ハード ディスク ドライブのセクター サイズのサポート範囲の SQL Server

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 926930 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

はじめに

現在、Microsoft SQL Server は 4 キロバイト (KB) より小さい、等しい次のセクター サイズをサポートします。

  • 物理セクターのサイズが 4 KB を均等に分割します。
  • サイズよりも小さい物理セクターのサイズが元のフォーマット後のセクター サイズのデータベースは、小規模なセクターとしての時間サイズが元のフォーマット後のセクター サイズに割り切れる
  • 512 バイト
  • 1,024 バイト
  • 2,048 バイト
  • 4,096 バイト

メモ Microsoft SQL Server が標準のネイティブのセクター サイズ 512 バイトと 4 KB のディスク ・ ドライブをサポートします。

詳細

SQL Server では、データの安全性を維持し、データの損失を回避するのには、物理セクター サイズの正しいレポートが必要です。回避のセクターの書き換えは、SQL Server の基本的な要件です。私たちの読み取り、書き込み、サポートしていない動作の原因を報告、論理セクター サイズを変更します。

セクター サイズの大きなのサポートの詳細についてを参照してください、[4 KB のディスク セクターのサイズ] セクションで、次のホワイト ペーパー:
http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc917726.aspx
高度な形式 4,096 バイトは、物理的にフォーマットされているは、論理セクター サイズ 512 バイトのディスクを使用している場合は、SQL Server システム以下の修正プログラムは、サポートされている状態であることを更新する必要があります。
  • 正しい認識と物理および論理セクター サイズの報告を有効にするのには Windows Update:
    • 2553708 形式の高度なディスクとの Windows Vista と Windows Server 2008 の互換性を向上させる修正プログラム プログラムのロールアップ
    • 982018 Windows 7 および Windows Server 2008 R2 で高度なフォーマットのディスクの互換性を向上させる更新があります。
  • SQL 更新の論理的および物理的なセクター サイズは SQL Server トランザクション ログ マネージャーで使用する更新プログラム:
    • SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 およびそれ以降のバージョンの SQL Server 2008 R2
    • SQL Server 2012年の RTM およびそれ以降のバージョンの SQL Server 2012
ディスク ドライブの製造元の仕様は、ドライブは、高度なディスクをフォーマットするかどうかわかります。Windows の更新プログラムを適用した後、両方の物理および論理セクター サイズをレポートなど fsutil ユーティリティを起動します。このセクションで前述した更新プログラムが高度なフォーマットのディスクを使用すると、データの損失やパフォーマンス問題のリスクです。これは、ドライブのファームウェアを変更-512 バイトと物理 4,096 バイトの論理セクターのマッピングをサポートするように読み書きを実行するがあるためにです。この問題の詳細については、次の MSDN web サイトを参照してください。
http://blogs.msdn.com/b/psssql/archive/2011/01/13/sql-server-new-drives-use-4k-sector-size.aspx
メモ ネイティブの 4 KB セクターのサイズ (物理的および論理的) があるドライブ (Windows と SQL をこのセクションで前述した更新をかまいません。

その他の情報

元に戻す全体を表示する
ルールのソフトウェアルールのタイトル仕訳ルールの説明製品のバージョンに対して、ルールが評価されます。
システム センターのアドバイザーSQL Server データベースは、高度なフォーマットの種類 (512E) に存在する可能性があります。システム センターで詳細な形式または 512E (物理的および 512 バイトの論理セクター サイズを 4 K) ドライブに存在する 1 つ以上のデータベースの存在を検出しました。SQL Server 2008 SP1 で 512E ドライブ上のデータベースをホストすることをことをお勧め、SQL Server 2008 R2 のようなエミュレーター上ではサポートされません。この資料の情報を確認し、適切な是正措置をとるSQL Server 2008 R2

SQL Server 2012



プロパティ

文書番号: 926930 - 最終更新日: 2013年5月14日 - リビジョン: 6.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition for Itanium Based Systems
  • Microsoft SQL Server 2005 Enterprise X64 Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Standard X64 Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition for Itanium Based Systems
  • Microsoft SQL Server 2005 Workgroup Edition
  • Microsoft SQL Server 2008 Developer
  • Microsoft SQL Server 2008 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2008 Standard
  • Microsoft SQL Server 2008 Workgroup
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Datacenter
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Developer
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Workgroup
  • Microsoft SQL Server 2012 Developer
  • Microsoft SQL Server 2012 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2012 Standard
キーワード:?
kbtshoot kbhowto kbinfo kbmt KB926930 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:926930
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com