文書番号: 927524
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

インストール プログラムを使用してデバイス ドライバを Windows Vista にインストールすると、インストールが失敗します。

この問題は、次の条件に該当する場合に発生することがあります。
  • ドライバで実行可能ファイル ベースのインストール プログラムが使用されている。
  • インストール プログラムが Windows Vista 用に設計されていなかった。

原因

実行可能ファイル ベースのインストール プログラムに関する問題は、次の 1 つ以上の条件に該当する場合に発生することがあります。
  • インストール プログラムに Windows Vista との互換性がない。
  • ドライバに Windows Vista との互換性がない。
  • ドライバのインストールに必要なユーザー権利に関する問題が発生する。

解決方法

この問題を解決するには、ドライバのインストール プログラムを互換モードで実行します。または、管理者の資格情報を持つアカウントを使用してドライバのインストール プログラムを実行します。ドライバの .inf ファイルを見つけて、手動でドライバをインストールすることもできます。

重要 : 上記のいずれかの方法を使用する前に、Windows Vista にドライバをインストールする方法について、デバイスまたはドライバの製造元に問い合わせることをお勧めします。

ドライバのインストール プログラムを互換モードで実行する

Microsoft Windows XP Service Pack 2 互換モードで実行されるように、ドライバのインストール プログラムを構成します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. ドライバのインストール プログラム用の実行可能ファイルを見つけます。
  2. ファイルを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  3. [PackageName のプロパティ] ダイアログ ボックスの [互換性] タブをクリックします。
  4. [互換モードでこのプログラムを実行する] チェック ボックスをオンにし、[互換モードでこのプログラムを実行する] ボックスの一覧の [Windows XP (Service Pack 2)] をクリックして、[OK] をクリックします。
  5. 実行可能ファイルをダブルクリックして、インストール プログラムを起動します。

管理者の資格情報を使用してドライバのインストール プログラムを実行する

Administrator アカウントのコンテキストで実行されるように、ドライバのインストール プログラムを構成します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. ドライバのインストール プログラム用の実行可能ファイルを見つけます。
  2. ファイルを右クリックし、[管理者として実行] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    ユーザー アカウント制御の許可
    管理者のパスワードを要求するダイアログ ボックスが表示された場合はパスワードを入力して [OK] をクリックし、確認を要求するダイアログ ボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。
  3. 手順に従ってドライバをインストールします。

.inf ファイルを見つけて手動でドライバをインストールする

デバイス マネージャを使用してドライバをインストールします。これを行うには、次の手順を実行します。

手順 1 : .inf ファイルを見つける

ドライバのインストール プログラムに含まれている .inf ファイルを見つけます。.inf ファイルは通常、ドライバのインストール メディアに格納されている次のいずれかのフォルダにあります。
  • セットアップ プログラムと同じフォルダ。
  • セットアップ プログラムが保存されているフォルダ内のサブフォルダ。サブフォルダには通常、Windows XP、Drivers、WinXP などの名前が付いています。
ドライバ ファイルが 1 つの実行可能ファイルにパッケージ化されている場合、ドライバ ファイルを展開するか、その他の方法でドライバ ファイルにアクセスできることがあります。これを行うには、状況に応じて次のいずれかの方法を使用します。
  • ファイル圧縮プログラムを使用してファイルを展開する。

    ドライバ ファイルが 1 つの実行可能ファイルにパッケージ化されている場合は、WinZip や WinRAR などのファイル圧縮ツールを使用して、ドライバ パッケージの内容をフォルダに展開できます。展開されたファイルの中に .inf ファイルがあります。
  • Windows の圧縮フォルダ機能を使用してファイルを展開する。

    WinZip または WinRAR プログラムがない場合、Windows の圧縮フォルダ機能を使用してファイルを展開できることがあります。これを行うには、ファイルの拡張子を .exe から .zip に変更します。次に、エクスプローラを使用してファイルを圧縮フォルダからコピーします。
  • .cab ファイルの内容を展開する。

    ドライバ パッケージに .inf ファイルが含まれていなくても、.cab ファイルは含まれている場合、.cab ファイルの内容を展開できることがあります。

    : 通常、この方法は失敗します。一般に、このようなドライバ パッケージは InstallShield プログラムを使用して作成されます。InstallShield プログラムでは、WinZip や WinRAR などのツールからアクセスされないように設計された特殊な .cab 形式が使用されます。
  • Temp フォルダでファイルを見つける。

    上記の方法を使用してもインストール ファイルにアクセスできない場合は、展開された一時ファイルを探します。通常、プログラムをインストールする際に、ファイルがローカルの Temp フォルダに展開されます。Temp フォルダの内容を調べることによって、ドライバ パッケージの内容を確認できる場合があります。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. Temp フォルダの内容を削除します。Temp フォルダの内容を削除することにより、ドライバのインストール プログラムを実行したときに作成される一時ファイルを見つけやすくなります。Temp フォルダの内容を削除するには、次の手順を実行します。
      1. [スタート] ボタン
        元に戻す画像を拡大する
        [スタート] ボタン
        をクリックし、[コンピュータ] をクリックします。
      2. Windows Vista がインストールされているハード ディスクを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
      3. [ローカル ディスク (DriveLetter) のプロパティ] ダイアログ ボックスで、[全般] タブをクリックし、[ディスクのクリーンアップ] をクリックします。
      4. [ディスク クリーンアップのオプション] ダイアログ ボックスで、[このコンピュータの全ユーザーのファイル] をクリックします。

        元に戻す画像を拡大する
        ユーザー アカウント制御の許可
        管理者のパスワードを要求するダイアログ ボックスが表示された場合はパスワードを入力して [OK] をクリックし、確認を要求するダイアログ ボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。
      5. [削除するファイル] ボックスのすべてのチェック ボックスをオフにし、[一時ファイル] チェック ボックスをオンにして、[OK] をクリックします。
      6. これらのファイルを完全に削除するかどうかを確認するダイアログ ボックスが表示されたら、[ファイルの削除] をクリックします。
    2. エクスプローラを使用して Temp フォルダを開きます。これを行うには、[スタート] ボタン
      元に戻す画像を拡大する
      [スタート] ボタン
      をクリックし、[検索の開始] ボックスに %temp% と入力して、Enter キーを押します。
    3. ドライバのインストール プログラムを起動します。

      : 一部のインストール プログラムでは、プログラムの終了時に一時ファイルを自動的に削除します。このため、ドライバのインストール プログラムをバックグラウンドで実行したままにしてください。
    4. Temp フォルダの内容を調べて、ドライバ ファイルを見つけます。

手順 2 : 手動でドライバをインストールする

インストールするドライバ用の .inf ファイルを見つけた後、新しいドライバを手動でインストールします。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン
    元に戻す画像を拡大する
    [スタート] ボタン
    をクリックし、[コンピュータ] を右クリックして、[プロパティ] をクリックします。
  2. [タスク] ウィンドウの [デバイス マネージャ] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    ユーザー アカウント制御の許可
    管理者のパスワードを要求するダイアログ ボックスが表示された場合はパスワードを入力して [OK] をクリックし、確認を要求するダイアログ ボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。
  3. デバイス マネージャで、ドライバをインストールするデバイスを見つけます。

    : 非表示のデバイスを表示するには、[表示] メニューの [非表示のデバイスの表示] をクリックします。
  4. デバイスを右クリックし、[ドライバ ソフトウェアの更新] をクリックします。
  5. [コンピュータを参照してドライバ ソフトウェアを検索します] をクリックし、[コンピュータ上のデバイス ドライバの一覧から選択します] をクリックして、[ディスク使用] をクリックします。
  6. [フロッピー ディスクからインストール] ダイアログ ボックスで、[参照] をクリックし、インストールするデバイス ドライバ用の .inf ファイルを見つけて、[開く] をクリックします。
  7. [ドライバ ソフトウェアの更新 - DeviceName] ダイアログ ボックスの手順に従ってドライバを更新します。
この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

プロパティ

文書番号: 927524 - 最終更新日: 2011年7月9日 - リビジョン: 2.3
キーワード:?
kbtshoot kbhardware kbprb kbdriver kbexpertisebeginner KB927524
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com