文書番号: 925582 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、Windows Vista の機能制限モードの動作について説明します。ここでは、2 種類の機能制限モード、機能制限モードに移行する理由、およびコンピューターがこの状態になったときに実行できる操作を示します。

重要: この資料には、お使いのコンピューターが機能制限モードに移行した場合の問題のトラブルシューティング手順は含まれていません。 機能制限モードを終了する方法の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
925616 Windows Vista の起動時にエラー メッセージ "ライセンス認証の期限が切れているため、Windows は動作しません" が表示される


この資料は、初級レベルから中級レベルのコンピューター ユーザーを対象にしています。

機能制限モードの種類

Windows Vista には、次の種類の機能制限モードがあります。
  • 猶予期間外機能制限モード
  • 非正規機能制限モード

機能制限モードに移行する理由

ここでは、2 種類の機能制限モードに移行する理由について説明します。

猶予期間外機能制限モード

以下のいずれかの条件に該当する場合、Windows Vista は猶予期間外機能制限モードに移行します。
    製品版の Windows Vista の場合
    • Windows Vista をインストールしてから 30 日以内に Windows Vista のライセンス認証手続きを行っていません。
    • コンピューターの主要なハードウェア コンポーネントを交換してから 3 日以内に Windows Vista のライセンス再認証手続きを行っていません。

    Original Equipment Manufacturer (OEM) 版の Windows Vista の場合
    • OEM 版のマザーボードまたは正規製造元のマザーボードを OEM 版以外のマザーボードに交換してから 3 日以内に Windows Vista のライセンス認証手続きを行っていません。

  • キー マネージメント サービス (KMS) を使用する法人や企業向けの Windows Vista の場合

    : KMS では、ご使用の環境でホスティングされるサービスに対してコンピューターのライセンス認証手続きができるので、マイクロソフトのサーバーに接続する必要はありません。
    • Windows Vista をインストールしてから 30 日以内に Windows Vista のライセンス認証手続きを行っていません。
    • 以前の Windows Vista のライセンス認証から 210 日以内に Windows Vista のライセンス認証を更新していません。
    • コンピューターのハード ディスク ドライブを交換してから 30 日以内に Windows Vista のライセンス認証手続きを行っていません。
  • マルティプル アクティベーション キー (MAK) を使用する法人または企業向けの Windows Vista の場合

    : MAK では、インターネットまたは電話でマイクロソフトのサーバーに接続することにより、複数のコンピューターのライセンス認証手続きを行うことができます。
    • Windows Vista をインストールしてから 30 日以内に Windows Vista のライセンス認証手続きを行っていません。
    • コンピューターの主要なハードウェア コンポーネントを交換してから 30 日以内に Windows Vista のライセンス再認証手続きを行っていません。

非正規機能制限モード

以下のいずれかの条件に該当する場合、Windows Vista は非正規機能制限モードに移行します。
  • Windows Genuine Advantage (WGA) プログラムによって、ブロックされたプロダクト キーまたは偽造されたプロダクト キーが検出された場合。

    : WGA プログラムは、Vista が正規版であるかどうかを検出するマイクロソフトのサービスです。プロダクト キーは、製品が正規版であることを識別するための固有のソフトウェアベース キーです。

  • WGA プログラムによって、不適切なライセンス認証バイナリ ファイルまたは変更されたライセンス認証バイナリ ファイルが検出された場合。

    : バイナリ ファイルは、保管および処理の目的で使用される、エンコードされたデータを含むコンピューター ファイルです。

  • Windows Vista が猶予期間外機能制限モードで実行されている場合。

機能制限モードで実行できない操作

ここでは、2 種類の機能制限モードでは実行できない操作について説明します。

猶予期間外機能制限モード

Windows Vista が猶予期間外機能制限モードで実行されている場合、以下の操作は行えません。
  • 組み込みのゲームの使用

    機能制限モードでは、Windows Vista に含まれているゲームを使用できません。
  • 高度な機能の使用

    機能制限モードでは、Aero Glass や、ReadyBoost、BitLocker などの Windows Vista の高度な機能を使用できません。
  • 1 時間を超えるログオン

    機能制限モードでは、Windows Vista にログオンした状態を継続できるのは 1 時間だけです。

非正規機能制限モード

Windows Vista が非正規機能制限モードで実行されている場合、以下の操作は行えません。
  • 特定の Windows Vista 機能の使用

    非正規機能制限モードでは、Windows Vista に含まれている Aero Glass 機能および Windows ReadyBoost 機能を使用できません。
  • 一部のコンテンツのマイクロソフトからの入手

    機能制限モードでは、Microsoft ダウンロード センターからプレミアム コンテンツをダウンロードできません。

機能制限モードで実行できる操作

ここでは、2 種類の機能制限モードで実行できる操作について説明します。

猶予期間外機能制限モード

Windows Vista が猶予期間外機能制限モードで実行されている場合、以下の操作を行うことができます。
  • Windows Vista のライセンス認証

    Windows Vista プロダクト キーを使用してライセンス認証を行うことができます。
  • リモートからの Windows Vista でのスクリプト実行

    Windows Management Instrumentation (WMI) を使用して遠隔地のコンピューターからスクリプトを実行できます。

    : WMI は、Windows ベースのオペレーティング システム上のデータおよび操作を管理するインフラストラクチャです。

  • プロダクト キーの変更

    Windows Vista プロダクト キーを変更できます。
  • 1 時間のログオン
    • Windows Vista にログオンし、1 時間の間、新しいプロダクト キーを取得したり、ローカル コンピューター上のデータにアクセスしたりすることができます。
    • Windows Vista で使用できるほとんどの機能を使用できます。
    • Windows Vista プロダクト キーを使用してライセンス認証を行うことができます。
    • リモートから共有ネットワークの場所にアクセスできます。

  • ログオン状態の継続

    Windows Vista にログオン済みの場合、ログオン状態を継続できます。Windows Vista コンピューターからログオフされることはありません。
  • セーフ モードでの Windows Vista の実行

    Windows Vista コンピューターをセーフ モードで起動して、ローカル データにアクセスできます。Windows Vista コンピューターからログオフされることはありません。

非正規機能制限モード

Windows Vista が非正規機能制限モードで実行されている場合、以下の操作を行うことができます。
  • Windows Vista 機能の使用

    Windows Vista で使用できるほとんどの機能を使用できます。
  • Windows Vista のライセンス認証

    Windows Vista プロダクト キーを使用してライセンス認証を行うことができます。
  • プロダクト キーの変更

    Windows Vista プロダクト キーを変更できます。
  • ログオンして、時間の制限なく特定の操作を実行すること

    Windows Vista にログオンして新しいプロダクト キーを取得したり、ローカル データにアクセスしたりすることができます。その際、1 時間という時間の制限はありません。

類似した問題と解決方法

機能制限モードでの Windows Vista のライセンス認証の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
947874 Windows Vista ライセンス認証の期限が切れているときに Windows Vista Service Pack 1 をインストールする方法

プロパティ

文書番号: 925582 - 最終更新日: 2010年3月30日 - リビジョン: 2.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Vista Ultimate
  • Windows Vista Enterprise
  • Windows Vista Business
  • Windows Vista Home Premium
  • Windows Vista Home Basic
  • Windows Vista Starter
  • Windows Vista Enterprise 64-bit edition
  • Windows Vista Home Basic 64-bit edition
  • Windows Vista Home Premium 64-bit edition
  • Windows Vista Ultimate 64-bit edition
  • Windows Vista Business 64-bit edition
  • Microsoft Windows Genuine Advantage
キーワード:?
kbresolve kbsetup kbexpertisebeginner kbhowto kbinfo KB925582
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com