Exchange 2003 の Service Pack 2 の 2007 年の夏時間変更の更新

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 926666 - 対象製品
重要この更新プログラムをインストールする前に Microsoft Outlook に影響する可能性のある問題を認識する必要があります。 これらの問題の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
912918 ユーザーは、モバイル デバイスから、または Exchange 2000 server および Exchange Server 2003年で共有メールボックスから電子メール メッセージを送信できません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

2007 年の夏時間 (DST) の変更の更新プログラムの Microsoft Exchange Server 2003 Service Pack 2 (SP2) を実行しているコンピューターを使用しています。

メモ Microsoft Exchange Server 2007年では、DST の変更を正しく参照するのには、修正プログラムは必要ありません。

詳細

更新プログラムの情報

2007 年春で 2005 年エネルギー政策法に準拠する開始日と、米国における夏時間 (DST) の終了日が変更されます。日付は次のように変更されます。
元に戻す全体を表示する
DST2007 年に数年前に
開始日午前 2 時、3 月の第 2 日曜日4 月の午前 2 時の第 1 日曜日
終了日11 月 11 日、午前 2 時の第 1 日曜日10 月の午前 2時 00分の最終日曜日
この問題を Microsoft Exchange Server 2003年に対応する夏時間のタイム ゾーンの更新が可能になりました。この更新プログラムは、次のとおりです。
  • 新しい 2007 年の DST の開始日と終了日を米国の。
  • 2007 年に inCanada が発生する DST およびタイム ゾーンの設定を変更 (ニューファンドランド州を除く)。
  • DST およびタイム ゾーン設定の変更、「対象製品」に記載の製品がリリースされた最初の occurredsince であります。例えば、技術情報の記事でこの更新プログラムには asindividual の以前にリリースされた更新プログラム、および文書化するいくつかの変更が含まれます。
メモ この更新プログラムは累積的であります。したがって、まだ適用していない、次のセキュリティ情報に記載されているセキュリティ更新プログラムのいずれか場合は、権限を変更する送信としてモバイル デバイスにモバイル デバイスが期待どおりに機能し続けているかどうかを確認する必要があります。
  • MS06 019 (Store.exe のバージョン 6.5.7233.69 またはそれ以降のバージョンの Store.exe)
  • MS06-029 (Store.exe のバージョン 6.5.7650.28or 以降のバージョンの Store.exe)
ユーザーのアクセス許可を適切に更新するために必要な手順について、マイクロソフト サポート技術記事を表示するには、次の資料番号をクリックします。
912918 ユーザーは、モバイル デバイスから、または Exchange 2000 server および Exchange Server 2003年で共有メールボックスから電子メール メッセージを送信できません。
Microsoft Exchange Server 2003 Service Pack 1 (SP1) を使用して、MS06 019 セキュリティをインストールする場合更新、Microsoft Entourage と Blackberry や GoodLink などのサード パーティのサービスを受ける可能性があります。Microsoft Exchange Server 2003 Service Pack 1 (SP1) を使用している Microsoft Exchange Server 2003 Service Pack 2 (SP2) と MS06 029 セキュリティ更新プログラムのインストール、BlackBerry や GoodLink などのサードパーティ サービスを影響可能性があります。 詳細について、マイクロソフト サポート技術記事を表示するには、次の資料番号をクリックしてください。
916803 MS06-019: Microsoft Exchange Server の脆弱性により、リモートでコードが実行されます。
プログラム 912442 MS06-029: Microsoft Exchange Server の脆弱性によりスクリプト インジェクション Exchange Server Outlook Web Access を実行すると、

この資料に記載されているサード パーティ製品は、マイクロソフトに関係しない会社によって製造されています。マイクロソフトは、明示的または黙示的に関わらず、これらの製品に関するパフォーマンスや信頼性について保証しません。

前提条件

この Exchange 用の更新プログラムをインストールする前に Microsoft Exchange Server 2003 Service Pack 2 (SP2) および Windows タイム ゾーン更新プログラムをインストールする必要があります。
詳細について、マイクロソフト サポート技術記事を表示するには、次の資料番号をクリックしてください。
836993 Exchange Server 2003 の最新のサービス パックの入手方法
942763 Microsoft Windows オペレーティング システム用の 2007 年 12 月累積的なタイム ゾーン更新プログラム

再起動の必要性

この更新プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要はありません。ただし、Microsoft Exchange インフォメーション ストア サービスとすべての依存サービスが再起動されます。

ファイル情報

次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロード可能です :
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
Exchange2003 KB926666-v2-x86 の ENU.exe パッケージを今すぐダウンロードします。
リリース日: 2007 年 1 月 16 日

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の資料番号をクリックして、Microsoft Knowledge Base 内にある資料を参照してください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、この配布ファイルのウイルス チェックを行いました。マイクロソフトは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しました。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

この英語版の更新プログラムには、次の表に表示されるファイル属性(またはそれ以降のファイル属性)があります。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で表示されます。ファイル情報を表示する際に、ローカル時刻に変換されます。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] アイテムで [タイム ゾーン] タブを使用します。
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間プラットフォーム
Cdo.dll6.5.7651.61718,8482006 年 12 月 14 日23:00x86
Cdoex.dll6.5.7651.613,945,4722006 年 12 月 14 日22:15x86
Davex.dll6.5.7651.611,139,7122006 年 12 月 14 日22:08x86
Excdo.dll6.5.7651.613,692,5442006 年 12 月 14 日22:15x86
によって Exoledb.dll6.5.7651.612,616,3202006 年 12 月 14 日06:08x86
Exosal.dll6.5.7651.6169,1202006 年 12 月 13 日23:33x86
Lsmexhc.dll6.5.7651.61125,4402006 年 12 月 14 日21:23x86
Madfb.dll6.5.7651.61525,3122006 年 12 月 14 日22:15x86
Mdbmsg.dll6.5.7651.613,375,1042006 年 12 月 14 日00:16x86
Rtdsmcal.dll6.5.7651.6133,2802006 年 12 月 14 日21: 29x86
Store.exe6.5.7651.614,879,3602006 年 12 月 13 日23:37x86

Exchange に必要な更新プログラムはなぜですか。

Microsoft Outlook などの予定表ソフトウェアは、システム時刻情報を表示する、オペレーティング システムのタイム ゾーン情報に依存します。ただし、Outlook Web Access などの共同作業データ オブジェクト CDO ベースのプログラムは個別の内部タイム ゾーン テーブルに依存します。この更新プログラムは、タイム ゾーンの設定の変更に合わせて内部タイム ゾーン テーブルを修正します。

この更新プログラムは、予定表アイテムが Outlook Web Access では、CDO ベースのプログラムでは夏時間の余分な週間標準時間が有効になって場合と同様に動作します。たとえば、この更新プログラムに CDO ベースのプログラムは標準時で動作 2007 年には、次の期間中に。
  • 2007 年 4 月 1 日 〜 2007 年 3 月 11 日
  • 2007 年 11 月 4 日 〜 2007 年 10 月 28 日

Exchange の以前のバージョンの更新プログラムの影響

Exchange Server 2003 Service Pack 1 (SP1)

Exchange Server 2003 Service Pack 1 (SP1) を使用している場合、この更新プログラムをインストールできません。 Exchange Server 2003 SP1 と互換性がある修正プログラムのバージョンを入手する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
プログラム 931978 Exchange 2003 の Service Pack 1 用の 2007 年の夏時間変更の更新

Exchange 2000 Server および Exchange Server 5.5

Exchange 2000 Server、Exchange Server 5.5、またはその他の以前のバージョンの Exchange Server を実行している場合は、マイクロソフトのアカウント マネージャーまたはテクニカル アカウント マネージャーに問い合わせてください詳細については。

関連情報

ソフトウェア更新プログラムを説明するためにマイクロソフトが使用している用語の詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート情報資料を参照してください。
824684 マイクロソフト ソフトウェア更新プログラムの説明で使用される一般的な用語の説明

技術上の改定

この記事のレビュー日には、このコンテンツに軽微な編集上または構造上の改定を反映可能性があります。このコンテンツへの主な技術上の改定は、次の表に一覧表示されます。
元に戻す全体を表示する
日付変更履歴
2006 年 11 月 15 日元のバージョン
2006 年 12 月 26 日「更新影響 Exchange の以前のバージョン] セクション URL の修正
2007 年 1 月 16 日この資料に以下の変更を加えました。
  • タイトル、「更新情報」、「前提条件」セクションで、および DST 更新プログラムのバージョン 2 に関する情報を格納する、「ファイル情報」のセクションを更新
  • 「更新影響 Exchange の以前のバージョン] セクションで、Exchange Server 2003 の Service Pack 1 を適用するため情報を追加しました
2007 年 1 月 17 日DST 更新プログラムのバージョン 2 を反映するために、ダウンロード元 URL を更新します。
2007 年 1 月 24 日Exchange 2007 は、DST 更新プログラムを必要としないことを示す注記を追加しました
2007 年 1 月 29 日"更新影響 Exchange の以前のバージョン] セクションで、Exchange 2003 SP1 の古い情報を削除
2007 年 1 月 31 日この資料に以下の変更を加えました。
  • 「理由は、Exchange に必要な更新プログラム」セクションに Outlook Web Access の情報を追加
  • Outlook に影響する可能性のある問題について、この記事の上部にある「重要」メモを追加
2007 年 2 月 11 日DST 更新プログラムは累積的であるという事実および Send As のアクセス許可およびモバイル デバイスでの潜在的な問題については、「更新プログラムの情報」セクション注記を追加しました。
2007 年 2 月 12 日この資料に以下の変更を加えました。
  • Exchange 2003 のサービス パック 1年」更新影響 Exchange の以前のバージョン] セクションには、ソフトウェアの更新のバージョンに関する情報を追加
  • マイクロソフト サポート技術情報の資料 931836 への相互参照をマイクロソフト サポート技術情報の資料 928388 への古いの相互参照を交換してください。
  • DST 更新プログラムは累積的であるという事実および Send As のアクセス許可およびモバイル デバイスでの潜在的な問題については、「更新プログラムの情報」セクション注記を修正します。
2007 年 3 月 12 日改訂表を追加しました
2007 年 3 月 2 日改訂表の改訂
2007 年 3 月 2 日変更された日付を長い形式の「変更履歴」テーブルに
2007 年 3 月 8 日「変更履歴」から「技術上の改定」セクションの見出しを変更する
2007 年 3 月 21 日「技術上の改定」テーブルに存在しないリビジョンを追加

プロパティ

文書番号: 926666 - 最終更新日: 2013年11月19日 - リビジョン: 13.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition
  • Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition
  • Microsoft Exchange Server 2003 Service Pack 2
キーワード:?
kbupdate kbexpertiseadvanced kbhowto kbinfo kbmt KB926666 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:926666
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com