データベース ミラーリングを使用するように構成されている SQL Server 2005 のインスタンスに Service Pack および修正プログラムをインストールする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 926824 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

はじめに

この資料では、次のいずれかの特徴を持つ SQL Server 2005 のインスタンスに Service Pack および修正プログラムをインストールするための手順について説明します。
  • SQL Server 2005 のインスタンスに、データベース ミラーリングを使用するように構成されているデータベースが 1 つ以上含まれている。
  • SQL Server 2005 のインスタンスが、データベース ミラーリング セッションの監視サーバーとして機能している。
この資料に記載されている手順を実行して、データ セキュリティ保護の強化機能を維持します。

SQL Server 2005 では、Service Pack または修正プログラムを適用する際に、データベース ミラーリング セッションで特定のサーバーの役割を実行している必要はありません。たとえば、SQL Server 2005 はプリンシパル ロールまたはミラー ロールのいずれを実行していてもかまいません。ただし、ミラー ロールの実行中にパートナー サーバーを更新し、その後監視サーバーを更新することをお勧めします。

詳細

データベース ミラーリング環境にあるサーバーに Service Pack または修正プログラムをインストールする場合、サーバーの役割を決定する必要があります。データベース ミラーリング セッションが多数ある場合は、サーバーに適用できるすべての役割を検討する必要があります。たとえば、いずれかのデータベース ミラーリング セッションで、あるサーバーがミラー サーバーとして機能している場合は、そのサーバーをミラー ロールとして更新します。そのサーバーが、すべてのデータベース ミラーリング セッションの監視サーバーでしかない場合は、そのサーバーを監視ロールとして更新します。これを行うには次の手順を実行します。
  1. データベース ミラーリング セッションに監視サーバーがある場合、更新処理中は自動フェールオーバーを無効にします。これを行うには、データベース ミラーリング セッションから監視サーバーを削除します。そのサーバーが他のデータベース ミラーリング セッションのパートナー サーバーでない場合は、次の手順を実行して監視サーバーの自動フェールオーバーを無効にします。
    1. SQL Server サービスを停止します。
    2. ALTER ENDPOINT Transact-SQL ステートメントを使用して、データベース ミラーリング エンドポイントを無効にします。
    詳細については、次の MSDN (Microsoft Developer Network) Web サイトを参照してください。
    http://msdn2.microsoft.com/ja-jp/library/ms366340.aspx
  2. データベース ミラーリング セッションの安全性レベルが OFF (非同期モード) に設定されている場合は、安全性レベルを FULL (同期モード) に変更します。この手順は、後述の手順で手動によるフェールオーバーを実行するために必要です。

    : 安全性レベルを FULL に変更した後も、データベース ミラーリング セッションが一時停止すると、プリンシパル データベースでのデータ変更は引き続き認められます。
  3. すべてのデータベース ミラーリング セッションが同期モードになるまで待機します。SQL Server 2005 Service Pack 2 より前のバージョンを実行している場合は、次の手順に進む前に、手動によるフェールオーバーを実行する必要があります。ミラー サーバーにプリンシパル ロールが割り当てられます。
  4. 該当するサーバー上にあるデータベース ミラーリング セッションを一時停止します。この手順を実行すると、プリンシパル データベースへの変更ができなくなります。

    詳細については、次の MSDN Web サイトを参照してください。
    http://msdn2.microsoft.com/ja-jp/library/ms175539.aspx
  5. プリンシパル データベースでデータベース全体のバックアップを実行し、次に、プリンシパル データベースで DBCC CHECKDB コマンドを実行します。この手順は省略可能ですが、実行することをお勧めします。
  6. ミラー サーバーに Service Pack または修正プログラムをインストールします。この時点で、複数のサーバーを更新することが必要な場合があります。
  7. データベース ミラーリング セッションを再開します。データベース ミラーリング セッションの再開方法の詳細については、次の MSDN Web サイトを参照してください。
    http://msdn2.microsoft.com/ja-jp/library/ms191125.aspx
  8. ミラー サーバーに対して手動によるフェールオーバーを実行して、ミラー サーバーにプリンシパル ロールを割り当てます。

    ミラー サーバーに対して手動によるフェールオーバーを実行する方法の詳細については、SQL Server 2005 Books Online の「手動によるセカンダリ データベースへのフェールオーバー」を参照してください。
  9. プリンシパル サーバーで DBCC CHECKDB コマンドを実行します。(この手順は省略可能ですが、実行することをお勧めします。)
  10. データベース ミラーリング セッションを一時停止します。
  11. 新しいミラー サーバーに Service Pack または修正プログラムをインストールします。

    : 新しいミラー サーバーは元のプリンシパル サーバーと同じです。この時点で、複数のサーバーを更新することが必要な場合があります。
  12. データベース ミラーリング セッションを再開します。
  13. 手順 2. で安全性レベルを変更した場合は、安全性レベルを OFF に戻します。
  14. データベース ミラーリング セッションに監視サーバーがある場合は、手順 1. で行った変更を元に戻します。変更を元に戻す方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://msdn2.microsoft.com/ja-jp/library/ms365603.aspx
    : 手順 1. で行った変更を元に戻す場合は、データベース ミラーリング セッションに監視サーバーを追加する必要があります。

プロパティ

文書番号: 926824 - 最終更新日: 2007年11月20日 - リビジョン: 2.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Standard X64 Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition for Itanium Based Systems
  • Microsoft SQL Server 2005 Enterprise X64 Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition for Itanium Based Systems
キーワード:?
kbhowto kbinfo kbexpertiseadvanced kbsql2005engine KB926824
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com