Exchange 2003 または Exchange 2007 または Exchange 2010 を Exchange ActiveSync を使用して Windows Mobile ベースのデバイスを同期しようとするとエラー メッセージ:「同期に失敗しました」

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 927465 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft Exchange ActiveSync と Microsoft Exchange Server 2003年、Microsoft Exchange Server 2007、または Microsoft Exchange Server 2010年を使用して、Microsoft Windows Mobile ベースのデバイスを同期しようとすると、同期は成功です。さらに、次のエラー メッセージのいずれかが表示されます。

エラー メッセージ 1

同期に失敗しました。セキュリティサーバー上の証明書の有効期限が切れました。確認、時間と日付をデバイスが正しいか、やり直してください。エラー コード: 80072f05 または 0x80072f05

エラー メッセージ 2

サーバーのセキュリティ証明書です。無効です。Exchange Server の管理者または ISP に有効なインストールするに問い合わせてください。サーバー上の証明書。サポート コード: 80072F0D または0x80072f0d

原因

この問題が発生するため、中間の証明機関 (CA) の証明書がデバイスまたは同期すると、サーバー上に存在せず、このサーバーが Exchange を実行しています。サーバーです。

Windows Mobile ベースデバイスは含まれませんの中間 CA の証明書は、証明書ストア。インターネット インフォメーション サービス (IIS) 全体を送信します。デバイスの証明書チェーン。のみ可能な場合は、IIS これはチェーン全体を確認します。既定では、デバイス、これらはありません。証明書。そのため、それらをサーバーに送信する必要があります。デバイスが含まれている必要があります。のみ、ルート証明書を証明書ストアにします。

これは多くの場合、問題発生 GoDaddy の証明書がルート CA 証明書または中間 CA 証明書の証明書ストアから不足しているが、Windows Server 2003 を実行しているサーバーです。詳細についてを参照してください、次の web サイト:
https://certificates.godaddy.com/InstallationInstructions_alt.go
この問題が頻繁には発生 VeriSign 証明書を使用Windows Server 上の証明書ストアに、中間 CA 証明書は失効しています2003 サーバー。

詳細については、次の資料をクリックします。マイクロソフト サポート技術資料を参照する番号:
834438VeriSign Web サーバー証明書が IIS を更新: 期限切れの VeriSign 中間証明 SSL を使用してサイトへの接続の検証されていない可能性があります

解決方法

この問題を解決するには、次の方法のいずれかとして使用します。自分の状況に適しています。

メモ 証明書に関する情報を取得するにはWindows Internet Explorer で、アドレス バーに、Microsoft Office Outlook Web Access サーバーの URL を入力するを使用します。ロック アイコンをクリックします。いずれかにエクスポートする必要があります、証明書の"の残りの手順を完了する」。さらに、これらのファイルを取得するのより詳細なことがあります。証明書ベンダーから指示します。

方法 1: グループ ポリシー構成を使用します。

証明書を配布するのには、グループ ポリシーの構成を使用します。ドメインのすべてのメンバー コンピューターで信頼されます。詳細については信頼されたルート CA は、グループ ポリシー オブジェクト (GPO) を追加するを参照してくださいする方法については次のマイクロソフト web サイト:
.aspx の http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc738131 (WS.10)

方法 2: Exchange Server 上の証明書を手動でインストールします。

  1. ドメイン管理者の資格情報を持つアカウントを使用します。Outlook Web Access を使用する Exchange Server にログオンします。多くの場合、このサーバーをフロント エンド サーバーです。
  2. クリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない,種類 mmc.exeプロパティ].
  3. で、 ファイル メニューをクリックして 追加と削除スナップイン.
  4. クリックしてください。 追加.
  5. クリックしてください。 証明書プロパティ追加.
  6. クリックしてください。 [ユーザー アカウント]プロパティ終了日.
  7. クリックしてください。 追加[ コンピューターアカウント[ 次へプロパティ終了日.
  8. クリックしてください。 閉じるプロパティ].ローカル コンピューターの証明書カテゴリの一覧スナップイン ウィンドウに表示されます。
  9. 展開 [証明書 - 現在のユーザー,右クリックします。 中間証明機関、ポイントすべてのタスクプロパティ インポート.
  10. すべての証明書チェーン内にあることを確認、中間証明機関 コンテナー。確認してください。なしの証明書が無効になって有効期限が切れてか、こと。
  11. 証明書が存在しない場合は、ポイントします。 すべてタスクプロパティ インポート.ウィザードを使用してください。CA から取得したファイルをインポートします。
  12. 展開 証明書 - ローカル コンピューター,右クリックします。 中間証明機関、ポイントすべてのタスクプロパティ インポート.
  13. ウィザードを使用してから取得したファイルをインポートするのにはCA。

    メモ ルート証明書がありますが サード パーティのルート証明機関 コンテナーではなく、中間証明機関 コンテナー。
  14. 信頼されたルート CA の手順 9 〜 13 を繰り返します証明書。
  15. 変更にするには、IIS サービスを再起動します。効果です。
注意
  • ローカルの証明書がインストールされていることを確認してください。コンピューター アカウントです。
  • 証明書がデバイスにインストールする必要はありません。いるサーバーの証明書がインストールされている場合同期しています。
  • SSLChainSaver ユーティリティを使用できますを決定するのには証明書がありません。

    詳細については、SSLChainSaver ユーティリティは、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
    http://blogs.msdn.com/windowsmobile/archive/2006/08/11/sslchainsaver.aspx

詳細

Exchange Server 2003年と Exchange Server 2007年を追加する必要があります。管理者アカウントとローカル コンピューターの信頼のチェーンアカウント。信頼チェーンは 1 つ以上の中間 CA を持つことができます。追加した後、信頼チェーン、証明書のパスを送信するには、Exchange Server にはデバイスにします。これは、S/MIME を使用することができます。正常にします。

情報このソリューションでは、このドキュメント マイクロソフトの現在のビューを表します企業でこれらの問題の時点で。このソリューションでください。Microsoft またはサード パーティのプロバイダーは使用可能です。マイクロソフトは特に、サードパーティ プロバイダーやサードパーティ ソリューションをお勧めこの資料に記載すること。その他のサード ・ パーティも可能性があります。プロバイダーまたはサード パーティのソリューションをこの資料に説明されていません。ためマイクロソフトは対応する必要があります市況の変化に、情報する必要があります。確約マイクロソフトによって解釈できません。マイクロソフトは保証できません。や、や表示され任意のソリューションは、情報の正確性を支持します。Microsoft または任意のサードパーティのプロバイダーを説明しました。

マイクロソフト保証がないし、すべての表現、保証を除外し、条件を明示、黙示、または法定かどうか。これらが含まれますがないです。限定表現、保証、および条件のタイトルには、非侵害、満足できる条件、市場性、およびへの適合性、特定の目的、あらゆるサービス、ソリューション、製品、またはその他の関連資料または情報。マイクロソフトの責任を負わないものになりますこの資料で紹介するサード パーティのソリューション。

元に戻す画像を拡大する
フォーラム
参照してください、 Windows Phone のフォーラム 便利なヒントやアイデアを。

プロパティ

文書番号: 927465 - 最終更新日: 2013年1月22日 - リビジョン: 10.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition
  • Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition
  • Microsoft Exchange Server 2007 Enterprise Edition
  • Microsoft Exchange Server 2007 Standard Edition
  • Microsoft Exchange Server 2010 Standard
  • Microsoft Exchange Server 2010 Enterprise
  • Microsoft ActiveSync 4.5
  • Windows Phone 7 Consumer
  • Windows Mobile 6.5 Standard
キーワード:?
kbtshoot kbprb kberrmsg kbexchmobility kbwp7sync kbwp7 kbwindowsphone7 kbmt KB927465 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:927465
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com