高い I/O 動作レベルが Windows Server 2003 ベースのコンピュータにあるとき、エラー メッセージ:回に diff エリア ファイルが拡張できなかったので、「 Volume_Name ボリュームのシャドウ コピーが中止されました」

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 925799 - 対象製品
重要:この資料には、レジストリを変更する方法の情報が含まれます。 変更する前に、レジストリのバックアップを確認します。 問題が発生する場合、レジストリを復元する方法がわかることを確認します。 どのようにバックアップとどのようにレジストリを復元するか、そしてどのようにレジストリを変更するかについて、詳細は、サポート技術情報(Microsoft Knowledge Base)の資料を表示するために、次の文書番号をクリックします。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Microsoft Windows Server-based コンピュータに高い I/O 動作レベルがあるとき、次のエラー メッセージがアプリケーション ログに記録されることがあります。
イベントの種類: エラー
ソース : VolSna
分類 : Non
イベント ID: 25 の
説明:回に diff エリア ファイルが拡張できなかったので、 Volume Name ボリュームのシャドウ コピーが中止されました。 今後、この問題を避けるために このシステム上の IO 読み込みを減らしてください。

原因

この問題がこの問題は、いずれかのとき、発生することがある、または以下のより多くの条件に該当します。
  • Volsnap.sys ドライバで、過剰な I/O アクティビティが発生しました。 したがって、「 diff」領域が拡張できません。
  • コンピュータには、シャドウ コピー記憶領域はありません。

解決方法

注意:重大な問題がレジストリ エディタを使用すると、または別のメソッドを使用すると、レジストリを誤って変更する場合、発生することがあります。 これらの問題には、オペレーティング システムを再インストールするのが必要な場合、あります。 Microsoft は、これらの問題によって解決できますは保証できません。 独自の危険のレジストリを変更します。

この問題を解決するには、次のいずれかの手順に従います。
  • Windows Server 2003 Service Pack 1(SP1)をインストールします。 Windows Server 2003 SP1 の入手方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    889100 Windows Server 2003 の最新の Service Pack を入手する方
  • いつ原因が十分なシャドウ コピー記憶領域領域の二重ストレージ割り当てです。
  • 排他的シャドウ コピー格納に 2 のハード・ディスクを使用します。
  • diff エリア サイズを調整するために、次のレジストリ サブキーを作成します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\VolSnap\MinDiffAreaFileSize
    次の手順を実行します。
    1. ファイル名を指定して実行をクリックする、種類 開始をクリックします regeditOK を次にクリックする、。
    2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\VolSnap
    3. 編集メニューで 新規作成をポイントし、 DWORD 値を次にクリックします。
    4. データ MinDiffAreaFileSizeEnter キーが次に押す、。
    5. 編集メニューで、 変更をクリックします。
    6. 最小シャドウ コピー記憶システムの 1 つの任意のボリュームの領域 ご%である値を計算します。
    7. MinDiffAreaFileSize 値を設定するために、次のガイドラインを使用します。
      • (<=) 600 MB(MB)が MinDiffAreaFileSize 値を設定する同じ小さい値を計算します。 600. ID 25 イベントが渡されるのを続行したら、値が3000超えるまで、値を徐徐に増やします。
      • (>=)3000 MBが MinDiffAreaFileSize 値を設定した複数の同じである値を計算します。 3000.
      • 600 MB と3000 MBの間の単位の値を計算するならば、計算した値に MinDiffAreaFileSize の値を設定します。
ID 25 イベントが渡されるのを続行したら、問題を解決するために、以下の手順を実行します。
  1. 同じハード・ディスクにボリュームがある場合、別のボリュームにシャドウ コピー ストレージを置きます。
  2. ID 25 イベントを発生させるボリュームがページング ファイルを含む同じボリューム存在しないことを確認します。 ページング ファイルが ID 25 イベントを発生させるボリュームに含まれる場合、別のボリュームのページング ファイルを置くのを検討します。
  3. ID 25 イベントを発生させるボリュームがシャドウ コピー記憶域として他の任意のボリュームに使用されないことを確認します。

プロパティ

文書番号: 925799 - 最終更新日: 2006年10月6日 - リビジョン: 1.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
キーワード:?
kbprb kbinfo kbtshoot kbhowto KB925799 KbMtja kbmt
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。もし誤訳を発見された場合には、この KB 下部よりフィードバックをお寄せください。
英語版 KB:925799
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com