Windows 2000 リソース キットのツールの管理タスク

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 927229 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

はじめに

『 Windows 2000 リソース キット 』 のツールは、Microsoft Windows 2000 ベースのコンピューターで実行する設計されています。リソース キット ツール、管理タスクを実行し、ソフトウェアのインストールを自動化して他のジョブにします。

Microsoft のローカライズや、これらのツールをサポートしません。

詳細

次のツールがダウンロード可能です。
  • Active Directory のサイジング機能 (adsizer.exe)Active Directory のサイジング ツール組織内で Active Directory を展開するために必要なハードウェアを推定することができます。提供される見積は組織の使用状況プロファイルは、ドメインとサイトのトポロジに基づいています。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/ASsizer/1.0/NT5/EN-US/setup.exe
  • アプリケーション プログラミング インターフェイス モニター (apimon.exe): このツールは、処理を行っているすべての API 呼び出しを実行しているアプリケーションを監視します。APIMon カウントされ、API 呼び出しがタイムアウトします。また、API 呼び出しによって報告して、監視対象のアプリケーションが原因で発生するページ フォールトを監視するオプションもあります。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/Apimon/1.0/NT5/EN-US/apimon.exe
  • アプリケーション セキュリティ (appsec.exe): このツールは、ネットワーク上のアプリケーションの定義済みセットを通常のユーザーのアクセスを制限するには、管理者は、マルチ ユーザー環境では、GUI ベースのアプリケーションです。このツールを使用してアプリケーションのセキュリティを有効にするのには、システムは試行通常とは異なるが拒否されますがされていないプログラムを実行するのには、[ユーザーの権限を使用します。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/Appsec/1.0/NT5/EN-US/appsec_hotfix.exe
  • クラスター クォーラム復元ユーティリティ (clusrest.exe): NtBackup は Windows 2000 オペレーティング システムのコンポーネントを使用して、ノードが復元された後このツールは、Windows 2000 クラスターで使用されます。NtBackup、quorum データ ディレクトリに、ノードのディスクのままになります。しかし、NtBackup、クォーラム データがクォーラム ディスクにその時に復元されません。クォーラム ディスクを復元するには、クラスターが停止し、再起動することが必要です。これは、必要はことがあります。クォーラム ディスクを復元する必要がある場合は、クラスターがダウンすると、最も可能性が高いで、操作が操作に悪影響を及ぼさない。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/clusrest/1.0/NT5/EN-US/clusrest.exe
  • [カウンター] (ctrlist.exe:): これはすべてのオブジェクトと、指定した言語 ID のシステムでがインストールされているカウンターの一覧を表示するコマンド ライン ツールです。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/WebPacks/1.00.0.1/NT5/EN-US/Ctrlist.exe
  • クラスター検証ユーティリティ (clustsim.exe): このツールは、2 ノードのクラスターが正しく設定されているを確認します。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/WebPacks/1.00.0.1/NT5/EN-US/clustsim.exe
  • ドメイン コント ローラー診断ツール (dcdiag.exe): このコマンド ライン ツールは、フォレストまたはエンタープライズ内のドメイン コント ローラーの状態を分析し、トラブルシューティングして、問題を報告します。エンド ・ ユーザーのレポート作成プログラム、DCDiag システムに異常な動作を確認する方法の詳細な知識をカプセル化します。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/update/5.0.2195.2103/nt5/en-us/dcdiag_setup.exe
  • ファイル、再解析ポイント (delrp.exe:) を削除します。: このコマンド ライン ツールは、ファイルや、ディレクトリおよびそれに関連付けられている再解析ポイントを削除します。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/WebPacks/1.00.0.1/NT5/EN-US/delrp.exe
  • サーバー (delsrv.exe) を削除します。: このコマンド ライン ツールは、サービス コントロール マネージャーを使用して、サービスを登録解除します。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/WebPacks/1.00.0.1/NT5/EN-US/delsrv.exe
  • 表示ヒープ (dh.exe): これは、カーネル モード メモリでのヒープ使用状況のユーザー モード プロセスまたはプールの使用率に関する情報を表示するのには、コマンド ライン ツールです。ヒープ、タグ、スタック、およびオブジェクトをロックすることもできます。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/WebPacks/1.00.0.1/NT5/EN-US/dh.exe
  • ディレクトリのディスク使用量 (diruse.exe): このコマンド ライン ツールは、NTFS ボリュームを圧縮情報が含まれているディレクトリのサイズ情報が表示されます。圧縮されているファイルおよびディレクトリ用の領域の実際の使用状況を確認するのにには、この Diruse ユーティリティを使用できます。フォルダーの最大サイズを指定することもできます。フォルダーの最大サイズを指定すると、Diruse ユーティリティが指定した制限を超えるすべてのフォルダーをマークし、必要に応じて、問題を通知します。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/diruse/1.00.0.1/NT5/EN-US/diruse_setup.exe
  • (含まれている diskmap.exe) ディスク ・ マップ: このコマンド ライン ツールは、指定するハード ディスクの構成に関する詳細なレポートを生成します。ディスクの特性とジオメトリに関するレジストリからの情報を提供します。また、読み取り、に関するすべてのパーティションおよび論理ドライブ上のディスクが定義されているデータを表示します。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/WebPacks/1.00.0.1/NT5/EN-US/Diskmap.exe
  • ディスク パーティション (diskpart.exe)Microsoft Windows 2000 の DiskPart ユーティリティ ストレージの構成、スクリプト、リモート セッションでは、またはその他のコマンド プロンプトから有効にします。DiskPart はディスク アドミニストレーターのグラフィカル ユーザー インターフェイスが強化されます。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/DiskPart/1.00.0.1/nt5/en-us/DiskPart_setup.exe
  • ディスク Manager Diagnostics (dmdiag.exe): ディスク マネージャーの診断は、システム状態の情報およびディスク ・ ストレージについて説明する構成情報を提供するコマンド ライン ツールです。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/WebPacks/1.00.0.1/NT5/EN-US/Dmdiag.exe
  • 読み込まれたドライバー (drivers.exe:) を表示します。: 読み込まれているドライバーの一覧文字ベースの情報については、インストールされているデバイス ドライバーを表示します。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/drivers/1.0/NT5/EN-US/drivers.exe
  • ドライブ共有 (drmapsrv.exe): DrMapSrv はターミナル サービス サーバーへのアクセスは、NET SHARE や NET USE のクライアントを構成するコマンド ライン ツールのドライブは、ターミナル サービスです。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/drmapsrv/1.0/NT5/EN-US/drmapsrv_hotfix.exe
  • イベント ログのダンプ (dumpel.exe:): イベント ログのダンプは、ローカル システムまたはリモート システムのイベント ログをタブ区切りのテキスト ファイルにダンプするコマンド ライン ツールです。フィルターを適用する、または特定の種類のイベントをフィルター処理するには、このツールを使用することもできます。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/WebPacks/1.00.0.1/NT5/EN-US/Dumpel.exe
  • FSMO の役割のダンプ (dumpfsmos.cmd): このコマンド ライン ツールは、操作マスターの役割とも呼ばれる柔軟な単一マスターの操作 (FSMO 役割) 1 つのドメインをダンプします。DumpFsmos を使用すると、次のようなフォレスト単位の操作マスターの役割を実行しているドメイン コント ローラーの名前があります。
    • スキーマ マスター
    • ドメイン名前付けマスター
    • インフラストラクチャ マスター
    • 相対 ID (RID) マスター
    • プライマリ ドメイン コント ローラー (PDC) エミュレーター マスター
    このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/WebPacks/1.00.0.1/NT5/EN-US/Dumpfsmos.exe
  • レジストリ サイズの試算 (dureg.exe:): DuReg レジストリまたは任意のレジストリ サブツリー、キー、またはサブキーにどのくらいのデータが格納されているを発見することができます、コマンド ライン ツールです。ツールでは、レジストリ内のテキスト文字列の出現をすべて検索することもできます。この検索は、特定のサブツリーには制限があります。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/WebPacks/1.00.0.1/NT5/EN-US/Dureg.exe
  • 暗号化ファイル システムの情報 (efsinfo.exe): このコマンド ライン ツールは、NTFS パーティション上の暗号化ファイル システム (EFS) を使用して暗号化されているファイルおよびフォルダーに関する情報が表示されます。EFS を使用すると、さらに、ユーザー ファイル承認されていないアクセスから盗まれたラップトップや外付けディスク ドライブからのデータが含まれている機密性の高いデータを保護できます。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/efsinfo/1.00.0.1/NT5/EN-US/efsinfo_setup.exe
  • 拡張可能なパフォーマンス カウンターの一覧 (exctrlst.exe): このツールは、カウンターの Dll を、Microsoft Windows 2000 を実行しているコンピューターにインストールされているパフォーマンスに関する情報を提供します。サービスと Windows 2000 のレジストリを使用して、パフォーマンス情報を提供するアプリケーションのツールの一覧です。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/exctrlst/1.00.0.1/nt5/en-us/exctrlst_setup.exe
  • キャビネット (extract.exe) を抽出します。: このコマンド ライン ツールは、圧縮されたキャビネット (.cab) ファイルから個々 のファイルを抽出します。キャビネット ファイルの圧縮および配布の効率性の高いメソッドを使用します。このメソッド マイクロソフトでは長年にわたり使用されています。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/extract/1.00.0.1/nt5/en-us/extract_setup.exe
  • FAZAM 2000: このサード ・ パーティ製の GUI ツールは、Windows 2000 のグループ ポリシーの管理機能を拡張します。このバージョンの FAZAM 2000 は、小規模企業は、Windows 2000 展開テスト ラボ、および 500 未満のユーザーまたはコンピューターがある 1 つのドメインに設計されています。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/fazam/1.00.0.1/nt5/en-us/fazam_setup.exe
  • GetMAC (getmac.exe)。 GetMAC ローカルまたはネットワーク経由で Windows 2000 を実行しているコンピューターのイーサネットの MAC レイヤー アドレスとのバインド順を取得する方法を提供します。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/getmac/1.00.0.1/nt5/en-us/getmac_setup.exe
  • セキュリティ id 番号 (getsid.exe) を取得します。: ユーザーのセキュリティ Id (Sid) の 2 つのアカウント GetSID を比較します。これを使用してユーザー データベースの破損が疑われる場合、プライマリ ドメイン コント ローラーとバックアップ ドメイン コント ローラー間のアカウントの Sid を比較することができます。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/Getsid/1.0/NT5/EN-US/getsid.exe
  • グループ ポリシー検証ツール (gpotool.exe): このコマンド ライン ツールを使用すると、ドメイン コント ローラー上のグループ ポリシー オブジェクトの状態を確認するのにはできます。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/gpotool/1.0/NT5/EN-US/gpotool.exe
  • グループ ポリシー結果 (gpresult.exe): 詳細については、現在のコンピューターと、現在コンピューターにログオンしているユーザー グループ ポリシーがどのように影響しましたこのコマンド ライン ツールを表示します。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/gpresult/1.0/NT5/EN-US/gpresult.exe
  • GUID オブジェクト (guid2obj.exe): このコマンド ライン ツールを識別名に GUID にマップします。Microsoft Windows 2000 では、各セキュリティ プリンシパル (ユーザー、グループ、またはコンピューター) では、GUID の形での一意のセキュリティ識別子 (SID) で識別されます。Active Directory ディレクトリ サービスでは、各オブジェクトの識別名を持ちます。このツールを使用すると、この 2 つを関連付けることできます。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/WebPacks/1.00.0.1/NT5/EN-US/Guid2obj.exe
  • ヒープのモニター (heapmon.exe): このコマンド ライン ツール、システム ヒープの情報を表示することができます。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/heapmon/1.00.0.1/nt5/en-us/heapmon_setup.exe
  • ハード リンク表示ツール (hlscan.exe)します。 NTFS ボリューム上または指定したファイルまたはディレクトリのすべてのボリュームをハードリンクこのコマンド ライン ツールを表示します。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=289adee4-abb3-4e18-ab07-c77db8654979
  • 場合はメンバー (Ifmember.exe): Ifmember 現在のユーザーが、指定されたグループのメンバーかどうかを確認するコマンド ライン ツールです。通常、Windows のログオン スクリプトおよびその他のバッチ ファイルにも使用されます。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/ifmember/1.00.0.1/NT5/EN-US/ifmember_setup.exe
  • IIS の移行ウィザード (IISMIGrationWizard_Setup.exe): IIS の移行ウィザード Web サーバーの構成の設定、MIME の情報、および Windows 2000 Server とインターネット インフォメーション サービス (IIS) 5.0 の内容から別の Web サーバーを移行します。また、ユーザーおよびグループを移行するためのオプションも用意されています。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/iismigwz/1.00.0.1/nt5/en-us/IISMIGrationWizard_Setup.exe
  • インストール モニター (instaler_setup.exe): このコマンド ライン ツール セットアップ プログラムでそれらを起動、セカンダリ プロセスによって加えられた変更を追跡します。変更するレジストリ エントリ、ファイルおよび .ini ファイルのエントリが含まれます。インストール モニターすべての変更を元に戻すには、必要な情報と共にその変更ドキュメントを IML ファイルを作成します。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/instaler/1.00.0.1/NT5/EN-US/instaler_setup.exe
  • 使用中のファイルの置換ユーティリティ (inuse.exe:): 使用中のオペレーティング システムが現在使用してファイルの場での交換を実施するコマンド ライン ツールです。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/inuse/1.0/NT5/EN-US/inuse.exe
  • インターネット プロトコル セキュリティ ポリシー ツール (lpsecpol.exe): このコマンド ライン ツールで、ディレクトリ サービス、またはローカルまたはリモートのレジストリでインターネット プロトコル セキュリティ (IPsec) ポリシーを構成します。IPsec の Microsoft 管理コンソール (MMC) スナップインでは、すべての項目は、スナップインともモデル化されます。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/ipsecpol/1.00.0.0/nt5/en-us/ipsecpol_setup.exe
  • Kerberos トレイ (ログオン): チケットについては、マイクロソフトの実装の Kerberos V5 プロトコルを実行しているコンピューターこの GUI ツールを表示します。最初にログオンすると、初期チケット保証チケット (TGT) を Windows 2000 ドメインにアカウントを使用してが。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/kerbtray/1.00.0.1/NT5/EN-US/kerbtray_setup.exe
  • Kerberos のリスト (klist.exe): このコマンド ライン ツールを表示し、現在のログオン セッションに与えられた Kerberos チケットを削除することができます。チケットを表示するには、KList を使用するには、Windows 2000 ドメインのメンバーである Windows 2000 ベースのコンピューターでツールを実行する必要があります。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/klist/1.00.0.1/NT5/EN-US/klist_setup.exe
  • ネットワーク接続のテスト (netdiag.exe): このコマンドライン診断ツールは、ネットワー キングと接続性の問題を特定できます。一連の状態のネットワークのクライアントが機能しているかどうかを確認するテストを実行します。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/netdiag/1.00.0.1/nt5/en-us/NetDiag_setup.exe
  • 今すぐ (now.exe): 今すぐ STDOUT には、現在の日付と時刻が表示され、、追加したコマンドラインの引数で実行できます。ツール ログ時間の進行状況を追跡するために、.bat または .cmd ファイルに便利です。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/now/1.00.0.1/NT5/EN-US/now_setup.exe
  • NT 検出 (ntdetect.com): ハードウェアの検出に関する問題のトラブルシューティングに使用する、スタートアップ ハードウェア検出のデバッグ バージョンをインストールします。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/ntdetect/1.00.0.1/nt5/en-us/ntdetect_setup.exe
  • 開いているハンドル (oh.exe): このコマンド ライン ツールのすべての開いているウィンドウのハンドルが表示されます。特定のプロセス、オブジェクトの種類、またはオブジェクト名に関連する情報だけを表示するのにはツールを使用することもできます。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/oh/1.00.0.1/nt5/en-us/oh_setup.exe
  • OLE/COM オブジェクト ビューアー (oleview.exe)。 この管理およびテスト ツール構造化された方法では、参照し構成、を可能におよびコンピューターにインストールされているすべての Microsoft コンポーネント オブジェクト モデル (COM) クラスをテストします。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/oleview/1.00.0.1/nt5/en-us/oleview_setup.exe
  • パス マネージャー (pathman.exe): このコマンド ライン ツールでは、追加またはシステムまたはユーザーのパスからコンポーネントを削除します。PathMan は、任意の数の 1 回の呼び出しでパスを変更できます。これには、パスの異常、繰り返しエントリや欠落しているエントリを隣接するセミコロンなどを処理でエラーをチェックが含まれます。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/pathman/1.00.0.1/NT5/EN-US/pathman_setup.exe
  • (Perms.exe:) のユーザーごとのファイルのアクセス許可: Perms ユーザーのアクセス許可は、指定されたファイルまたはファイルのセットを表示します。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/WebPacks/1.00.0.1/NT5/EN-US/Perms.exe
  • ページ フォールト モニター (pfmon.exe): このコマンド ライン ツールは、開発者やアプリケーションを実行している場合に発生するシステム管理者モニター ページ フォールトことができます。ソフト ページ フォールトと仮想メモリ マネージャーを簡単に解決できますが、Pfmon を使用して、ハード ページ フォールトをトレースできます。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/pfmon/1.00.0.1/NT5/EN-US/pfmon_setup.exe
  • プロセスとスレッドの状態 (pstat.exe): PStat は実行中のスレッドの一覧を表示し、そのステータスが表示されます、文字ベースのツールです。Qslice.exe、このツールのようになりますが、GUI インターフェイスではなく、コマンドラインの使用します。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/pstat/1.0/nt5/en-us/pstat.exe
  • PuList (pulist.exe): このコマンド ライン ツールは、ローカルまたはリモート コンピューター上で実行されているプロセスを表示します。PuList は、TList に似ています。TList は Windows 2000 の cd-rom のサポート ツールです。しかし、PuList は、ローカル コンピューター上の各プロセスに関連付けられているユーザーの名前も表示されます。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/pulist/1.00.0.1/nt5/en-us/pulist_setup.exe
  • ファイルのコピー (rdpclip.exe): ファイルのコピーは、コピーし、サーバーとクライアント間での貼り付けができるターミナル サービス サーバーの拡張機能です。RdpClip をコピーしてターミナル セッションとクライアント セッション間でファイルを貼り付けることができます。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/rdpclip/1.0/NT5/EN-US/rdpclip_hotfix.exe
  • Relog (relog.exe): パフォーマンス ログと警告サービスによって、その他のサポートされているファイル形式のいずれかに作成されたログをパフォーマンス カウンター Relog.exe を抽出します。
    • テキスト、TSV タブ区切りテキスト
    • CSV、カンマで区切られたテキスト
    • BIN (バイナリ)
    このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/relog/1.00.0.1/NT5/EN-US/relog_setup.exe
  • RPC 構成ツール (rpccfg.exe): 指定したポート上でリッスンするように、Microsoft リモート プロシージャ コール Rpccfg.exe を構成します。また、ポートの設定が表示され、ポートがシステムの既定の設定にリセットします。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/4/c/5/4c5017b8-121f-45d7-bdaf-4683c0646621/rpccfg_setup.exe
  • RPC ダンプ (rpcdump.exe:): ステータスおよびその他の情報については、RPC このコマンド ライン ツールのクエリ リモート プロシージャ コール (RPC) エンドポイント。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/WebPacks/1.00.0.1/NT5/EN-US/rpcdump.exe
  • RPC の接続性検証ツール (rpings.exe): このツールは、RPC サーバーと、ネットワーク上のクライアント間のリモート プロシージャ コール (RPC) の接続を確認します。RPC サービスがクライアント コンピューターからの RPC 要求にから応答があるかどうかを確認するには、RPC Ping をチェックします。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/WebPacks/1.00.0.1/NT5/EN-US/rpings.exe
  • アカウントのサービス プリンシパル名を操作します。(setspn.exe): このコマンド ライン ツールに変更するか、Active Directory のサービス アカウントのサービス プリンシパル名 (SPN) ディレクトリ プロパティを削除することができます。Spn は、サービスを実行して、対象のプリンシパル名を検索する使用されます。SetSpn は、アカウントの既定の Spn をリセットおよび追加または補足 Spn を削除するのには、現在の Spn を表示することができます。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=5fd831fd-ab77-46a3-9cfe-ff01d29e5c46&displaylang=en
  • SetX (setx.exe): 設定環境変数で、ユーザーまたはシステム環境でのバッチはこのコマンド ライン ツールを提供します。いいえツールする必要がありますのプログラム システムまたはスクリプトします。環境変数とコマンド ・ ラインから関連付けられた値をかかることがあります。レジストリ キーの値を取得して、テキスト ファイルへの書き込みもできます。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/setx/1.00.0.1/nt5/en-us/setx_setup.exe
  • パフォーマンス データのブロックのダンプ ユーティリティ (showperf.exe): この GUI ツールは、開発者はダンプし、Windows 2000 パフォーマンス レジストリから読み取られる生のパフォーマンス データを表示できます。ShowPerf はレジストリからパフォーマンス データを読み取るし、ボックスの一覧で書式設定されていないされ、並べ替えられていない出力を表示します。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/showperf/1.00.0.1/NT5/EN-US/showperf_setup.exe
  • ファイル レプリケーション サービス (FRS) ステータス ビューアー (sonar.exe): Sonar は、FRS レプリカ セット メンバーに関する重要な統計値を監視するために設計されたツールです。Sonar FRS. からの基本的な状態情報を収集します。Sonar を使用して、簡単にモニターのトラフィック レベル、バックログ、空き領域、および他の問題に、レプリカ セットの粗い統計を監視することができます。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=158cb0fb-fe09-477c-8148-25ae02cf15d8
  • 将来的に近いコマンド スケジューラ (soon.exe): このコマンド ライン ツールは、プログラムと、ローカルまたはリモートのコンピューターを非常にすぐに実行するコマンドをスケジュールします。に関しては、現在の時間のときに実行するジョブのスケジュールを設定するため、ジョブのスケジュールを変更するのには、早くを編集する必要はありません。早くを使用して、1 日未満の間隔での周期的実行するジョブをスケジュールすることもできます。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/soon/1.00.0.1/NT5/EN-US/soon_setup.exe
  • 自動インストール ツール (sysdiff.exe): このツールを使用するによって、アプリケーションがスクリプト化されたインストールをサポートしていないアプリケーションを含む自動セットアップの一部としてプレインストールできます。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/sysdiff/1.0/NT5/EN-US/sysdiff_hotfix.exe
  • 期間 (timethis.exe): このコマンド ライン ツール コマンドを実行すると、システム所要を計算します。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/timethis/1.00.0.1/NT5/EN-US/timethis_setup.exe
  • トレースのダンプ (tracedmp.exe): このコマンド ライン ツールは、イベント トレース ログのデータの要約を生成します。トレース ツールを使用せず読み取り可能な出力は生成されません。TraceDmp 関数は、Windows 管理の実装 (WMI) の消費者をなど。トレースの出力を取得し、それが理解できる形式に解析します。TraceDmp リアルタイム トレース バッファーのデータをポーリングしたり、データを .csv ファイルに変換できます。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/tracedmp/1.00.0.1/NT5/EN-US/tracedmp_setup.exe
  • トレースの有効化 (traceenable.exe): この GUI ツールのトレースを有効にし、トレースの現在のオプションが表示されます。TraceEnable を使用すると、次の操作を行いますできます。
    • 有効にするまたはレジストリ エディターを使用せず、Windows 2000 Server のリモート ・ アクセス/半径のトレースを無効にします。
    • EnableConsoleTracing や EnableFileTracing MaxFileSize コンポーネント関連サブキーにスキャンします。
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Tracing
      レジストリ エディターを使用せず、サブキーを変更します。
    このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/traceena/1.00.0.1/NT5/EN-US/traceenable_setup.exe
  • トレース ログ (tracelog.exe): このコマンド ライン ツール開始や停止、トレース ログを有効にします。レジューサ ツールまたは TraceDmp ツールを使用して、イベント ログの結果を表示できます。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/tracelog/1.00.0.1/NT5/EN-US/tracelog_setup.exe
  • (Tscpt.exe) をターミナル サーバーの容量計画ツールします。: このツールのスイートでは、Microsoft Windows 2000 ターミナル サービス容量の計画の組織を支援します。組織を簡単に追加して、サーバー上でシミュレートされたロードを管理するツールを有効にします。組織の環境組織を環境に配置することが予想される負荷を処理できるかどうかを判断に役立ちます。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/Tscpt/1.0/NT5/EN-US/tscpt_hotfix.exe
  • タイム ゾーン エディター (tzedit.exe): このツールを作成し、コントロール パネルの日付/時刻設定特にの夏時間のタイム ゾーンのエントリを編集することができます。
    http://download.microsoft.com/download/5/8/a/58a208b7-7dc7-4bc7-8357-28e29cdac52f/TZEDIT.exe
  • ユーザー状態移行ツール (usmt.exe)します。 Windows 2000 オペレーティング システムの移行が行われ、それらを復元する前にこのコマンド ライン ツール ユーザーのドキュメントと設定 (状態) をインストール後に収集します。ScanState コマンド、ユーザー状態移行ツールのインストール前にユーザーの状態情報を収集するために実行されます。Windows 2000 のインストールが完了したら、コンピューター上のユーザーの状態を含める、LoadState コマンド ツールが実行されます。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/usmt/1.00.0.1/NT5/EN-US/usmt_setup.exe
  • 仮想アドレス ダンプ (vadump.exe): このコマンド ライン ツール、状態、および各セグメントの仮想アドレス空間のサイズが表示されます。VaDump を使用して、仮想アドレス空間がいない割り当て超過であるかどうかを確認できます。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/vadump/1.00.0.1/NT5/EN-US/vadump_setup.exe
  • 私 (whoami.exe) です。: このコマンド ライン ツールは、ドメイン名またはコンピューター名と、このツールを実行するコンピューターに現在ログオンしているユーザーのユーザー名を返します。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/whoami/1.00.0.1/NT5/EN-US/whoami_setup.exe
  • WinStation モニター (winsta.exe): この GUI ツールは、Microsoft Windows 2000 ターミナル サーバーにログオンしているすべてのユーザーの状態を監視します。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/winsta/1.00.0.1/NT5/EN-US/winsta_setup.exe
  • Windows NT IPConfig ユーティリティ (wntipcfg.exe): この GUI ツール、IP 構成の詳細についてを説明します。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
    http://download.microsoft.com/download/win2000platform/wntipcfg/1.00.0.1/nt5/en-us/WntIpcfg_setup.exe
  • 指定 (xcacls.exe): このツールは、コマンドラインから Windows エクスプ ローラーで使用するすべてのファイル システム セキュリティ オプションを設定できます。Xcacls というは表示し、ファイルのアクセス制御リスト (Acl) の変更を行います。このツールをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。 http://download.microsoft.com/download/win2000platform/WebPacks/1.00.0.1/NT5/EN-US/xcacls.exe

プロパティ

文書番号: 927229 - 最終更新日: 2012年8月29日 - リビジョン: 4.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
キーワード:?
kbproductlink kbtshoot kbinfo kbmt KB927229 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:927229
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com