Internet Explorer で Web ページを参照する際に「操作は中止されました」というエラー メッセージが表示されるのはなぜですか。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 927917 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

Internet Explorer で Web ページにアクセスしたときに、次のエラー メッセージを受信しないでください理由
Internet Explorer のインターネットのサイト http://を開くことができません。<Web site=""></Web>。 com. 操作は中止されました。
回答: Internet Explorer 7 がその Web サイト上の Web ページの特定の要素を表示できません。

この問題を解決する方法

この問題を解決するための最も簡単な方法は、Internet Explorer 8 にアップグレードすることです。Internet Explorer 8 でこの問題が発生しなくなった。Internet Explorer 8 にアップグレードするには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
Windows Internet Explorer 8: ホーム ページ
http://www.microsoft.com/windows/internet-explorer/beta/default.aspx
また、Web サイトの所有者に連絡をとり、Internet Explorer 7 で Web サイトを表示できないことを伝えることもできます。Web サイトの開発者は、関心のある場合は、 開発者向けの詳細 Web 開発者は変更を加える方法単純なにする自社の Web サイトを Internet Explorer 7 と完全に互換性を説明します。それまでは、もちろんこの Web サイトを表示することはできないので、Internet Explorer 8 にアップグレードするのがより良いオプションです。

開発者向けの詳細

この問題は、子コンテナーの HTML 要素に子コンテナーの親コンテナー要素を変更しようとするスクリプトが含まれているために発生します。このスクリプトは、 innerHTMLメソッドまたはフィールドを変更メソッドを使用して、親コンテナー要素を変更しようとします。

たとえば、 DIV要素がBODY要素の場合、子コンテナー DIV要素内のスクリプトブロックは、 BODY要素がDIV要素の親コンテナーを変更しようとする場合にこの問題が発生する可能性があります。

このエラーの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
操作が中止された理由
http://blogs.msdn.com/ie/archive/2008/04/23/what-happened-to-operation-aborted.aspx
メモ ユーザーは、信頼済みサイト ゾーンの Web ページがインターネット ゾーン内のページに HTTP 302 リダイレクトを送信する場合このエラー メッセージを表示も可能性があります。保護されたモードでは、Internet Explorer 7 およびそれ以降のバージョンで Windows Vista またはそれ以降のオペレーティング システムを実行しているセキュリティ上の理由から低の整合性で実行されている Web ページへの中程度の整合性で実行されている Web ページからのリダイレクトを防ぐ。これらのシナリオでユーザーがのような「操作中止」エラー メッセージします。この問題を解決するのには、同じゾーン内のページが HTTP 302 リダイレクトを確認します。たとえば、リダイレクトからである 1 つの信頼済みサイト ゾーンのページを別の信頼済みサイト ゾーンのページを確認します。または、両方のソースと宛先のリダイレクトしない Internet Explorer の保護モードのステータスの変更が含まれることになっていることを確認します。

回避策 1

この問題を回避するにはのみ変更ブロック終了コンテナーまたはスクリプトの直接のコンテナー要素だけを変更するスクリプトを作成します。これを行うにはプレース ホルダーを使用して、閉じるには、ターゲットのコンテナーまたは、スクリプトのブロックを移動するには、コンテナーを変更するに。

回避策 2

Internet Explorer 内で、簡易表示された HTTP エラー メッセージをオフにすることができます。この回避策は、エラー メッセージが表示されるもことができます。しかしながら、そのエラーが発生した後、Internet Explorer はそのページから移動しません。この回避策は、Internet Explorer 6 の場合にのみ機能します。

これを行うには、次の手順を実行します。
  1. ツールメニューのインターネット オプションをクリックします。
  2. [詳細] タブで、[ブラウズ] セクションで、[ HTTP エラー メッセージを簡易表示する] チェック ボックスをオフにする] をクリックし、[ OK] をクリックします。
  3. ブラウザーを閉じます。

回避策 3

Internet Explorer でアクティブ スクリプトを無効にすることができます。この回避策により、スクリプトの実行、エラー状態を回避できます。ただし、この回避策の欠点は、ページはしない表示結果生じる変更を成功を動的に変更前のページにであります。また、同じセキュリティ ゾーン内のすべてのページではアクティブ スクリプト機能が再度有効にするまで有効にはありません。

Internet Explorer 7 では、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1

制限付きサイトのスクリプトは既定で無効になっている個々 のサイトを追加します。

メモ このメソッドがまた多くの他の領域を無効にするかをこのゾーンの設定は、ActiveX コントロールなど、ページのスクリプトだけでなく影響します。

これを行うには、次の手順を実行します。
  1. ツールメニューのインターネット オプションをクリックします。
  2. [セキュリティ] タブで、[制限付きサイトゾーンを選択します。
  3. サイト] をクリックして、追加] をクリックし、[ OK] をクリックします。

方法 2

設定、アクティブ スクリプト プロンプトを無効にしたり、影響を受けるサイト ゾーンのサイトをロードを表示するときにします。

メモ この設定は、ゾーン内のすべてのサイトに影響を与えるし、する必要があります設定に戻って有効に他のサイトを参照するときに。ステータス バーの右下隅に表示して、サイトが読み込まれているどのようなゾーンを決定します。
  1. ツールメニューのインターネット オプションをクリックします。
  2. [セキュリティ] タブで、サイトの読み込み、ゾーンを選択します。
  3. スクリプト] セクションまで下にスクロールし、またはプロンプトのユーザーを実行するか、スクリプトを実行するには、ありませんを求める無効: スクリプトを防止するには、アクティブ スクリプトに設定します。
  4. [Ok]をクリックします。
メモ 方法 1 および方法 2 の Internet Explorer 7 が利用サイトできなくなります。スクリプトは、同じサイトで頻繁に問題が発生した場合にのみ無効にします。スクリプトの設定を変更する場合は、リセットすることの設定を有効に戻す後そのゾーン内の他のサイトが影響を受けないようにされていることを確認します。スクリプトを無効にすることができない場合には、回避策 1 を使用して Internet Explorer 8 にアップグレードします。

例 1

この例は、 DIV要素は、子のコンテナー要素です。DIV要素内のスクリプトブロックは、本文要素を変更しようとします。BODY要素は、閉じられていない親コンテナー DIV要素のです。
<html>
  <body>
      <div>
                  <script type="text/Javascript">
                    document.body.innerHTML+="sample text";
                  </script>
      </div>
  </body>
</html>
この問題を解決するには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1: 親要素を変更します。

スクリプトブロックは、 BODY要素のスコープに移動します。これは、スクリプトを変更しようとしたコンテナーです。
<html>
  <body>
      <div>
      </div>
      <script type="text/Javascript">
           document.body.innerHTML+="sample text";
      </script>
  </body>
</html>

方法 2: 閉じたコンテナー要素を変更します。

閉じたコンテナーは、親コンテナー要素のプレース ホルダーとして追加します。次に、スクリプト ブロックを新しい閉じたコンテナーを変更します。
<html>
  <body>
      <div id="targetContainer">
      </div>
      <div>
      <script type="text/Javascript">
           document.getElementById('targetContainer').innerHTML+="sample text";
      </script>
      </div>
  </body>
</html>

例 2

この例では、 TDの深く入れ子になったコンテナー要素内にあるスクリプトブロックは、変更メソッドを使用して、親コンテナーの本文要素を変更しようとします。
<html>
  <body>
      <table>
                <tr>
                         <td>
                                 <script type="text/Javascript">
                                                  var d = document.createElement('div');
                                                  document.body.appendChild(d);
                                 </script>
                         </td>
                 </tr>
      </table>
  </body>
 </html>
この問題を解決するのには、スクリプトブロック、 BODY要素に移動します。
 <html>
  <body>
      <table>
                <tr>
                        <td>
                       </td>
                 </tr>
      </table>
      <script type="text/Javascript">
                                  var d = document.createElement('div');
                                  document.body.appendChild(d);
                     </script>
  </body>
 </html>

状況

この動作は仕様です。

プロパティ

文書番号: 927917 - 最終更新日: 2014年2月8日 - リビジョン: 27.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Internet Explorer 6.0
  • Windows Internet Explorer 7
キーワード:?
kberrmsg kbcode kbtshoot kbmt KB927917 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:927917
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com