コンピューターに USB キーボードを接続したときに Windows で正しいキーボード レイアウトが使用されないことがある

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 927824
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Windows 7、Windows Vista または Windows XP を搭載しているコンピューターに USB キーボードを接続したときに、Windows で適切なキーボード レイアウトが使用されないことがあります。

たとえば、コンピューターに 106/109 日本語 USB キーボードまたはテンキーの USB キーボードを接続したときに、Windows でそのデバイスのキーボード レイアウトが 101/102 英語キーボード レイアウトであるかのように扱われることがあります。

原因

この問題は、以下の条件のいずれかに該当する場合に発生することがあります。
  • USB キーボードに "101/102 英語 USB キーボード" として定義された "プラグ アンド プレイ ID" を持つチップが搭載されている。

    一部の 106/109 日本語 USB キーボードには、101/102 英語キーボードのチップが搭載されており、"プラグ アンド プレイ ID" も同じものが使用されています。この種類の 106/109 日本語 USB キーボードをコンピューターに接続すると、Windows では英語版のデバイスとして識別されます。そのため、Windows ではシステムのキーボード レイアウトが 101/102 英語に変更されます。
  • USB キーボードの "プラグ アンド プレイ ID" が Keyboard.inf ファイルで定義されていない。

    USB キーボードの "プラグ アンド プレイ ID" が Keyboard.inf ファイルで定義されていないと、Windows ではキーボードのモデルを特定できません。この種類のキーボードを接続すると、Windows のインストール時に構成された既定のキーボード レイアウト設定が Windows で使用されます。たとえば、106/109 日本語キーボードやテンキーの USB キーボードを接続した場合にこの問題が発生することがあります。
  • Windows でキーボードが正しく識別されない。

    特定の状況では、使用する実際のキーボード レイアウトが Windows で定義されているキーボード レイアウトと一致しなくなります。この問題が発生する可能性が高いのは、汎用 USB キーボードを使用している場合です。この問題は、汎用 USB キーボードをユーザーが選択したキーボード レイアウトにマッピングするために Windows で使用されている方法が原因で発生します。

解決方法

この問題を解決するには、
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\i8042prt\Parameters
レジストリ サブキーを構成し、次の表に示すレジストリ エントリを設定します。
元に戻す全体を表示する
値の名前値の種類値のデータ
LayerDriver JPNREG_SZ kbd106.dll
OverrideKeyboardIdentifierREG_SZ PCAT_106KEY
OverrideKeyboardSubtypeDWORD 2
OverrideKeyboardTypeDWORD 7
注: 英語 USB キーボードと韓国語 USB キーボードに対応するレジストリ エントリの詳細については、「詳細」を参照してください。

この問題を自動的に解決するには、「Fix it で解決する」セクションに進んでください。自分でこの問題を解決するには、「自分で解決する」セクションに進んでください。

Fix it で解決する

この問題を自動的に解決するには、[この問題を解決する] リンクをクリックします。次に、[ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] をクリックし、このウィザードの手順に従います。

注: この Fix it は現在 Windows Vista のみをサポートしています。


この問題を解決する
Microsoft Fix it 50311


注: このウィザードは英語版のみである場合がありますが、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。

注: 問題のあるコンピューターとは別のコンピューターを操作している場合、自動的な解決ツールをフラッシュ ドライブまたは CD に保存することで、問題のあるコンピューターで実行することができます。

自分で解決する

重要 このセクション、方法、またはタスクには、レジストリを変更する手順が記載されています。しかし、レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生する可能性があります。したがって、これらの手順は慎重に実行する必要があります。万一に備えて、変更前のレジストリをバックアップしてください。これにより、問題が発生した場合にレジストリを復元することが可能になります。レジストリのバックアップ方法と復元方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法


自分でこれらのレジストリ エントリを構成するには、次の手順を実行します。
  1. レジストリ エディターを起動します。

    Windows 7 および Windows Vista の場合:
    [スタート] ボタン
    元に戻す画像を拡大する
    [スタート] ボタン
    をクリックし、[検索の開始] ボックスに「regedit」と入力し、[プログラム] ボックスの一覧の [regedit] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    ユーザー アカウント制御の許可
    管理者のパスワードを要求するダイアログ ボックスが表示された場合はパスワードを入力して [OK] をクリックし、確認を要求するダイアログ ボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。

    Windows XP の場合:
    [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに「regedit」と入力し、[OK] をクリックします。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\i8042prt\Parameters
  3. [LayerDriver JPN] を右クリックし、[修正] をクリックします。

    注: LayerDriver JPN レジストリ エントリが存在しない場合は作成します。作成するには、詳細ウィンドウの空白領域を右クリックして [新規] をポイントし、[文字列値] をクリックします。次に「LayerDriver JPN」と入力して新しい文字列値の名前を設定します。
  4. [値のデータ] ボックスで、既存の値を削除して「kbd106.dll」と入力し、[OK] をクリックします。
  5. [OverrideKeyboardIdentifier] を右クリックし、[修正] をクリックします。

    注: OverrideKeyboardIdentifier レジストリ エントリが存在しない場合は作成します。作成するには、詳細ウィンドウの空白領域を右クリックして [新規] をポイントし、[文字列値] をクリックします。次に「OverrideKeyboardIdentifier」と入力して新しい文字列値の名前を設定します。
  6. [値のデータ] ボックスで、既存の値を削除して「PCAT_106KEY」と入力し、[OK] をクリックします。
  7. [OverrideKeyboardSubtype] を右クリックし、[修正] をクリックします。

    注: OverrideKeyboardSubtype レジストリ エントリが存在しない場合は作成します。作成するには、詳細ウィンドウの空白領域を右クリックして [新規] をポイントし、[DWORD (32 ビット) 値] をクリックします。次に「OverrideKeyboardSubtype」と入力して新しい DWORD 値の名前を設定します。
  8. [値のデータ] ボックスで、既存の値を削除して「2」と入力し、[OK] をクリックします。
  9. [OverrideKeyboardType] を右クリックし、[修正] をクリックします。

    注: OverrideKeyboardType レジストリ エントリが存在しない場合は作成します。作成するには、詳細ウィンドウの空白領域を右クリックして [新規] をポイントし、[DWORD (32 ビット) 値] をクリックします。次に「OverrideKeyboardType」と入力して新しい DWORD 値の名前を設定します。
  10. [値のデータ] ボックスで、既存の値を削除して「7」と入力し、[OK] をクリックします。
  11. レジストリ エディターを終了し、コンピューターを再起動します。
注: コンピューターを再起動した後もキーボードが正しく動作しない場合は、これらのレジストリ設定を変更する際の入力に誤りがあった可能性があります。この問題を回避するには、スクリーン キーボードを使用してコンピューターにログオンし、レジストリ設定を確認してください。

詳細

英語キーボードと韓国語キーボードのレジストリ エントリ

101/102 英語 (US) キーボード

101/102 英語 (US) USB キーボードの
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\i8042prt\Parameters
レジストリ エントリを次の表に示します。
元に戻す全体を表示する
値の名前値の種類値のデータ
LayerDriver JPNREG_SZkbd101.dll
OverrideKeyboardIdentifierREG_SZ PCAT_101KEY
OverrideKeyboardSubtypeDWORD 0
OverrideKeyboardTypeDWORD 7

101 韓国語 USB キーボード (Type 1)

101 韓国語 USB キーボード (Type 1) の
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\i8042prt\Parameters
レジストリ エントリを次の表に示します。
元に戻す全体を表示する
値の名前値の種類値のデータ
LayerDriver KORREG_SZkbd101a.dll
OverrideKeyboardIdentifierREG_SZ PCAT_101AKEY
OverrideKeyboardSubtypeDWORD 3
OverrideKeyboardTypeDWORD 8

101 韓国語 USB キーボード (Type 2)

101 韓国語 USB キーボード (Type 2) の
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\i8042prt\Parameters
レジストリ エントリを次の表に示します。
元に戻す全体を表示する
値の名前値の種類値のデータ
LayerDriver KORREG_SZkbd101b.dll
OverrideKeyboardIdentifierREG_SZ PCAT_101BKEY
OverrideKeyboardSubtypeDWORD 4
OverrideKeyboardTypeDWORD 8

101 韓国語 USB キーボード (Type 3)

101 韓国語 USB キーボード (Type 3) の
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\i8042prt\Parameters
レジストリ エントリを次の表に示します。
元に戻す全体を表示する
値の名前値の種類値のデータ
LayerDriver KORREG_SZkbd101c.dll
OverrideKeyboardIdentifierREG_SZ PCAT_101CKEY
OverrideKeyboardSubtypeDWORD 5
OverrideKeyboardTypeDWORD 8

103/106 韓国語 USB キーボード

103/106 韓国語 USB キーボードの
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\i8042prt\Parameters
レジストリ エントリを次の表に示します。
元に戻す全体を表示する
値の名前値の種類値のデータ
LayerDriver KORREG_SZkbd103.dll
OverrideKeyboardIdentifierREG_SZ PCAT_103KEY
OverrideKeyboardSubtypeDWORD 6
OverrideKeyboardTypeDWORD 8

PS/2 キーボードの場合の手順

「解決方法」には、USB キーボードを使用する場合にこの問題を解決する方法が記載されています。この問題に類似する現象が発生していて PS/2 キーボードを使用している場合、問題を解決するには、別の手順を使用する必要があります。PS/2 キーボードを使用している場合、この問題を解決するには、次の手順を実行します。
  1. レジストリ エディターを起動します。

    Windows 7 および Windows Vista の場合:
    [スタート] ボタン
    元に戻す画像を拡大する
    [スタート] ボタン
    をクリックし、[検索の開始] ボックスに「デバイス マネージャー」と入力します。次に、[プログラム] の一覧の [デバイス マネージャー] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    ユーザー アカウント制御の許可
    管理者のパスワードを要求するダイアログ ボックスが表示された場合はパスワードを入力して [OK] をクリックし、確認を要求するダイアログ ボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。

    Windows XP の場合:

    [スタート] ボタンをクリックし、[マイ コンピューター] を右クリックします。[プロパティ] をクリックし、[ハードウェア] タブで [デバイス マネージャー] ボタンをクリックします。
  2. デバイス マネージャーで [キーボード] を展開し、キーボード デバイスをダブルクリックします。既定では、[101/102 英語キーボードまたは Microsoft Natural PS/2 キーボード] です。
  3. [ドライバー] タブをクリックし、[ドライバーの更新] をクリックします。
  4. [コンピューターを参照してドライバー ソフトウェアを検索します] をクリックし、[コンピュータ上のデバイス ドライバーの一覧から選択します] をクリックします。
  5. [互換性のあるハードウェアを表示] チェック ボックスをオフにし、[日本語 PS/2 キーボード (106/109 キー)] をクリックします。
  6. [次へ] をクリックし、ドライバーの更新を警告するメッセージが表示されたら [はい] をクリックします。残りの手順を実行してキーボードを更新します。
  7. コンピューターを再起動します。
注: 後で 101/102 英語キーボードをコンピューターに接続する場合は、これらの手順を変更して、Windows で [101/102 英語キーボードまたは Microsoft Natural PS/2 キーボード] デバイスが使用されるように構成してください。

プロパティ

文書番号: 927824 - 最終更新日: 2012年3月21日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbtshoot kbhardware kbprb kbexpertisebeginner kbfixme kbmsifixme KB927824
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com