Windows ベースのシステムで NMI を使用して、完全クラッシュ ダンプ ファイルまたはカーネル クラッシュ ダンプ ファイルを生成する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 927069 - 対象製品
2011 年 7 月 12 日に Windows Vista Service Pack 1 (SP1) の サポートが終了します。Windows のセキュリティ更新プログラムの受信を継続するには、 Windows Vista Service Pack 2 (SP2) を実行していることを確認してください。詳細については、このマイクロソフト web サイトを参照してください。 いくつかのバージョンの Windows のサポートが終了します。.
すべて展開する | すべて折りたたむ

はじめに

場合によっては、クラッシュ ダンプ ファイルを生成するキーボード ショート カット CTRL + スクロール ロック + スクロール ロックを使用すると、操作が正しく機能しません。このショートカットは、サーバーが応答を停止する原因となる問題やクラッシュのデバッグに便利なことがあります。ライブの標準的なデバッグ オプションがない場合にのみ通常このショートカットを使用します。

詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
303021 サーバーが (ハング) を応答を停止すると、メモリ ダンプ ファイルを生成する方法
このメソッドは、すべてのシステムには適用されません。たとえば、ヒューレット ・ パッカード社の開発会社からの HP BladeSystem サーバーは、ブラウザ ベースのグラフィカル ユーザー インターフェイス (GUI) を通じて管理されます。HP BladeSystem サーバーには、キーボードが接続されていません。そのため、クラッシュ ダンプ ファイルを生成するのに次のキーボード ショートカットを使用できません。このような場合は、システム プロセッサ、NMI の原因となる、非-マスク割り込み (NMI) スイッチを使用して、完全なクラッシュ ダンプ ファイルまたはカーネル クラッシュ ダンプ ファイルを生成する必要があります。この資料では、NMI スイッチを使用して完全クラッシュ ダンプ ファイルまたはカーネル クラッシュ ダンプ ファイルを生成する方法について説明します。

メモ 注意して、完全メモリ ダンプ ファイルを生成するには、このメソッドを使用します。理想的をのみ実行してくださいで Microsoft カスタマー サポート サービスのエンジニアを明示的に要求されたときだけです。標準的なトラブルシューティング方法が完全に消費されている場合は、任意のカーネルまたは完全メモリ ダンプ ファイルのデバッグ最後の手段としてください。

詳細

重要: このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、この手順を慎重に実行するようにしてください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合でもレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
続行、ハードウェア BIOS のリファレンス マニュアルで、またはサーバーが対応しているかどうかを確認するのには、ハードウェアの製造元に問い合わせてくださいする前に、NMI スイッチを使用します。サーバー上の完全メモリ ダンプ ファイルを有効にするには、以下の手順を実行します。
  1. 完全メモリ ダンプ ファイルを生成するには、ページング ファイルを設定します。詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
    108393 Windows の Boot.ini ファイルに/maxmem スイッチ
  2. マイ コンピューターを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  3. [詳細設定] タブをクリックします。
  4. [起動と回復] の [設定] をクリックします。
  5. そのカーネル メモリ ダンプ]または [デバッグ情報の書き込み] の下で完全なメモリ ダンプが選択されている確認します。
  6. オペレーティング システムがインストールされているパーティションに十分な領域があるない場合は、別のローカル パーティションにメモリ ダンプ ファイルの場所を変更できます。詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
    886429 Windows Server 2003 でメモリ ダンプ ファイルの新しい場所を構成するときの考慮事項
    詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
    885117 "カーネル メモリ ダンプ] が [起動と回復では、表示されますが、Windows 2000 または Windows Server 2003 では、完全メモリ ダンプが実行されます。
  7. レジストリ エディターで、次のレジストリ サブキーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\CrashControl
  8. CrashControlを右クリックし、新規作成] をポイントし、[ DWORD 値] をクリックします。
  9. タイプ NMICrashDump、し、ENTER キーを押します。
  10. NMICrashDumpを右クリックし、[変更] をクリックします。
  11. [値のデータ] ボックスで、次のように入力します。 1、し [ OK] をクリックします。
  12. コンピューターを再起動します。
  13. HP、IBM、Dell など、ハードウェアのベンダーは、自動システム回復 (ASR) 機能を提供できます。トラブルシューティング時にこの機能を無効にする必要があります。たとえば、HP Compaq の ASR 機能を BIOS で有効にした場合この機能無効にトラブルシューティングを行う、完全な memory.dmp ファイルを生成するときに。正確な手順については、ハードウェアの製造元に問い合わせてください。
  14. またはライト アウト (iLO) の統合された Web インターフェイスを使用して、BIOS では、NMI スイッチを有効にします。

    注: 正確な手順については、BIOS のリファレンス マニュアルを参照してくださいまたは、ハードウェアの製造元に問い合わせてください。
  15. ダンプ ファイルを生成するには、NMI スイッチを使用して、サーバー上にこのメソッドをテストします。STOP 0x00000080 ハードウェアの誤動作が表示されます。
  16. 問題を再発するを待ちます。
ハードウェアの製造元に問い合わせてくださいする方法については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/gp/vendors
Microsoft では、お客様がテクニカル サポート情報を見つけるお手伝いをするためにサード パーティーの連絡先情報を掲載しています。この連絡先情報は予告なく変更される可能性があります。マイクロソフトは、このサード パーティ連絡先情報の正確性を保証しません。

この資料に記載されているサード パーティ製品は、マイクロソフトに関係しない会社によって製造されています。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

プロパティ

文書番号: 927069 - 最終更新日: 2013年9月29日 - リビジョン: 6.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Windows Vista Ultimate
  • Windows Vista Starter
  • Windows Vista Service Pack 2
  • Windows Vista Service Pack 1
  • Windows Vista Home Premium
  • Windows Vista Home Basic
  • Windows Vista Home Basic N 64-bit Edition
  • Windows Vista Home Basic N
  • Windows Vista Enterprise
  • Windows Vista Business N 64-bit Edition
  • Windows Vista Business N
  • Windows Vista Business 64-bit edition
  • Windows Vista Business
  • Windows Vista Ultimate 64-bit edition
  • Windows Vista Home Premium 64-bit edition
  • Windows Vista Home Basic 64-bit edition
  • Windows Vista Enterprise 64-bit edition
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise Edition KN
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Standard Edition KN
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Home Edition for Prepaid Computers
  • Microsoft Windows XP Home Edition for Subscription Computers
  • Microsoft Windows XP Home Edition N
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Professional N
  • Microsoft Windows XP Professional x64 Edition
  • Microsoft Windows XP Service Pack 2
  • Microsoft Windows XP Service Pack 3
  • Microsoft Windows XP Service Pack 1
  • Microsoft Windows XP Starter Edition
  • Microsoft Windows XP Tablet PC Edition
  • Microsoft Windows XP Tablet PC Edition 2005
  • Microsoft Windows XP Service Pack 1a
  • Microsoft Windows XP Home Edition K
  • Microsoft Windows XP Home Edition KN
  • Microsoft Windows XP Professional K
  • Microsoft Windows XP Professional KN
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Datacenter Edition (32-Bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Datacenter x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise Edition (32-Bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Standard x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 Scalable Networking Pack
  • Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 1
  • Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 2
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Windows Server 2008 Datacenter without Hyper-V
  • Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V
  • Windows Server 2008 R2 Datacenter
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise
  • Windows Server 2008 R2 Standard
  • Windows Server 2008 Standard without Hyper-V
  • Windows Server 2008 Datacenter
  • Windows Server 2008 Enterprise
  • Windows Server 2008 Standard
キーワード:?
kbexpertiseinter kbstepbystep kbhowto kbmt KB927069 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:927069
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com