Excel でブックを開くか保存しようとすると Microsoft Office Online で "VBA コンバーター" を検索をするように要求される

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 926430 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft Excel でブックを開くと、次のようなエラー メッセージが表示されることがあります。

このファイルの VBA プロジェクトを開くためには、現在インストールされていないコンポーネントが必要です。このファイルは、VBA プロジェクトなしで開きます。詳細については、Microsoft Office Online で「VBA コンバーター」と検索してください。


Excel で VBA プロジェクトが含まれるブックを Microsoft Excel 5.0/95 ブック (*.xls) ファイル形式で保存しようとすると、次のようなエラー メッセージが表示されます。

このブックの VBA プロジェクトを Excel 5.0/95 ファイル形式で保存するためには、現在インストールされていないコンポーネントが必要です。Excel の最新のファイル形式で保存しますか?
  • この形式を維持する場合は、[はい] をクリックしてください。VBA プロジェクトは保存されません。
  • Excel の最新のファイル形式で保存する場合は、[いいえ] をクリックしてください。
VBA プロジェクトを Excel 5.0/95 ファイル形式で保存するには、Microsoft Office Online で「VBA コンバーター」を検索してください。

原因

開こうとしているブックには、Excel 5.0/95 モジュール シートで記述されたマクロが含まれています。このブックを Excel 5.0/95 ファイル形式で保存する場合、Excel 2007、Excel 2010、および Excel 2013 は Excel 5.0/95 モジュール シート形式を書き込むことができません。この問題は、Excel 2007 以降が、Excel 5.0/95 VBA で記述されたマクロの変換を直接サポートしていないために発生します。

解決方法

この問題を解決する手順は 2 つあります。

手順 1: VBA Converter Pack を入手する

VBA Converter Pack は、Microsoft Office スイートの一部として含まれていません。この資料の一番上で、「修正プログラムのダウンロードの表示および要求」をクリックして、VBA Converter Pack を入手します。使用許諾契約書に同意したら、電子メール アドレスを入力して、要求を送信します。その後で、VBA Converter Pack をダウンロードしてインストールすることができます。

注: 修正プログラム要求フォームの一覧では、製品名が "Microsoft Office Excel 2007" と記載されています。しかし、ダウンロードは、Excel 2007、Excel 2010、および Excel 2013 に適用されます。これはフォームの制限です。

注: VBA Converter Pack は、32 ビット版のみダウンロードできます。64 ビット版の Excel で 64 ビット版を使用することはできません。回避策として、既存のファイルを開いて移行するために、32 ビット版の VBA Converter Pack を 32 ビット版の Excel で使用する必要があります。コードが移行された後に、64 ビット版の Excel でブックを使用できます。

VBA Converter Pack の詳細については、この資料の最後の「VBA Converter について」を参照してください。


手順 2: Excel 5.0/95 コードを移行する


VBA Converter Pack をインストールした後で、Visual Basic プロジェクト エクスプローラーで、各モジュール シートをエクスポートし、モジュール シートを削除してから、そのモジュールを再びブックにインポートする必要があります。プロジェクト エクスプローラーでマクロのコードを表示したときに、古い VBA マクロのコードと新しい VBA マクロのコードに目に見える違いはありません。そのため、プロジェクト エクスプローラーですべてのモジュールをエクスポートすることをお勧めします。

コードを移行するためのサンプル アドイン



すべてのモジュールをエクスポートしてから、それらを再び同じブックにインポートするサンプル アドインを、マイクロソフトの CodePlex サイトからダウンロードできます。コードを移行するには、アドインのドキュメントに記載された手順に従います。

XL5 Module Sheet Converter

コードを手動で移行する手順

以下の手順に従って、Excel でブックを開いた後にアドインを使用せずにコードを移行することができます。
  1. Alt + F11 キーを押して Visual Basic Editor を開きます。

    Excel ブック内のすべての VBA モジュールが表示されます。
  2. Visual Basic Editor で各モジュールについて、以下の手順に従います。
    1. [プロジェクト エクスプローラー] ウィンドウで、モジュールを右クリックし、[モジュール名の削除] をクリックします。
      モジュール名はエクスポートして削除するモジュールです。
    2. "削除する前にモジュール名をエクスポートしますか?" というメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
    3. モジュールを保存するフォルダーに移動して、[保存] をクリックします。モジュールが保存された後に削除されます。
    4. [VBAProject (ブック名)] を右クリックし、[ファイルのインポート] をクリックします。
      ブック名は、モジュールが添付されていたブックの名前です。
    5. エクスポートしたモジュールを保存したフォルダーに移動します。
    6. モジュール ファイルを選択し、[開く] をクリックします。モジュールがプロジェクト エクスプローラー ウィンドウに表示されます。
  3. [ファイル] メニューの [終了して Microsoft Excel へ戻る] をクリックします。
  4. すべてのモジュールをエクスポートしてインポートしたら、ブックを保存します。


詳細

VBA Converter Pack をダウンロードしない場合は、Microsoft Office Excel 2003 を使用してコードを移行することができます。Excel 2003 は、Excel 5.0/95 VBA コードを読み取ることができる最後のバージョンの Excel です。Excel 2003 でブックを開き、「手順 2: 5.0/95 コードを移行する」に記載された手順を実行して手動でコードを移行します。

VBA Converter について

マイクロソフトでは、この問題を修正する修正プログラムを提供しています。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この修正プログラムは、障害があったコンピューターに対してのみ適用することを推奨します。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにリクエストを送信し、修正プログラムを入手してください。

注: 別の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要になる場合があります。特定の修正プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧を参照、または別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ln=ja&ws=support#tab0
: 「ダウンロード」フォームには、修正プログラムを入手できる言語が表示されます。使用している言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムは提供されていません。

Microsoft Customer Support Services に連絡して、VBA Converter Pack を入手することもできます。

注: VBA Converter Pack は無料で提供されます。ただし、追加の質問または問題がある場合、またはトラブルシューティングに関するサポートが必要な場合は、別のサービス リクエストが作成されます。VBA Convertor Pack の入手とインストールに直接関係しない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。

注: VBA Converter Pack が古い種類のファイルを開くために使用するコードは、セキュリティが低下しています。そのため、これらの種類のファイルを開くとリスクが発生することがあります。ファイルを開く前に、ファイルの取得元を確認してください。

プロパティ

文書番号: 926430 - 最終更新日: 2014年5月8日 - リビジョン: 10.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Excel 2013
  • Microsoft Excel 2010
  • Microsoft Office Excel 2007
キーワード:?
kbautohotfix kberrmsg kbmacro kbvba kbfilters kbconvert kbtshoot kbexpertisebeginner kbprb kbhotfixserver KB926430
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com