clnt_installer.exe ファイルをダブルクリックします。 BITS インストールが正常に起動しない場合は、Bitssetup.log ファイルのエラーをチェックインする必要があります。 BITS インストールが成功した場合再試行 Client.msi ファイルを実行してください。

XML ファイルの登録が失敗しました

SMS 2003 アドバンスト クライアント コンピューターは、サイト サーバーから構成設定を取得できません可能性があります。 この現象が発生すると、エラー メッセージ、SMS Advanced Client コンピューター上の Ccmexec.log ファイルで、次のようなが表示されることがあります。
XML DOM (0x80040154) の作成エラー CForwarder_Base::Send (0x80004005) に失敗しました。
ここでは、Msxml3.dll ファイルを使用するかは登録されていませんがありません。

ソリューション Msxml3.msi ファイルをダウンロードして Microsoft XML パーサー (MSXML) が 3. 0 を必要とするコンピューターでインストールしてサービス パック 7 (SP7) またはそれ以降のバージョンは、インストールされるようにします。 追加の DLL ファイルを登録も、Msxml3.msi ファイルをインストールします。 メモ Microsoft XML パーサー (MSXML) が 3. 0 Service Pack 7 (SP7) リリースをダウンロードするには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=28494391-052b-42ff-9674-f752bdca9582&displaylang=en

インストール後の段階

  1. 既定では、クライアント プッシュ インストールの高度なプロパティが、クライアントは自動的に割り当てを指定サイトに SMSSITECODE プロパティを使用している場合、AUTO = サイト割り当てをクライアントが Active Directory を照会します。
  2. Active Directory がインストールされていないか、SMS スキーマを拡張しない場合、クライアントがサーバー ロケーター ポイントを取得するため、サイト割り当てと管理ポイントの情報検索されます。
  3. 場合は、Active Directory スキーマを拡張は、クライアントは Active Directory に LDAP クエリを使用して、サイト割り当てと管理ポイントの情報を取得します。
  4. クライアント、クライアントは、既定の管理ポイントを見つける、SLP 参照または Active Directory 参照を使用して場合、は、初期のポリシー管理ポイントから要求します。

インストール後の問題のトラブルシューティング

SMS アドバンスト クライアントが正常にインストールされているが、インストールまたは割り当てられているとが表示されません。

  1. SMS Agent Host サービスは、クライアントで実行されていることを確認する必要があります。 SMS Agent Host サービスが実行されていない、クライアントがレポート、クライアントがインストールされ、割り当てられていることにハートビート探索レコードを送信しません。
  2. SMS アドバンスト クライアント コンピューター上の SMS クライアント コントロール パネルの [項目をダブルクリックして、 システム管理のプロパティ ボックスの [詳細設定] タブをクリックします。 サイト コードが表示されない場合は 自動的に検出 クリックします。 検出が失敗した場合、次の理由の 1 つ以上のため可能性あります。
    • Active Directory スキーマが SMS 2003 の拡張されていません。 Active Directory スキーマの拡張を手動で ExtADSch.exe を実行した場合、ExtADSch.log ファイルには、Active Directory 更新と Active Directory が拡張かどうか正常にに関する情報が含まれます。 このログ ファイルは、システム ドライブのルートにあります。

      メモ エンタープライズ管理者、Active Directory スキーマを拡張する必要があります。
    • SMS サイト システムが Active Directory でパブリッシュされていません。 \SMS\Logs\Sitecomp.log は、SMS サイト システムを公開されているかどうかを確認するには、SMS サーバーで表示できます。 Active Directory 内には、System Management コンテナーに対する権限を与える方法の詳細についてはをクリックして以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
      830022ステータス メッセージ 4909 や 4912、4913、4915、またはエラー コード 8202 Systems Management Server 2003 をインストールした後
      .
    • サーバー ロケーター ポイントが見つかりません。 SLP する必要があります Active Directory で公開または以外の Active Directory 環境で WINS に登録します。

SMS アドバンスト クライアントが正常にインストールされていて、サイト割り当てを受信しません

クライアント コンピューターが、次の値を持つコレクションされます。
元に戻す全体を表示する
サイト コードクライアント割り当てられています。クライアントの種類
ABCはいいいえ詳細設定
ここでは、SMS アドバンスト クライアントがクライアントとして表示されます。 ただし、サイトに依頼されていません。 これは、次のような理由により発生します。
  1. コレクションの情報更新されていません。 コレクションの更新では、通常、毎日または毎週のスケジュール上で実行します。 ここでは、コレクションの情報が更新されていることを確認する必要があります。 手動で、コレクションのメンバーシップを更新し、コレクション ビューを更新できます。
  2. クライアントは別のサイトのクライアントもあり、SMS 管理コンソールで表示していることに割り当てられていないします。 コントロール パネルの [内のクライアントのシステム管理の項目の [詳細設定プロパティを確認し別のサイトが含まれているかどうかを確認してください。

SMS アドバンスト クライアント、サイト割り当てを表示がインストールされているように表示されません。

クライアント コンピューターが、次の値を持つコレクションされます。
元に戻す全体を表示する
サイト コードクライアント割り当てられています。クライアントの種類
ABCいいえはい詳細設定
これは 1 つの場合に発生または複数、次の条件に該当。
  1. コレクションの情報更新されていません。 コレクションの更新では、通常、毎日または毎週のスケジュール上で実行します。 ここでは、コレクションの情報が更新されていることを確認する必要があります。 手動で、コレクションのメンバーシップを更新し、コレクション ビューを更新できます。
  2. クライアント コンピューターは、同じ SMSID を別のクライアント コンピューターと共有します。 この問題は、ディスク イメージを使用して、SMS アドバンスト クライアントをインストールするときに発生することができます。 重複する SMSIDs は重複した GUID とも呼ばれます。 重複した SMSIDs をクライアント コンピューターに存在するかどうか決定する必要があります。 Tranguid.exe を使用しての影響を受けるクライアントを新しい SMS GUID を作成する方法、および GUID の重複を検出する方法についてについては、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示する次の資料番号をクリック。
    837374検索し、SMS 2003 でのクライアントが重複しています GUID の詳細をクリーンアップする方法
  3. SMS アドバンスト クライアントが割り当てられます。 ただし、SMS アドバンスト クライアントはインストールされません。 いる必要があることを確認、SMS アドバンスト クライアントが正常にインストールされている表示されているサイトに割り当てがします。
  4. ネットワーク探索方法が有効になります。 Systems Management Server (SMS) でネットワーク探索メソッドを使用する場合場合、Null 値を使用してデータベース内の IsClient フィールドが作成します。 他の探索方法が有効な場合、コンピューターが 割り当てられた としてコレクションに表示されます、クライアントがインストールされていてインストールいないクライアントとします。 この問題を解決をするには、ネットワーク探索メソッドに無効にします。 また、定期探索メソッドは、既定で有効になってくださいが無効しないになっているを確認します。 次に、指定した定期探索のポーリング間隔を渡すを待ちます。 クライアントは新しい探索データを送信と、データベースを正しい値を反映して更新されます。

    メモ 定期探索メソッドだけ [はい] をクライアント インストール状態が設定されます。 Active Directory システム探索方法では、SMS データベースに IsClient フィールドは更新されません。
  5. クライアントがインストール後、定期探索が報告されません。

    ソリューション
    • ハートビートが、inventoryagent.log をレビューするクライアント上で発生したことを確認します。 このログは、%windir%\System32\ccm\logs フォルダーにあります。 検索する必要があります、 インベントリ: 操作探索 ReportType = = 完全 文字列。
    • 探索データの状態を表示するのに、高度なクライアント スパイ ユーティリティを使用することができます。 このユーティリティは SMS 2003 Toolkit 1 の一部です。

      SMS 2003 Toolkit 1 をダウンロードするには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
      http://technet.microsoft.com/en-us/sms/bb676787.aspx
      探索レコード プロパティの探索メソッドを発見、報告されたのと、探索プロセスを実行した最後時刻表示できます。 問題が探索のプロパティの実行に失敗したかどうか確認するレコードを確認できます。 定期探索によって提供されるデータが現在の場合この問題の SMS アドバンスト クライアント コンピューターのクライアント割り当て問題のため発生する可能性があります。 正しい定期探索データが存在ない場合、通信の問題、クライアント、管理ポイントをサイトとサイト データベース間に存在可能性があります。
  • 定期探索のトラブルシューティングを行う - システムの管理を使用して手動でクライアント上で、定期探索を開始することができます。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. [スタート ] をクリックして、 コントロール パネル ] をポイントして [ システムの管理 ] をダブルクリックします。
    2. [ 操作 ] タブをクリックし、[の 探索データ コレクション サイクル で、[ アクションの開始 ] をクリックします。
    インストール フラグをクリア ] を選択すると クライアント再探索 間隔を 定期探索 の間隔を比較するかどうか確認します。 クライアント再探索 の間隔が 定期探索 の間隔より小さい場合、 クライアント再探索 の間隔は 定期探索 の間隔より大きい値をことを確認するこれを変更する必要があります。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. SMS 2003 管理コンソールで your site code \Site Settings\Site Maintenance\Tasks の Database\Site Hierarchy\ のサイト を展開します。
    2. インストール フラグをクリア ] をダブルクリック [、 スケジュール の間隔は、 定期探索 の間隔より大きい値を確認して OK] をクリック します。
    メモ 定期探索の設定は、SMS 管理コンソールの [ サイトの Database\Site Hierarchy\ your site code \Site Settings\Discovery 方法 にあります。

    SMS アドバンスト クライアントがインストール後、ポリシーを受信しません。

    この問題は、SMS 管理ポイントがインストールされていないまたはが機能していないときに発生します。 この問題の詳細については、「トラブルシューティング管理ポイントの問題」に記載利用可能です。

    SMS アドバンスト クライアントはセカンダリ サイトにインストールされていません

    プライマリ SMS サイトから、自動高度なクライアント プッシュ インストールを実行すると、SMS アドバンスト クライアントは、プライマリ サイトに存在するコンピューターにインストールします。 ただし、SMS アドバンスト クライアントは、セカンダリ サイトに存在するコンピューターではインストールされません。

    この問題は このサイトに割り当てられているのみクライアントを含める オプションが [ クライアント プッシュ インストールのプロパティ ] ダイアログ ボックスで有効になって場合に発生します。 次のいずれかの方法を使用して、この問題を解決できます:
    1. 高度なクライアント プッシュ インストール ウィザードを起動クリックして、 このサイトに割り当てられているのみクライアントを含める チェック ボックスをオフします。

      メモ コマンドラインで、 このサイトに割り当てられているのみクライアントを含める オプション有効にできません。 高度なクライアント プッシュ インストール ウィザードで手動で実行されなければなりません。
    2. セカンダリ サイトで、クライアント プッシュ インストールの高度な方法がで有効になってことを確認します。 また、サイトで、必要な探索方法は有効にすることを確認します。

      メモ SMS アドバンスト クライアントをインストールするセカンダリ サイトから、高度なクライアント プッシュ インストール方法を実行する場合、SMSSITECODE を設定しないする必要があります = {Secondary Sitecode} サイト コード、Secondary Sitecode が、セカンダリ サイト コードです。 設定した場合、セカンダリ サイト コードこの方法では、SMS アドバンスト クライアントが割り当てられていると、セカンダリ サイトで管理の表示状態にインストールされています。

管理ポイントのトラブルシューティング

管理ポイント上の問題が発生しているかどうかを確認のため、管理ポイントから、マシン ポリシーを要求するクライアント コンピューターができます。 管理ポイントから、コンピューター ポリシーを要求するには、次の手順に従います。
  1. [スタート ] をクリックして、 コントロール パネル ] をポイントして [ システムの管理 ] をダブルクリックします。
  2. [ 操作 ] タブ] コンピューター ポリシーの取得および評価サイクルを選択、[ 操作の開始 ] をクリックします。
  3. コントロール パネルの [システムの管理を更新するには、必要がありますを閉じてコントロール パネルの [システムの管理。
Microsoft SQL Server に接続できない、SMS 管理ポイントとは、次の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照してください。
832109新しいクライアントをインストールしないあり、既存のクライアント動作しない広告を新しい管理をインストールしました後
SMS 管理のトラブルシューティング方法の詳細についてはポイントの問題では、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc180193.aspx

ツールと SMS アドバンスト クライアント インストールの問題をトラブルシューティングする手順

SMS アドバンスト クライアント インストールの問題をトラブルシューティングするにはこれら手順を実行する必要があります。
  • CCR ファイルを手動で、クライアントのインストールをトリガーするのに使用します。
  • SMS 管理コンソールを強制的に SMS アドバンスト クライアントの完全な再インストールを使用してください。
  • Ccmclean.exe ツールを使用して、SMS 2003 アドバンスト クライアントを削除します。
  • SMS サーバーのログ ファイルと分析は、SMS アドバンスト クライアントのログ ファイルを収集します。

CCR ファイルを使用して手動で、クライアントのインストールを開始するには

高度なクライアント プッシュ インストール方法を有効にする SMS CCR ファイルを自動的に作成します。 CCR ファイルはクライアントのインストールに関する問題のトラブルシューティングに役立ちます。 CCR ファイルことができますが作成され、サーバーに手動で適用も。 これを行うには、次の手順を実行します。
  1. 開始 ] をクリックして 実行 ] をクリックして、 メモ帳 と入力して [OK] をクリックします。
  2. メモ帳で、次の 2 行を入力します。

    [NT クライアント構成要求] コンピューター名 NetBIOSName =

    メモ この例では、NetBIOSName は、SMS アドバンスト クライアント インストール先となるコンピューターの名前です。
  3. [ ファイル ] を 名前を付けて保存 ] をクリックします。
  4. [ 名前を付けて保存 ] ダイアログ ボックスで "test.ccr" の入力を [OK] をクリックします。 引用符はにつけなければなりません。
  5. CCR ファイルを手動で作成した後はコピーし、SMS サイト サーバー上の SMS\Inboxes\Ccr.box フォルダーに貼り付けます。 CCR のファイルが処理すると、ファイルが SMS\Inboxes\Ccr.box\Inproc フォルダーに移動します。 処理が完了すると、CCR ファイルは SMS\Inboxes\Ccrretry.box フォルダーに移動され、名前が、送信先コンピューターの名前に変更します。

SMS 管理コンソール、SMS アドバンスト クライアントの完全な再インストールを強制を使用してください。

  1. 開始 プログラム ] をポイントし、 Systems Management Server ] [ SMS Administrator Console ] をクリックします。
  2. サイト データベース を展開を コレクション ] を展開し、 すべてのシステム を展開します。
  3. 右側のウィンドウで、検出された SMS 2003 クライアントを右クリックして [ すべてのタスク ] をクリックして [ クライアントのインストール ] をクリックします。
  4. [クライアント プッシュ インストール ウィザードへようこそ] 画面で [ 次へ] </a0> をクリックします。
  5. [ クライアント インストールのオプション ] ページの 常にインストールする (修復またはアップグレードが既存のクライアント) チェックボックスをクリックします。
  6. 次へ ] をクリックし、 [終了日]
次のログ ファイルには、SMS 管理コンソールから高度なクライアント プッシュ インストールを実行するとが使用されます。
  • CCR の作成に関する情報を Smsprov.log に格納します。
  • クライアント インストール処理に関する情報を Ccm.log に格納します。
メモ これらのログ ファイル、SMS サイト サーバー上での \SMS\Logs フォルダーにあります。 SMS プロバイダー ログ、SQL Server は、SMS サイト サーバー コンピューターに存在しない場合、リモート SQL Server に常駐可能性があります。 ただし、クライアントはセカンダリ サイトからインストールされている場合、セカンダリ サイトから、親サイトからしない、Ccm.log を確認する必要があります。

Ccmclean.exe ツールを使用して、SMS 2003 アドバンスト クライアントを削除するには

Ccmclean.exe ツールは、SMS 2003 Toolkit のコンポーネントです。 SMS 2003 アドバンスト クライアント、SMS 2003 管理ポイント、またはその両方を削除する、ツールを使えます。

SMS 2003 Toolkit を入手するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/sms/bb676787.aspx
以下は、Ccmclean ツールによって使用される構文です。
  • Ccmclean/client: この SMS アドバンスト クライアントを削除します。
  • Ccmclean/mp: 管理ポイントを削除この。
  • Ccmclean/すべて: 両方ともインストールする場合、SMS アドバンスト クライアントと管理ポイントの両方を削除この。

SMS サーバーと SMS アドバンスト クライアントのログ ファイルの分析を収集します。

SMS ログ ファイルの詳細についてはをクリックして以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
867490Systems Management Server 2003 で作成されるログ ファイルの一覧
メモ Trace32 ツール (SMSTrace) がリアルタイムでログ ファイルを表示するためにログ ファイルを表示するには、SMS ツールキットの一部を使用することをお勧めします。 SMSTrace ではエラー コードの参照を実行することもできます。 エラー検索] ダイアログ ボックスを表示 SMSTrace での Ctrl キーを押しながら L キーを押します。 エラー コードを入力できます。 SMSTrace 暗号化解除できる、Win32 エラーやに WMI エラーが発生すると、エラー コードがある場合、エラー コードのテキストも表示されます。

SMS 2003 Toolkit を入手するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/sms/bb676787.aspx

プロパティ

文書番号: 925282 - 最終更新日: 2007年11月27日 - リビジョン: 2.9
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Systems Management Server 2003 Enterprise Edition
キーワード:?
kbhowto kbmt KB925282 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:925282
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com